復縁工作が失敗するには理由があり、復縁屋は復縁の見込みがあって復縁工作の依頼を承るのですが復縁の見込みがあっても失敗してしまいます。

復縁工作が失敗する理由が分かれば復縁工作に依頼して成功率が上がるかもしれない!?

失敗を糧に成功率を上げる為に復縁屋は社内ミーティングを繰り返しますがミーティングを繰り返しても失敗する事もあります。

復縁工作の成功率を気にする依頼者はとても多いのですが、成功率を下げる要因がまさか依頼者自身だったと考える人は少ないのです。

復縁工作が成功した元依頼者の話しを聞きたがる依頼者も多いのですが、過去の成功者の話しを聞いても依頼者に当て嵌まる事はありません。

失敗した事例を知っておけば、失敗した依頼者と同じ失敗をしない!!と思う方も多いのですが、失敗事例は参考になる様で参考になりません。

復縁工作が失敗しない様に過去の事例を気にするのではなく、何故復縁工作が失敗するのか?の原理を知れば復縁工作が失敗する確率を下げますので復縁工作が失敗した事例ではなく失敗した理由について考えて頂く参考にして頂ければと思います。

復縁工作が失敗する理由は成長の見えない依頼者に問題あり!?

復縁工作のご用命は復縁屋ジースタイルへ

復縁工作が失敗する理由の一つに成長の見えない依頼者に問題があるケースが多く、成長の見えない依頼者と復縁を意識させる事に成功した対象者を喫茶店で再会させたところ、対象者から水を掛けられて失敗した依頼者を見た事もあります。

男性依頼者は担当者に『自分はもう変わったし自己改善をする必要はない。』と口にし、担当者は『何も変わってないですよ。むしろ何が変わったんですか?再会させても失敗しますよ。』と依頼者に伝えたところ『もう耐えられないから失敗しても良いから会せて欲しい。』と懇願され、再会の場をセッティングしたところ、対象者を怒らせてしまい、喫茶店で出された水を工作員の前で掛けられている依頼者が過去にいました。

再会した瞬間はニコニコしていた対象者の表情が依頼者の話しを聞いている内にみるみる変わっていき、最後は暴言を吐かれながら水を掛けられ、足早に喫茶店を出て行ってしまった対象者との復縁工作は完全に失敗に終わりました。

依頼者に自己改善のアドバイスをしていた際も『言動1つ、行動1つを意識していなければ問題点は直らないですし、自分が変わったと評価するのは自分ではなく他人です。』と何度も伝えていたにも関わらず『自分は前とは違います。変わりました。』と主張する依頼者は担当者から見て何も変わっていない事を確信していました。

何も変わってない事を自覚してない依頼者は対象者に別れの原因となった事と同じ過ちを犯し、対象者の怒りを買い、修復不可能になった失敗事例が復縁工作の失敗例の中で一番多いのです。

復縁工作が失敗する理由が復縁屋にある場合ももちろんあります。

復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルへ

復縁工作が失敗する理由は依頼者だけに限りません。

復縁屋のミスによって復縁工作が失敗する場合ももちろんあります。

対象者の特定が出来ず調査を繰り返す復縁屋もあり、調査を失敗しているにも関わらず同じ調査を繰り返し、対象者が現れない事を分かっていながら回数を消費する様な方法を取る復縁屋もあります。

復縁工作が失敗するというよりも復縁工作をしない。という方が正しい復縁屋に依頼すれば復縁工作は当然失敗します。

復縁工作を元々する気がない復縁屋に依頼した場合、復縁工作が失敗したというよりも復縁工作をする気がなかった。という事でもあり、復縁工作が失敗したというよりも復縁屋選びで失敗するケースがほとんどです。

【失敗は成功の元】という言葉を依頼者も復縁屋も知らないから失敗する

復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルにご依頼ください

失敗は成功の元という言葉を知らない方はほとんどいません。

失敗を元に失敗した理由を考え、失敗した理由を元に成功する方法を考えるから成功に繋がります。

復縁工作が失敗するケースは復縁屋も依頼者も失敗を糧に考えずに行動します。

例えば、上に挙げた依頼者に原因があって失敗するケースと復縁屋に原因があって復縁工作が失敗するケース。

どちらも失敗を糧にしていない事はお分かりでしょうか?

