別れ工作
別れさせ屋工作の相談内容
  • 依頼者 :N様 29歳 東京都 対象者との関係:彼女
  • 対象者 :Y  33歳 東京都

彼氏の束縛とモラハラで耐えられません。

会社を出たらすぐに連絡しないと怒りだし、GPSで位置を確認されたり友達と遊びたいと言ったら浮気するのか?と怒られたり、会社の飲み会にも参加できなくなりました。

付き合った頃はそんな感じもなくて、わたしが一度浮気した事が原因で彼はわたしを束縛する様になって、浮気したわたしが悪いのは分かってるけど、だんだんと彼の要求に応えるのが辛くなってきてしまいました。

家に帰るとすぐに彼はわたしの服の匂いを嗅いだりして、わたしが浮気してないかを疑います。

会社を出てすぐにlineするし、会社から帰るまでの時間もずっとlineしてるのに浮気を疑われるのに疲れてしまいました。。。

束縛される原因を作ったのはわたしですけど、今みたいな付き合い方は望んでません。。。

同棲してる家に帰るのも嫌だし、会社のパソコンを使ってメールで助けを求めるしか今のわたしには相談する時間も束縛が激しいので出来ません。。。

本当に彼と別れたくて困ってます。

どうか助けて下さい。。。お願いします。

※プライバシー保護の為、ご相談内容と詳細部分については別れさせ屋工作のご依頼者様と気付かれない様に若干の加工をさせて頂いています。

依頼者様は自分が浮気した事が原因で別れに至った事をご自身で理解されていたのでずっと我慢して対象者の言いなりになっていたのですが、面談で話しを聞かせていただいていると人間の扱いではなく対象者の所有物の様な扱いをされている事がよく分かりました。

別れたいと遠回しに言おうものならモラハラが始まり、依頼者様が浮気した過去を責められ、依頼者様は何も言えなくなり我慢を続けていたとの事でした。

依頼者様としては自分から別れたいと伝えても別れてくれないけど、何がそこまで固執しているのかも分からない状態なので対象者から別れたいと言わせる様に仕向けたいとの事で、対象者が別れたいと言わせる方法が分からず別れさせ屋に頼らざるを得ない状態になっていました。

モラハラも束縛と同時にエスカレートしていき、依頼者様は仕事が終わって帰宅するのが恐怖に感じるほど対象者と別れたいと仰ります。

その為、別れさせ屋工作の依頼を頂く前も『本当に依頼した事がバレませんか?』という言葉を何度も繰り返し、バレない事をお伝えしてもどこかで安心出来ず、別れさせ屋に依頼した事がバレたら自分がどうなるか?という不安を常に口にしていました。

別れさせ屋工作のご依頼をいただき、対象者を調査していると対象者は職場ではとても理解のある漢気のある男性のように振る舞っている事が分かりました。

だからと言って職場の同僚達から慕われているか?と言えば、そうでもなく、職場の同僚はあまり対象者と仲が良い感じには映らず、調査をしていて一人浮いている様にも見える部分があり、対象者は自分の考え方に対する固定概念が強く、その考え方に賛同出来ない人も多いので依頼者様との生活の中では自分の考え方が絶対というルールを設けている事が予測出来ます。

聞き込み調査をしていて気付いた点はとても多く、職場では対象者の理解ある漢気を見せようとする姿が同僚の方々の鼻について事も分かり、自分を受け入れてくれる唯一の人物が依頼者様しかいない事が分かり、それがあるので依頼者様に固執している事も分かりました。

依頼者様への固執は自分の考えを正当化出来るからであり、その正当化は依頼者様が浮気したという弱味をつく事で得られた関係である事を対象者は気付いておらず、対象者の考え方を否定させるのは難しいと判断した為、別れさせる為には対象者を受け入れる人物を作る事が求められ、工作員がその役割を担えば依頼者様への固執も薄れていくであろう事が想定出来た為、工作員を対象者に接触させて別れさせ屋工作を進めていく事となりました。

対象者に工作員を接触させる際に対象者の機嫌を損ねさせない様に年上の工作員を活用し、年上の工作員が対象者の考え方に賛同する方向で接触した後に話を聞き出していくと、対象者は饒舌に話しをし、自分の意見を肯定してくれる工作員とはすぐに打ち解け、工作員との距離はすぐに縮まりました。

