別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域U様 会社員 28歳 東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 120万円 成功報酬30%
別れさせたい状況セフレ関係にある元カレの彼女を別れさせて付き合いたい

別れさせ屋ジースタイルにU様からご相談頂いた内容は、U様と別れたけれど、セフレ関係にある元カレと付き合いたいけれど、元カレには本命の彼女がおり、本命の彼女にU様とセフレ関係にある事を伝えようとも考えたものの、本命の彼女にセフレである事を伝えれば、元カレを怒らせて関係を切られてしまう事が分かっており、本命の彼女の存在が邪魔になり、元カレと復縁出来ない状況との事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

本命の彼女と元カレを別れさせなければ復縁は難しい事と、セフレのままいつまでも関係を続けていく事が苦しくなり、元カレもそろそろ結婚を意識している可能性もあり、結婚してしまえば復縁のチャンスは完全になくなる事から、元カレと彼女が結婚する前に別れさせて復縁の可能性を作りたい…との事で、別れさせ屋ジースタイルにご依頼頂く事となりました。

別れさせ屋ジースタイルのカウンセリングルームで面談を行った際に、U様から元カレとの交際時の状況や、別れてからの状況などをお聞かせ頂きましたが、U様は元カレと3年の付き合いで結婚も考えていた様子で、両家のご両親にも挨拶していたのに別れなければならなくなり、元カレに縋ってはみたものの、元カレからは受け入れてもらえず、別れに至ったものの、元カレの話しを聞いていくと、実はU様との交際時から元カレは彼女と付き合っていた可能性があり、浮気相手に元カレを取られた可能性があるものの、真偽を元カレに問い質す事が出来ず、元カレとのセフレの関係すら終わりかねないので、自分ではどうにも出来ず、苦しんでいるとの事でした。

面談で一通りの話しをお伺いさせて頂き、元カレとの関係を修復させる為にまずは別れさせる事が前提となり、別れさせ工作に着手する事となりましたが、U様の中では元カレは二股していた事や、ターゲットが元カレをU様から奪ったという印象が残ってしまい、どうしても元カレを取り戻す為に決死の覚悟でご依頼頂く事となり、別れさせる事に成功した際は、復縁工作のご依頼も踏まえて別れさせ屋ジースタイルで別れさせ工作を実行に移す事となりました。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方を失敗しません。

別れさせ調査の開始

ターゲットを本命の彼女に定め、元カレと彼女が会っているタイミングを見計らって特定させる別れさせ調査から開始させて頂きました。※参考ブログ:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

ターゲットと元カレは平日の仕事終わりに会う事もあり、元カレを平日に尾行していると、新宿区にある会社近くで待ち合わせをして会っている事が分かり、待ち合わせた後に一緒に食事をして解散、もしくはホテルに行く、という流れとなり、お店も行きつけのお店というよりも、空いているお店に入るようなケースが多かったので、二人でいる時は行き当たりばったりで仕事終わりの時間にデートを繰り返している事が分かります。

対象者への接触

別れさせ調査を進めていくと、ターゲットが元カレと会わない日も外食をしている事が多い事が分かり、決まったお店はないけれど、新宿区にある会社から中央線に乗り、荻窪で降りてからフラッとお店に入る事が多く、自宅も荻窪であった事から荻窪で仕事帰りに買い物や食事など予定を済ませて帰る事が分かり、元カレと会ってない時は時間を持て余している様にも見え、特定の場所に行く訳でもないので、別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる際は単独でターゲットがお店に入ったタイミングを見計らって接触を図る事となりました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【接触方法】について別れさせ屋や復縁屋が解説させて頂きます。

ターゲットと元カレが合わないタイミングを見計らって別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させに行きましたが、特定の場所での接触ではないので、タイミングはアドリブになり、ターゲットが行ったお店に後から入店し、お店の状況に合わせてターゲットと接触する事となり、店内は若干混雑していたものの、店員が水を溢してくれた事も手伝って、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員の接触が成功しました。

