別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域M様 会社員 32歳 東京
契約期間と料金4ヶ月契約の料金 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況職場で片思いの相手から元カノと復縁したと伝えられた

別れさせ屋ジースタイルにM様からご相談頂いた内容は、職場で仲の良かった片思いの相手から、元カノと復縁した事を耳にしてしまい、告白しようと考えていたタイミングを逃してしまい、好きな気持ちが宙ぶらりんになってしまっている状態との事でした。

職場では片思いの相手からとても優しくされており、片思いの相手も実はM様の事を好きでいてくれたのではないか…?と淡い期待を持っていたものの、期待は見事に裏切られてしまい、好きな気持ちを伝えるチャンスを逸したM様は、フラれても良いから告白しよう!!と決心したものの、元カノが存在すれば、いくらM様を好きであっても受け入れてもらえる事がないと理解していたので、告白するチャンスが欲しくて別れさせたい!!と思うようになり、別れさせ屋を探したとの事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

M様の気持ちは片思いの相手に伝える事が出来なかった事から、次に進みづらく、わざわざ別れさせてまで告白をするのは…と葛藤もあったようですが、今の自分の気持ちに正直になりたい!!という要望が強く、片思いの相手に告白するチャンスを作って告白し、それがダメでも踏ん切りをつけて別の相手を探す為のキッカケが欲しい!!と別れさせ屋ジースタイルに別れさせ工作のご依頼を頂く事となりました。

対象者の調査へ

別れさせ屋ジースタイルにM様からご依頼頂き、片思いの相手がターゲットである元カノとの関係をどの様に構築しているか?を知るのも怖い。との事でしたが、別れさせ屋ジースタイルの別れさせ調査をすれば、もしかしたら片思いの相手を忘れられるほどの出来事があるかもしれない…という期待も込めて別れさせ調査を行いましたが、別れさせ調査で得た情報には、片思いの相手と元カノの仲睦まじい状況であったり、片思いの相手を忘れる為に…となっていたものが、片思いの相手への恋慕が更に強くなり、どうしても片思いの相手と付き合いたい!!という気持ちにシフトしていった様でした。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

年齢的にも片思いの相手と元カノが結婚に踏み切ってもおかしくないので、ターゲットである元カノを早々に別れさせ屋ジースタイルの別れさせ調査で調べていき、元カノと接触するポイントを探すと同時に、別れる理由を探しますが、復縁した関係だからなのか、距離間があまり近い関係ではなく、お互いに距離をとって適度な距離間であった為に、結婚間際であるかのようにもみえ、依頼者様に報告と打ち合わせを兼ねてご連絡させて頂きました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の報告が遅い業者にご注意下さい。依頼後の報告について

M様が片思いの相手と職場で話す際に、元カノとの結婚などの話しが出ないか?なども情報としていただきましたが、年内には結婚を考えている。という言葉が片思いの相手から口にされるようになり、M様の気持ちが焦ったようでしたが、年末までは時間がある事や、別れさせ工作のご依頼を頂いているので、早い段階で別れさせ工作のご依頼に踏み切って頂いた事で安心感を持って片思いの相手と話す事が出来たとの事でした。

そして、そういった話しが出ている状況にも関わらず、職場での飲み会の後に2人で二次会に行く事にもなり、片思いの相手から、六本木のBARに誘われ、もちろん仕事の話しが殆どのようでしたが、プライベートの話しも出ていたので、片思いの相手との距離も少しづつですが縮んできたようにお話しをお伺いさせて頂けました。

対象者のプロファイリングから連絡先の交換へ

ターゲットである元カノの情報がある程度集まっていき、元カノに別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる段階になった時には、M様と片思いの相手との距離は更に縮まり、ターゲットがいなければ、交際への期待が出来るのではないか?という程の関係性を作って頂く事に成功し、別れさせ工作を成功させようとする気持ちも更に強まりました。

