別れさせ屋ジースタイル

別れさせ屋や復縁屋と契約する前は面談が必須です。

コロナ禍ではリモート面談をする別れさせ屋や復縁屋も増えて来ており、弊社でもリモート面談を提供させて頂いていますが、出来るだけ対面での面談を推奨しています。

面談は無料で行っており、依頼者様の悩みを解決させる為に別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法を提案させて頂く為に面談を行う訳ですから、面談後に契約となればターゲットに工作員が接触する形になりますし、ターゲットには工作員という全く赤の他人が接触するのは良いけれど、依頼者様はコロナ禍だから対面したくない…というのは疑問を感じますし、リモート面談も承っていますが従来通り面談は対面での面談を推奨しています。

例えば、復縁屋工作の依頼を請ける時は依頼者様もターゲットに最終的には接触しますし、その前には工作員をターゲットに接触させます。

工作員がターゲットに接触した後に依頼者様はターゲットに接触しなければならない訳ですから、コロナ禍だから対面で面談が怖い…となっていればターゲットと再会する事も出来ないのでは?ともなります。※参考記事:コロナウイルス(covid19)を悪用する別れさせ屋や復縁屋にはお気を付け下さい。

時間がない場合や遠方の場合は仕方ない事もありますが、出来るだけリモート面談よりも対面で面談して判断して頂きたい理由は多々あります。

面談をするのは詳細情報をいただく為でもありますが、実際に別れさせ屋や復縁屋の担当者がどんな人物なのか?をリモートで判断するのではなく対面した方が別れさせ屋や復縁屋の本質が分かります。※参考記事:複数の別れさせ屋や復縁屋に相見積もりをお願いして工作料金を比較しよう。

別れさせ屋や復縁屋もリモート面談では分からない事があり、依頼者様の雰囲気で例えばストーカー行為をする方かどうかの判断もしなければならない為、依頼を請けて良いかどうかの判断をする為には情報量が不足しているのです。

依頼者様にしてみれば別れさせ屋や復縁屋に依頼しても良いのか?という判断をする為の情報がリモート面談では不足していますし、別れさせ屋や復縁屋にしてみればリモート面談では依頼を請けて良いかどうかの判断がし辛い為、双方にとってメリットがあるのは遠方の依頼者様でカウンセリングルームに来る事が難しい場合はリモート面談はメリットがありますが、そうではない場合はメリットが薄いのです。

面談は契約をする為のものではなく、別れさせ屋や復縁屋が方法を提案する場になるので、面談は依頼者様にとって別れさせ屋や復縁屋を試す場でもあります。

別れさせ屋や復縁屋を探す時にネットにある情報だけで判断するのではなく、依頼しても良い別れさせ屋や復縁屋なのかを判断する為には実際に別れさせ屋や復縁屋と話しをしてみなければ悪質な別れさせ屋や復縁屋に引っ掛かってしまう事も考えられます。※参考記事:悪質な別れさせ屋や復縁屋の詐欺会社にはご注意下さい。

別れさせ屋や復縁屋の中にはお試しプランの料金システムで依頼を請ける別れさせ屋や復縁屋がありますが、契約を交わしたら稼働するのは当たり前の事ですし、契約を交わす前に稼働するかを判断出来なければ案件を成功させる別れさせ屋や復縁屋に辿り着く事は出来ません。※参考記事:固定料金で依頼出来るの?コミコミプランやお試しプランって?

依頼者様が別れさせ屋や復縁屋への依頼を検討する為のものが面談であり、面談時にどんな方法を提案してくれるから、どんな方法で別れさせ屋工作や復縁屋工作が成功するのか?という成功のビジョンが見えてきます。※参考記事:工作成功率が高い別れさせ屋の選び方を間違っていませんか?

方法を提案する為の場が別れさせ屋や復縁屋との面談の場であり、提案された方法が納得出来なければ依頼者様が契約を結ぶ必要はないのです。

面談をしたら契約しなければならないものではありませんし、どうやって別れさせるのか?どうやって復縁させるのか?という商品の試供品を使うのと同様なのが別れさせ屋や復縁屋との面談です。

別れさせ屋や復縁屋との面談は依頼者様にとって本当に人生を賭けて依頼しても良いのか?という判断をする場所であり、契約をする為には面談が必要ですが契約をしなければならない場ではない事を忘れない様にして頂く為、別れさせ屋や復縁屋と面談をしたら契約をしなければならない!という気持ちで面談をするのは控えましょう。

ご依頼頂く上で大切な事は依頼者様自身が決断する事なので、別れさせ屋や復縁屋に相談したり、面談した後に別れさせ屋や復縁屋から『その後どうですか?』といった営業のような連絡が依頼者様に入る事は絶対にないのです。

別れさせ屋や復縁屋に依頼するかを決めるのは別れさせ屋や復縁屋ではなく依頼者様になります。

依頼者様が別れさせ屋や復縁屋が提案した方法で納得し、別れさせ屋工作や復縁屋工作が成功するビジョンが見えるから依頼時の対価と成功した後のビジョンを比較して依頼するのです。※参考記事:抱えている悩みを解決して明るい未来を掴みたい方へ

復縁したい、別れたい、別れさせたい、出会いたいのは別れさせ屋や復縁屋ではなく、依頼者様になります。

依頼者様自身の判断で依頼するかを決める為のものが面談です。

依頼者様が決断するものに対して、別れさせ屋や復縁屋が『依頼した方が良いですよ!!』と依頼する事を促すのはおかしな事であり、依頼者様の決断をサポートするのが別れさせ屋や復縁屋になるのですから相談や面談を別れさせ屋や復縁屋とした後に別れさせ屋や復縁屋や復縁屋から状況伺いなどの連絡が来るのはおかしな事になるのです。

面談後に別れさせ屋や復縁屋から唆されて依頼する気になって依頼しても別れさせ屋工作や復縁屋工作が成功する事はありません。※参考記事:工作成功率が高い別れさせ屋と工作成功率が低い別れさせ屋の違いについて

面談時や面談後に『契約した方が良いですよ!!!』と契約を強要するのもおかしな事ですし、契約は面談時の勢いでするものではないので弊社では面談をしてから依頼する迄の時間を設けて頂く事を推奨しています。

面談から契約までに依頼を考える時間を掛けて頂きたいのは依頼者様の気持ちを確かめて頂くからになり、他人の人生を狂わせてしまう可能性のある別れさせ屋工作や復縁屋工作の依頼をする決意をご自身で確かめて頂きたいという理由もあります。

『復縁したいから復縁屋工作を依頼したいです!!』と言われて『じゃあ復縁屋工作をしましょう!!!』と言って別れさせ屋や復縁屋と契約するものではありません。

面談時に話しをさせて頂くのは別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法だけではなく、依頼者様が本当に望んでいる事なのか?を判断させて頂くものでもあります。

別れさせ屋や復縁屋への依頼は商品購入と異なり、他人の人生や自分の人生を変えてしまう可能性があるサービスなので人生を左右する岐路に立った状態で決断するまでの時間を別れさせ屋や復縁屋が焦らせる事はないのです。

それともう一点が、別れさせ屋や復縁屋にも依頼者様を選ぶ権利があり、案件を本当に成功させたい!!と思える依頼者様なのか?を別れさせ屋や復縁屋も判断します。

依頼を請ける事でターゲットが不幸になる事が視えれば依頼をお断りさせて頂きますし、依頼を成功させる為には依頼者様の為に稼働してあげたい!!と思える理由がなければ人間ですから稼働したいとは思いません。※参考記事:依頼したくても復縁屋が依頼を断る権利は当然あります。

それが分かれば冒頭で書かせて頂いたようにターゲットには工作員を接触させるけれど、依頼者様は別れさせ屋や復縁屋と対面での面談はしたくない!!という理由は疑問が残りますし、リモート面談を推奨している別れさせ屋や復縁屋は成功させるよりも少しでも多くの依頼を請けて利益重視という事が透けて視えます。

弊社が初めてご相談頂く方や面談をさせて頂く方に時間を割いて頂く理由は依頼者様自身がどんな方なのかを判断させて頂きたい。という理由もあります。

お話をお聞かせ頂く際にメールやlineよりも電話の方が直接お話をお聞かせいただけますし、対面でお話を聞かせていただくと、よりどんな依頼者様なのか?を判断出来ます。

別れさせ屋や復縁屋は面談をする事で依頼者様の人間性等も確認させて頂きますし、ターゲットを不幸にしそうだと判断出来る方や常識のない方と契約を交わす事はありません。

その為、相談や面談をさせて頂くとお聞かせいただく話は深い話しになっていきますし、別れさせ屋や復縁屋に依頼するメリットやデメリットも説明し、ご理解、ご納得が出来ていない方と契約を交わす事はありません。

方法の提案の他にも面談時は依頼者様の人となりを確認しますし、依頼者様も別れさせ屋や復縁屋を見て判断するのと同様の事を別れさせ屋や復縁屋もしなければならないのです。

別れさせ屋や復縁屋に相談や面談をする事で、依頼者様が抱えている悩みを客観視した立場で判断させて頂きますので第三者として別れさせ屋工作や復縁屋工作の成功の糸口を見出す事も可能になります。※参考記事:別れさせ屋の成功率はどうやって計算された数字かご存知ですか?

直接対面して話しをお伺いさせて頂くので依頼者様のお気持ちが分かりますし、依頼者様のお持ちの情報も確認させて頂くので正確な情報として別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法をご提案させて頂けるのです。※参考記事:別れさせ屋が求める情報は個人を特定する情報ではありません。

依頼を頂けば別れさせ屋や復縁屋は依頼者様の味方となって別れさせ屋工作や復縁屋工作を進めていきますが、依頼を頂く前までは中立な立場で状況判断をさせて頂くので第三者目線で本当に成功させられるのか?という説明をさせて頂けるのです。※参考記事:別れさせ屋は正義の味方?それとも悪?依頼者様の状況から善悪を判断しましょう。

別れさせ屋や復縁屋と面談する時に弁護士同席で面談に来られる方やご両親と一緒に面談に来る方、友人を連れて面談に来る方もいらっしゃり、面談は原則として1対1で行うものと決まったものではありません。

依頼者様も初めて別れさせ屋や復縁屋と面談するとなれば不安な気持ちも当然あると思います。

不安があるので友人に付き添ってもらいたい!!と思うのは当然ですし、別れさせ屋や復縁屋が面談を1対1で行うものと定める理由はありません。

面談は別れさせ屋や復縁屋がどんな方法で依頼者様の要望を叶えるか?を提案する場ですから、依頼者様の友人が同席して斬新な方法を提案してくださる事も別れさせ屋や復縁屋にしてみれば目から鱗の方法になるかもしれません。

成功させる目的で面談を受ける別れさせ屋や復縁屋なら複数人で面談する事を否定する事はありませんし、複数人での面談は別れさせ屋や復縁屋としても望むものでもあります。

別れさせ屋や復縁屋の中には複数人での面談を拒否をする所もあり、特に悪質な別れさせ屋や復縁屋で面談時に契約を強要しようとする別れさせ屋や復縁屋は1対1での面談を求めます。

弁護士同席での面談を容認するとホームページには記載されていながらも理由を付けて複数人での面談を断る別れさせ屋や復縁屋もあります。

悪質な別れさせ屋や復縁屋の手口は面談をして閉鎖空間で契約を強要させて契約を交わそうとする手口を使うので悪質な別れさせ屋や復縁屋への依頼を回避する為に、複数人での面談を希望してみるのも悪質業者を回避する為の手段の一つにもなります。

1対1での面談でなければ依頼者様に契約を強要出来ないと考える別れさせ屋や復縁屋がある為、複数人での面談を提案し、受け入れてもらえない別れさせ屋や復縁屋にはご注意下さい。

面談で複数人に囲まれて契約しなければ帰してもらえなかった…という悪質業者の手口に遭った被害者は多いので複数人で契約の強要をされても断り易い状況を作っておくのも必要な事があります。

特に契約を強要しても契約に応じなかった時に事前に面談は無料だと聞いていても面談料を払えと脅迫された被害者もいらっしゃるので複数人での面談の提案は身を守る手段の一つとお考え下さい。

面談が1対1でなければ嘘を吐いても見破られると考える悪質業者は『絶対に依頼は成功しますよ!!』という言葉を使い、100%依頼が成功するかの様に嘘を吐いても見破られる恐れがあるので複数人での面談を拒絶する事もあります。※参考記事:絶対に別れさせ屋工作が成功する保証を別れさせ屋は出来ません。

出来ない事を出来ますよ!と伝える別れさせ屋や復縁屋は多数あるので注意が必要になります。

複数人での面談を拒絶する時の言い訳
  • 個人情報の問題があるので複数人での面談は出来ません。
  • 誰かに聞かれて良い話ではないから複数人では面談が出来ない。
  • 依頼するのは貴方だから同席は必要ないでしょ?

もう一点気を付けなければならないのが代表者が面談をします!!!という別れさせ屋や復縁屋との面談です。

会社の社長が直々に面談をしてくれるなら…と思う方も多いと思いますが、通常の会社で社長は現場の仕事が出来る人でしょうか?

もしも代表者が面談を必ずする会社の場合、代表者は常に会社にいなければなりません。

会社に常に留まって事務仕事をしている代表者が別れさせ屋工作や復縁屋工作のように現場ありきの仕事の説明を一番上手に出来るでしょうか?

別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法は日々進化していきますし、別れさせ屋や復縁屋の心理誘導は常に様々な方々との接点を持っていなければ技術はすぐに衰えます。

現場に出ずに社内で仕事をしているだけの社長に依頼者様のターゲットの心理を誘導する様な方法を出せるでしょうか?

代表者面談は依頼者様の別れさせ屋や復縁屋への不信感を拭い去る為のものであり、代表者という肩書きがなければ依頼者様の信頼を得られない別れさせ屋や復縁屋に依頼をしても依頼した後は代表者は知らぬ存ぜぬで忙しいを理由にして逃げるように面談を断ります。

代表者面談のメリットは別れさせ屋や復縁屋側にしかなく、依頼者様にとって代表者面談は技術が衰えた人との面談なので成功率の問題からも何も得はありません。

別れさせ屋や復縁屋のジースタイルとの面談

弊社ではリモート面談でも対応させて頂いていますが、基本は対面での面談を依頼者様に推奨しています。

コロナ禍で対面での面談を推奨するのは時代にそぐわない…と思われる方も多いのですが、別れさせ屋工作や復縁屋工作のように対人問題を解決させる為にネットを介した接触の仕方はあまり効果的ではない事もあり、依頼者様の人となりの判断をさせて頂く事や弊社の面談担当者がどういった人物なのか?を判断して頂く為にはモニター越しで判断して頂くのではなく実際に会ってお話をさせて頂いた方が適切な判断が出来るという理由になります。

商品を販売するのではなく、サービスを提供するのが別れさせ屋や復縁屋であり、商品を販売するならウインドウショッピングのように手に取って実際に物を見て購入出来ますが、別れさせ屋や復縁屋のサービスは事前に商品を手にして購入を判断するものではありません。

ホームページを見比べても記載されている内容に大差がなければ実際にサービスを提供する人物と対面して弊社のサービスを判断して頂く事が必要であり、別れさせ屋工作や復縁屋工作を行うにあたって依頼をしても構わない人物なのかを判断して頂く以外にないのです。

冒頭で記載させて頂いた様にお試しプランのような依頼者様に負担を掛けて試して頂く様なサービス内容ではないので依頼者様が判断する内容は別れさせ屋や復縁屋と面談した際の人材を見て頂くしかありません。

弊社では東京大阪青森に支社があり、カウンセリングルームにお越しいただければ無料で面談を承っていますが、カウンセリングルーム以外の場所に担当者を出張させる場合は移動に掛かる交通費や面談の場所(カラオケボックス等)に掛かる費用のご負担はお願いしていますが面談の料金が発生する事はありません。