別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 会社員 29歳 東京
契約期間と料金4ヶ月契約の料金 140万円 成功報酬30%
別れさせたい状況彼氏がキャバ嬢にハマってしまったのでキャバ嬢と別れさせたい

別れさせ屋ジースタイルにS様からご相談頂いた内容は、たまたまスマホのポップアップが見えた際に、女性の名前が書かれており、その女性の事を問い詰めたらキャバ嬢である事が判明し、キャバ嬢との関係を終わらせる様に伝えるモノの、隠れてキャバクラ通いをしている彼氏をキャバ嬢と別れさせて欲しい。とのご相談でした。

S様から別れさせ屋ジースタイルにご相談を頂いている最中に、キャバ嬢との関係はお客さんとキャバ嬢との関係なのか、それとも恋人や浮気相手としての関係なのかの判断がつきづらく、お客さんとキャバ嬢の関係なら、放っておいても別れる可能性があり、別れさせ屋に依頼する意味がない事をお伝えさせて頂きましたが、S様は彼氏が本気になってしまい、キャバ嬢との関係が深まってしまう事を恐れ、キャバ嬢との関係を断って欲しい。と望み、キャバ嬢との関係が続いているので、彼氏とのケンカが絶えず、精神的に疲弊している状態との事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

別れさせ調査開始で情報収集に成功

S様の気持ちが分からないでもないので、S様から彼氏とキャバ嬢とのラインのやり取りを拝見させて頂きましたが、キャバ嬢が色恋営業で彼氏をお店に呼び出す為にやり取りを続けているのか、それとも本当にS様の彼氏と交際しているつもりでラインのやり取りをしているのかが分かりづらく、S様から別れさせ工作のご依頼を頂いて、ターゲットを調査する事から始めさせて頂きました。

S様からご依頼頂き、ターゲットを調査する事になりましたが、どこの店のキャバ嬢なのかが分からず、ラインの名前から源氏名は分かるものの、分かるものは源氏名のみで、ターゲットの特定をするにはS様の彼氏を尾行し、行きつけのキャバクラを特定させ、店内に潜入し、彼氏が指名しているキャバ嬢を特定する事から始めました。

行きつけのキャバクラには、いつ行くかが分からず、S様と相談させて頂き、キャバクラに行きそうな日を絞り込んで調査しましたが、キャバクラには行かず真っ直ぐ自宅に帰るといった空振りを繰り返しながら、彼氏がキャバクラに行く可能性のある日を張り込みしましたが、キャバクラに行かない日が続きました。

S様と打ち合わせを行い、S様に確認させて頂いたところ、お店に出向いているのではなく、休日にキャバ嬢とデートをする仲なのでは?という推測に至り、S様の彼氏の休日に張り込みをして、S様の彼氏がターゲットとなるキャバ嬢と会っている事を確認させて頂きました。※参考記事:ターゲットの詳しい情報を別れさせ屋は浮気調査の探偵よりも聞き出せてしまいます。

キャバ嬢を特定し、キャバ嬢を尾行する事で、ターゲットの自宅の特定に至り、ターゲットが何処のキャバクラで働いているか?を確認し、ターゲットの情報を集めていき、錦糸町で働いているターゲットの働いているキャバクラを特定した後は、錦糸町のキャバクラに潜入し、ターゲットがどんな営業方法を取っているか?など、別れさせ工作を進めていく為の情報を収集していきました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

集めた情報を元に別れさせ工作の実行。そして成功へ

別れさせ屋ジースタイルで別れさせ工作を進めていく上で必要な情報を集めていき、依頼者様に報告させて頂く際に、キャバ嬢と彼氏が付き合う一歩手前の様な雰囲気を出していた事もお伝えさせて頂き、もう少し別れさせ屋ジースタイルに別れさせ工作のご依頼が遅くなれば、S様は下手をしたら彼氏から別れ話を出されていた可能性もあり、キャバクラに潜入した工作員がターゲットへの潜入を進めていき、最初はお客さんとキャストという関係ではありましたが、徐々に関係を深めて店外で会える形を取れるまでに発展しました。

別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットとのラインのやり取りを進めていきながら、キャバ嬢から恋人の有無を確認したところ、恋人がいない事を確認し、どんなタイプが好みなのか?を聞き出し、ターゲットがどんな営業方法を取っているのか?を確認出来たので、ターゲットとS様の彼氏を別れさせる更に詳細を詰めた方法を依頼者様と打ち合わせて詰めていきました。※参考記事:どうやって別れさせ屋って別れさせるんですか?というご相談への回答

ターゲットの営業方法を利用した心理誘導を行う事でキャバ嬢からS様の彼氏を引き離すように誘導していきます。

ターゲットと錦糸町の駅周辺で会う機会が増え、ファーストコンタクトの段階から印象を良くしていた為、ターゲットとの関係も良好になり、別れさせ屋ジースタイルの工作員の言葉がターゲットに面白いように刺さりました。

ターゲットからキャバクラという職種をどの様に考えているかを聞き出していく事で、少しづつキャバクラの仕事への本気度が増している事が分かり、錦糸町から歌舞伎町のキャバクラへの移籍や銀座のお店への移籍を考えだし、S様の彼氏と交際していると目標が叶わない事を暗に匂わせながら、仕事と恋愛のどちらを選ぶか?を選択させる様にし、仕事を選ぶように心理誘導していくと、ターゲットは今は恋愛にかまけている時ではない事に気付き、S様の彼氏との交際にも少しづつ距離を取るようになっていきました。

ターゲットがキャバクラで働き出した目的は、金銭的な部分が多く、キャバクラで稼ぐお金と、昼間の仕事で稼ぐお金の金額の違いに気付いているターゲットは、本来の自分の目的を取り戻した様で、遊びでS様の彼氏と交際する事は出来ても、真剣に交際するのは違う。と分かり、ターゲットの心情の変化に気付かないS様の彼氏は、ターゲットに以前と同様の付き合い方をしていた為、少しづつ価値観の違いが浮き彫りになっていき、ターゲットからS様の彼氏に別れ話を出すようになりましたが、S様の彼氏はターゲットへの想いが強くなっていた為、若干ストーカー気味にターゲットを追い回すようになり、ターゲットからラインをブロックされ、お店も出禁となり、別れさせ工作が成功した別れさせ屋ジースタイルの成功事例になります。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。