復縁工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 110万円 成功報酬20%
復縁したい状況元カレに恋人が出来た可能性有り

A様の復縁相談の内容

A様は、知人の紹介で40歳の男性と2年程交際を続けていましたが、別れ際に、「会うたびに些細な事でケンカするのがつらかった…」と告げられて弊社にご相談頂きました。元カレを思う気持ちは強く伝わりましたが、電話相談を頂いた当日に面談を実施し、直接話しをお伺いさせて頂くと、些細なケンカが原因というよりも、A様は元カレに新しい彼女が出来た事が原因で別れを告げられた…と疑っていました。

対象者に新たな彼女がいるか?を調査開始

対象者の生活サイクル、性格や趣味、交友関係、ラインのやり取り、付き合っていた時の交際内容をお伺いさせて頂き、A様は女性の影について心配していましたが、弊社の見立てとしては新しい恋人ではなく、問題はA様の接し方に問題がある様に見えました。

A様は疑わしいとの事なので、新たな恋人の有無を調査によって調べる事から開始させて頂きました。※参考記事:復縁調査と別れさせ調査への重要性をご理解ください。

3週間かけて調査を行いましたが、新しい彼女と会っている形跡はなく、A様の杞憂であった事を報告としてあげさせて頂きました。※参考記事:報告が遅い業者にご注意下さい。依頼後の報告について

彼女がいない事を確認して対象者に接触開始

彼女がいない事を確認して、対象者に工作員を接触させる流れになり、対象者から別れの原因を聞く為の人間関係を構築していきました。人間関係を構築していく上で、対象者の現在の状況を伺いながら話しをしていくと、「最近彼女と別れたばかりだから独り身ですごく楽になった。」という話しを聞き出す事に成功します。

この時点で対象者に新しい彼女がいない事の裏付けが取れ、A様との関係についての話しを聞き出していく流れになりました。※参考記事:弊社工作員の会話スキルの技術力と他社の工作員との違いとは?

別れの本当の原因の聞き出しと心理誘導

対象者から聞き出した別れの本当の原因は、「元カノは僕への執着が強過ぎて、付き合っていく事に疲れちゃって、話し合いをしようとすると泣いちゃうし、精神的にも参ってしまって疲れた…嫌いじゃなかったんだけどね…」という言葉が出たので、A様の考えていた別れの原因とは少し掛け離れた言葉を聞き出します。

A様が何も知らずに復縁活動をしていても、復縁出来なかった可能性は濃厚で、A様に自己改善のアドバイスを勧めながら、対象者には心理誘導を行っていきました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

元カレを信じられない原因を取り除き、復縁成功へ

元カレを信じられない事が別れの原因となったA様に自己改善のアドバイスを行い、A様から、「今度から彼を信じます!!」という言葉を頂きました。彼を信じるから復縁を考えてもらえる訳ではないので、その辺りの改善も含めて行い、客観的に見て改善された。と判断出来る状態まで出来た状態で再会工作を行いました。※参考記事:再会工作とは?

対象者とA様を偶然を装って再会させる事で、元カレとの会話を楽しむ事が出来、その上で、A様が交際時とは変わった印象を与える事が出来、工作員が対象者に復縁を意識させる状況を作り、A様と対象者は3か月振りに2人でデートを行う事に成功します。

執着心が取れ、対象者を信じる姿勢を見せる事に成功した状態で、対象者からA様に、「付き合ってる時は疲れたけど、今日は楽しかったよ。」という言葉が出て、工作員がデートから4日後に対象者と会った時に、「この前みたいな感じなら復縁しても楽しそうだったかな。」という言葉を聞き出す事に成功し、「時間が空いた事でお互いに冷却期間になって関係が良くなったかもしれないね。」という言葉を伝えて、その言葉が決め手となり、対象者から復縁を受け入れてもいい。という連絡がA様に入った復縁工作の成功事例になります。