接触後の人間関係の構築

ターゲットにファーストコンタクトで接触した際に、ターゲットからとても謝られ、ターゲットから連絡先を教えて欲しい。という話しを持ち出されたので、ファーストコンタクトでターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員の連絡先の交換にも成功し、状況次第では上手く転がらなかったものが、ターゲットや店員の失敗があり、連絡先の交換まではとてもスムーズに進みました。

しかし、連絡先を交換した後の接し方を間違えれば連絡先を交換しただけに留まってしまうので、連絡先を交換してからのメッセージのやり取りを慎重に進めながら、ターゲットと連絡を取り合うと、ターゲットは店員のミスもあったけれど、ターゲットのミスでもあったので、ある程度別れさせ屋ジースタイルの工作員の話しを聞いてくれる形が取れたので、後の心理誘導をし易い関係性を築く事が出来ました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

ターゲットと会食する際に、ターゲットがご馳走してくれようとしていたので、それを断り、代わりに今後も暇な時に食事をして欲しい。と伝えたところ、逆に喜んでもらえる事になり、別れさせ屋ジースタイルの工作員とターゲットの友人関係に発展するようになってきました。

U様の元カレと会わない日は、週に一度程度仕事終わりに食事をする機会が増え、日常でも連絡を取り合い、ターゲットと友人関係を築いていきましたが、ターゲットから、恋人の話しを出され、別れさせ屋ジースタイルの工作員が作り込んだプロフィール設定を元に彼氏の話しを始め、ターゲット達の交際状況に合わせる話しをする事で、ターゲットから共感を得る言葉を引き出す事に成功し、ターゲットから彼氏との交際についての話しを引き出す事に成功し、彼氏が真面目なタイプである事や浮気をするタイプではない事、ターゲットと付き合う際も、元カノ(U様)と別れてから告白して来たなど、実際はU様ともまだセフレの関係であった事から、ターゲットに彼氏が嘘を言っている事が分かり、ターゲットは気付いていないだけで、他にも嘘を吐かれている可能性も出て来ました。

別れさせ工作が成功するまでの流れ

ターゲットから別れさせ屋ジースタイルの工作員が話しを聞き出している際に、ターゲットがU様の元カレをとても信用している状態だった為、批判をするのではなく、持ち上げるように話しをして行きましたが、彼氏を持ち上げると逆にターゲットから彼氏の愚痴や不満が聞こえる様になり、良好な関係に見えるモノが実はあまり良好ではない関係の可能性があり、二人でいる時の態度などの不満があり、不満を溢し始め、結婚した時の不安なども含めてターゲットの口から出るようになりました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

ターゲットから彼氏の不満を聞き出す事に成功したので、その不満を増幅させて結婚や将来の事について進めないように仕向けていく事で、ターゲットから、「もっと良い人いるかな?」という言葉を引き出す事に成功し、別れさせ屋ジースタイルの工作員が、「どんな彼しか見た事がないから良い人かどうか分からないけど、不安があったりするなら、私なら結婚とかは考えないで保険として取っておくな~。」という言葉を出したところ、「物件としては良いんだけどね。」という言葉がターゲットから出たので、実際のターゲットは、そこまでU様の元カレに惹かれていた訳ではない事が分かり、心理誘導を加速させる形を取り、ターゲットが抱える彼氏への不満を増幅させる事に成功しました。

彼氏の愚痴や不満を聞き出しながら、同調する事によって、ターゲットの中の彼氏像が変わっていき、彼氏に対する言葉がきつい言葉になり、彼氏と小さなケンカが増える様になり、小さなケンカが増えると同時に不満も増えた様で、ターゲットと食事をしている最中も、彼氏への愚痴が増えて来ました。

彼氏への愚痴が増えたので、付き合っている理由をターゲットに別れさせ屋ジースタイルの工作員が聞いたところ、良いところがなく、何故付き合っているか分からないという状況に陥り、ターゲットから他の男性を探すという話しを聞き出しましたが、別れたという話しを聞き出す事になったのは、U様からの報告で分かり、U様から別れた事を聞き出した後に、別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットに接触した際に、ターゲットの口から別れた事を聞かされ、別れさせる事に成功した別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が成功した事例になります。