弊社では恋愛工作のご相談や面談を無料で承っております。

ご相談や面談を頂き、後から料金を請求する様な事はありません。

  • 電話相談はフリーダイアルになっており、無料です
  • line・メールの相談も無料です
  • 面談も完全無料です(※弊社カウンセリングルーム以外の場所での面談をご希望の場合は、その場所の費用はご負担頂いています。)

契約を交わす事で料金は発生致しますが、契約を交わす際は契約書を作成し、料金も契約書に明記させて頂いていますので明朗会計でご契約させて頂いています。

一部悪質な別れさせ屋や復縁屋を除いて別れさせ屋や復縁屋は基本的に相談や面談で料金をご請求する事はありません。

相談や面談にお金が掛かってしまえば必要な情報を頂く事が出来ずに恋愛工作の方法を提案しなければならなくなる危惧があります。

例えば、依頼者様から情報を頂けなければ恋愛工作の方法を提案する事は出来ませんが、情報を頂く際に相談、面談で料金が発生すれば依頼者様は料金を気にして必要な情報を全て伝えられなくなる可能性があります。

別れさせ屋や復縁屋が必要とする情報は【氏名、住所、連絡先】といった個人を特定する情報ではありません。

氏名、住所、連絡先が分かったところで、どんな方法を提案すれば良いか?は分かりません。

求める情報は個人を特定する情報ではなく、どんな方法を実行すれば依頼者様の要望を叶えられるか?という部分を判明させる情報を別れさせ屋や復縁屋は求めます。

【どんな方法を実行すれば?】という事は【性格、考え方、状況】が分かる情報があって初めて方法を提案させて頂けるものであり、性格や考え方、状況が分かる情報は【対象者の言動や行動】を表す情報であり、対象者の言動や行動を表す情報を伺うのは自然に時間が掛かるものであり、方法を提案させて頂くのは別れさせ屋や復縁屋なので相談や面談で料金が発生する事はないのです。

相談や面談で料金を頂けない理由は相談や面談が【依頼者様にとってお試し期間】だからになります。

お試しプランといった料金システムを提供する別れさせ屋や復縁屋もありますが、別れさせ屋や復縁屋を依頼者様が試すのは電話相談、メール相談、line相談、面談でどんな方法を提案してくれるか?になります。

別れさせ屋や復縁屋に相談して、納得できない方法を提案されれば依頼者様は依頼する事がありません。

どんな方法で要望を叶える協力をしてくれるのか?を提案する時間が相談や面談になります。

欲しい商品が置いてあるからお客さんは商品を購入します。

別れさせ屋や復縁屋にとっての商品とは【別れさせ工作や復縁工作といった恋愛工作の方法が商品】になり、どんな商品を置いてあるか?を見て頂く時間が相談や面談の時間に該当するのです。

ご依頼を頂いて契約書を交わしたら稼働するのは当然なのですから、稼働するかどうかを判断して頂くお試しプランというのはおかしい事であり、商品を購入した後に使えるかどうかを確認して使用出来なかったら返品するのが当たり前です。

どんな方法を提案するか?というのが別れさせ屋や復縁屋の商品とお考え頂ければ、相談や面談がお店や商品を選ぶ時間になり、ウインドウショッピングをしている人に対してお金を請求するお店がない以上、相談や面談にお金が掛からないのは当然です。

もちろんお店にお越し頂けば無料でウインドウショッピングが出来ますが、お店に出張してもらえば出張費はお客様持ちになるのもご理解頂けると思います。

方法を提案する相談や面談はウインドウショッピングをしてもらう時間とお考え頂ければ相談や面談にお金が掛からないのは当然であり、別れさせ屋や復縁屋が料金を請求する事はないのです。

ご依頼頂く上で大切な事は依頼者様自身の決意なので相談や面談後に弊社から連絡する事はありません。

恋愛工作のご依頼を頂く上で大切な事は、恋愛工作を依頼するかどうかの判断は依頼者様が決める事であり、別れさせ屋や復縁屋が決める事ではないという事です。

  • 復縁したいのは誰でしょうか?
  • 別れたいのは誰でしょうか?
  • 別れさせたいのは誰でしょうか?
  • 出会いたいのは誰でしょうか?

恋愛工作の依頼をしたいと考えるのは別れさせ屋や復縁屋ではなく依頼者様になります。

依頼者様がどうしたいか?という結果、恋愛工作に頼る判断をするのですから別れさせ屋や復縁屋が『依頼した方が良いと思いますよ~』と唆す様な言葉を掛けるのはそもそも間違っている事です。

別れさせ屋や復縁屋から唆されたから依頼したところで恋愛工作が成功する事はありません。

別れさせ屋や復縁屋に相談した後に『その後どうなりましたか?』と別れさせ屋や復縁屋が聞く理由はありませんよね?

