パートナーと別れたいから別れさせ屋に依頼する方は少なくありません。

DV彼氏、ストーカーされそうな彼氏(彼女)、束縛や執着が多い恋人、不倫相手と一緒になりたいから離婚したい!!等々、パートナーと別れたい!と考えながら中々別れる事が出来ず、別れたいけど別れを切り出せば『自殺する!!』と言われるケースもあり、脅迫が理由となって別れられない依頼者は少なくありません。

別れたい!離婚したい!!

恋愛感情がなくなり、交際している事が苦痛となるケースも恋愛には存在します。

更に婚姻関係になってしまえばお互いの親族の関係や子供の親権問題等、正当な離婚理由がなければ離婚出来ないケースも存在します。

別れたいけれど別れられない辛さは当事者にしか分からず、別れたい!離婚したい!!の苦しみを他人に漏らせば悪者にされる可能性も有る事から悩みを相談出来ない方もいらっしゃいます。

別れたい!離婚したい!!時に別れさせ屋は別れ工作という方法で別れる為の工作を提供します。

別れさせ屋がどんな別れ工作の方法で別れたい!離婚したい!!を叶えるサポートをするのか?

別れさせ屋が提案する方法の一部になりますが参考にして頂ければと思います。

彼氏と別れたい時の別れ工作の方法はどんな方法がある?

別れさせ屋・別れさせ工作

彼氏に別れを切り出すモノの、別れを切り出すと暴言を吐かれ、暴力は振るわれないもののある種のDV状態になり別れたいけど別れられない依頼者は少なくありません。

彼氏に別れを告げると何をされるか分からない恐怖が頭を悩ませ、別れさせ屋にご相談頂くのですが、別れ工作で一番気を付けなければならないのが、別れ工作を進めていく内に依頼者に被害が及ばない様にする事であり、別れ工作の方法は彼氏の性格をプロファイリングした後で提案させて頂きます。

彼氏が暴力的ではなく、粘着質でストーカー化しそうな彼氏の場合、ストーカー化すれば最悪の事態を招く形を想像させる別れ工作を行います。

彼氏が暴力的で別れたいと言えば暴力を振るわれる可能性がある場合、暴力を受ける人物が依頼者ではなく工作員に仕向ける様に進めていきます。

他にも一言で彼氏と言っても様々な性格の彼氏がいる為、別れたいと言っても別れてくれない彼氏が何故別れてくれないのか?を探求していかなければならず、別れたくない理由を元に別れ工作を提案させて頂くケースもあります。

理由が分かれば簡単に別れてくれる事があります。

復縁したい?別れたい?別れさせたい?のお悩みをお聞かせ下さい

例えば、『別れたい…』と伝えた時に何故別れてくれないのか?を真剣に考える方はいません。

自分の事を好きだから…という一括りで考える為、どこがどの様に好きなのか?を探求しないから別れてくれないのです。

『別れたい…』と告げても別れたくない理由があり、別れたくない理由を知る事で相手から『別れたい…』と思わせる事も可能になります。

別れたくない理由を知る事で別れたい理由に変える事が別れ工作になり、理由が分かれば別れられない状況を覆す事にも繋がり、別れさせ屋は別れ工作を提案する際に別れたくない理由を調べる工作も行います。

年下の恋人と別れる時の別れ工作の方法は?

笑顔を取り戻す為の別れさせ工作

年下の恋人と交際をして『別れたい…』と伝えると『別れるなら死ぬ!!』等の自殺を仄めかされたり、年下の恋人に強く言いづらい…と情が湧いてしまって別れを告げられないケースもあります。

優しさは禁物ですから直接『別れたい!』と伝えれば済む事ですが、『別れたい!!』と直接言えない優しい気持ちを持った依頼者も少なくありません。

年上として甘えさせた事が原因で伝えたい事が伝えられなくなり苦しむ方は少なくなく、『別れたい!!』の一言が言えない年下の恋人に別れを告げられない方に別れ工作の方法をご提案させて頂いてます。

年下と別れたい方には強く言って傷付けてしまいたくない…と考える事が多いので、依頼者よりも対象者に合った工作員を接触させる事で依頼者への関心を薄めます。

年下に強く言えないなら、年下が依頼者への気持ちを冷めさせる様に工作員が心理誘導していく方法を用いる事で依頼者の優しさを保つ事も出来、対象者も傷つかずに別れに進めます。

義理の両親と折り合いがつかないから離婚したい時の別れ工作の方法

大切な笑顔を取り戻す為に別れさせ屋

結婚すれば親族間のお付き合いも含まれ、義理の両親が問題で離婚したいと考える依頼者も少なくありません。

夫(妻)には問題がない為、離婚を切り出すのは気が引けてしまい、離婚理由も直接の理由がない為、離婚に応じてもらえない事が予測出来るケースでは『離婚したいです…』とご依頼頂く事も少なくありません。

