別れさせ屋ジースタイル

『別れさせ屋(復縁屋)に依頼しても工作業務を行わない詐欺みたいな会社です』と、工作の依頼を請け負わない浮気調査や素行調査を専門にする探偵社はよく口にします。

人それぞれに考え方があるのは分かりますが、自分達がやってない事や出来ない事を単純に否定するだけなのは如何なものかと思います。

別れさせ屋や復縁屋は探偵会社が運営するものですから、依頼を請けたら依頼を実行するのは当たり前です。

もちろん、依頼を請けても稼働しない別れさせ屋や復縁屋もありますが、それは浮気調査や素行調査の探偵社であっても同様で、依頼を請けたら依頼を実行に移すのは当たり前の事として認識していないから探偵社は別れさせ屋や復縁屋を依頼しても稼働しない。と批判します。※参考記事:別れさせ屋を非難できるの?探偵のずさんな調査

別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法を知らない、もしくは出来ない探偵社は『工作なんて嘘っぱちで詐欺だ!!』と別れさせ屋や復縁屋を非難します。

しかし、実際に依頼を頂いて別れさせ屋工作や復縁屋工作が成功した依頼者様は少なくありません。

もちろん工作の依頼を請ければ100%成功するものではありませんが、浮気調査や素行調査の探偵社も調査をして空振りや写真撮影が出来なかった等の失敗は調査でもある事ですし、人探しの調査などでは虚偽の報告をしたりと詐欺みたいではなく、立派な詐欺をしている探偵社も少なくないのに別れさせ屋や復縁屋を非難出来るのが不思議でなりません。

探偵業界には悪質な探偵社が蔓延しているのは残念ながら事実としてありますが自らの不手際は非難せず、別れさせ屋という良い印象を与えない同業者を責める探偵が大変多くあります。※参考記事:別れさせ屋への悪いイメージをお持ちの方へ

別れさせ屋や復縁屋に限らず、探偵業界は調査業務を業務委託として頂き、頂いた依頼を遂行する契約を結びます。

依頼を遂行している間は依頼者様は仕事などを行い、仕事や家事の合間に陰となって調査を進めていくのが探偵の仕事とも言えます。

仕事や家事の合間に陰となって調査を進めていく為、依頼者様には探偵の動きは分かりません。

調査をしていると言っても、本当に調査をしているのかは分からないので、写真撮影などの報告をして調査内容を結果として報告させて頂くのです。

そこには双方に信用が求められ、調査をしているかの信用は会社に対する信用性もありますが、担当する探偵に対する信用性も求められるのが探偵であるとも言えます。

探偵が信用されない事をしていたので、探偵は自らがして来た事を別れさせ屋に擦り付けます。

自らがして来た事とは、調査をしないのに調査をしたという報告をする事であり、調査をするのが当たり前の探偵にしてみれば調査をしないという発想は出ず、他社が調査をしないと批判する事はないのです。※参考記事:ターゲットの詳しい情報を別れさせ屋は浮気調査の探偵よりも聞き出せてしまいます。

探偵業界は双方の信用で成り立つ業種とも言えるのですが、別れさせ屋は浮気調査などとは異なり、結果が証拠写真で伝えられるものではありません。

浮気調査や素行調査の探偵よりも双方の信用がなければ成立しないのが別れさせ屋の業務とも言えます。

双方の信頼があるから成立する別れさせ屋との依頼をビジネスライクの関係で成功させようとしても難しくなり、別れさせ屋の中には依頼者様の信頼を失う行動をする会社もあるので探偵という括りの中でも別れさせ屋への依頼は不安を与えてしまっているのが現実です。

過去には別れさせ屋ではない浮気調査や素行調査の探偵が復縁屋工作紛いの事をして、復縁屋工作をせずに騙した探偵が逮捕されたケースもあります。

調査の依頼者から800万円をだまし取ったとして、愛媛県警松山西署は27日、松山市下難波の探偵業、橋田リエ容疑者(57)を詐欺の疑いで逮捕した。同署によると、現金を受け取ったことは認めているが、「だました覚えはない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は、親族の所在調査を依頼してきた松山市内の70代女性に対し、所在調査をするつもりがないのにあるように装い、「親族を見つける」「金を払えば、悪化してしまった親族との関係を改善するための活動をする」「借金をあなたが立て替えなければ関係修復はできない」などとうそをつき、2018年4月に計3回にわたって松山市や同県松前町の事務所などで現金計800万円をだまし取ったとされる。

同年6月に女性と女性の代理人弁護士が同署に相談していた。橋田容疑者の探偵事務所は県公安委員会に届け出がされているという。同署が余罪などを調べている。(引用:毎日新聞)

