別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 会社員 27歳 東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 90万円 成功報酬20%
別れさせたい状況マッチングアプリを使って浮気した元カレとはセフレになった

別れさせ屋ジースタイルにY様からご相談頂いた内容は、4年付き合っていた彼氏がマッチングアプリで出会った女性と浮気をし、浮気から本気になってY様は彼氏から別れを告げられてしまいました。

浮気されていた事も、本気になってしまい別れを告げられた事も納得いかないY様は、彼氏を責めるような言い方をしてしまいましたが、後悔し、彼氏に別れたくない旨を伝えたところ、セフレの関係なら継続してもいい。という話しをされ、浮気をされた事は悲しいけれど、彼氏との関係が完全に終わってしまう事よりも、関係を継続しつつ、復縁するチャンスを求めてセフレとして受け入れる事になり、どうにかして恋人に戻りたい…とご相談頂き、別れさせ屋ジースタイルに別れさせ工作のご提案をさせて頂きました。

セフレとしての関係を継続させるのは辛いけれど、浮気相手を別れさせれば自分が本命になると信じて疑わなかったのですが、浮気相手を別れさせたところで、セフレはセフレのままになり兼ねない事もアドバイスをさせて頂き、もしも浮気相手を別れさせても復縁出来そうになかった場合は、復縁工作の検討もしなければならない事をお伝えさせて頂き、まずは別れさせる事を優先させて頂きました。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方を失敗しません。

別れさせ調査開始

別れさせ屋ジースタイルに別れさせ工作のご依頼を頂いて、浮気相手がどこの誰なのか?という点から調査しなければならず、彼氏との交際の仕方等も含めて調査を行いましたが、Y様から彼氏の情報をリアルタイムに近い形で頂けたので、ターゲットがいつ会うか?などの前情報があるので、ターゲットの特定にはさほど時間が掛かりませんでした。

毎週末になると、新宿駅近辺のカフェで待ち合わせをしているという情報を得た事や、彼氏の住まいが江戸川区だった事から、ターゲットの住んでる地域は東京の西寄りに住んでいる事が予測され、電車移動で待ち合わせをしている事から、浮気相手も電車を使う事から、帰宅時に使用する電車の路線や方向もある程度推測できる状態で張り込みや尾行を行う事が出来ました。

対象者との接触へ

ターゲットの特定をし、毎週末彼氏と会う事から、平日の行動を確認し、平日の動きに合わせてターゲットと接触するポイントを割り出すように進めていくと、ターゲットは中央線を利用して会社に行く事や、仕事帰りに寄る場所があり、Y様と打ち合わせを行い、別れさせ屋ジースタイルの工作員をターゲットと接触させる事に成功します。

ファーストコンタクトでターゲットの人柄を見極め、調査で得た情報を元にターゲットに合った別れさせ屋ジースタイルの工作員を選定すると、ターゲットとの接触を繰り返し、徐々にターゲットとの関係性を深める事に成功し、ターゲットとの連絡先の交換や食事の約束などを取り付ける仲に進めていきました。※参考記事:連絡先の交換ではなく連絡先の入手や古典的な接触方法を提案する別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。

対象者との人間関係の構築

ターゲットと平日に会う約束を取り付け、週末は毎週彼氏と会っている事を聞き出すと、彼氏の好きなところや彼氏への不満、ターゲットとの出会いがマッチングアプリだった事からも、彼氏が浮気をしているのではないか?と常に疑っている事も聞き出す事が出来、彼氏への愛情はあるものの、どこかで彼氏を信じていない口ぶりが出る事から、不満や不安がターゲットの中に存在することが分かり、不満や不安を増幅させる様な形をとると、話し合いの場を設ける事が出来てしまうので、二人の関係が更に深まる事を警戒し、彼氏の性格等への不満がないか?を聞き出すように進めていきました。※参考記事:接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

彼氏の不満や愚痴を工作員が聞くようになって来たので、ターゲットに別れさせ屋ジースタイルの工作員が心理誘導を行いながら、彼氏との関係に少しづつヒビを入れるようになり、吉祥寺にあるお店で週に1回ほどは食事をしている最中に、ターゲットから彼氏が元カノと浮気をしている可能性がある。という爆弾発言が出て来た事で、Y様には浮気がバレている可能性や、浮気がバレた時に関係を切られる可能性がある事を伝え、警戒しながら彼氏と付き合って頂く旨をアドバイスさせて頂きました。※参考記事:警戒心が強いターゲットでも調査員の技術力が高いので調査成功率は高い

Y様に浮気バレをしないように説明させていただいた後に、よく行く吉祥寺のお店でY様と彼氏のラインのやり取りを見てしまった事が分かり、彼氏が元カノと関係を持っているなら絶対に別れないし、連絡を取らせないようにする!!という話しから、ターゲットは恋人が浮気をしている事が発覚したら、浮気を許すタイプである事が分かり、ハニートラップの方法を使っていたら別れさせ工作が失敗に終わっていた事が分かりました。※参考記事:ハニートラップを仕掛けて別れさせ屋工作が成功した事例集

心理誘導から別れさせ工作成功へ

彼氏の浮気への疑いを別れさせ屋ジースタイルの工作員が取りつつ、疑いを持つような関係の作り方だと、交際していても疲れないか?という心理誘導を進めていき、彼氏が浮気している証拠はないものの常に疑わなければならない事と、信用出来ない恋人との交際に未来は無いという話しをしていくと、ターゲットは納得し、理解は出来るけれど気持ちが割り切れない…という話しを始め、好きなのかどうか分からなくなってきている。という言葉を引き出す事に成功したので、あと一押しで別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が成功するであろう状態まで辿り着きました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

いつもの様に吉祥寺のお店で会食後に2件目に行ったところ、ターゲットはお酒の勢いもあってか、彼氏との別れを考えていると口にし、毎週末に会っている最中は優しい彼氏だし、自分の事を考えてくれている。と思っていたけれど、本当に自分の事を考えているなら、元カノと連絡すれば嫌がる事も分かっているハズで、元カノと連絡している事を嫌がっていると分かってくれてなかった事で、表面上の優しさだけがある彼氏だと決めつけてくれたので、別れさせ屋ジースタイルの工作員はそのターゲットの決めつけた考え方に乗っかり、彼氏との別れをターゲットが望んで行ったかのように勧める事で別れさせ工作が成功した別れさせ屋ジースタイルの成功事例になります。