別れさせ屋ジースタイル

恋愛で一番難しい問題といえば【別れ】になり、別れと一言で言っても、別れる事と別れさせる事の二つがあります。
別れる事と別れさせる事のどちらも悩みを抱えている方にしてみれば、解決させるのはとても難しい問題になり、別れというテーマは恋愛の中で一番難しい課題でもあります。
別れを取り扱う専門家である別れさせ屋であっても、100%解消させる方法に辿り着く事がない為、日々人間の心理を研究し、依頼者様の要望を叶える為に技術を磨き、知識と経験を蓄えながら専門家として恥じない努力をしなければなりません。
別れさせ屋は、エビデンス(科学的根拠)を基に、別れで悩む依頼者様の問題を解決させる方法を提案します。
しかし、別れという人間の心情から来る問題を、専門家に頼る事を嫌う節があるのが日本人の悪いところであり、恋愛は自分で解決させるものとして考え、恋愛で悩みを抱えていると、女々しい等の悪い印象を持たれてしまうのが欧米との違いになります。
人間関係の拗れで発生する問題は欧米では日本よりも進んでおり、現代の日本の様に別れを含む恋愛で悩みを抱えている方々に対してカウンセリングを行い、抱えている問題を一人で解決させようとするのではなく専門家が協力して心のケアを行っています。
別れさせ屋の存在は、そういった欧米で行われているカウンセリングよりも、一歩先である心のケアをするのではなく、抱えている問題を根本から解決させてしまおうという考えの基に発足されている別れの専門家集団とも言えます。

別れや別れさせを専門家である別れさせ屋に頼る事は、本来恥ずかしい事でも、良心の呵責を抱える事ではないのですが、まだまだ日本では恋愛に対する穿った見方があるので、専門家に頼る必要性について世の中には浸透しておらず、専門家に頼る必要性を十分に理解している方々は多くはありません。※参考記事:別れさせ屋工作の必要性!?別れさせ屋を必要としている依頼者様の苦しみもご理解ください。
中には、別れさせ屋に依頼するのは違法だと認識している位に、別れさせ屋の存在は社会に認知されておらず、専門家の必要性が分からないままに、別れさせ屋というネーミングから否定してしまう方々も少なくありません。
例えば、以前は美容整形は両親からもらった顔を変えるなんて悪だ!と認識されていたものが、美容に関する関心が高まった日本でも美容整形を認める方が増えて来ており、刺青やタトゥーも以前はヤクザの専売特許だったものが、一般の方々にも浸透し、悪いイメージが少しづつ払拭されてくる様になりました。※参考記事:別れさせ屋への悪いイメージをお持ちの方へ
美容整形も、どうせ整形をするなら…と専門家に頼る様な時代となりましたが、未だに恋愛の問題に関しての取り組みが欧米と比べて遅いのが日本の現状です。
風邪を引いたら、病院に行って医療の専門家に見てもらうのは当然であり、以前は、精神科に通う事はとても憚れていたものが、現代社会の人間関係の拗れなどから、発達障害の疑いを自身で持って精神科に通う患者の数は急増し、優良な精神科医がいる病院は予約で半年待ちも当たり前にある時代となり、専門家に頼るのが正しいという認識は少しづつではありますがついてきました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋に頼る事は風邪を引いたら病院に行く事と同じ
専門家を頼る必要性は誰しもが知っている事ではありますが、内容によっては専門家に頼っていいのか?と、必要があるにも関わらず、必要性に蓋を閉めて頼らない選択をする人が少なくないのです。

 

 

別れで悩む方々は別れに関する知識や経験がほとんどありません。

恋愛経験はあれど、拗れた人間関係になった経験が豊富な方は殆ど存在せず、拗れた人間関係になった際に、初めて経験した事だからこそ専門家に頼らなければならないのですが、専門家に頼れずに問題解決の方法に行き着かない方々は少なくありません。
学校の授業だけで受験しても心配だから、マンツーマンで勉強を教える専門家の家庭教師に頼る必要性を感じる両親や進学塾に入れて受験の専門家に頼る必要性を感じる親もいます。
必要なところでは、必要な人材を活用する大切さを知っている方は多いのですが、別れを含む恋愛に関して専門家に頼る必要性はとてもハードルが高く感じてしまうようです。
専門家に頼る事は間違っている事ではなく、本来なら専門家に頼らなければ解決出来ない事を、頼る事は正しい事であるはずが、専門家に頼る必要性を感じても、専門家に頼る事を躊躇してしまう方が多く、別れで悩む方々は、別れに関する知識や経験が殆どなく、知識や経験が豊富な専門家に頼る必要性を感じていても、頼れない方が殆どです。
知識や経験が豊富な専門家に頼るメリットとデメリットを理解していれば、別れの問題を抱えた時に、専門家に頼る事が如何に大切なのか?をご理解頂けると思いますが、専門家に頼るメリットとデメリットについても参考にして下さい。
ストーカーや、DV被害に遭っている依頼者様は、日々どうすれば良いか分からない悩みを抱えています。
最愛のパートナーに不倫されている方は家庭を壊したくない…という悩みを抱えて苦しんでいます。

