別れさせ工作
依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況復讐を兼ねて別れさせたい

別れさせたい相手から『お前と付き合っていた事が無駄だった』と言われた依頼者様は元恋人との関係に対する恨みを持ってしまいます。
元恋人への恨みを持った依頼者様は復讐心から元恋人を別れさせたいと考えますが、考えた通りに自分では事を進められないので別れさせ屋に依頼する事を検討したとの事でした。
別れさせ屋に依頼するにも数社に相談し、相談した内の一社は別れさせ工作の方法を説明されても本当に効果があるのか?が疑問な状態で、方法について担当者に質問を繰り返して依頼は見合わせたとの事でした。

他社へ相談されたとの事でしたので、弊社に依頼頂かなくても他社で上手くいって頂ければ、それも弊社にとって悪い事ではないので他社に依頼して工作が上手くいかない際に弊社がアドバイスして別れさせ工作を成功させる様に導けるお手伝いをさせて頂く事をお話させて頂きましたが別れさせ工作のご依頼を頂く事となりました。
弊社でご提案させて頂いた方法は他社とはだいぶ異なる方法になり、他社で提案された方法よりも成功率が高いと踏んだようでした。
依頼者様と別れさせ工作の契約を交わさせて頂き、ターゲットの情報を頂きながら詳細状況について確認させて頂きました。

ターゲットの情報を元に調査を行い、依頼者様から頂いた情報を確認すると共に工作を進める為の情報を収集します。
情報収集した際に依頼者様に報告をしますが、報告する度に依頼者様の喜怒哀楽が激しく、早く別れさせて欲しいという感情と幸せそうにしている姿を見る哀しみ等、報告する度に感情の浮き沈みが激しく、依頼者様が復讐心を持ってしまった原因について理解出来ました。
別れさせたところで依頼者様の元へは戻らない事が分かっていましたが、一応依頼者様に今後の事を考えてアドバイスを行い、復讐を遂げた後の事も考えておいて欲しいと伝えます。

ターゲットに工作員を接触させて別れさせ工作を進める頃には依頼者様から『もう復縁はないと思いますか?』という質問を何度もされますが、よりを戻す可能性は今のままの依頼者様では考えられず、別れさせを成功させても残るものは何もない事を伝えます。
依頼者様にアドバイスをしてから依頼者様は依頼の虚しさを感じた様ですが、感じた虚しさを拭い去るかの様に別れさせ工作の進行具合に食いつきます。
ターゲットを別れさせる為に得た情報を心待ちにしていた依頼者様からターゲットの情報は聞きたくない事を打ち明けられ、依頼に対する虚しさも聞きましたが別れさせ工作は続行します。

工作員の接触を繰り返していく内に別れさせ工作が成功に近付いてくる事を実感した依頼者様は報告もlineで簡単に説明する程度でそれ以外の連絡を望まない様にされてしまいました。
別れさせ工作が成功する頃には依頼者様との連絡はほとんど取れず、仕事が忙しいという理由で連絡が取れない状態だったのですが、別れさせ工作が成功した際に連絡をすると久し振りに連絡が取れ、別れさせ工作成功までの流れと成功した結果報告について話しをしても、声のトーンが上がるでもなく成功したものの後味の悪い別れさせ工作の成功事例となってしまいました。

依頼が成功した後に数日経ってから依頼者様から連絡が入りましたが、依頼者様の心境などを聞くとターゲットへの関心は薄れてしまい、別れさせ工作を依頼した虚しさを聞き出します。
状況を聞かせて頂き、話しを聞けば聞く程、依頼者様は自分が何をしているんだろう?と考えてしまった様でしたが依頼した事で自分の状況に気付き、前を向いて歩いているという話しを聞かせて頂きました。
結果としては後味の悪い別れさせ工作の成功事例になりますが、依頼者様本人は前を向いて歩く事が出来た様で違った意味で依頼を請けて成功した事例が依頼者様の別れさせ工作の依頼になります。