別れさせ屋ジースタイル

別れさせ屋や復縁屋のメディア露出が増えて別れさせ工作や復縁工作の知名度も社会に少しづつ浸透してきました。

最近では別れさせ屋が依頼者様に成功報酬の未払い請求を求めて訴訟を起こし、別れさせ屋が勝訴する判決も出て別れさせ屋や復縁屋の知名度は更に上がりました。※参考記事:大阪地裁の別れさせ工作は公序良俗ではない判決に別れさせ屋の見解は?

別れさせ工作が成功した案件で成功報酬を支払い拒否した依頼者様への訴訟問題なので別れさせ屋が勝訴するのは当然ですが、別れさせ工作が公序良俗に反するか?という部分が着目される裁判となり、別れさせ工作が裁判所からも認められた違法行為ではない事の証明が出来た裁判でした。※参考記事:別れさせ屋に依頼すると違法になると不安を抱えている方へ

バラエティ番組や報道番組でも別れさせ屋や復縁屋は取り上げられ、メディア露出を果たす別れさせ屋や復縁屋も増えて来たのですが、未だに別れさせ屋や復縁屋への悪いイメージを持っている方も根強いので、別れさせ屋や復縁屋への悪いイメージをお持ちの方に参考にして頂ければ幸いです。※参考記事:別れさせ屋は正義の味方?それとも悪?依頼者様の状況から善悪を判断しましょう。

別れさせ屋や復縁屋のイメージで強面の相談員が『契約しないと帰しませんよ。』と契約を強要するイメージを持っている方も少なくないのですが、一部悪質な別れさせ屋や復縁屋ではそういった面談の仕方をするようですが、普通の別れさせ屋や復縁屋では面談で契約を強要する事はありません。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

別れさせ屋や復縁屋と対面するのは怖い!!というイメージを持っている方も多く、カウンセリングルームなどの密室で対面すれば何かをされるのでは?と考える方も少なくない様です。

別れさせ屋や復縁屋のカウンセリングルームに行けば契約を強要されるかもしれない…と考えるので依頼者様の指定するカラオケボックスなどを利用して面談する事もありますが、契約を強要する事はありません。

別れさせ屋や復縁屋というネーミングはあまり良いイメージを持たせるネーミングではないかもしれませんし、別れさせや復縁を探偵が本当にサポートできる訳?と考える方も少なくありません。※参考記事:復縁屋=探偵。探偵が復縁成功をサポート出来る理由は?

恋愛を誰かの力を借りて成就させる事を日本人はあまり認める事がないので別れさせ屋や復縁屋に頼る事自体が良いイメージを持たないようです。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の恋愛工作を頼る事は現代にマッチした人間関係の解消法になります。

以前には別れさせ屋の工作員が対象者を殺害する事件も起こし、別れさせ屋や復縁屋のイメージは地の底に落ちた印象があります。※参考記事:同じ探偵社なのに探偵から別れさせ屋が好かれない理由とは?

殺人事件を起こした別れさせ屋のお陰で別れさせ工作や復縁工作をしない探偵社からも別れさせ屋や復縁屋は忌み嫌われてしまい、そのイメージで別れさせ工作をすれば再度殺人事件が起きるかの様なイメージを持たれていたり、復縁工作をストーカー幇助のようなイメージを持っている方も少なくないので別れさせ屋や復縁屋のイメージは悪いものとして捉えられています。

恋愛工作は工作員を対象者に接触させて依頼者様の要望を叶えるモノであり、依頼者様の要望の為に対象者の人生を狂わせるかもしれない依頼を善しとしない方は今も変わらずいらっしゃいます。

しかし、別れさせ屋や復縁屋のイメージが悪くても別れさせ屋や復縁屋に相談しなければ前に進めない依頼者様も確実に存在する事から、別れさせ屋や復縁屋を必要としている方も当然います。

他社は分かりませんが、弊社では勧誘行為や契約の強要などは一切行いませんし、探偵業法を遵守して別れさせ工作や復縁工作のご依頼を承っています。

成功率の低い案件に関しては依頼をお断りさせて頂いていますし、少しでも依頼者様が明るい未来を進むお手伝いをさせて頂くものとして別れさせ工作や復縁工作のご依頼を承っています。

別れさせ屋や復縁屋に悪いイメージを持っている方には別れさせ屋や復縁屋のイメージをもう一度考え直して頂くキッカケにして頂ければ幸いです。

個人情報を漏洩されるイメージ

別れさせ屋に相談する事に対して抵抗を持ってしまう理由の1つとして相談時の個人情報が漏洩されてしまうのではないか?という心配をされる理由があります。

しかし、別れさせ屋は基本的に探偵業法に基いて運営させて頂いている為、個人情報の漏洩について厳重な管理の元、運営しなければなりません。

情報を入手する探偵だからこそ個人情報の管理に関しては公安委員会の指導の元、厳重に注意喚起を促されますが、ご相談頂く際は弊社では仮名でのご相談も非通知電話でのご相談も承っていますので、相談者の方々がご自身で個人情報を漏洩しない様に気を付けて頂く事も勿論できます。

相談時に住所や個人情報を提供して頂く事もありませんし、個人情報に関しても契約を結ぶまで弊社で頂く事はありません。

悪質な別れさせ屋には契約を結ぶ前からラインのデータを送らなければならない。

個人情報をしっかりと伝えなければならない。

という別れさせ屋もあり、別れさせ屋に個人情報を提供したら何をされるか分からない…という不安もあるかと思います。

以前には個人情報を全て提供している別れさせ屋から恐喝をされたという事件もありました。

事件を引き起こす様な悪徳な別れさせ屋の存在がメディア露出が増えてもいつまでも残る為、別れさせ屋に個人情報を提供する事自体に抵抗があるようです。

当然の事ですが弊社では個人情報の管理については厳重に管理させて頂き、万が一にも漏洩などが起きない様にセキュリティ面ではご不安をお掛けする様な形は取らせて頂いておりません。

