別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋と復縁屋から契約前に提案される成功率は、自社で過去に取り扱った案件に対する成功率になります。※実際には成功率がとても低いのに高い成功率を装う別れさせ屋と復縁屋もあるので十分にご注意下さい。

昨今では、契約方法が別れさせや復縁をさせる為の契約ではなく、対象者の連絡先の入手や対象者との会食が出来れば成功報酬を請求する別れさせ屋と復縁屋が増えて来ました。その為、別れさせ屋と復縁屋から提示される過去の実績による成功率が、別れさせや復縁が成功した際の成功率ではなく、対象者の連絡先の入手や会食した際の成功率を、別れさせ工作や復縁工作の成功率として提示する別れさせ屋と復縁屋が急増中です。※参考記事:弊社の工作成功率が高い理由。他社の別れさせ屋と復縁屋とは全てが異なります。

特に稼働回数の契約をする別れさせ屋と復縁屋は、成功報酬の設定が別れさせや復縁の成功ではない業者が多く、依頼者様の目的を叶える為の途中段階として成功報酬を設定するので、依頼者様が求める成功率と、別れさせ屋と復縁屋から提示される成功率は同じような数字となっているのに、内容が全く異なる数字となっており、他社に依頼した後に段階毎の成功報酬のカラクリに気付き、弊社の乗り換えプランをご利用頂く方々が少なくありません。※参考記事:【成功報酬制】で別れさせ屋が依頼を承れない理由

成功率の計算方法がそもそもおかしいケースがあります。

別れさせ屋と復縁屋から提示される成功率の計算方法がそもそも依頼者様の求める数字を出す方法ではない計算方法を使っている会社が存在します。一般的に考えれば、別れさせ屋と復縁屋に成功率を聞いた場合、自社で取り扱った過去の成功実績を計算し、成功率をお伝えする形になります。しかし、別れさせ屋と復縁屋の中には、【成功した案件数÷依頼を受けた案件数】としての成功率ではなく、【(連絡先を交換した成功数+対象者と会食に成功した数+別れさせに成功した数)÷依頼を受けた案件数】として計算する会社があります。

依頼者様は別れさせや復縁の成功率を聞いているのに、全く異なる計算方法で出た数字を提示する別れさせ屋と復縁屋が多いのです。計算方法が異なっているにも関わらず、出て来る数字だけで聞けば成功率が高いかのように錯覚させる手口なので、依頼者様にしてみれば、どんな方法か分からないけれど、成功率が高いんだな…と聞こえてしまい、間違った数字の捉え方をして依頼後に後悔する方々が急増中です。※参考記事:他社に依頼して失敗した方々が業者選びで失敗した理由

POINT

計算方法が変われば答えの数字は異なります。答えの数字だけではなく、【式】を気にしなければなりません。

対象者に直接会った事が無いのに事前に成功率って出せると思いますか?

別れさせ屋と復縁屋は、依頼者様から情報を頂いて、対象者の存在を間接的に知ります。対象者を間接的に知っている状態から、直接対象者を知る状態に変わるのは、依頼を請けた契約後になります。契約前に対象者について間接的には知りますが、直接対象者を知らない別れさせ屋と復縁屋が、別れさせや復縁の成功率を数字で表せるでしょうか?

対象者がどんな人なのか?も分からず、依頼者様と対象者が接する時と、稼働後に初めて工作員が対象者に接する時では、対象者も人間なので接する人によって態度を変えるのは当然です。対象者が人間ではなく、AIであればどんな人物が接したところで対象者の反応は変わりません。しかし、人間はAIとは異なり、接する人の年齢や性別だけでも態度を変えるものであり、態度を変えない人間は存在しません。

対象者に直接会った事がない別れさせ屋と復縁屋の工作員が、対象者の心情を予測する事は出来ますが、完全に対象者を把握出来る事ってあると思いますか?もしも、会った事がない対象者の心理を完全にコントロール出来るなら、直接会った依頼者様を誘導して、直ぐに契約を交わさせる事も出来るはずです。※参考記事:契約したら稼働するのは当然と言えない会社が多い業界です。

POINT

会った事がない人の気持ちを完全に把握出来る人間は存在しません。

成功率の高い別れさせ屋と復縁屋とは?

成功率の高い別れさせ屋と復縁屋とは、対象者が人間である事を熟知している別れさせ屋と復縁屋になります。対象者が人間である事を知っていれば、人間の行動は全て予測出来るものではない。と分かっているので、事前に稼働回数を定めた契約をする事はありません。同時に何回稼働すれば対象者の心理を別れさせや復縁に誘導出来ると事前に分かるものではありません。※参考記事:稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋に依頼しても成功しない理由とは?

対象者がどんな動きをするか分からない…という事や、どんな心理状態になっているか分からない…と正直に答えるのが成功率の高い別れさせ屋と復縁屋になります。例えば、ハイジャックなどのトラブルが起きないように、未然にトラブルを防ぐ為に航空機に乗る際は荷物検査や金属探知機などで、入念にチェックをしてトラブルが発生しない様に対処し、そういった細かい対処がハイジャックなどのトラブルが発生する事を防いでくれますが、それであっても100%ハイジャックを防げるものでもありません。※参考記事:優良な別れさせ屋や復縁屋を選ぶ為の判断基準とは?

人間は何をするか分からない…という前提で依頼を請けるのが成功率の高い別れさせ屋と復縁屋になり、事前に対象者の行動が全て分かるかのようなシナリオを作る別れさせ屋と復縁屋もありますが、そういった別れさせ屋と復縁屋の成功率はとても低い事が分かります。※参考記事:対象者を別れさせや復縁の舞台に乗せるシナリオ作りが必要です。

人間はどんな動きをするか分からない…という前提だから、トラブルにも対処出来、トラブルが起こるのが前提とした契約を交わす別れさせ屋と復縁屋だから、成功率を上げる事にも繋がります。