別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋や復縁屋に頻繁に相談する機会は殆どありません。そうなると、別れさせ屋や復縁屋にいざ依頼しよう!!と思った時に、何を基準にして会社選びをすれば良いか分からないと思います。依頼してから会社選びを間違えて、別の会社に依頼すれば良い!!というほど、安い料金で依頼出来るものではありません。

依頼する前の相談段階で優良会社と悪質業者の見極めが出来れば…と考える方も少なくありません。その為、相談段階で優良会社を見極める方法を、解説させて頂きます。

相談時の対応

別れさせ屋と復縁屋に依頼するには、最初に相談しなければなりません。相談した人が依頼の対応をしてくれるとは限りませんが、相談は会社の窓口なので、会社の窓口になる人の対応が悪ければ、それだけで依頼するべきではない会社だと分かります。もちろん相性もありますが、相談時の対応が悪い会社は、その後の対応の事も考えて依頼するべきではありません。

個人運営の会社か?を調べる

相談すると毎回同じ人が出る会社があります。毎回同じ人が出る会社は一人で運営している会社になります。別れさせ屋と復縁屋の業務は一人で出来る事ではありません。HPでは分かりませんが、実際に電話を掛けて相談して毎回同じ人が出る個人経営の会社は避けるべきです。

お金の話ししかしない会社も避けましょう

別れさせ屋と復縁屋の相談は、工作依頼を請ける前提ではありません。相談にのり、アドバイスをする事で解決出来る問題も多々あります。前提条件が工作の契約をする為の相談となるような、お金の話しばかりをする会社に依頼をしてもビジネスライクの対応となるので、お金の話しばかりをする会社は避けるべきです。

個人情報は相談の段階では渡さないようにしましょう

個人情報を悪用して恐喝の容疑で逮捕された、別れさせ屋と復縁屋の代表取締役が逮捕されました。個人情報を流せば、それを悪用する会社もあります。その為、相談の段階では絶対に個人情報は渡さないようにしましょう。※参考記事:老舗の別れさせ屋の代表取締役が依頼者を3000万の恐喝の容疑で逮捕

なるべく文章よりも電話などで相談しましょう

文章は伝え方、伝わり方がとても難しいコミュニケーションの取り方になります。復縁や別れさせといったとても大切な事を相談するのに、手間を省けばその分気付かなければならない情報を取得できません。

別れさせ工作や復縁工作は、依頼者様と別れさせ屋や復縁屋との意思疎通が求められます。意思疎通をする際に、文章よりも言葉で伝えあった方が伝え易いのは明らかですから、キチンと意思疎通が出来る会社なのか?を確認する意味でも電話で相談する手間を省かないようにしましょう。

契約前提で相談するのは控えましょう。

依頼者様の中には、ご自分の中で答えを作ってしまい、契約前提で別れさせ屋と復縁屋に相談する方がいらっしゃいます。本当に別れさせ工作や復縁工作の契約が必要なのか?を確認してもらう為の相談でもあるので、契約前提で相談するのではなく、今の状況で本当に依頼するべきか?を相談して、相手の対応を確認しましょう。

どんな状況であれ契約を勧めようとする会社には要注意です。※参考記事:相談したら依頼しなければならない訳ではありません。

どんな方法を提案してくれるか?を重視しましょう

別れさせ工作や復縁工作の依頼をする時に、方法の提案は一番大切な部分になります。方法の提案とは、何回稼働すれば成功する可能性があるか?ではありません。工作方法を質問する際に、どんな方法で別れさせや復縁を成功させようとしているか?が重要なので、方法を吟味して、復縁や別れさせの可能性が一番高い方法を提案してくれる別れさせ屋と復縁屋を選ぶ必要があります。

面談はリモート対応ではなく直接会うようにしましょう

別れさせ工作や復縁工作は、決して安い料金で依頼出来るものではありません。人生を変えるかもしれない大きな買い物をする時に、ネット通販で買い物をする人はいませんよね?家を買う時や自動車を買う時に、実物を見たり、試乗して購入するかを悩むと思います。

ネットで自宅購入や自動車の購入をする方はほぼいないのですが、別れさせ屋や復縁屋と面談する時は、リモート面談を求める方が少なくありません。リモート面談は時間を節約出来るので便利ですが、大きな買い物をする時に、ネット通販をする人はいないので、それも踏まえてリモート面談をするか?を考えて頂く必要があります。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋との【面談】について解説!

親身になって相談にのってもらえた…という声は多いけど…

セカンドオピニオンとして活用して頂いている方々から話しを聞くと、親身になって相談にのってもらえた…という声を頂く機会が少なくありません。しかし、親身になって相談にのってもらったとしても、親身の意味を間違えて捉えている方もいらっしゃいます。

親身になって相談にのってもらうのは、優しい言葉を掛けてもらう事ではありません。どうすれば解決出来るか?を共に考えてくれる事が親身になる。という事ですが、どうすれば解決出来るか?よりも、「辛いですよね。いつでもお話し聞きますよ。」といった言葉のように、優しい言葉を掛けられている事を親身と捉えている方が少なくありません。

優しい言葉は誰にでも出せます。解決させる方法に向き合って話しをしてくれる人は中々いません。別れさせ屋と復縁屋は友達ではないので、優しい言葉を掛けるだけで解決策を提示してくれなければ親身になって相談にのってもらったとは言えません。工作方法を提案されて、その工作方法をすれば成功する可能性がある。と判断して頂ける相談が、別れさせ屋と復縁屋が親身になる。という事でもあるのです。