別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 会社員 33歳  東京
契約期間と料金3ヶ月契約の料金 100万円 成功報酬30%
別れさせたい状況他社に別れさせ工作の依頼をしたけど失敗したけど諦められない

別れさせ屋ジースタイルにY様からご相談頂いた内容は、他社の別れさせ屋に元カノの恋人を別れさせたい!!と、別れさせ工作の依頼をしたものの、稼働回数制の別れさせ屋に依頼してしまい、最初に提示された稼働回数では稼働回数が圧倒的に足りず、いつまで経っても別れさせに進まない状態にも関わらず、追加請求が止まらず、他社の別れさせ屋の言い分としては「諦めなければ失敗ではない。」という言い分で失敗を認めない事から、依頼を途中で断念したものの元カノとの復縁を願うY様の気持ちが収まらずセカンドオピニオンとしても活用して頂く機会が多い別れさせ屋ジースタイルにご相談頂いたとの事でした。※参考記事:他社に依頼して失敗した方々が業者選びで失敗した理由

他社の依頼状況

他社の別れさせ屋に依頼して失敗した内容を確認させて頂く為に、他社の別れさせ屋から提出された報告書をご持参頂き、他社の別れさせ屋がどこまでやっているのか?について面談で確認させて頂いたところ、調査は行っているものの、ターゲットが現れないので調査員を解散させた等の理由で、空振りする事が多く、使い回しの写真を使っているであろう事が分かる写真の報告など、別れさせ工作が進んでいる状況ではないのに追加請求をして来る事も含めて、他社の別れさせ屋にこれ以上継続してもらっても成功する可能性が見えない状況でした。※参考記事:別れさせ工作の方法を知れば別れさせ屋の選び方を失敗しません。

Y様が他社の別れさせ屋に別れさせ工作を依頼した理由は、報告書を見ていれば明らかになり、他社の別れさせ屋はターゲットに接触するつもりがなく別れさせ工作の依頼を請けていた事が容易に分かる報告書の内容になっており、Y様も他社の別れさせ屋に「早くターゲットに接触して欲しい。」と何度も伝えていたものの、接触しない理由を並べて調査ばかり行い、調査から工作に全く進まなかった事もあり、最初から成功させるつもりがなく、調査回数を増やして追加請求を永遠に繰り返す手口を使っている事が分かりました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

しかし、他社の別れさせ屋も調査だけはやっていた部分もあるので、報告書の情報も含めて調査を省いて引き継ぐ方法をご提案させて頂けましたが、逆に他社の別れさせ屋がターゲットに工作員を無理に接触させて現場を荒らしてなかった事が不幸中の幸いである事を伝え、別れさせ屋ジースタイルで引き継いで別れさせ工作を進めさせて頂く事になり、他社の別れさせ屋が成功させられなかった案件を引き継いでご依頼を承る事となりました。

弊社の対応と調査・工作の進み

他社の別れさせ屋が調査した情報を使い、調査を最小限に抑えながら別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させるまでに掛かった期間は3週間ほどで、この時点で他社の別れさせ屋とは対応する速度が違う。とY様には喜んでいただけました。※参考記事:【迅速対応】で別れさせ屋工作や復縁屋工作を進めるから成功に繋がる

接触方法は他社の別れさせ屋が得た情報を元に、接触するポイントが分かっていたので、高円寺にある沖縄料理のお店でターゲットと接触する場所を定め、接触する方法はターゲットが来店しない日に別れさせ屋ジースタイルの工作員が足繁く通い、店員との関係を作っていた事もあり、ターゲットと接触する際に店員も使った接触方法を用いたので、ターゲットからも不自然な形に捉えられず、周りを利用した接触方法でターゲットと接触する事が叶いました。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

ターゲットは元カノの恋人なので、別れさせ屋ジースタイルで男性工作員を接触させる形を取り、泡盛を飲んでお酒の力も手伝って、ターゲットと接触した日に沖縄料理のお店を出た後に2軒目も一緒に行く仲になりました。

他社の別れさせ屋はターゲットにハニートラップを掛けるという方法を提案していた様ですが、ハニートラップを仕掛けるにしても、別れさせ屋ジースタイルの女性工作員を最初から接触させていればターゲットから不信感を持たれてしまう可能性もあった事から、ハニートラップに限定した方法ではなく、ターゲットがどんなタイプなのか?という点を見定める工作方法を取り、その上で情報を集めてハニートラップを行うのか、心理誘導でそのまま別れさせるように仕向けるのかをプロファイリングした結果を元に進める形をとりました。※参考記事:別れさせ屋がハニートラップの方法しか提案出来なければ依頼は成功しない

対象者の誘導から別れさせ工作成功へ

ターゲットが簡単にはハニートラップに掛からないだろう…と認識した理由があり、2軒目に高円寺のガールズバーやキャバクラ等の提案をさせて頂きましたが、ガールズバーやキャバクラには行きたがらない様子があったので、ハニートラップをせずにY様の元カノとの関係性を聞き出し、不満や愚痴を増幅させるように仕向ける心理誘導を行う事になりました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

ターゲットとの接触回数を増やしていき、ターゲットとの関係性がシッカリと築かれていった後に、今の恋人との関係性などを聞き出す事に成功し、ターゲットが思いの外、Y様の元カノに対して不満を持っている事が分かり、彼女に対する不満の話しを聞き出しながらターゲットの話しを肯定し、ターゲットが彼女に対して我慢している事を、我慢する必要がない。という誘導の仕方をし、ターゲットの正当性をターゲットに意識させ、彼女に我慢をさせる様に仕向けていくと、最初はターゲットは交際が楽になったという話しでしたが、徐々に彼女から不満が噴き出る様になり、ターゲットが彼女を黙らせるという形をとったところで、彼女と別れさせ屋ジースタイルの工作員とターゲットの3人で遊びに行く約束を取り付け、3人で遊びに行った際に彼女からターゲットに対する不満を聞き出します。

ターゲットへの不満が出たところで、ターゲットがお酒を飲んでいた時に話していた内容をバレない様に暴露する形を取り、Y様の元カノは不機嫌になり、不機嫌な彼女に気付いたターゲットが押さえつけるような言葉をY様の元カノに伝えたところで、Y様の元カノの怒りが爆発し、その場でケンカになり、別れさせ屋ジースタイルの工作員はターゲットから謝られながら立ち去る形になりました。

その日から数えて4日後に、ターゲットから彼女と別れた事を伝えられ、依頼者様にターゲットが別れた事を報告させて頂き、別れさせ工作が成功した別れさせ屋ジースタイルの成功事例になります。