別れさせ工作

別れさせ屋には、ストーカーに悩まされている人からのご相談が日々舞い込みます。 ストーカー被害に遭われている人は、誰にも相談し辛い状況に陥り、ストーカー被害に遭っている事を相談できる人がいません。

例えば、元恋人がストーカーになった場合、別れを告げた負い目を感じてしまい、ストーカーされている事を強く非難出来ない人や、会社の上司にストーカーされている場合、会社での立場や仕事が絡む事もあり、ストーカーされている事を強く非難出来ず、我慢する事に慣れてしまいます。

しかし、我慢すると言っても、限界もあり、常にストレスを与えられている状況から逃げ出したい…と考えるのですが、生活もあり、慣れた環境を捨てて別の環境にいく事に抵抗があって行動に移せない人も少なくありません。

全く見も知らない相手からストーカーされるケースもありますが、実は顔見知りの犯行であったり、何かしらの弱味を握られているなど、ストーカーに強く言えず、どうすればいいか分からなくなってしまう方が少なくありません。 良好な交際を続け、ふとした時に気持ちが冷めてしまった状態で、相手を振り回すように別れを告げた時に、悩みに悩み抜いて別れを切り出したストーカーが、交際相手だった時、あなたなら強く言えますか?

愛し合っていた時期の思い出もあり、別れたくない…と言われていたけれど、自分の身勝手で別れを選択し、別れる事になった相手がストーカーと化した時、「ストーカーをやめて欲しい。」と言える強い人は多くはないのです。

ストーカーはストーカーである事を自覚していないケースが殆どで、ストーカーを自覚してない状態で、ストーカーをしているので、話しをしても埒が明かないケースが少なくありません。 そういったストーカー被害にあった状態で、ストーカーとの縁を切る為に、別れさせ屋に依頼する方は少なくありません。※参考記事:別れさせ屋とは?料金や方法・選び方など、別れさせ屋の全貌が分かります。

ストーカーの興味、関心を他に向けさせる

ストーカーの興味、関心の矛先が、あなたに向かっていて、あなたがストーカーの興味・関心の矛先になっている状態なので、ストーカーはとても自分に都合の良い解釈をしてストーカー行為を続けて来ます。 ストーカーの頭の中では、あなたとの交際時の思い出が美化されていき、美化された思い出をあなたに伝えれば、あなたの気持ちが変わってくれるだろう…という考えの元に、ストーカーとなってしまいます。

あなたに対するストーカーの愛は、一般的な愛情とは異なり、とても歪んだ愛情となってあなたに降り注がれます。 あなたの気持ちがストーカーから離れれば離れるほど、あなたの気持ちを取り戻そうと躍起になり、ストーカーの頭の中では、ストーカーに都合の良い解釈をされてしまうので、あなたがどんな行動をしても、どんな言葉を掛けても、ストーカーの中で全く異なる解釈をします。

あなたが交際時に持っていた好意をストーカーの中では継続されている。と捉えるので、あなたの気持ちが冷めていくほど、ストーカーはあなたを振り向かせたいと、ストーカー行為を加熱していきます。 ストーカーの興味・関心があなたに向かっている状態では、どれだけあなたが、「ストーカーはやめて欲しい。」と伝えても、「自分の気持ちを分かって欲しい。」と、身勝手な発想を繰り返すので話しをしても平行線の状態になるのです。

直接ストーカーに警告するのではなく、ストーカーの興味や関心が他に向けば、済むのですが、そう簡単に歪んだ愛情を普通の愛情に戻せないのもストーカーになります。

歪んだ愛情を持つストーカーの思考とは?

歪んだ愛情を持つストーカーの思考は、常識では測れない発想を持ちます。 そして、相手の気持ちを考える事が出来ず、自分の中で正しい!!と判断した事は、周りが何を言っても、正しくなり、まるで発達障害のアスペルガー症候群のような特性を持っています。

自閉症スペクトラムのアスペルガー症候群とは

アスペルガー症候群とは、知的障害ないものの、コミュニケーション能力に特異性が認められる症状になります。現在ではアスペルガー症候群という言葉はなくなり、自閉症スペクトラムという言葉で統一されていますが、言語能力、会話能力は問題ないものの、他人とのコミュニケーションや集団生活を苦手とする障害を持っているので、成人してから症状が現れるようになります。

ストーカーを撃退する方法は警察や弁護士?