別れさせ屋でない探偵社が招いた事件でしたが、工作方法を知らない探偵社はこの様な詐欺をするしかありません。

詐欺の方法しか知らない探偵社がこぞって別れさせ屋を非難するのは、工作方法を知らないからであり、工作方法を知らない探偵社にしてみれば別れさせ屋の工作方法は詐欺だと認識するしかなく、別れさせ屋工作の方法を知らないのですから別れさせ屋工作を否定するしかありません。

別れさせ屋や復縁屋は工作方法を知らない探偵社には出来ない事を依頼として承るのですが、浮気調査や素行調査の探偵には何をすれば復縁出来るのか?何をすれば別れさせられるのか?を知りません。

知らないからこそネットに出ている別れさせ屋工作の方法=異性をターゲットに接触させる方法と認識し、ネットに出ている情報を別れさせ屋工作だと考えるので別れさせ屋工作に対して批判します。

そして、その情報を鵜呑みにした探偵社は別れさせ屋もどきの依頼を請けて別れさせ屋工作は成功しないのでは?と別れさせ屋を非難するようになります。

別れさせ屋ではない探偵がビジネスとして別れさせ屋工作を行えば調査した体、工作した体を作って依頼者様のことを考えて稼働するのではなく、自らの利益を考えて稼働するのでビジネスライクの探偵や別れさせ屋に依頼しても本当の意味で別れさせ屋工作を行わないので結果として詐欺紛いの事をする探偵社が増えるのです。

別れさせ屋や復縁屋を名乗っていても工作方法を知らない別れさせ屋や復縁屋もあり、工作員をターゲットに接触させれば別れさせ屋工作や復縁屋工作が成功したと考える別れさせ屋や復縁屋も中にはあります。

ターゲットに工作員を接触させるから成功ではなく、どうすれば復縁出来るのか?どうすれば別れさせられるか?の様に工作員を接触させてからが別れさせ屋や復縁屋の依頼内容になるのですが、別れさせ屋や復縁屋の中にはそれらを理解していない別れさせ屋や復縁屋があります。

特に別れさせ屋や復縁屋で回数制の料金システムの別れさせ屋や復縁屋は人間の心理や行動について理解しておらず、人間の気持ちが工作員が数回接触したからどうにかなると考えている別れさせ屋や復縁屋は人間の心理を理解していません。

ビジネスライクの別れさせ屋や復縁屋に見られるのですが人の心理を考えるのではなく、ビジネスとして稼働回数の料金を請求する形なので回数制の別れさせ屋や復縁屋が行う別れさせ屋工作や復縁屋工作は成功率が低いのです。※参考記事:時間制料金や回数制料金の別れさせ屋の【保証】は意味がありません。

ビジネスライクはお互いにビジネスライクの関係ではあるので依頼者様にとっても楽な関係になりますが、人間の心理を誘導していく別れさせ屋工作にとってビジネスライクの関係で依頼が成功する訳がないのです。※参考記事:別れさせ屋の心理誘導の方法について

ビジネスライクの別れさせ屋に依頼するという事は依頼中にビジネスとして割り切った関係を求められるのです。

回数制の別れさせ屋や復縁屋に依頼してビジネスとして割り切った関係とは依頼を成功させる事ではなく、契約回数を消費させる事であり、契約回数を消費させる事がビジネスとして割り切った関係になります。

別れさせ屋や復縁屋は依頼を請けた後に依頼を成功させる目的ではない会社が多く、ターゲットの心理を誘導する目的ではないので元々成功させる目的ではないのです。

人の心理はビジネスと割り切った関係を構築する人に誘導される事はありません。

人の気持ちを動かすのは人の気持ちであり、気持ちを動かす工作を求められるのが別れさせ屋や復縁屋の依頼内容になります。

人間臭さがなければ別れさせ屋工作も復縁屋工作も成功せず、人間臭さがあるから工作員もターゲットとの人間関係を築き上げる事に成功します。

ビジネスとして割り切った関係を探偵社に求めるのではなく、特に別れさせ屋や復縁屋への依頼はどれだけ人間臭さがあるか?を見なければなりません。

依頼者様の為に親身になって稼働してくれるのはビジネスライクな関係ではなく、人間対人間という形での接し方が求められますから、別れさせ屋や復縁屋に依頼する時はビジネスライクの別れさせ屋や復縁屋を選ぶのではなく人間味が溢れた会社を選ばなければ最初から成功しない依頼を別れさせ屋や復縁屋にしてしまう事になるのでご注意下さい。※参考記事:別れさせ屋の女性工作員の実話に基づいた本音の話し