別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ工作や復縁工作は対象者に自然な流れで成功させる工作方法を提案させて頂きます。接触も心理誘導も、不自然な流れで進めてしまえば対象者にバレてしまうので、不自然な工作方法は実行に移しません。※参考記事:他社に依頼してバレた方からの相談が増えてきました。

自然な流れで対象者に接触して心理誘導を行うのは、別れさせ屋と復縁屋が提案する工作方法の前提です。しかし、昨今では、明らかに不自然な流れとなる工作方法を提案する別れさせ屋と復縁屋もあり、不自然な流れで行う別れさせ工作や復縁工作は失敗に終わってしまいます。失敗した後に、セカンドオピニオンとして活用して頂く弊社にご相談に頂くケースが多いので、自然な流れで進める別れさせ工作や復縁工作とは何か?について解説させて頂きます。

不自然な流れの工作を考えてみましょう

昨今多いのが、対象者と不自然な接触を行う別れさせ屋と復縁屋になります。路上で、「携帯電話を落としたので貸してもらえませんか?」という接触方法を使い、連絡先を入手する手口が横行しています。※参考記事:連絡先を入手する方法や古典的な接触方法を提案する業者にご注意下さい。

稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋に多い手口ですが、この手口は自然な流れで工作を進める為の接触方法でしょうか?仮に連絡先を入手したところで、本来の目的である別れさせや復縁に繋がるのか?を考えて頂くと、別れさせや復縁には辿り着かない事が明らかな接触方法である事が分かると思います。※参考記事:工作員が対象者と連絡先を交換する方法について

不自然な形で対象者に接触する事で、対象者から警戒される恐れのある方法でもあります。対象者から警戒される恐れのある工作方法は、決して自然な流れで行う工作方法ではなく、別れさせ工作や復縁工作をシッカリと実行に移す別れさせ屋と復縁屋なら絶対にやらない方法でもあります。

これと同様に考えて頂きたいのですが、稼働回数が事前に決まっていれば、その回数内で納めなければならないので、自然な流れで別れさせや復縁に進める形になるでしょうか?対象者は人間であり、対応次第で会話の流れも変わります。会話の流れも別れさせや復縁の状況になる。と確定出来ないのに、事前に稼働回数を定めて契約すれば、その回数の中で抑えないといけないのですから、不自然な流れになってしまいます。※参考記事:稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋に依頼しても成功しない理由とは?

不自然な接触方法の実例。同業他社の手口を公開

工作員:先ほど道端で携帯をお借りした〇〇(名前)です。(絵文字)お陰様で、無事にスマホが手元に戻ってきて本当に助かりました(絵文字)ありがとうございました。
対象者:いえいえ、お気になさらずですー!

同業他社の接触後の不自然なメッセージの送り方を公開

おはようございます(絵文字)この間は助けて頂いて本当にありがとうございました(絵文字)また連絡してすいません(絵文字)今度また○○(地名)に伺う予定があるのですが、助けて頂いたお礼をさせて頂きたいので、もしよかったら、この間紹介して頂いたお店に一緒に行きませんか?(絵文字)

その後の同業他社の提案は?

「メッセージを送ったので、返信を待ちましょう。」と伝えられて、一週間経過も連絡が来ず、何も提案されず再度調査を行うか、再度同じ工作員を接触させて、更に不自然さを増す形を取り、残りの稼働回数がなくなり、契約は終了。という流れになります。

不自然な工作方法でも追加料金が発生する

不自然な工作方法でも、稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋は、段階毎の成功報酬制を採用しているので、連絡先を入手した段階で成功と看做され、成功報酬を追加で請求されてしまい、運よく食事に行く流れになれば、別れさせや復縁とは関係のない、「対象者との会食」が出来るので、更に成功報酬を請求されるけれど、当然別れさせと復縁は叶いません。

自然な流れで進める工作方法とは?

自然な流れで進める工作方法は、対象者に合わせて進めていく工作方法になります。対象者に合わせるのではなく、例えば、稼働回数が決まってるから…と別れさせ屋と復縁屋の都合に合わせた工作方法を使えば、どうしても不自然な工作方法になり、バレる可能性が上がる事が伺えます。※参考記事:対象者という「人間」を熟知した別れさせ屋と復縁屋になります。

携帯電話を忘れたから…と、一回の稼働で大きく前進しようとすれば、不自然さが残りますが、自然な形を装うなら、少しづつ距離を詰めていく形を取らなければ、どんな工作方法であっても不自然になります。例えば、対象者がトレーニングジムに通っていて、何度か通い、見た事があるから話しかけてみても不自然ではありませんが、初めて見掛けた人が連絡先を交換しようとグイグイ来れば、不自然な形になるのは分かると思います。

同様に、心理誘導の方法も、一度の接触で別れさせや復縁に繋げようとするのではなく、接触を繰り返すからお互いの人間関係が構築出来、別れさせや復縁の状況を作り出す事に成功するのです。※参考記事:接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

自然な流れで進める工作方法は、地味な作業を繰り返すから自然な形を作れます。その為、別れさせ屋と復縁屋が工作を成功させる為に必要な稼働回数は、10回程度の稼働回数では絶対に足りないのです。

ハニートラップで不自然さが出れば警戒しかされない

対象者に浮気をさせるハニートラップという方法を別れさせ屋は好んで提案しますが、浮気をさせる工作方法を提案するという事は、対象者に警戒されない事が絶対条件となります。その絶対条件をクリアする為には、不自然な流れが少しでもある工作方法はご法度になります。※参考記事:ハニートラップの工作方法を別れさせ屋が実行する時の流れと効果について

しかし、ハニートラップを提案する別れさせ屋は、接触方法から不自然な工作方法を使うので、対象者に合わせて工作を進めるのではなく、別れさせ屋に対象者を合わせるようなシナリオを描き、浮気をさせるどころか…というところでハニートラップは終わってしまいます。

警戒されれば浮気に発展する事はありません。人間はリスクを恐れる生き物なので、少しでもリスクが起きそうな事は回避します。リスクがなさそうだから甘い誘惑に掛かる可能性を作れますが、警戒された時点でリスクしかない。と判断されるので、ハニートラップが成功する事はないのです。自然な流れで進めるハニートラップよりも更に成功率を落とすような提案が、事前に稼働回数を定めてハニートラップを提案する工作方法となります。

自然な流れで進める工作方法には調査が必要不可欠です

対象者がどんな動きをするか?も含めて、別れさせ工作や復縁工作には、調査が必要不可欠になります。※参考記事:復縁調査と別れさせ調査への重要性をご理解ください。

対象者の情報があるから自然な流れで進めるシナリオを描けますが、対象者の情報がなければ、情報がないままシナリオを描かなければならないので、対象者からすれば不自然なシナリオになり、警戒されてしまうリスクが上がります。※参考記事:事前調査が別れさせ工作や復縁工作には絶対に必要な理由

自分に置き換えて頂くと不自然な工作方法と自然な工作方法が分かります。

例えば、浮気をさせる方法を提案された時、あなたは自分なら直ぐに浮気する!!と考えますか?私は浮気はしたくないな…と考える方が多いと思いますが、その考え方が普通の考え方であり、浮気をさせようとして「簡単に浮気をさせられます!!」と伝えるのは不自然な工作方法になるのです。

何度も顔を見知った形で連絡先を交換するのは不自然ですか?あなたの友人や知人と連絡先を交換するのに、一度会っただけで連絡先を交換して、親友の様な関係になる方が稀な事だと思いませんか?自然な流れとは、当たり前にある事をトレースする方法であり、不自然な流れとは、通常有り得ない事を作り出す方法になります。

携帯電話を落とした人に、スマホを貸すのは自然でしょうか?そして、その相手と食事に行って仲良くし、別れさせや復縁のような濃い話しをされるのに、どの程度の期間とどの程度の関係性が構築出来ていれば自然な流れになるでしょう?

不自然な流れは、非日常的な工作方法であり、自然な流れは、日常的に起こり得る事を指すので、別れさせ屋と復縁屋に依頼する時に、あなたの日常に照らし合わせて、不自然さのある工作方法を提案されれば、どんな結果が待っているか?の予測がつくかと思います。※参考記事:他社に依頼して失敗した方々が業者選びで失敗した理由