依頼者様の置かれている状況

ストーカー被害に遭っている方は、出勤するのも怖くなり、誰かに常に監視されているかもしれない…という悩みを抱えながら外出しなければなりません。
DV被害に遭っている方は、帰宅してまた今日も暴力を奮われるかもしれない…という悩みを抱えます。
不倫されている方は夫(妻)はまた今日も不倫相手と会っているのか…と幸せな家庭を表面上で維持していく事が辛い…という悩みを抱えています。
これらの悩みを友人に相談して出てくる言葉は『ストーカーなんて警察に被害届を出した方が良いよ!!』という言葉であったり、『DVされてるなら証拠を抑えて警察に被害届出せば良いよ!!』という言葉であったりしますが、悩みを抱えている方は警察に通報した事で報復される怖さを日常的に植え込まれた恐怖から想像し、警察に相談出来ない方であるケースがほとんどです。
そして、最愛のパートナーに不倫されている悩みを抱えている方が、友人に相談しても『弁護士入れて慰謝料請求しちゃえば良いよ!そんな男(女)なんて離婚した方が良いよ!』と、子供がいたり家庭を守りたい!!という気持ちを尊重してくれるのではなく、離婚を推奨されたり、慰謝料請求を請求する方法を提案されたりと家庭を取り戻す方法については誰も提案してくれません。
しかし、依頼者様が求めているものは、平穏な日常を取り戻したいのであって、平穏な日常を取り戻す為には、どうすればいいか?を常に考えます。
別れさせ屋に依頼すれば、本来抱えている悩みを解消させる方法を提案をもらえますし、ストーカーやDV加害者との別れをスムーズに行う為に工作員が盾となって依頼者様の悩みを解消させる方向で稼働してくれるので、先が見えない依頼者様にしてみれば方法がある!!となるだけで救われるほど、心が病んでいるケースが殆どです。
依頼者様は別れたい!別れさせたい!!という悩みを抱えており、その悩みを解消させる為に警察に被害届を出したい訳でもなく、家庭を壊したい訳でもありません。
平穏な暮らしを求めているけれど、平穏な暮らしを送れなくなってしまった状況があるから悩みを抱えているのであって、警察に相談して事を荒立てる事や不倫相手に直接伝えて家庭を崩壊させるようなことは望んでいないのが依頼者様になります。
そして、依頼者様が求めている、平穏な暮らしを実現させる為に稼働するのが別れさせ屋になり、依頼する最大のメリットは現状抱えている悩みを解消させる為の協力者が出来る事であり、悩みを解消させる方向に進めます。※参考記事:別れさせを早い時期に成功させる方法をご提案するメリット
平穏を求めている方や、日々の恐怖を与えられていた方にとっては、喉から手が出る程欲しい環境を作る提案を知識や経験を活かしてしてくれるのですが、悪質業者も多くある為、業者選びを間違えると、間違った知識や経験を活かした提案をされるので、暗いトンネルの出口が見えなくなってしまう状態になるデメリットもあります。

困った時に専門家に頼るのは当前の事です

困った時に専門家を必要とするのは当たり前の事であり、病気になったら病院に行き、病気の専門家であるお医者様を頼ります。
勉強が分からなければ学校の先生や家庭教師、塾講師に頼って問題を解決させます。
困った時に専門家を必要とするのは正しい事になりますが、別れたい、別れさせたい悩みは専門家に頼ろうとせずに、自分の力で解決しようとするので問題が更に拗れていくのです。
大きな怪我や事故の様に、目に見えない心の病に掛かった人も、メンタルクリニックに行きますが、別れの問題が発生した事によって生じた問題を専門家に頼らずに、自分の力で直そうとしても、中々直す事が出来ません。
気付いた時には、拗れ過ぎている状態で、絡まった紐を解くのが難しい様に、絡まり過ぎた状態になって専門家に頼ろうとする方は少なくありません。
恋愛は2人で関係を作るのが当然!!という考え方が、日本では浸透し過ぎているので家庭内で起きた事は誰にも相談出来ない…という家庭も多く、絡まり過ぎた紐を解く知識と経験が無いので離婚してしまう家庭も多く、専門家に相談していれば解決していた問題が、専門家に頼らずに自らの力でどうにかしようと画策した結果、強引な方法で別れてしまい、ストーカーやDV被害に発展し、事件化した…という事例も少なくありません。※参考事例:美魔女モデル刃傷事件の岩本和子容疑者は不倫とは知らなかった。

正しい別れの専門家の探し方

専門家に頼る時に、料金と上手くいく事のどちらを選ぶか?を考えた上で業者選びをしなければならないのですが、別れの問題を軽く考えている方々は、出来るだけ料金を抑えたい!!という気持ちで業者選びをしてしまいます。
例えば、命に関わる病気になった際に、手術費用が安い病院を探すのではなく、腕の確かなお医者さんがいる病院を探す方が殆どだと思いますが、別れの問題を軽く考えてしまう方々は、腕の確かな病院を探すのではなく、料金の安い病院を探すような探し方をして、手術が失敗に終わり、命を落としてしまう様な業者の選び方をしがちです。※参考記事:着手金が安いからといっても依頼は即決しない事が大切です。
腕の良い医師と、腕の無い医師を判断する時に、口コミを調べる方もいらっしゃいますが、病院の口コミを調べる際は、手術が成功するので口コミに良い病院だと書かれますが、別れさせ屋は依頼が成功しても、依頼した事を依頼者様が公に出来ないので、ネット上に優良な口コミは殆どなく、業者間で他社を蹴落とす為の情報が出回っているので、虚偽の情報ばかりとなり、ネットで情報を集めても優良業者に辿り着く事が出来ません。
依頼して失敗したくない…という気持ちから、必死で情報を集めて業者を選ぼうとする方も多いのですが、そういった情報の殆どが悪質業者が流したデマである事が多く、ネットで情報を集めて業者選びをすると、優良業者に辿り着けず、業者の探し方で失敗しがちになります。

 

別れたい!別れさせたい!!と思われるターゲットとは?

別れたい!別れさせたい!!と思われるターゲットとは、人間的に問題のある人物もいらっしゃいますし、依頼者様の都合によって関係を終わりにしたいと思われる人物になります。
依頼者様がDVやストーカーをされてしまう事で、別れたい!!と思われるターゲットもいますし、ご両親が子供の恋人に対して、子供にはまだ恋愛は早いのでは…?という考えの元に別れさせたい!!と思われるターゲットもいます。
依頼者様がパートナーと復縁する為に、新しい恋人の存在が邪魔になるので別れさせたい!!と考えるケースもあり、依頼者様の都合によって、ターゲットを別れさせようとする時は、ターゲットに全く落ち度がない事ももちろんあります。
ターゲットに落ち度があるから別れさせ屋に依頼されてしまうケースと、ターゲットに落ち度が全くないけれど別れさせ屋に依頼されてしまうケースでは、どちらの理由であっても、依頼者様にとってはターゲットの存在は明るい未来を築く上で邪魔な存在になり、依頼者様の幸せの為に、ターゲットは恋人との破局を迎える形になります。
誰かが幸せになる事で、誰かが不幸になる。という考えを持つ方もいらっしゃいますが、少なくともターゲットの存在は依頼者様を不幸にさせる存在でもあり、ターゲットが存在しなければ依頼者様が幸せになっていた可能性もある事から、別れさせ屋も依頼者様も、ターゲットに恨みがある訳ではありませんが、依頼者様の幸せを得る為には、ターゲットの存在はとても邪魔な存在とも言えます。

 

ターゲットの心理とは?

ターゲットは基本的には別れる事を望んでいません。
中には元々別れる方向で考えていたけれど、別れるキッカケが無かった…というターゲットも存在しますが、現状にある程度満足しており、現状を無理に変えてまで別れよう…とは考えていないのがターゲットでもあります。
別れたい!!という依頼者様の心理に対して、ターゲットは別れる!!という選択はなく、依頼者様から嫌われてしまっている…という事に薄々は気付いているけれど、話し合いも含めて依頼者様との明るい未来を考えている事が多く、ターゲットの心理としては依頼者様と別れる事で新たなパートナーが現れる自信が無い事もあり、依頼者様と別れる選択はありません。
別れさせたい!!というケースでは、ターゲット2人は全く別れるという選択肢がない事から、ターゲット達は、自分達の未来に起こる決別という未来は全く考えておらず、ターゲット2人で話し合い、どんな未来を創るか?をお互いに協力し合っているケースも殆どです。
お互いに協力し合う関係だからこそ、他人にパートナーの愚痴を溢すものの、人間は完璧ではない事を知っているからこそ、互いに協力し合って足りない部分を埋め合うという関係性を持っている状態が少なくありません。
その際のターゲットの心理は、互いにパートナーの悪いところも良いところも認め合っており、悪いところを補い合う為に、協力し合う関係となっているので、パートナーがターゲットに対して決定的に嫌がる事をしない!!という前提で交際しているケースが多いのですが、そういったターゲットの心理状態を逆に利用して、別れさせ屋は別れたい!別れさせたい!!といった依頼者様の要望を叶える為の工作依頼を承ります。

