別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

恋人だと思って結婚を意識していた相手は実は既婚者だった。

不倫関係との交際と知らずに将来を考えていたら突然の告白。

突然の告白を受けた不倫相手に恨みを持たれてしまうケースは少なくありません。

『離婚してくれなければ家庭を破滅させてやる』と脅されて別れるに別れられないで悩みを抱えてしまう方も少なくありません。

家庭を壊したくないと考えるからズルズルといってしまい、更に不倫相手に好意を持たれてしまい四面楚歌状態になってしまいます。

四面楚歌になり、不倫相手からの好意を受け止めきれなくなり、好意が強くなり過ぎてしまった状態でどうにもならなくなり別れを切り出し、不倫相手に恨みを持たれてしまいます。

家庭を壊してしまうかもしれない恐怖と不倫相手からの復縁に板挟みになり、どうにもならなくなった状態で別れさせ屋に頼らざるを得なくなった依頼者様は少なくありません。

不倫相手に恨みを持たれているかもしれない方は恨みが直接家庭に向かう前に参考にして下さい。

不倫相手が恨みを持つ理由は?

不倫相手はとても好意があったにも関わらず別れに至った時は愛情の深さがそのまま恨みの強さに変わります。

何故一時は愛し合った相手なのに恨みを持ってしまうのか?

不倫相手が恨みを持つ理由が愛情の裏返しである事に気付いていながら気付かないフリをする方は少なくありません。

好きだからこそ一緒にいたい。

好きだからこそ自分だけを見て欲しい。

好きだからこそ同じ考えであって欲しかった。

不倫相手が恨みを持つ理由は【好きだからこそ】という枕詞が付き、愛情の深さがそのまま恨みの強さへと変わるのです。

恨みを持たせるつもりはなかった…本当に愛してたのに…

不倫相手を本当に愛していたからこそ恨みを持たれてしまった事を後悔する人は少なくありません。

本当に愛していたからこそキレイに別れたかった…

心から思う事だと思いますが心から思う言葉は恨みを更に強くしてしまいます。

本当に愛してたのに…という言葉を伝えれば『それなら何故離婚してくれなかったの?あなたの本気はその程度だったんでしょ?』という言葉が返ってきます。

愛してたのに…という言葉を伝えれば伝えるほど恨む気持ちは強くなってしまうのです。

恨みを持たせてしまった不倫相手の行動は?

恨みを持たせてしまった不倫相手は家庭を壊す為に何かをする人物と恨みはあるけれど何かをしてはいけないと理性を保つ人物がいます。

家庭を壊す為に何かをする人物は家族に対するストーカー行為や執拗な嫌がらせ等を行う為、家族に対して危険が生じます。

不倫相手の思考は家族がいるから自分と交際が出来ない。

家族がいるから結婚できなかった。

最初は不倫だと分かっていても段々と好きになり、抑えきれない程に感情が強くなったので結婚や自分だけを見て欲しいという欲求に駆られます。

欲求を抑えられなくなり、欲求を満たす為には家族の存在が邪魔になり、別れを切り出された後に邪魔な家族への逆恨みが始まります。

家族への逆恨みを止められなくなった時に不倫相手は家族に対する逆恨みの行動が始まるのです。

不倫相手から恨みを買わずに別れるには?

不倫相手から恨みを買わずに別れるには好きという気持ちを逆転させるしかありません。

不倫相手から恨みを買うという事は愛情の強さがそのまま恨みに変わるので愛情の強さを弱くさせる以外に方法はありません。

不倫相手から恨みを買ってしまう程の愛情を与えてしまっている時に愛されている事に優越感を持つ方が多いのですが、優越感に浸っている様ではいつまで経っても不倫相手からの恨みが止む事はありません。

自分以外の異性に不倫相手が好意を持つはずがない。

不倫相手は自分の事を好き過ぎる。

優越感に浸って何も対策しなければ恨みが減る事はありません。

不倫相手から恨みを買わずに別れるには優しさを出さずに愛情を薄れさせる行動が求められ、幻滅させる行動が求められます。

不倫の代償が大きいと感じていますか?