関係を構築していく上で、対象者の考え方が正しいので、依頼者様と付き合っていると対象者がダメになっていくという流れの話しを進めていき、対象者の存在は立派過ぎるから、その立派な人と付き合う女性はそれなりの考え方を持った人物でなければ対象者も苦労するという話しをすると対象者も納得します。

しかし、ダメな存在だからどうにか自分がしてあげなきゃいけないという考えも持ち、対象者の中では依頼者様との交際は自分の為でもあるという認識を持っていた為、対象者の考え方は素晴らしい。という方向に持って行き、その方向で話しているので依頼者様にはストレスが掛かる工作の進捗具合となりました。

依頼者様には担当者からGPSの電源を切ってもらうようにしてもらい、対象者からダメ出しをさせる様に進めさせていただき、対象者のモラハラによって依頼者様は一瞬苦しんで頂くしかありませんでしたが、依頼者様のダメさ加減を利用して対象者に交際相手を選んだ方が良いと進めていき、依頼者様との交際を考えさせる様に誘導していきました。

結果的に対象者は工作員が持ち上げてくれる事で気持ちが大きくなり、もう少しレベルの高い女性との交際を求める様になり、対象者の口から依頼者様を見限る言葉が出る様になり、最終的に対象者から依頼者様に『お前の面倒を見切れないから別れたい。』という言葉が出て別れさせ屋工作が成功した事例になります。

別れさせ屋工作の料金

N様のご依頼で掛かった料金・費用は90万円の着手金+成功報酬30%、いずれも税抜き価格で対応させて頂きました。

依頼者様には別れさせ屋工作の途中、とても苦しい想いをさせてしまった案件でしたが、対象者の性格を考えるとこの方法が一番スムーズに進む事が分かっていた為、苦しさを我慢して頂くのは心苦しかったのですが、別れた後に明るい未来に向けて進める様に全力で対応させて頂いた案件でした。

別れさせ屋ジースタイルとは?

別れさせ屋ジースタイルは、別れさせたい!!別れたい!!といったご依頼を調査員や工作員を活用して依頼者様をサポートする別れさせ屋になります。
別れさせ屋ジースタイルは、東京本社をはじめ、大阪支社、名古屋支社、東北支社、千葉支社と全国に支社を持ち、依頼者様の別れさせたい!!といった要望を叶える為に、警察OBからの技術指導を受けながら日々技術研鑽しています。
別れさせる事を目的とした別れさせ屋ジースタイルでは探偵業の認可を得て運営させて頂き、各支社にはそれぞれ探偵業の認可を各県の公安委員会から頂いて運営しております。
別れさせ屋へのご依頼は、長く運営している別れさせ屋が詐欺紛いの事を行い、別れさせる為に方法を提案するものの、対象者に接触する工作をしない…など、成功率の低い方法ばかりを提案されていました。
そういった詐欺紛いの別れさせ屋が増えた為、別れさせたい!!といった願いはあっても、別れさせ屋への依頼を不安視し、別れさせる事を躊躇う依頼者様が増えたので、シッカリと稼動し、別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為に発足されたのが別れさせ屋ジースタイルになります。
支社が増え、古く長く運営している別れさせ屋よりも後発ながら全国の支社数が別れさせ屋の業界で最大級となったのは、別れさせ屋工作が成功という結果を残して来たからこそのものとなり、詐欺紛いの別れさせ屋とは異なり、調査員や工作員をシッカリと活用した別れさせる方法を提案し、実行に移せる唯一の別れさせ屋になります。
古参の別れさせ屋は、全国に支社を増やして別れさせる方法のバリエーションを増やす方法ではなく、別れさせ屋のランキングサイトなどを自作自演し、今現在も詐欺紛いの方法で依頼者様を貶めようとする別れさせ屋が後を絶ちません。
別れさせ屋ジースタイルは依頼者様を集める事に重きを置くのではなく、別れさせ屋工作のご依頼を成功させる事に重きを置く、唯一の別れさせ屋になりますので、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂き、別れさせ屋工作が失敗する様なら、どこの別れさせ屋に依頼しても成功しないものとしてお考え下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント