別れさせのご相談は(株)ジースタイルにお任せ下さい

娘夫婦を離婚させたい時の別れさせ屋工作方法を求める際に、娘の旦那にハニートラップを仕掛ける方法を求められる事がありますが、娘夫婦を離婚させる為にハニートラップの方法を仕掛ければ工作員が状況によっては慰謝料請求をされる可能性もあります。

大阪地裁で行われた別れさせ屋の裁判では婚姻関係にない者に対して別れさせ工作を行った事は公序良俗に反しないという判決がありましたが、娘の旦那に女性工作員を接触させて不貞行為の様に持っていく方法ではご両親からのご依頼であっても夫婦関係を破局させる為に不利益な事を行う行為に該当する可能性がある為、娘夫婦を離婚させる為にハニートラップを仕掛けるのは別れさせ屋側にも大きなリスクがあり、依頼を請けてくれる事はありません。

不貞行為に対する慰謝料請求の額は300万円前後が想定され、実際は収入などに応じて慰謝料の金額は上下致しますが仮に別れさせ屋がハニートラップで娘夫婦を離婚させる事に成功した時、依頼者様の娘から工作員が慰謝料請求される可能性も発生し、娘夫婦に100万円前後でハニートラップを行い、成功した際は別れさせ屋の利益はマイナスになりますから別れさせ屋も離婚させる為にハニートラップを行う事はありません。

単純計算で300万円の慰謝料請求をされる案件を100万円前後で請けるのは別れさせ屋でなくても出来ないのは分かると思います。

慰謝料請求の額が分かっている別れさせ屋なら100万円前後で依頼を請ける事はないのですが、別れさせ屋の中には100万円前後でハニートラップの依頼を請ける業者も存在します。

100万円前後でハニートラップの依頼を請ける業者は計算出来ないのではなく、元々ハニートラップを成功させるつもりがない為、失敗前提でハニートラップを行っているフリをする業者である事が分かると思います。

娘夫婦を離婚させるにはハニートラップ以外の方法で工作員にも落ち度がない方法を別れさせ屋は提案しなければなりませんが、ほとんどの別れさせ屋はハニートラップ以外の方法を持ち合わせていない為、娘夫婦を離婚させる方法としてハニートラップを提案する業者ばかりになります。

ハニートラップ以外の方法で娘夫婦を離婚させるにはどうすれば良い?

娘夫婦を離婚させるのに旦那に異性の工作員を接触させて離婚させよう!!とすれば公序良俗に反する行為になるのでダメな事はお分かり頂けたかと思います。

では娘夫婦を離婚させる為に他の方法はないのか?と肩を落とす前にハニートラップは出来なくてもハニートラップと同じ効果を与えれば離婚を意識させる事が出来ると気付けば難しい事ではありません。

ハニートラップは異性関係という問題で娘が旦那に対して怒りや落胆を与え、離婚させようと考えた末に出てくる方法になります。

離婚させるのに重要なのは異性が接触する事でも不倫関係を作る事でもなく、娘が旦那に対して怒りや落胆の感情を持てば離婚に進むのです。

怒りや落胆の感情は不倫だけではありません。

人間は人それぞれ異なる考えを持ち、親子であっても他人です。

血の繋がりのない夫婦であれば親子よりも考え方は異なるのですから異性を接触させる方法にこだわらずに怒りや落胆を与える方法があれば離婚させる事にも繋がるのです。

離婚させるのに問題がない方法も別れさせ屋は知っている?

本来、別れさせ屋は異性を接触させる方法だけで方法を提案する訳ではありません。

同性工作員を接触させる方法もありますし、対象者の周囲から切り崩す方法も別れさせ屋は知っています。

分かり易い方法を依頼者様が求めれば分かり易い方法を提案するのが別れさせ屋ですから、別れさせる方法で一番分かり易いのが浮気や不倫なのでハニートラップを別れさせ屋は提案します。

しかし、方法を複雑化させ、依頼者様が人間心理についてもっと詳しくなって頂ければ浮気や不倫といった方法を使わなくても別れさせる方法は幾らでも存在します。

離婚させたいと考えるなら離婚させても公序良俗に該当しない方法を用いれば済む訳で、娘夫婦を離婚させるのに問題がない方法も別れさせ屋は持っている為、ご両親の協力を頂けるならご協力頂く別れさせ工作、ご両親のご協力が頂けないならご協力頂かずに工作員を動かすだけで離婚させる別れさせ工作の方法をご提案させて頂く事も可能です。

(株)ジースタイル
(株)ジースタイル
(株)ジースタイルは別れさせ屋や復縁屋の成功率が業界No.1の探偵社!提案させて頂く方法が他社とは全く異なります。