復縁工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 会社員 35歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬30%
別れた状況大喧嘩の末の破局

復縁相談の内容

復縁屋ジースタイルに依頼者様からお伺いさせて頂いた復縁相談の内容は、4年付き合った彼女とのケンカが絶えず、売り言葉に買い言葉で別れる事になってしまい、別れたくなかったけれど、別れなければならない状況になってしまい、彼女と復縁したいけど、復縁の話しをしようにも取り合ってもらえない状況で、一人ではどうにもならない事が分かり、復縁屋にご相談頂いたとの事でした。※参考記事:復縁工作で依頼者を対象者と復縁させる復縁屋とは?

交際時から何度もケンカを繰り返し、お互いに不満は持っていたけれど、ケンカの度に仲直りをするものの、仲直りしてもお互いの不満が解消された訳ではなく、最後のケンカの際に、今まで積み重なっていたものが噴き出してしまったとの事で、お互いに引かないのでケンカの際の感情がエスカレートしてしまい、感情をお互いに抑えきれずに爆発してしまった。との事でした。※参考記事:復縁相談が解決する迄の期間と料金

ケンカの発端となった理由は、依頼者様のだらしなさが原因で、生活のだらしなさや仕事に対する姿勢のだらしなさなど、様々な事へのだらしなさの不満を持っていた彼女が、依頼者様にだらしない事を伝えると、依頼者様も仕事で疲れており、普段なら気にしない事を突っかかってしまい、彼女と口論になった状態から、口論が発展して大きなケンカになってしまったとの事でした。

彼女の気持ちが冷めた状態になり、依頼者様から連絡をしても返信は返って来ず、ブロックはされていないモノの、彼女とまともに話す事も出来ず、別れ話をした後からは連絡が取れなくなり、一度彼女の家に行ったものの、門前払いをされてしまい、一人で復縁する方法が皆無の状態になって復縁屋を頼る決意をしたとの事でした。※参考記事:復縁工作の分かり易い説明。復縁屋に依頼をすると何で復縁成功率が上がるのか?が分かります。

面談後の調査開始

依頼者様の自宅は世田谷区にあり、彼女の自宅は目黒区の自由が丘にあった事から、距離にして考えれば遠くはないけれど、心の距離が遠くなり過ぎてしまい、対象者の気持ちを冷めさせる為に冷却期間を設けようとしたものの、冷却期間を設ければ彼女の気持ちが更に冷める事が想定出来、復縁屋に心理誘導を行ってもらい、一度きちんと話せる状況を作り、彼女の怒りが冷めなければ復縁を諦めるとの事でした。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行う対象者の心理を誘導する方法。

対象者の情報を依頼者様から頂き、自宅住所や名前、写真、ラインのやり取りの確認など、別れてから1か月経った状態で、対象者の気持ちがどの程度離れているのか、対象者の怒りがどの程度残っているのかなどを推測し、情報を元に復縁屋ジースタイルでは復縁工作のご依頼を開始し、対象者を復縁調査する事から開始させて頂きました。※参考記事:復縁調査の重要性を理解していない復縁屋も多いのです。

対象者の復縁調査を開始すると、対象者は依頼者様と交際時と変わらない様な生活を送っており、仕事に行く時間や退勤時間などは変わらず、仕事に行く時間と退勤時間の確認をした後は、休日に男性と会っていないか?などを確認し、新たな出会いを求めているか否かについて確認が出来ました。

対象者は休日も一人で行動する事が多く、元から一人で行動するタイプだったとの事で、交際時も依頼者様は自宅でゲームをしていた状態で、対象者は一人で買い物などに出るようなアクティブなタイプだった事もあり、趣味もあまり合わないとの事で、休日の行動を調査していると、通常あまり考えられない買い物をし、依頼者様に報告させて頂くと、対象者の怒りはまだ収まっていないであろう事が分かりました。

休日に対象者の調査を行っていると、渋谷⇒新宿⇒品川と電車で移動し、立ち寄った場所それぞれで買い物をしている事が確認出来ましたが、交際時によく行っていたお店だった事が分かり、別れてから一か月程度では趣味もあまり変わっていない事が分かりました。