ストーカーを撃退する方法で、警察や弁護士に相談する方がいらっしゃいます。 ストーカー規制法が強化された事もあり、ストーカーを撃退するのに警察に頼るのは最も早い撃退方法だと言えます。 しかし、警察に撃退される事で、正気に戻るストーカーは、元々そこまでのストーカー被害を与える人物ではないとも言えます。

危険なのは、警察にストーカー相談をして、軽度のストーカーではなく、重度のストーカーであった場合に、被害はストーカーされるだけに収まらなくなるケースです。 ストーカーはストーカーの論理で物事を考えますが、ストーカーの論理はとても特殊な思考を持ちます。

ストーカーの論理の中には法律というルールはなく、法律を元に警告した事で、あなたとの仲を引き裂く悪者が弁護士や警察になり、弁護士や警察にクレームを入れるのではなく、その矛先があなたに変わる恐れがあるのです。 警察や弁護士は法律に基づいて警告をしますが、法律に基づいた警告をものともしないストーカーも居るので、警察や弁護士にストーカー対策を要請する時は、ストーカー度合いをシッカリと検証し、大きな事件にならない様にご注意下さい。

ストーカー被害を撃退する別れさせ屋がとる方法は?

ストーカーが、ストーカーをやめないのは、ストーカーは自分が悪い事をしているという自覚が無いのです。あなたを困らせている自覚もありませんし、あなたを喜ばせている。とさえ感じているのがストーカーになります。 ストーカーの中には、あなたが嫌がっている事を分かっていながらストーカーをする確信犯もいますが、その場合は、警察や弁護士の警告で撃退可能です。

ストーカーは、自分がストーカーをしている自覚を持っておらず、相手を苦しめている。という思考を持ち合わせていないのがストーカーでもあります。 何をしたらストーカーになるか?を理解しておらず、迷惑行為をしているにも関わらず、迷惑行為をしている自覚が無いのがストーカーになります。 法律ではなく、感情や都合の良い思考を元に行動しているので、感情の部分を誘導してく方法をとらなければ、大きな事件を起こしかねません。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

警察や弁護士は、ストーカーの感情を無視して警告を行うので、逆上したストーカーが、更なる大きな事件を起こす可能性も考えられるので、別れさせ屋の様に、感情を揺さぶる工作で、根本的にストーカーする理由を失わせる方法が、ストーカー対策には大きな事件に発展する事もなく穏便に済ませられるという傾向にあります。

会社の上司や同僚がストーカーになった時に心理誘導を行い縁を切る方法

ストーカーが会社の同僚の場合に、別れさせ屋が行う心理誘導は、依頼者様の仕事に影響を及ぼさない方法を提案させて頂きます。 会社の同僚や上司がストーカーだった場合、警察や弁護士への相談はし辛いものかと思います。 会社の上司や同僚からストーカー被害を受けていると、会社に報告すれば、会社での周りからの目も気になるでしょうし、仕事もやりづらくなるのも分かります。

職場の雰囲気を壊さない事を前提に、ストーカーを撃退する為には、ストーカーが依頼者様に固執しない様に誘導していく方法をご提案しなければなりません。 対象者の心理を誘導する工作なので、ストーカーは自然に依頼者様から離れていく形を取り、職場に居づらくなる…といった、ストーカー被害で二次被害に遭うのを防ぎます。

ストーカーの心理を誘導する為に、ストーカーの調査を行い、集めた情報を元に、ストーカーに工作員を接触させてストーカーをやめさせる様に誘導していきます。 会社の上司や同僚に向けて心理誘導を行う際に忘れてはいけないのが、常に会社でストーカーと会えてしまう状況であり、支店などへの左遷をしたとしてもストーカーは依頼者様の情報を入手できる環境にあるという事でもあります。

元恋人がストーカーになった時に心理誘導で縁を切る方法

元恋人との交際が拗れてしまい、拗れた関係から元恋人がストーカー化した時に、ストーカーと縁を切る為には、復縁の望みがない事や、美化された思い出を汚す形を取る事、依頼者様が復縁を求める程の相手ではない事を理解させる様に誘導する方法を使います。

復縁の望みや、思い出を汚す事、復縁する程の相手ではない事を理解させるといっても、依頼者様への執着心の強さによって、別れさせ工作の方法では難易度が変わります。 ストーカー化しているので、その想いの強さを事前に調査して調べた情報次第で、ストーカーが固執している部分や、依頼者様への関心や興味を逸らす方法を追加で行う必要もあります。