別れさせ工作
別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :S 27歳 東京都 対象者①との関係:元彼
  • 対象者①:T 29歳 大阪府
  • 対象者②:A 28歳 大阪府

僕が大阪から転勤になって東京と大阪の遠距離恋愛になって付き合っていた彼女に振られてしまいました。

僕とは友達でいたいと言われて連絡は取れるのですが、別れる前に好きな人が出来たと言われた事が苦しくて付き合ってる時から二股みたいになっていのかを聞くと、別れてから付き合ったと言われて信じるしかないけど別れる前位はlineの返信が少なくなってたりして浮気してたんじゃないかと思ってます。

僕と付き合ってる時は僕の事が世界で一番好きだと言われてたのに彼女の気持ちが変わってしまい、今は彼女と連絡を取っていると彼氏の話しばかり聞かされて気が狂いそうになります。

彼女からは彼氏と別れたら僕との復縁もあると言われたので彼女と彼氏を別れさせたくて相談させてもらいました。

今付き合ってる彼氏の話しはよく聞きますけど彼氏の情報はほとんどありません。

宜しくお願いします。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様と面談させて頂きまして遠距離恋愛の難しさを面談時にお話しさせて頂きました。

距離が遠ければ気持ちも離れていき、別れてしまうのはよくある事で近場の人との恋愛に進んでしまうのは人間のサガでもありますから別れさせた後に転勤願いを出して大阪に戻れるのか?を確認させて頂きました。

別れを告げられた時に会社には転勤願いを出していて、近々大阪に戻る予定との事で大阪支社もある弊社にご相談頂いた事を伺いました。

彼氏の存在は分かっていても彼氏の情報はほとんどなく、彼氏とのデートの話しや彼氏との会話、彼氏との愚痴など、復縁する為に連絡を取り合っているとは言え、聞きたくない話しを聞かなければならない事に疲れてしまい、早急に別れさせて復縁したいという想いが強くなったとの事でした。

早急に別れさせる為に自分で出来る事はないと理解したので別れさせ屋に依頼せざるを得なかったとの事でしたが、ご依頼頂くにあたって単純に別れさせるのではなく復縁し易いような別れさせを求められていた為、彼女との連絡について細かくご報告いただき、アドバイスをしながら依頼者様と弊社の同時並行で復縁を目指す為の別れさせ屋工作の方法をご提案させて頂く事となりました。

対象者②の情報がほとんどない為、対象者①と会っている時を狙って調査をして対象者②の特定をしなければなりませんでしたが、幸いにも対象者②と対象者①は結構な頻度で会っている事が依頼者様の情報で分かっていた為、対象者②の特定は思ったよりも早く出来、対象者②の調査を開始しました。

対象者②の調査を開始すると対象者②は対象者①の前だと普通に接する男性ですが、一人で歩いている時はタバコをポイ捨てする等、モラルが欠けている事が分かります。

モラルが欠けている事を対象者①が分かっているのか?を依頼者様が対象者①との会話の中で聞き出していくと、対象者①は対象者②のモラルが欠けている事に気付いておらずモラルが欠けている事を対象者①に理解させればモラルを重視する対象者②は別れるのでは?という依頼者様との打ち合わせがなされました。

対象者①に理解させながら依頼者様は品行方正でモラルを気にする感じで対象者①と対応して頂いたので依頼者様と対象者①との関係は相談をしあう仲として良好な関係を築いて頂きました。

対象者②がタバコのポイ捨てをした時に工作員がポイ捨てした事を注意し、工作員と対象者②が揉める様な形をわざと取りました。

後日対象者①と対象者②がデート中にポイ捨てを注意した工作員が先日のポイ捨ての件で注意した事を対象者①の前で伝え、しどろもどろになった対象者②はポイ捨てして何が悪いと開き直りました。

開き直った対象者②を見て、自分がモラルを汚したのに逆ギレしてどうするの?といさめる形を取り、対象者②の印象は対象者①の中で悪くなった事が確認出来ました。

依頼者様に対象者②のモラルが欠けている事を相談され、社会常識やマナーを守れない人に人を幸せに出来る事はないという遠回しなアドバイスをして頂き、対象者②との交際を遠回しに終わりにする様に誘導して頂きました。

その一週間後に依頼者様の大阪転勤が決まり、大阪に戻る事になった依頼者様は対象者①と再会し、友人として良好な関係を築いている間にポイ捨てを注意した工作員が再度Aに接触してポイ捨てを再度注意すると対象者②は突然殴り掛かって来て工作員は怪我をします。

警察が入り、対象者②は警察に逮捕される事となり、処分保留にはなりましたが完全にモラルが欠けている事に気付いた対象者①は対象者②との別れを決断し、別れさせ屋工作が成功した事例になります。

S様のご依頼で掛かった料金・費用は120万円の着手金+成功報酬20%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

依頼者様からの依頼で対象者②が殴り掛かってきた事は想定していないアクシデントでしたが、ケガをした工作員は対象者①と対象者②を別れさせた決定打を作り出せた事でとても満足していた別れさせ屋工作の案件でした。

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント