別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域R様 会社員 41歳 東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況妻にバレずに不倫相手を別れさせたい

別れさせ屋ジースタイルにR様からご相談頂いた内容は、不倫相手に気付いたR様が、不倫相手の事を追及したり、慰謝料請求をした場合に、奥様から離婚を切り出され、法的に離婚出来なくさせても、気持ちが戻って来ない事が分かってしまうような関係だったので、家族を守る為にも奥様と不倫相手を別れさせて平穏な日々を過ごしたい…との事でした。

不倫相手の事は探偵社に依頼した事で素性が分かっているモノの、不倫相手は奥様との関係が不倫と分かっていて付き合っているのか?までは分からないとの事で、不倫を知らずに不倫しているなら、不倫の事実を知らせてフェードアウトして欲しいけど、もしも不倫だと分かっていて今の関係を築いているなら、ある程度の覚悟があって不倫をしている訳だし、家族がバラバラになってしまう事も考えられ、不倫相手を別れさせる為にどうすればいいか?をとても悩んだ末に数社の別れさせ屋に相談したとの事でした。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋に依頼前に複数の探偵社を相見積もりして工作料金を比較する手間を省かない様に!

ハニートラップ以外の方法の提案を求めた依頼者様

奥様にバレずに不倫相手と別れさせる為に、他社の別れさせ屋が提案した方法はハニートラップを仕掛けて、不倫相手を奥様以外の女性と浮気させれば別れさせられる。との事でしたが、本当に簡単に不倫相手が浮気をするのだろうか?という点に疑問を持ったR様は、他社の別れさせ屋の提案に疑問を持ち、不倫相手が本当に浮気する様には思えなかったので、浮気させるハニートラップの方法以外で提案してくれる別れさせ屋を探したとの事でした。※参考記事:別れさせ屋がハニートラップの方法しか提案出来なければ依頼は成功しない

ハニートラップ以外の方法で別れさせる別れさせ工作の方法をご提案させて頂き、R様から別れさせ屋工作のご依頼を頂きましたが、家族を守る為に必死に頼るしかない事をお伝え頂き、奥様と不倫相手を別れさせる為の契約書を作成させて頂き、着手金のご入金後に速やかに別れさせ工作に着手致しました。※参考記事:【迅速対応】で別れさせ屋工作や復縁屋工作を進めるから成功に繋がる

奥様が不倫相手と会うのは、毎週2回と決まっており、会う場所はターゲットの自宅が多く、練馬区にある住宅街で西武池袋線で奥様が3駅ほど電車に乗り、ターゲットの自宅に行き、不倫していたのですが、不倫相手と会う時間が、不倫相手の仕事が終わる19時を越えて会っていた事から、不倫相手は奥様が既婚者だと気付いていない可能性も否定出来ず、奥様と会っているペースも考えて浮気をさせるハニートラップの方法が本当に上手くいくのだろうか?と不安になったとの事でした。

提案させて頂いた方法の実行

ターゲットと奥様が会う日が決まっていた事から、奥様と会わない日を選んで不倫相手と別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる方向で別れさせ屋ジースタイルが提案した別れさせ工作を進めていく流れになり、ファーストコンタクトでは、ターゲットの調査をして自炊生活をしていたターゲットと最寄りのスーパーで接触を行い、ターゲットに顔を覚えてもらう事から始める事となり、ターゲットに印象を残す様な直接接触をしない日と、直接接触する日を設け、ターゲットからの警戒心を解く形を取り、少しづつ会話を挟みながらターゲットがスーパーに行くのが楽しみにさせるような誘導の仕方を別れさせ屋ジースタイルの工作員がとりました。※参考記事:警戒心が強いターゲットでも調査員の技術力が高いので調査成功率は高い

ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員が接触を繰り返し、普段自炊をしている事から、外食の誘いをする事となり、スーパーでお酒を大量に購入している事からも、お酒を飲む事も把握していたので、別れさせ屋ジースタイルの工作員とターゲットで会食する流れを作り出し、お酒の場への誘いをしたところ、快く会食に応じて下さり、ターゲットとの会食をしていると、ターゲットから彼女が実は既婚者の可能性があるかもしれない。という話しを持ち出され、奥様が既婚者である事を不安に思っている事を伝えて来たので、ターゲットの話を別れさせ屋ジースタイルの工作員が聞き出しながら、奥様が既婚者である事を肯定するような話の流れを作り、奥様との関係について疑いを持つなら本人に確認する話し方を勧めていきました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

元々、奥様が既婚者である事を疑っていた不倫相手は、奥様が既婚者である事を肯定するような話しをすれば、それに同調して別れを切り出そうとしていたようでしたが、誰にも相談出来なかった事や、別れさせ屋ジースタイルの工作員は不倫相手の事や奥様の事を知らない存在なので話し易かった。という事で、予想以上に奥様への疑いを持っていた様で、R様にご報告させて頂くと、R様から安堵した声が漏れて来たので、別れさせる為の後押しをする方向性で話しをさせて頂きました。

不倫相手はR様の奥様が既婚者である事を確信すれば別れようとしていた事が分かり、後押しする為の話しの作り方のシナリオを作り、再度ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させ、別れさせる為の後押しをする事で別れさせ工作が成功した別れさせ屋ジースタイルの成功事例になります。