同様に面談した後に『契約でまだ悩んでいらっしゃいますか?』と別れさせ屋や復縁屋が聞く理由はありませんし、相談や面談後に弊社からご連絡する事はないのです。

契約までに時間をかけて相談や面談を行うのは何故?

契約までに時間を掛けて相談や面談を行うのは簡単に状況を把握させて頂いた後に実際に情報を拝見させて頂きながら方法を提案します。

相談や面談を行うのは上述した様に恋愛工作の適切な方法を提案させて頂くからになり、『復縁したいです!』と言われて『じゃあ復縁工作しましょう!』となり、契約を結ぶ訳ではありません。

契約までに時間を掛けて相談や面談を行うのは依頼者様の意思確認もありますし、提案させて頂く方法を吟味して頂く為でもあります。

時間を掛ければ良いという訳ではありませんが、人生を左右する様なご依頼を承る時にお互いに信用出来ない関係ではご依頼を承ったところで恋愛工作を成功させる事は出来ません。

依頼者様が別れさせ屋や復縁屋を信頼に値するかどうかの判断をして頂くのと同時に別れさせ屋や復縁屋も信頼に値する依頼者様かどうかの判断をさせて頂きます。

別れさせ屋や復縁屋は依頼を成功させる為に契約を結ぶ訳ですから依頼者様の話しをお伺いさせて頂いて成功させたいと思う人物なのか?

依頼を頂いて対象者を不幸に陥れる依頼にならないか?を判断させて頂く為にも時間を頂戴致しております。

契約までに時間を掛けて相談や面談を行うのは頂くご依頼を成功させる為でもあり、成功率を気にする別れさせ屋や復縁屋なら面談で時間を割く事に妥協出来ません。

相談や面談でお話をお聞かせ頂く事で依頼者様のお気持ちを整理する時間を作る事にもなります。

相談や面談でお話をお聞かせ頂く事で依頼者様のお気持ちを整理する時間を作る事になり、本当に依頼するべきか?を検討する役割も担います。

面談をしたら契約しなければならない訳ではなく、契約するかどうかの判断は依頼者様が決める事なので依頼者様のお気持ちをシッカリと整理して頂かなければなりません。

面談をしてその場の雰囲気で契約するのではなく契約するかどうかを持ち帰って判断して頂く為にも相談や面談には時間を掛けなければなりません。

相談や面談で深くお話を伺わなければならない理由があります。

契約前にはメリットとデメリットをシッカリと説明する必要があり、メリットとデメリットは深くお話をお伺いしなければご説明出来るモノではありません。

Aという方法を提案した時のメリット、デメリットとBという方法を提案した時のメリット、デメリットは当然異なります。

相談や面談で深くお話をお伺いしなければAという方法とBという方法がある旨をお伝えする事は出来ません。

深くお話をお伺いすれば時間は気付かぬ内に過ぎていきますが、時間を掛けた分だけシッカリとメリット、デメリットを説明する事が出来るのです。

別れさせ屋や復縁屋に相談、面談する事で得られる事があります。

別れさせ屋や復縁屋に相談、面談する事で得られる事があり、客観的な立場で状況を判断させて頂く為、依頼者様の要望を叶える事が出来そうなのか?それとも可能性は全くないのか?を第三者として判断させて頂けます。

相談や面談をさせて頂いただけで特定の人物の気持ちが100%分かる事はありませんし、特定の人物の心理状態を全て把握する事は出来ません。

しかし、第三者の立場であり、依頼者様の事も対象者の事も全く知らない本当の意味での第三者という立場なので、どちらかに肩入れしてお話を聞いている訳ではない為、友人や知人に相談してアドバイスされた内容とは全く異なる観点からアドバイスする事が可能になっています。

ご依頼を頂けば別れさせ屋や復縁屋は依頼者様の味方となって恋愛工作を進めていきますが、ご依頼頂くまでは中立の立場でお話をお伺いさせて頂きます。

別れさせ屋や復縁屋に相談、面談をする事で中立の立場で物事を見た時にどんな見方になるか?を説明させて頂きますのでとても大きな情報を得られる事にもなるのです。

別れさせ屋や復縁屋との面談は原則一対一なの?