 

プロとアマチュアの違い

どんなものにもプロとアマチュアというものは存在し、プロはお金をもらって専門的な分野で活躍する事が出来、アマチュアは報酬というものがないので、報酬を求めて持っている知識や経験を活かすのではなく、報酬が無い分、専門ではなく、趣味の延長として活動する事を指します。
別れのプロは、プロとして専門的な知識や経験を積み重ね、専門的な知識や経験を活かした方法を活用する事で報酬を得ますが、プロだからこそ日常的に専門分野を特化させる為のトレーニングを行い、報酬に見合ったパフォーマンスを提供しますが、アマチュアは別のところで報酬を得る事から、経験はあっても専門分野としての経験ではなく、人生経験に似た経験を積み重ねるので、パフォーマンスもアマチュアとプロでは絶対的に異なります。
別れのプロと、別れのアマチュアの違いは別れを決断させる為の方法の提案から異なり、アマチュアは、男女の関係なら浮気をすれば別れるだろう…といった安易な方法を考えますが、別れのプロは浮気をさせた時に、ターゲットは本当にそれだけで別れるのだろうか?といった点を方法を提案します。
例えば、アマチュアは、浮気をすれば相手が許さなくなり、別れる!!というシンプルな方法のみ思い浮かぶのですが、プロは、浮気をさせても相手が許してしまわないか?そもそもターゲットは浮気をするタイプなのか?といった点から方法について検討し、ターゲットが浮気をするタイプであり、そのパートナーが浮気を絶対に許さないタイプの場合にのみ、浮気させる方法で別れを誘導していくので、基本となる部分から慎重に検討するのが別れのプロとアマチュアの違いでもあります。
プロの真似事をするアマチュアもいますが、知識や経験の違いが決定的に違うので、プロとアマではパフォーマンスに大きな差が現れます。
プロ野球選手と草野球チームの選手の様に、日頃からプロとしてのパフォーマンスを発揮させる為にトレーニングをしているプロ野球選手と、別の仕事をして、趣味の延長で休日に野球を楽しむ選手では、試合でのパフォーマンスに違いがあるのは明確で、別れのプロである別れさせ屋の中にも、アマチュアに近い業者も多くあり、専門家としての知識が無い状態で依頼を請ける業者もあります。

 

別れさせ屋に依頼するメリット・デメリット

専門家に依頼するメリットとして、専門家は過去に積み重ねた知識や経験を基に一番成功する方法を提案、実行に移していく中で検証に検証を重ねて別れたい!や、別れさせたい!!といった要望を叶えるご協力をさせて頂きます。
別れるのは、言葉で表せばとても簡単な事のように感じると思いますが、実際に別れる!!となった時に、その労力はとても計り知れないものになっています。
労力を考えた際に、別れる!!という決断を鈍らせてしまうのもターゲットになり、ターゲットを別れさせる為に培った知識や経験を総動員して成功に向けて稼働してもらえるメリットがあり、一人ではどうにも出来ない事であっても、専門家の知識や経験を備えた人材を稼働させる事で、別れたい!別れさせたい!!といった依頼者様の要望が現実味を益します。
しかし、デメリットとして、プロに頼るという事は、どんな事であれ報酬が発生するモノであり、別れたい!別れさせたい!!といった要望を叶える為に稼働してもらう人材は、一人、二人で叶うものではない事も含めて、投与する人員を合計すれば高額な報酬が発生します。
別れたい!別れさせたい!!となった時に、別れさせ屋に依頼する時の着手金は100万円前後が平均して掛かり、成功した際は別途で成功報酬も掛かる事から、専門家を利用するメリットとしては、依頼者様が望む要望を叶えられる可能性が高くなりますが、それに見合った報酬なのか?と考えた際に、ターゲットの人生を左右させる料金・費用と捉えて安い!!と考えるか、ターゲットと別れたい!!別れさせたい!!といった事に、100万円前後の着手金を掛けるなんて…と感じるかは依頼者様が判断しなければならない事でもあります。