別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋や復縁屋の依頼者様は様々な悩みを抱えていらっしゃいますが、悩みを抱えている状態は冷静な状態とは言えず、冷静な状態ではないので判断を誤り別れさせ屋や復縁屋の選び方を失敗してしまう依頼者様がとても多いのです。※参考記事:他社に別れさせ工作や復縁工作の依頼をして失敗した方へ

依頼者様はもちろん自分が冷静ではないとは考えず、冷静な状態なので別れさせ屋や復縁屋の選び方を間違えない!!と思っている依頼者様は多いのですが、他社に依頼して失敗して初めて別れさせ屋や復縁屋の選び方を間違えてしまった事に気付き、弊社に他社に依頼中の方からご相談を頂くケースは昨今とても増えて来たのですが、別れさせ屋や復縁屋を選ぶ時に稼働してくれる保証を求める依頼者様が増え、契約をしたら稼働するのが当たり前なのに当たり前の事に保証を求める依頼者様は冷静な状態とは言えません。

冷静な判断が出来ない状態で依頼すると詐欺に遭うことも…

老舗の別れさせ屋や復縁屋が過去に依頼を請けても稼働しない詐欺が横行していた為、別れさせ屋や復縁屋に依頼しても何もしてくれないんじゃないか?という不安を感じたまま相談し、何もしない老舗の別れさせ屋や復縁屋が昨今では稼働回数制になった為、自らが行っていた契約しても稼働しない詐欺が増えたので、冷静ではない依頼者様は老舗で稼働回数保証があるので安心!!とばかりに依頼した後に契約を後悔する事になり、依頼している別れさせ屋や復縁屋の対応についてご相談頂く依頼者様がとても増えました。※参考記事:弊社は別れさせ屋や復縁屋の【セカンドオピニオン】としての活用もご利用頂いてます。

一時の感情で別れさせや復縁を考えてしまい、何が別れさせ屋や復縁屋の正しい選び方なのか?を冷静な判断が出来ない依頼者様にしてみれば冷静になって考えれば簡単に分かる事が分からなくなっているのです。

判断を誤ったまま別れさせ屋や復縁屋に依頼しようとするので別れさせ屋や復縁屋に直接『御社の別れさせ屋工作(復縁屋工作)の成功率は何%位あるんですか?』と聞くのですが、一般的に別れさせ屋や復縁屋は別れさせ工作や復縁工作の成功率を公表しませんし、成功率を公表しない別れさせ屋や復縁屋に成功率を直接聞くのですから適当な成功率を告げられて信じてしまう依頼者様もまた冷静な判断が出来ない依頼者様とも言えるのです。※参考記事:工作成功率が高い別れさせ屋の選び方を間違っていませんか?

冷静に判断出来ない人は料金を気にしてしまいます。

冷静な判断が出来ない依頼者様が成功率の次に気になるのは料金であり、少しでも料金を抑えて別れさせ工作や復縁工作の依頼をしたい!と考えるので、着手金を入金後に一切連絡が取れなくなる詐欺会社にお金を払ってしまったり、段階毎の成功報酬制の別れさせ屋や復縁屋に依頼してしまったりと依頼者様が本当に求めているのは依頼する事ではなく、別れさせ工作や復縁工作の依頼を成功させる事であるという本質を忘れて別れさせ屋や復縁屋を探してしまうのです。

冷静な判断が出来る状態なら目的は別れさせる事や復縁する事であり、その為にどんな方法が適しているか?について考え、判断して依頼をするのですが、冷静な判断が出来ない依頼者様はとても多いので冷静な判断が出来ないまま契約してしまい、契約後は不安ばかりを募らせながら別れさせ屋や復縁屋とのやり取りを進めていき、時間の経過と共に別れさせ工作や復縁工作が成功しないのでは!?という現実にぶち当たり、弊社にご相談頂く依頼者様が急増中です。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作には【平均3か月程度の期間】が掛かる理由があります。

冷静な判断が出来ない状況なので別れさせ屋や復縁屋の業者選びを失敗したくない!!と思う依頼者様は何かしら失敗しない根拠を探し、老舗であったり、メディア露出であったり、レンタルオフィスではないか?などの分かり易い情報を基に別れさせ屋や復縁屋に依頼されます。

冷静な判断が出来ている状態だとしない質問をしてしまいます。

例えば、別れさせ屋や復縁屋に依頼して金銭的な被害に遭わないようにする為に『詐欺会社じゃないですよね?』と質問をしても『詐欺会社ではないですよ。』という返答しか来ません。

詐欺会社であっても『詐欺会社ですよ。』とは言いませんし、優良な会社なら当然『詐欺会社ではありません。』と答えますから質問の仕方がそもそも間違っている事に気付かない時点で冷静な判断が出来る状態ではないのです。※参考記事:優良な別れさせ屋や復縁屋の判断基準とは?別れさせ屋や復縁屋のホームページに書いてある事の真偽

別れさせ屋や復縁屋に依頼するのは別れさせ工作や復縁工作を成功させる為のものであり、騙されない為に依頼するモノではないのですから、どんな方法で別れさせるのか?どんな方法で復縁させてくれるのか?について聞く以外の意味はあまりないのです。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

ターゲットの心理状態をどの様に読み解き、それに対する解が適切なのか?そして依頼者様が別れさせ屋や復縁屋にされるヒアリングの受け取り方も間違っていないのか?を確認するので正しい判断が出来る別れさせ屋や復縁屋だと分かり、別れさせ工作や復縁工作の進め方について言及するのが冷静な判断が出来る状態の人なのです。

別れさせ屋や復縁屋を選ぶ時に必要なのは老舗で営業期間の長さであったり、メディア露出の多さやレンタルオフィスの有無、稼働回数の保証があるかないか?ではなく、どのような方法で別れさせ工作や復縁工作を成功させようとしているのか?という方法の提案の仕方が適切なのか?以外にはないのです。

それが出来ない状態で冷静な判断が出来なければ別れさせ屋や復縁屋に依頼しても成功させる為の依頼ではないのですから別れさせ工作や復縁工作の依頼をする前に自分が冷静な状態ではない事に気付かなければ探し方を失敗してしまうのでご注意下さい。