ターゲットに別れさせ屋ジースタイルの工作員を接触させる際に、ターゲットは会社員であり、退勤の時に買い物をして帰る事から自炊をするタイプで、外食に行く事が殆ど無く、休日は片思いの相手と会って外食はするものの、高級なところに行くでもなく、贅沢をするタイプではない事や、代々木にあるまいばすけっとで買い物を済ませて帰宅する事からお財布がシッカリしている事も想定出来、性格も別れさせ調査でまじめな性格である事が分かり、真面目なタイプだからこその接触方法を退勤時の代々木のまいばすけっとで行う事になりました。

代々木のまいばすけっとの店内は広いのですが、時間帯によってはお客さんもまばらであり、混みあっている時間帯ではないので、ファーストコンタクトで印象を残すにはもってこいの場所である事が分かり、代々木のまいばすけっとを選択する事となりましたが、代々木のまいばすけっとで別れさせ屋ジースタイルの工作員が接触する際に、印象を残す為の接触を行い、平日はほぼ帰りに代々木のまいばすけっとに行く事が分かっているので、2回目、3回目と代々木のまいばすけっとで接触を繰り返して、立ち話が出来る関係になり、連絡先の交換に繋げました。※参考記事:連絡先の交換ではなく連絡先の入手や古典的な接触方法を提案する別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。

ターゲットと連絡先を交換した後も、代々木のまいばすけっとで接触を繰り返し、連絡先はお互いに知っているモノの、連絡をマメにするのではなく、直接会って話す方に重点を置き、接触を繰り返す事で週末の会食の誘い出しにも繋がり、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員の会食が叶うようになりました。※参考記事:どうやって別れさせ屋って別れさせるんですか?というご相談への回答

対象者との人間関係構築後の心理誘導。そして別れさせ工作成功へ

ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員が会食を行っている最中に、お互いに彼氏の話しを持ち出し、ターゲットから復縁した話しを聞き出す事が出来、なぜ一度別れてしまったのか?を核にしたところ、「お互いに若かったから…」という言葉が返って来るだけで、それ以上の別れた時の深い話しを敢えて聞き出そうとしなかったものの、要所要所でターゲットから、M様の片思いの相手との交際についての不満や不安、愚痴が聞こえて来るようになり、M様の片思いの相手との結婚に対する考えと、妥協で結婚を考えているような話の内容から、結婚についての考え方を女性工作員も伝え、お互いに「結婚するなら幸せになりたいよね。」という話しが出たので都合良く利用する形をとりました。※参考記事:別れさせ屋の女性工作員の実話に基づいた本音の話し

結婚に対する話しが出た中で、結婚への期待と不安の部分の話しを聞き出していくと、ターゲットからM様の片思いの相手と別れた時の詳しい内容を聞かされる事となり、その話しに便乗して、「それは許せないね…」と、ターゲットが抱えているM様の片思いの相手への不満が口火を切って止まらなくなり、実はM様の片思いの相手と復縁する前に付き合っていた人の事が忘れられない…という話しを別れさせ屋ジースタイルの工作員が聞き出す事に成功しました。

ターゲットの本心は、M様の片思いの相手との結婚ではなく、M様の片思いの相手と復縁する前に付き合っていた彼氏との結婚を求めており、M様の片思いの相手ではなく、元カレと別れた時の話しを聞き、そっちとの復縁や結婚を目指した方が良いのでは?という話しをさせて頂くと、それが出来るならそうしたい…という言葉が出てしまい、元カレからフラれた時の状況を伺うと、意地を張って本当に好きな人との恋愛の末に結婚するのではないなら、きっと後悔する。という別れさせ屋ジースタイルの工作員が心理誘導を行っていき、ターゲットの気持ちを別の男性に向かわせるように仕向けます。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

ターゲットの気持ちがブレながらも、気持ちの後押しをして欲しかったのだろう…という部分もみえ、ターゲットの気持ちが揺れ動いている最中に、M様は片思いの相手との交流が増え、少しづつ片思いの相手との距離が詰まり、ターゲットに別れさせ屋ジースタイルの工作員が後押しした状況で、M様の片思いの相手もターゲットと話し合う機会を設けた様で、M様の片思いの相手とターゲットで別れ話に進み、別れさせ工作が成功した別れさせ屋ジースタイルの成功事例になります。