別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋と復縁屋にご依頼する際に、接触方法や連絡先の交換ばかり質問して、どうやって別れさせ工作や復縁工作を成功させるか?という一番大切な部分が二の次になっている方々が大変多くいらっしゃいます。接触方法や連絡先の交換は、別れさせ工作や復縁工作を成功させるまでの過程でしかありません。

依頼者様が求めているのは別れさせ工作や復縁工作を成功させて、別れさせる事や復縁する事が本来の目的のハズです。しかし、別れさせ屋と復縁屋の中にも、どうやって成功させるか?というよりも、接触方法や連絡先の交換に重きを置いた説明をして、別れさせや復縁の心理誘導の話しをしてくださる会社がとても少ない事に気付いて頂きたいと思います。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

連絡先の交換と入手は異なります。

昨今では、稼働回数を事前に定めて契約する別れさせ屋と復縁屋が増えて来た事もあり、連絡先の交換ではなく、連絡先を入手する手口を提案する会社が増えました。連絡先の交換は、お互いに求め合って交換するモノであり、お互いに連絡を取り合う為に交換するのが連絡先の交換になります。連絡先の入手は、どちらか片方が相手の連絡先を知る事で何かしらの利用を考えて連絡先を入手する事になります。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の工作員がターゲットと連絡先の交換をする時の手口

稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋は、事前に稼働回数を定めるので、依頼者様に対しての見せ方として対象者の連絡先を入手し、別れさせ工作や復縁工作があたかも進んでいるかの様に見せる為の手口を使って、対象者との接触や連絡先を入手する手口を使います。連絡先の入手をする手口を使う別れさせ屋と復縁屋は、連絡先を交換ではないので、対象者に心理誘導を行える状況を作る事が出来ません。

連絡を取り合ってもらう事が優先されるので、別れさせや復縁をさせる為の心理誘導に繋げるのはとてもハードルが高いものとなるのです。

連絡先の交換方法を聞いてみましょう。

連絡先の入手と交換は、現場にいない依頼者様には分からない事になってしまいます。別れさせ屋と復縁屋から、「連絡先を交換しました。」と報告されれば、連絡先を入手したとは思われません。その為、どんな形で対象者と連絡先を交換したか?について聞かなければ分からないところでもあり、連絡先を入手した別れさせ屋と復縁屋から、「連絡先を交換しました。」と報告されただけでは判断出来るものではありません。

稼働回数制の業者が良く使う手口になります。

稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋は調査を殆どせずに工作員を接触させる方法を提案します。調査を省いて接触すれば料金も抑えられて依頼出来る!!と考える方も多いので、稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋に依頼する方は少なくありません。

しかし、調査を省くという事は、一か八かでナンパをする方法と変わらず、女性工作員が道端で、道を聞くなりして接触し、次回稼働時に初回に稼働した女性工作員が先日のお礼として食事をご馳走するように話しをする連絡先の交換であったり、携帯電話を落としたので貸して欲しい…と伝えて連絡先を入手する技術を全く使わない接触方法が横行しています。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

対象者に飲食店で水を掛けてしまい、クリーニング代を支払う為に連絡先を入手する等、連絡先を入手する手口が横行しています。

連絡先を入手したところで人間関係を構築出来ません。

連絡先を入手したところで、対象者との人間関係を構築出来なければ、連絡先の入手は意味を成しません。対象者と人間関係を構築するから、その先にある心理誘導にも繋がります。心理誘導をする為に人間関係を構築しなければならず、人間関係を構築する為に連絡先を交換したい。と成功から逆算させたシナリオ通りに稼働する過程でしかないのが対象者の連絡先になります。※参考記事:接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

人間関係が構築されるから、対象者も工作員の話しに耳を傾けます。対象者の話しに耳を傾けられない様な関係しか作れない接触の仕方で本来の目的である別れさせや復縁を叶える事は出来ないのです。人間関係を構築すれば、例え契約期間が過ぎたとしても対象者から工作員に連絡が入ります。そういった濃密な関係を築けるから、心理誘導が効果を現します。そして、濃密な人間関係が築けるので、契約が過ぎたアフターフォロー期間であっても、対象者から工作員に連絡が入るので、本来の別れさせ屋と復縁屋はアフターフォロー期間は無期限のサービスとなるのです。※参考記事:工作成功後のアフターフォロー期間が無期限な理由について

まとめ:連絡先の入手は全く意味の無い方法だとお気付き下さい

連絡先を入手したところで、人間関係を構築出来ないので、当然心理誘導も行えません。心理誘導が行えないので、連絡先を入手したところで別れさせや復縁が成功する事はないのです。連絡先の入手は、別れさせ工作や復縁工作を行う上で全く意味の無いものですが、依頼者様は、対象者と工作員が連絡先を交換した!!とその先の事を期待してしまいます。

連絡先を入手したところで、人間関係の構築も出来ず、心理誘導も出来ないので、別れさせや復縁が成功する事はないのですが、連絡先を交換している…という点だけが頭に残り、無駄な工作を行う為に、稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋に追加料金を請求され、追加料金を支払ってしまい、いつまでも別れさせや復縁に辿り着かず、永遠に追加請求が止まらない契約となっている事に依頼前、依頼後でも注意して頂かなければなりません。