別れさせ屋や復縁屋との面談は原則一対一ではありません。

契約書についての知識がない方は弁護士を同席して契約書の内容について精査して頂く事もありますし、友人・知人を同席して面談される方もいらっしゃいます。

協力して頂ける友人・知人がいらっしゃる方なら友人・知人を同席して頂いて恋愛工作を進める方法を提案させて頂いた方が成功率の観点から成功し易いケースは多々ありますし、別れさせ屋や復縁屋が一対一の面談にこだわる理由はありません。

面談は別れさせ屋や復縁屋が何をするのか?という方法を提案させて頂く場ですから、協力者が多ければ多いほど提案させて頂く方法に幅が出る為、別れさせ屋や復縁屋としても願ったり叶ったりになるのです。

一対一に別れさせ屋や復縁屋がこだわる理由はありませんし、初めて別れさせ屋や復縁屋をご利用する方にしてみれば不安があるのは当然です。

不安を解消する為に友人・知人の同席を求めるなら別れさせ屋や復縁屋は喜んで複数人での面談を引き受けます。

別れさせ屋や復縁屋の中には複数人の面談を拒否をする業者もあります。

悪質な別れさせ屋や復縁屋の中にはホームページ上には複数人での面談を求める事が書かれていながら理由を付けて面談は原則一対一、もしくは業者側が複数人で依頼者様側は一人という形で面談を行おうとします。

弁護士の同席についてホームページ上には記載されていながら、同席する弁護士は業者側が弁護士を付ける為、依頼者様が複数人で面談を求めても拒否する業者があります。

複数人での面談を拒否する業者の中には悪質な別れさせ屋や復縁屋が多く、悪質な別れさせ屋や復縁屋と契約しない為にも複数人での面談を申請するのも一つの手段となります。

1対1で面談をしなければ依頼者に契約を強要出来ないので1対1の面談を断る業者があります。

一対一の面談を拒否する理由の一つに複数人での面談では契約を強要出来ないという理由があります。

面談で複数人に囲まれて契約を強要された被害者は多く、複数人での面談を拒否する業者の中には面談は無料だと言いながら、契約を拒否したら面談料を払えと言われた方もいらっしゃいます。

面談が1対1でなければ嘘をついても見破られるので1対1の面談にこだわる悪質な業者があります。

悪質な別れさせ屋や復縁屋の中には平気で嘘を吐く業者もあり、依頼者様が友人や知人を同席して面談すれば嘘が見破られる事を懸念する為、複数人での面談を拒否する業者があります。

出来ない事を『出来ますよ!』と伝える業者の他にも明らかに方法がおかしい業者もあり、冷静さを欠いた依頼者様を最初から騙す目的で面談を行う業者が複数人での面談を拒否する業者になります。

複数人での面談を拒否する業者が一対一の面談をしようとする時の口実

複数人での面談を拒否する業者が一対一の面談をしようとする時の口実には幾つかのパターンがあります。

別れさせ屋や復縁屋を選ぶ際に業者はあの手この手で一対一の面談に持ち込もうとします。

業者の口実に惑わされない様に複数人での面談を申し込む時の参考にして下さい。

個人情報の問題があるので複数人での面談は出来ません。

個人情報の問題を理由に複数人での面談を断る別れさせ屋や復縁屋がありますが、依頼者様が許可をしているのですから個人情報の問題で複数人での面談が出来ない理由はありません。

誰かに聞かれて良い話ではないから複数人では面談が出来ない

誰かに聞かれて良い話ではないから複数人では面談が出来ないという口実を使う業者もありますが依頼者様本人が『聞かれても構わない』と言えば業者がアレコレ言う問題ではありません。

依頼するのは貴方だから同席は必要ないでしょ?と一対一に持ち込もうとする業者の口実

『依頼するのは貴方だから誰かに頼る様なら上手くいかないですよ。決断するのは貴方なんだから』という業者もいますが、別れさせ屋や復縁屋に頼ろうとしているのですから既に矛盾が生じていますが、実際に同様の事を言われた方は少なくありません。

出張面談をご希望の方との面談には移動に掛かる交通費はご負担頂いてます。

冒頭で説明させて頂きました様にお店にウインドウショッピングをするのにウインドウショッピングをする費用が発生するお店はありません。

別れさせ屋や復縁屋は探偵会社が運営している為、探偵業の届け出がある場所にはカウンセリングルームを設けています。

中にはレンタルオフィスで運営している別れさせ屋や復縁屋もあり、カウンセリングルームがない業者もありますが、基本的には会社がある以上、会社での面談は原則無料で行います。

弊社では東京、大阪、青森に支社があり、支社を利用して頂く分には施設利用料も面談費用も掛かる事はありませんが、出張で他県にお伺いさせて頂く際は出張に掛かる交通費を支社からの移動費としてご依頼者様にご負担頂いています。

移動費の他にも面談をさせて頂く際の場所に掛かる費用については依頼者様ご負担になりますが、出張する人員の人件費等のご負担は頂いていません。