別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

ストーカーに悩まされる人はストーカーに対する負い目を持っている方が多くいらっしゃいます。

元交際相手がストーカーになった場合、別れを告げた負い目を感じてしまいストーカーされている事を強く非難出来ません。

会社の上司にストーカーされている場合、会社での立場や仕事が絡む為、ストーカーされている事を強く非難出来ません。

全く見も知らない相手からストーカーされるのは芸能人は頻繁にありますが、一般人の方のストーカー問題は顔見知りの犯行であったり、何かしらの弱味を握られている等、ストーカーに強く言えずに悩みを抱えてしまうケースがほとんどです。

悩みに悩み抜いて別れを切り出した恋人がストーカーになった時、あなたなら強く言えますか?

愛しあっていた時期の思い出が強く、別れたくない…と考えてしまい、ストーカー本人はストーカーだという自覚がない状態で『あなたのやってる事はストーカーだから警察に行って相談します!!』とは中々言いづらくなってしまうものです。

全く見も知らない人がストーカーになったなら強く警告する事も出来るかもしれません。

しかし、別れを告げた為にストーカーになってしまった…という負い目があればストーカーに対して強く言えないのも仕方がない事かもしれません。

一般常識で考えれば迷惑だと気付く事も、ストーカーは自分の想いを優先するあまり、あなたがストーカーで悩まされている事には辿り着きません。

ストーカーと別れたいけど負い目を感じて強く言えない…という方はストーカーとの縁を切る方法についてお気軽にご相談下さい。

ストーカーの興味、関心を他に向けさせる

ストーカーの興味・関心の矛先が、あなたに向かっていて、あなたがストーカーの興味・関心の的になっているのでストーカーをされてしまいます。

ストーカーはあなたとの交際の思い出を時間と共に美化していき、美化された思い出をあなたに伝えたくてストーカーと化してしまいます。

あなたに対するストーカーの愛は一般的な好意を示す相手に対する愛情ではなくなっています。

あなたの気持ちが遠ざかれば遠ざかる程、あなたの気持ちを取り戻そうとしてストーカーは増長していくのです。

やってはいけない事とやっていい事の区別がつかなくなってしまい、ストーカーはあなたの関心・興味を引く為にストーカー行為がエスカレートしていきます。

あなたの好意はストーカー行為のエスカレートと共に薄れていくのですが、気持ちが薄れていけばいくほどストーカーは振り向かせたいとストーカー行為を加熱していくのです。

ストーカーの興味・関心があなたに向かっていて、あなたの気持ちが冷めていく一方だという認識を与えられなければストーカー行為が留まる事はありません。

興味・関心の矛先を他に向けさせる事がストーカーの悩みを抱えている方の問題を解消させる一番の手立てとも言えます。

しかし、ストーカーに『もう私に付き纏わないで欲しい!!』と懇願したところで逆効果になり、ストーカー行為はエスカレートしていきます。

直接ストーカーに警告するのではなく、ストーカー自身が興味・関心の矛先を自分で変えるように仕向けなければなりません。

ストーカーを撃退する方法は警察や弁護士?

ストーカーを撃退する方法で警察や弁護士に相談する方もいらっしゃいますが、警察や弁護士は法律を元に逮捕や付き纏わない事を警告するだけで、逆上するタイプのストーカーには逆効果になってしまう事があります。

ストーカーの論理を一般の方々が理解するのはとても難しいのですが、ストーカーはストーカーの論理で物事を考えます。

ストーカーの論理の中には法律というルールはなく、法律を元に警告をすれば2人の仲を引き裂く悪者として警察や弁護士を見る事があります。

法律で定められた警告をするだけでストーカーを止めるストーカーもいますが、集団ストーカーの様に人物の特定が出来ない様にストーカーを繰り返す集団もおり、ストーカーの撃退方法として警察や弁護士に頼るのではなく、探偵にまずは依頼し、ストーカーを特定して法律を元にストーカーを裁く方法もありますが、すぐに警察や弁護士に相談して法律だけを元にストーカーをやめさせようとすると被害を被る事もありますのでご注意下さい。

ストーカー被害には別れさせ屋の心理誘導が最適です。

ストーカーがストーカーをやめないのはストーカーが悪い事だと気付かないからです。

中には気付いていながらストーカーをする確信犯もいますが、ストーカーの多くは自分がストーカーをしている事に気付きません。

日本ではストーカーの定義が曖昧で、何をしたらストーカーになるかを知らない方は少なくありません。

何をしたらストーカーになるかを分かってないのでストーカー行為がエスカレートしますが、何をしたらストーカーになり、ストーカーになるとどうなるのか?を法律ではなく感情の部分で理解させる様に誘導していくとストーカーはストーカー行為をやめます。

警察や弁護士はストーカーの感情に訴えかける警告の仕方をしませんが、別れさせ屋はストーカーの心理を掴み、感情を誘導する様に仕向ける別れ工作を行います。

人間は法律で押さえつけるよりも感情に訴え掛ける方が制御させる事が出来、感情を抑制させる心理誘導を行う事で再犯防止にも繋がります。

その為、別れさせ屋がストーカーを辞めさせる別れ工作は法律を用いて警告するよりもとても効果のあるものになるのです。

会社の上司や同僚がストーカーになった時に心理誘導を行い縁を切る方法

ストーカーが会社の同僚の場合に別れさせ屋は心理誘導を行う事で依頼者様の仕事に影響を及ぼさない形で縁を切らせます。

会社の上司や同僚からストーカー被害を受けると警告すれば職場の雰囲気にも影響を及ぼします。

職場の雰囲気を壊さないようにストーカーを撃退するには対象者に向けた心理誘導が求められます。

依頼者様へのストーカー行為をやめる事によって発生するメリットやデメリットを対象者に気付かせないように誘導していく事で自然と縁を切る形を取るのが別れさせ屋が提案する方法になり、単純に警告というデメリットだけを与えれば逆上する可能性もある為、逆上すれば職場にも影響を及ぼす事も考えられます。

心理誘導でストーカーの心理を誘導する為にストーカーの行動調査が求められ、工作員がストーカーに接触してストーカー行為から遠ざかる様に心理誘導していきます。

会社の上司や同僚に向けて心理誘導を行う際に忘れてはいけないのが、常に会社でストーカーと会えてしまう状況であり、支店などへの左遷をしたとしてもストーカーは依頼者様の情報を入手できる環境にあるという事でもあります。

元恋人がストーカーになった時に心理誘導で縁を切る方法

元恋人との交際が拗れてしまい、拗れた関係から元恋人がストーカー化した時に心理誘導で縁を切る方法は復縁の望みがない事や美化された思い出を汚す事、そして依頼者様が復縁する程の相手ではない事をストーカーに理解させる必要があります。

しかし、一概に復縁への望みや思い出を美化された状態を汚す事や復縁する程の相手ではない事を理解させるといっても依頼者様への執着心が強くなっているからこそのストーカー化なので簡単な事ではありません。

過去の思い出を美化して復縁したらどうなるのか?について夢を描いているのでストーカーは復縁への固執をしてしまいます。

固執した想いを断ち切る為には想いを断ち切らせる何か?を見つけなければならず、固執した想いを断ち切る何かを見つける為の調査が必要になります。

元恋人がストーカーになった時に心理誘導で縁を切るには必要な情報がなければ心理誘導を進める事が出来ません。

どこに向かわせればストーカーをやめるのか?という方向性を見失わない様に心理誘導を進めなければストーカーとの縁を切る事が出来ません。