別れさせ屋のイメージとして個人情報の漏洩や個人情報を悪用などの悪いイメージがあるかもしれませんが、管理はシッカリとされているのでご安心下さい。

相談したら営業がしつこいイメージ

一度別れさせ屋に相談したら営業の電話やメール、ラインが止まらなかった…というご相談を頂く事がありますが、別れさせ屋は営業をする理由がありません。

依頼者の方が悩みを抱えていて、その問題が解決しておらず、どうしても別れさせ工作をしたい…と考えている方は営業の連絡をしなくても再度ご相談を頂きます。

例えば他社で別れさせ工作の依頼をしようと、その方が判断された結果ですから他社の批判をしても意味がありません。

困り事があって、相談を頂くからこそお力になれるのが別れさせ屋になるのですから電話はもとより、メール、ラインで弊社の存在を常にアピールし、依頼した方が良いですよ。といった営業を掛ける意味がありません。

その為、別れさせ屋に相談した後にシツコイ勧誘の営業が来るイメージを持ってしまっている方もいらっしゃると思いますし、実際に別れさせ屋に相談してシツコイ勧誘を受けている方もいらっしゃると思いますが、弊社から勧誘の連絡をしなくても相談件数が多いモノで、困っていない方に連絡をして工作をした方が良いですよ。といったご連絡を差し上げる事はありません。

一部悪徳な別れさせ屋は相談実績もなく、相談も来ない為、営業の勧誘紛いの事をするようですが、そういった別れさせ屋の存在が別れさせ屋のイメージを悪くしているという状態でもあります。

別れさせ屋というよりも探偵が悪いイメージ

探偵という業種に関わる方達は日常生活で多くはありません。

浮気調査や素行調査等、誰かを調査するという日日常に関して、日常的に必要とする事はほとんどありません。

日常的に接する機会がない為、別れさせ屋のイメージというよりも探偵というイメージに対して良いイメージを持っている方も多くはなく、浮気調査や素行調査等、探偵の調査について多くを知る方はあまりいらっしゃいません。

日常的に探偵と接する機会がない為、ネット上で探偵の事を調べると金銭トラブル等が多発している事に気付き、探偵のイメージは更に悪いイメージを持ちます。

実際に探偵業法が定められた理由として依頼者との金銭的なトラブル、後から契約金以上の高額な料金を請求される等、とても良いイメージを持てるような内容はありません。

一部悪質な探偵社が行っていたとしても探偵業界そのもののイメージが悪く捉われてしまい、探偵業のイメージ回復の為に探偵業界は努力を重ねますが、年間に探偵業の認可を得て運営する探偵社が多い為、探偵業界としても対応に手を拱きます。

法律が定まっていなかった当時からの悪い風潮が今も受け継がれ、探偵業のイメージはとても悪いモノとして残っています。

結局、別れさせ屋のイメージは悪い?

別れさせ屋のイメージはお世辞にも良いイメージを皆さんが持たれているとは言えません。

ストーカー撃退やDV対象者との縁切り等、世間一般で言えば悪い業務を行っている訳ではないのですが、ハニートラップで恋人同士を別れさせる、既婚者を別れさせる等、公序良俗に反するのではないか?という印象を持ってしまっている方が大変多くいらっしゃいます。

2018年に別れさせ屋の裁判がありましたが大阪地裁の判決では工作員が別れさせる目的の為に対象者と接触をし、食事をしていたという事案に対して大阪地裁は公序良俗に反しない。という判決結果を出しました。

自分がハニートラップを仕掛けられたらのってしまう…という方々がSNSで呟き、ハニートラップは止めてほしい…という希望の元にはにとーラップばかりが注目を浴び、別れさせ屋=浮気・不倫をさせて別れさせるという負のイメージを与えている為、とてもイメージが悪くなってしまっています。

依頼内容が恋人や夫婦の別れさせのみであるかのように捉えられて別れさせ屋の印象は悪くなり、別れさせ工作のイメージは悪くなってしまっていますが、別れ問題を抱えている方にしてみれば唯一の味方という部分員は着目してもらう事は中々ありません。

別れ問題で唯一無二の味方となる別れさせ屋ですが、別れさせ屋のイメージが良いイメージとなるのは実際に別れさせ屋と会って話をしなければイメージが良くなる事はほとんどありません。

そして別れさせ屋がメディア露出を増やせば増やすほど、安易な考えで別れさせ屋を始めようとする不届きな者達も増え、別れさせ屋のイメージは更に悪化していきます。

黒子である筈の別れさせ屋がメディア露出する事は別れさせ屋の知名度を得る事に貢献はしてくれましたが、そのメディアを見て別れさせ屋を自分でもやれるのではないか?

と安易に考える者が増え、別れさせ屋のメディア露出はイメージを払しょくさせるどころか悪質な別れさせ屋を増加させるキッカケにもなりました。

別れさせ屋のイメージが今後良くなるのか悪くの鳴るのかは既存の別れさせ屋がどれだけ依頼者に寄り添い、依頼者の為に親身になって行動できるかどうかで世間の評価も変わって来るかと思いますが、悪質な別れさせ屋が淘汰され、依頼者が別れさせ屋に頼み易い環境が整わなければ別れさせ屋のイメージが払しょくされる事はないかと思います。

別れさせ屋業界のイメージを一新させる為にも依頼一つ一つに対して真摯に取り組む事で別れさせ屋のイメージも少しづつ変わって来るのではないかと思います。