不倫の代償が大きいと感じている方は不倫した当時との気持ちの落差を感じていらっ者ると思います。

不倫は世間的に認められるものではありません。

認められない事をした代償なので不倫の代償は大きくて当然なのです。

不倫の代償が大きいと感じている方は家族のありがたみ、失うものの大きさを身に染みて分かっていらっしゃると思います。

不倫している時の時間は楽しい時間ですが楽しい時間は背徳感から生まれるモノであり、背徳感が生まれたなら、それを償う必要がある為、不倫の代償が大きいのは当然なのです。

不倫の代償が大きい事を知った女性相談者

不倫の末に裏切られた既婚男性を懲らしめたいという女性相談者がいらっしゃいました。

女性相談者からのご相談内容は下記のモノになります。

  • 不倫をしています。結婚して子供もいたのですが相手への想いが強すぎて、関係を優先し、彼も『奥さんと別れるから離婚して〇〇(女性相談者の名前)と結婚したい』と私と一緒になる約束をしたので意を決して彼の言葉を信じて離婚して家を出てアパートを借りました。
  • 彼も私と一緒になってくれると約束していてくれて一緒に新しい幸せな生活が始められると思っていたのに私から離れていきました。
  • 私は彼に裏切られました。
  • 自分の全てを捨てて彼の為に行動したのに私を騙して裏切ったこの男がのうのうと幸せに暮らしている事が許せません。
  • 何とか懲らしめてやりたいんです。

不倫相手とは結婚の約束をして、相談者は家庭を捨てて不倫相手の為に離婚して不倫相手を受け入れる状況を作ったとの事ですが不倫相手は自分の家族の元に戻ってしまい、不倫相手に裏切られた状況に怒りと悲しみが交わり家族も失い全てを失った事で不倫の代償が大きい事を知ったとの事でした。

離婚させる事や復讐を考えているという女性相談者

女性相談者は不倫相手に対して離婚させる事や復讐を考えているという言葉を節々に出してきました。

女性相談者が失ったものは大きく、失ったものの大きさに気付いた時に不倫相手だけが幸せな生活をしている事を許せないという憎悪の気持ちが伝わってきました。

離婚させる事や復讐する事に協力してくれる人物を求めて女性相談者は別れさせ屋を探したと口にしました。

不倫していた女性相談者の本当の想いは?

不倫していた女性相談者の本当の想いは離婚させる事や復讐を叶えたいのではなく、不倫相手と一緒になりたい…という目的のみである事が分かりました。

話しを聞けば聞くほど女性相談者の想いは不倫相手と幸せな生活を築きたいとの事で、不倫相手との幸せな生活が築ければ家庭崩壊や復讐等は考えていない事が話しを聞いて分かりました。

他人の生活を壊さずに幸せな生活を築くのは難しい事も分かっていた女性相談者

他人の生活を壊さずに幸せな生活を築くのは難しい事も女性相談者は分かっておりました。

分かっているからこそどうにもならない気持ちを別の想いにぶつける形を取り、女性相談者が抱えているモヤモヤとした想いを復讐や離婚をさせるという方向に検討した事も分かりました。

不倫相手との関係をキレイに清算したいなら別れさせ屋に頼る事

不倫相手との関係をキレイに清算したいなら不倫相手の想いを別の人物、別のモノに向けさせなければなりません。

別の人物に向けさせる事が単純に思いつく方法かと思いますが、別の人物に向けさせる方法は正直簡単ではありません。

想いの強さがあるから家庭を崩壊させても…という考えに至る訳ですし、想いが強い人物の想いの強さを別の人物に向けさせるのは並大抵の事ではありません。

人間同士を比較させた時に不倫相手との比較をすれば、思い出が美化された不倫相手と比較されてしまう為、簡単に別の人物になびく事はありません。

別れさせ屋は別の人物には簡単になびかない事を知っている為、簡単になびかないなら別の人物を立てるのではなく別のモノを作り上げる形を取ります。

執着した気持ちを発散させる為に執着心を取る為の恋愛工作を行うのが別れさせ屋であり、不倫相手との関係をキレイに清算したいなら別れさせ屋は適切な方法を提案してくれるのです。