別れさせ屋や復縁屋に頻繁に相談する機会はほとんどありませんよね?

そうなると別れさせ屋や復縁屋にいざ依頼しよう!!と思った時に何を基準に探偵社選びをすれば良いか分からないと思います。

別れさせ屋や復縁屋をネットで調べれば怪しい探偵社が多い…と感じているものの、どうしても別れさせ屋や復縁屋に依頼しなければ解消出来ない問題を抱えていれば怪しいと思っていても別れさせ屋や復縁屋に依頼しなければ…となってしまいます。

契約前に怪しいな…?と思えば契約書を交わさなければ良いのですが、怪しいな…と思いながらも依頼しなければ…という状態では冷静な判断が出来ずに怪しいと分かっていても契約してしまった…という方も大変おおくいらっしゃり、弊社にも他社に依頼して失敗した…という方からのご相談を大変多くいただいています。※参考記事:別れさせ屋のセカンドオピニオンとしての活用もご利用頂いてます。

契約までの段階で怪しいな!?と思ったら、契約書を交わすのではなく、一旦依頼を保留して、怪しいなと思う点を他社に相談してみるなどをしてみては如何でしょうか?

そして、怪しい別れさせ屋や復縁屋はとても多く、相談の段階で怪しい別れさせ屋や復縁屋の見分け方を記載しておきますので別れさせ屋や復縁屋に依頼する前に、どこを確認しなければならないのか?について参考にして下さい。

まず、相談の段階ではなるべく個人情報を別れさせ屋や復縁屋に伝えずに相談しなければならず、個人情報を悪用する別れさせ屋や復縁屋がある事も忘れてはいけません。

特に、相談時に他人とのlineのやり取りを別れさせ屋や復縁屋に送る依頼者様は多いのですが、lineには個人情報が気付かない内に沢山含まれている事も多く、契約書を交わす前にlineやメールのやり取りを要求する別れさせ屋や復縁屋は要注意です。

もちろん、別れさせ屋や復縁屋に依頼する時はターゲットの情報を提供しなければならず、ターゲットの情報の有無について別れさせ屋や復縁屋からも質問されると思いますが、その時点でターゲットの住所を伝えたり、電話番号を伝えたり、名前を伝えたり、写真を送ったりすれば悪質な別れさせ屋や復縁屋に悪用される恐れがあります。※参考記事:別れさせ屋が求める情報は個人を特定する情報ではありません。

相談時にターゲットを特定する個人情報を提供する理由はなく、個人情報を相談時に抜き出そうとする別れさせ屋や復縁屋は何かしらの意図があって個人情報を抜き出そうとします。

個人情報を渡したが為に別れさせ屋や復縁屋と契約を交わさなかったら脅迫されて契約書を交わしてしまった…というご相談も実際にありました。※参考記事:別れさせ屋を自称した畑中杜志亜容疑者が脅迫未遂で逮捕

    相談の段階で料金の話しばかりする別れさせ屋や復縁屋はとても怪しく、別れさせ屋や復縁屋はビジネスで別れさせや復縁をサポートするサービスですが、ビジネス以前に依頼者様の抱えている問題を解消させる事が目的なので提案する方法に伴って料金のお話しが発生します。

    例えば、相談時に相談者様が自分で出来る事があるなら、その方法を提案する訳ですから別れさせ屋や復縁屋は何もしないのですから料金の話しになる事はありません。

    相談無料とホームページには記載されているのに、相談したら『本気で復縁(別れさせ)たいならお金を掛けなければならないですよね。』と、状況も聞かれずに最初からお金の話しばかりする別れさせ屋や復縁屋はおかしいのです。※参考記事:相談したら依頼しなければならない訳ではありません。

    状況が分かり、状況に合わせた方法を提案するのが別れさせ屋や復縁屋になります。※参考記事:今のあなたの状況は本当に復縁工作が必要な状況ですか?