義理の両親との折り合いがつかない為、別れたいけど夫(妻)を傷付けたくない。

将来を見据えた時に苦痛な状態で年を重ねていきたくない…

義理の両親は先に亡くなるかもしれないけど、それまで我慢が出来そうにない方が別れ工作の方法についてご相談頂きますが、夫(妻)に離婚理由を作り出す事で離婚に向けて進める事が出来ます。

義理の両親と夫(妻)は血縁者になり、義理の両親は夫(妻)を守る為に離婚を妨害して来ます。

義理の両親が夫(妻)を守れない状態を作り、義理の両親を最後だけ味方に付ける別れ工作の方法を別れさせ屋は提案させて頂きます。

モラハラが原因で離婚したいなら別れ工作を有効活用しましょう。

別れさせ屋、別れさせ工作の事なら株式会社ジースタイル

モラハラが原因で離婚したいけど、モラハラに気付いてもらえず裁判でも離婚を認めてもらえるか分からない…という時に別れさせ屋はモラハラにプラスαを付ける為の別れ工作を行います。

  • 生活費をくれない
  • 家にも帰って来ない
  • …etc

モラハラには様々なモラハラがあり、モラハラをしている本人に伝えたところで一向に改善されません。

改善しない為、日々の生活にストレスを感じてしまい、顔を見ればストレス、同じ空間で過ごしているだけでストレスと結婚生活は楽しいはずが常にストレスに苛まれ、『離婚したい…』と感じるものの、離婚に応じてくれず更にストレスを抱えてしまいます。

モラハラは言葉で伝えたところで伝わりません。

昨今ではアスペルガーと呼ばれる発達障害が浮き彫りになり、アスペルガーが原因でモラハラを無自覚に行ってしまう方も少なくありません。

モラハラが発達障害が原因で起こる場合、感情的になって伝えたところで伝わりませんから離婚を条件良く進めていく為に別れ工作の依頼を検討する事をおススメします。

モラハラ対象者との離婚にはモラハラにプラスαの離婚理由を付ける別れ工作の方法がおススメです。

DV彼氏と別れる時に新しい彼氏のフリをする別れ工作の方法

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社(株)ジースタイル

新しい彼氏のフリをする別れ工作の方法は古典的な方法ですが、効果はとても大きく、DVが原因で別れたいけど別れられない場合、対象者と工作員を対峙させる事で別れる様に仕向ける事が可能になります。

DV彼氏の矛先を工作員に向ける事で依頼者の保護にもなり、工作員が依頼者を守る姿を見せる事で対象者は成す術がなくなります。

攻撃は最大の防御という言葉もありますが、新しい彼氏のフリをする事で対抗心を燃やしても入り込む隙間が無い様に工作時間を作れば対象者が依頼者に暴力を振るう事も出来なくなります。

古典的な方法が効果を示す別れ工作の方法になりますが、対象者がDV彼氏の場合、シンプルに効果の高い別れ工作の方法とも言えます。

別れたい!離婚したい!!なら別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

別れさせ工作のご提案はお任せ下さい

恋人と別れたい!夫(妻)と離婚したい!!

気持ちは完全に冷めているけど先に進めず、時間ばかりが浪費している…という方は少なくありません。

『別れたい…』と何度口にしても真剣に受け止めてもらえず、心は冷めているのに体を重ねなければならない苦痛は男性、女性どちらであっても辛い事かと思います。

『別れたい…』というたった一言の重みを別れを意識して初めて感じる方は少なくなく、気持ちが冷めた状態にも関わらず冷めた気持ちで態度に表せずに辛い想いを重ねている方は少なくありません。

別れ工作は誰かと誰かを別れさせる別れさせ工作とは異なり、依頼者自身が辛い日々から抜け出す為の工作になります。

別れたい、離婚したいと考えているなら辛い日々から抜け出す為の別れ工作のご依頼をご検討頂ければと思います。

別れさせ屋ジースタイルは別れたい、離婚したいで悩みを抱えている依頼者の味方となって最善の方法をご提案させて頂きます。

日常的に監視され暴力を振るわれる依頼者の別れ工作の成功事例

別れさせ屋・別れさせ工作の総合探偵社(株)ジースタイル

日常的に恋人である暴力を振るわれていたAは苦しみながら弊社にご相談頂きました。

日常生活もほぼ監視状態であり、弊社のカウンセリングルームに来る事も怯えていた為、Aの職場近くの喫茶店で昼食の時間を利用して3回程面談させて頂き、別れ工作の依頼を頂く形になりました。

昼食時間にも拘らず対象者からは頻繁に連絡が入ります。

面談中もスマホの音が鳴る度に挙動不審になるAの姿を見て本当に辛いであろう事が予測出来ました。

別れ工作の依頼を頂き、対象者に工作員を接触させましたが、同性には弱い対象者だった為、ご依頼頂くまでのAの不安はありましたが工作員が接触してからはAへの監視も極端に減り、工作員の心理誘導で無事にAと対象者は別れる事が出来た別れ工作の成功事例になります。

  • ※別れ工作の成功事例についてはコチラを参考にして下さい。