依頼者は別れを告げられたにも関わらず、自分の問題点に向き合いません。

復縁屋は調査に失敗したにも関わらず、同じ調査を繰り返して失敗に向き合いません。

【失敗は成功の元】という言葉は失敗を元に成功する為に考えて行動するから失敗を意味のある失敗とし、成功に繋げる言葉なのに依頼者も復縁屋も失敗を失敗のままにするので復縁工作が失敗するのです。

復縁工作は【失敗したという自覚】がなければ成功しない

復縁工作のご用命は復縁屋ジースタイルへ

元彼(元彼女)との交際が成功していれば復縁工作の依頼を検討する必要はありません。

元彼(元彼女)との交際が失敗しているから復縁工作の依頼を検討しなければならなくなります。

依頼者にとって交際が失敗した。とは認めたくない事実であり、復縁屋も自社の調査が失敗したとは認めたくはありません。

しかし、依頼者と復縁屋のどちらも成功している。と思い込んでいれば失敗に目を向ける事が出来ないので失敗を糧に出来ません。

例えば調査で空振りした事を成功と考えれば成功してるのですから何の進展もしない空振りを何度も繰り返します。

失敗と考えれば失敗を元に別の調査方法を考えなければ先に進めないのですから別の調査方法に辿り着きます。

次に進む為の足掛かりとして失敗をどう捉えるか?で進む道が変わり、復縁屋であっても依頼者であっても失敗した自覚があるから次に何をすべきか?が分かります。

復縁屋は失敗を元に考えて次の手を打つ手段を考えますので復縁工作の依頼をするなら依頼者も失敗した自覚を持たなければ復縁工作が成功する事はありません。

失敗について考えない人は同じ失敗を繰り返すので復縁工作も失敗する

復縁工作のご用命は復縁屋ジースタイルへ

失敗について考えない人は何度も同じ失敗をし、同じ失敗をしてるにも関わらず何も考えないので復縁工作は失敗します。

失敗した内容を考えないのでいつまでも同じところから変わらず、同じ失敗をしているにも関わらず同じ失敗をしている事に気付きません。

別れの原因を改善しないので別れ話をされた失敗。

失敗したにも関わらず復縁工作の依頼をしても別れの原因を改善しなければ失敗は失敗のままになり、失敗してる状態で復縁工作が成功する事はないのです。

冒頭でも書かせて頂きましたが復縁工作が失敗する一番の理由は依頼者が何も変わらないケースがほとんどであり、依頼者が変わらなければ工作員が復縁を後押ししたところで全て台無しです。

どんなに優れた工作員が復縁を後押しして復縁を意識させる様に心理誘導が成功しても依頼者と対象者を再会させた時に依頼者が成長していなければ別れた時と同じ失敗を繰り返すので復縁工作は失敗します。

復縁屋がどんなに優良な復縁屋であっても依頼者の協力がなければ復縁工作を成功させる事は出来ませんし、依頼する前は『自分も協力するのは当然です!!』と言いながら、自己改善の辛さから現実逃避して同じ失敗をされてしまえばどうする事も出来ません。

他社に依頼して失敗したけれど弊社で復縁工作が成功したケース

復縁工作のご依頼は復縁屋ジースタイルにご依頼ください

依頼者Aは他社に依頼して復縁工作が失敗した為、弊社にご相談・ご依頼を頂く事となりました。

他社でどんな形で復縁工作を進めていったのか?をお聞かせ頂き、失敗した理由について検討してみたところ、Aの依頼が失敗した理由は明らかでした。

契約後、Aが依頼した復縁屋は調査を行って対象者の出勤と退勤の尾行、張り込みを繰り返しました。

平日の出退勤のどこかで工作員を接触させようという目論見があった事は分かりますが、何度も出退勤を繰り返す姿を撮影するだけで『今日も接触ポイントが見当たりませんでした。』という報告ばかりがされていました。

接触出来なかった事を失敗と考えれば平日に接触出来ない事が分かったなら休日の行動を確認し、どこで接触すれば良いか?を探し直すべきですが、接触出来なかった事を失敗と捉えない為、いつまで経っても同じ事を繰り返します。

調査と同時並行でAの自己改善は何もなく、依頼した後はAは復縁屋に任せきりで接触出来なかったという失敗の報告を繰り返しもらうだけになりました。

他社で失敗した内容を精査すれば休日の行動を確認する事やAの自己改善を進める事等、出来る事は沢山あり、他社が失敗した理由を分析して実行に移したところ復縁工作が成功し、Aの復縁が叶った復縁工作の成功事例があります。

  • ※復縁工作の成功事例はコチラを参照下さい。