    状況を聞かずに提案出来る方法はないのですから、最初から料金の話しばかりする別れさせ屋や復縁屋は有りません。

    最初から料金の問い合わせをしても状況が分からないまま方法を提案する事は出来ません。

    方法を提案出来ないのに料金の話しが出てくる別れさせ屋や復縁屋は怪しさしかありません。

    ターゲットの情報をどれだけ持っているか?にもよりますし、ターゲットとの関係性や状況に合わせて方法が提案出来るのですから料金の話しばかりの別れさせ屋や復縁屋は方法を提案していないのと同様です。※参考記事:別れさせ屋に依頼する料金についての価値観の違いは人それぞれです。

    相談してすぐに料金の話しになる別れさせ屋や復縁屋は注意が必要です。

    相談したらすぐに料金の話しになる別れさせ屋や復縁屋は要注意ですが、相談したらすぐに面談を勧めてくる別れさせ屋や復縁屋も要注意です。

    メールやlineの相談では文章の読み違い等がある為、伝えたい事と伝わっている事が異なるケースもありますが、その際は電話相談をしてみればどんな状況なのかを伝える事が出来ます。

    しかし、怪しい別れさせ屋や復縁屋は電話相談をしてもすぐに面談を勧められ、面談でなければ効果的な方法を提案出来ないと方法はおろか凡その料金も面談で伝えてもらえません。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

    面談で対面すれば契約を強要できると考える悪質な別れさせ屋や復縁屋は沢山あり、面談は方法や料金をご提案させて頂く為のものである事を悪用し、契約を強要する為の場であると考える探偵社もあるので電話相談をしたらすぐに面談を強要する別れさせ屋や復縁屋は要注意です。※参考記事:悪質な別れさせ屋や復縁屋の詐欺会社にはご注意下さい。

    相談する為に面談をしたら『早く契約しないとダメですよ。』と契約を急がせる別れさせ屋や復縁屋もあり、『100パーセント成功します!』と数字で成功率を説明する別れさせ屋や復縁屋にも要注意です。

    相談時にネットの情報について聞いてもないのに説明する別れさせ屋や復縁屋、レンタルオフィスでオフィスがない状態でどこで相談を聞いてくれてるのかも分からない別れさせ屋や復縁屋も怪しい別れさせ屋や復縁屋に該当します。

    冒頭でもご説明させて頂きましたが、契約前に個人情報は極力伝えない様にしていただき、個人情報を悪用されてしまう事も考えなければなりません。

    個人情報の取り扱いは探偵業法では規則として設けられていますが、何でも屋や便利屋等が別れさせ屋や復縁屋の真似事をしている事もあり、何でも屋や便利屋は探偵業ではないので探偵業法の規則が適応されません。※参考記事:個人情報漏洩が不安な方へ。弊社では依頼内容を身内の方にもお伝えしません。

    相談時のお名前は仮名で相談し、本名を聞き出そうとしてくる別れさせ屋や復縁屋には注意しなければなりませんし、生年月日や住所も相談時に具体的に伝える必要はありません。

    大まかな都道府県程度の情報なら伝えても被害は在りませんが、生年月日や氏名、電話番号の情報から個人を特定する事も別れさせ屋や復縁屋は探偵なので出来てしまうのです。

    ターゲットの個人情報も同様に相談時に別れさせ屋や復縁屋に伝えるものではなく、ターゲットに悪質な別れさせ屋や復縁屋は相談者様の事を話してしまう可能性もある事を忘れてはいけません。

    別れさせ屋や復縁屋に相談した事がない人がほとんどであり、相談した事がないからこそ初めてご相談頂く方は不安を持っているのは当然です。

    しかし、別れさせ屋や復縁屋の全てが悪質業者ではなく、実際に稼働して別れさせ屋工作や復縁屋工作が成功している依頼者様が存在するのも事実としてあります。

    業界の事を知らないからこそ不安はあると思いますが、相談者様に親身になって相談を承る別れさせ屋や復縁屋もあるので、一部の悪質業者が別れさせ屋や復縁屋のイメージを悪くし、悪いイメージばかりが先行してしまっているのも別れさせ屋や復縁屋の業界であるとも言えます。※参考記事:別れさせ屋は正義の味方?それとも悪?依頼者様の状況から善悪を判断しましょう。

    相談の段階で怪しい別れさせ屋や復縁屋を見抜く方法はありますが、何が怪しいかを判断する為の別れさせ屋や復縁屋への経験は相談者様たちにはありません。

    経験がない事をするからこそ必要以上に不安を抱えてしまうかと思いますが、悪質な別れさせ屋や復縁屋も実際にあるので相談する時に別れさせ屋や復縁屋への警戒心を持つのはとても大切な事になります。