調査後の復縁工作の流れ

対象者は一人で行動していた事から、依頼者様との交際時と変わらない事が分かり、依頼者様は安心した部分がありましたが、対象者の怒りをどう納めれば良いか分からず、復縁屋ジースタイルの工作員に任せる以外に方法はない…と、本当に怒りを冷めさせる事が出来るのだろうか?という不安の声を頂きました。※参考記事:恋人と仲直りしたい依頼者様へ。復縁したいなら復縁屋が復縁する方法について解説します

対象者の怒りを冷めさせる事ばかり考えていた依頼者様でしたが、対象者を調査している時や復縁工作を進めているまでに自己改善を進めていき、対象者と復縁した後の事も考えて行動しておかなければ、対象者が依頼者様の話しを聞いてみよう!!と思っても、対象者の気持ちを冷めさせる事にならない。とお伝えさせて頂き、同時進行で依頼者様には自己改善を進めて頂く為のアドバイスをさせて頂きました。※参考記事:女性工作員や調査員が別れさせ屋や復縁屋では重宝されます。

対象者の調査を行い、対象者の最新の情報を入手した状態で、対象者に復縁屋ジースタイルの工作員が接触する方法のご提案をさせて頂き、対象者への接触方法について依頼者様と打ち合わせをさせて頂き、対象者へのファーストコンタクトを無事に取る事が出来ましたが、対象者とファーストコンタクトを取った際の印象を依頼者様にお伝えさせて頂くと、依頼者様から「他の人への接し方と彼女は接し方がそんなに違うんですね。」という声を頂き、依頼者様の持っている対象者のイメージと、第三者が持つ対象者の印象の違いを知り、対象者と早く話したい…と吐露するようになりました。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

対象者と復縁屋ジースタイルの工作員が接触した後は、対象者も時間を持て余している事が伺える状況にあり、復縁屋ジースタイルの工作員以外の友人関係も薄い事から、対象者は復縁屋ジースタイルの工作員を警戒するような素振りを見せましたが、対象者が好きなブランドと同じブランドを利用している復縁屋ジースタイルの工作員が持っていたバッグに目を引き、共通の話題が出来た事もあって、対象者との関係性を作ることに成功し、ファーストコンタクトを無事に終えた事を伝えると、依頼者様から感謝の声を頂きました。※参考記事:接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

復縁工作成功への流れ

対象者とは休日には会える関係になりましたが、平日は仕事が忙しかったりもする事や、家事などの予定があるので外出し辛いという依頼者様の情報通り、平日の接触は遠回しに断られてしまいました。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

対象者と復縁屋ジースタイルの工作員が接触を繰り返す曜日が確定されてしまいましたが、ラインで連絡を取りつつ話しをしていくと、対象者から彼氏の話しが出てしまい、依頼者様に報告させて頂くと、依頼者様はショックを受けていましたが、ラインのやり取りを続けていくと、彼氏というのは依頼者様の事を指している内容が多く、話しを聞き出していくと、対象者は依頼者様と別れた。という認識がなかった事が分かり、意地を張って引くに引けなくなり、依頼者様への怒りが消えない事から落としどころを作る様な心理誘導を進めれば復縁出来る。というよりも別れていなかった事が分かり、心理誘導を進めていきました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行う対象者の心理を誘導する方法。

対象者の怒りを吐き出させ、別れたくはない事が分かったので、どうなれば依頼者様と仲直り出来るか?を聞き出していくと、依頼者様に復縁調査や復縁工作を進行中に行って頂いていた自己改善が功を奏し、改善は出来ている状態になり、後は再会の手筈を取るだけで復縁出来る事が分かり、休日に復縁屋ジースタイルの工作員と対象者が出掛けている際に、偶然を装って再会する形を作り、再会と同時に対象者は依頼者様に怒りを露わにしましたが、依頼者様が自己改善の成果を見せて復縁に至った復縁屋ジースタイルの復縁工作の成功事例になります。