別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ屋がご依頼を承る際に対象者の情報がなければ対象者の情報を集める調査をしなければなりません。

別れさせ工作で対象者を別れさせる為には何をして別れさせるか?を提案しなければならず、何をして別れさせるか?を提案するには誰にどんな方法を用いれば別れさせられるか?が分かる情報がなければ方法を提案する事は出来ません。

例えばAさんとBさんがいて、AさんとBさんのどちらに対しても効果のある別れさせ工作の方法はありません。

Aさんはどんな人でBさんはどんな人なのか?が分かるからこそ何をすれば別れさせられるか?を検討出来ますが、AさんとBさんの人間性の違い等の情報がなければ何をすれば別れさせられるのか?を分かる人は存在しません。

どこに住んでいるか?という情報一つとってもどこに住んでいるか?の情報がなければどんな方法が使えるのか?も分かりません。

住所、氏名、年齢、性格、生い立ち、別れさせたい対象者2人の関係性等、別れさせ屋が欲しい情報は些細な事でも構わないので全て欲しいというのが本当のところになります。

情報がなければ何をすれば別れさせられるのか?も分からず、情報の有無は別れさせ屋にとっても重要なポイントになります。

別れさせ屋に初めて依頼する方は別れさせ屋にどんな情報を提供すればどんな方法を提案出来るのか?という情報の重要性についてご存知ではないと思いますので別れさせ屋が知りたい情報についてご説明させて頂きます。

別れさせ屋が欲しい対象者の情報の種類とは?

  • 対象者の氏名
  • 対象者の住所
  • 対象者の連絡先
  • 対象者の写真の有無
  • 対象者は既婚・未婚
  • 対象者の職場
  • 対象者の業種
  • 対象者2人の関係性
  • 対象者の性格

別れさせ屋が欲しい対象者の情報で一番重視するのは対象者2人の関係性や対象者の性格分析が分かる情報になります。

名前や住所、連絡先の情報を頂いても方法を提案出来る事はありません。

どんな性格の人に何をするから別れさせられるのか?

どんな関係性の2人の間にどんな形で割って入れば別れさせられるのか?

必要なのは何をしたら別れさせられるか?という部分なので、住所、氏名、連絡先などの情報については方法を提案する際に二の次になります。

別れさせ屋に依頼した事がない方や別れさせ工作でどんな形で別れさせるか?が分からない方にしてみれば情報といえば名前、住所、連絡先、写真の有無が最初に思いつくかと思います。

しかし、名前や連絡先、住所の情報が分かるだけで提案出来る方法といえばハニートラップ程度しかなく、対象者に異性を接触させて浮気の現場を作り出しましょう!という方法以外には提案出来ません。

本当に別れさせ屋が別れさせる為に必要とする情報は氏名、住所、連絡先などの個人を特定する情報ではなく、何をすれば別れさせられるか?という方法を提案する為に状況把握が出来る情報になるのです。

別れさせる為の弱点となる部分を情報から読み解く必要があります。

別れさせる為には何をすれば別れさせられるか?を検証しなければならず、何を?となる部分、即ち別れさせる対象者2人の関係を壊す弱点となる部分を突く必要があります。

しかし、一般的に別れさせる弱点となる部分が露呈しているカップルはとても少なく、2人でいる時と誰か他人を交えている時とではカップル2人の関係は異なります。

その為、対象者2人の事が分かる情報を別れさせ屋は求めます。

例えばどちらか一方が浮気を絶対に許さない人物で、どちらか一方が浮気性の人物の場合、浮気性の人物は浮気している事をバレない様に上手くやっている事が想定できる為、バレないものをバラす形が最も効果があるからハニートラップは効果的にありますが、両方とも浮気性の人物ではない場合に浮気をさせようとする別れさせ工作は最初から方法が破綻している事が分かりますので別の方法を提案出来なければ別れさせ屋として何の技術もない事が分かります。

別れさせる為の弱点となる部分を情報から読み解く事で別れさせ屋は別れさせ工作の方法をご提案させて頂けるのです。

別れさせる弱点となる部分を判断できる情報は対象者2人の関係性や性格等を表しますが、中にはそういった情報の大切さを理解していない別れさせ屋もあり、住所、氏名等の情報だけでハニートラップを提案してくる別れさせ屋も多い為、ご注意下さい。

情報を読み解いて判明した弱点によって工作員を変えます。

情報を読み解く事でどんな方法が適切なのか?が分かる為、対象者に合わせた工作員を初めてそこで提案出来る様になります。

稀に工作員の顔見せを事前にする別れさせ屋がありますが、そもそも情報がどの程度あって、どの程度の情報分析が出来た上で工作員の顔見せを事前にしているのかサッパリ理解が出来ない別れさせ屋もあります。

事前に顔見せをする事が大切ではなく、別れさせ工作を成功させる為の工作員が大切なので適切な方法を提案されてない状態で工作員の顔見せをしたところで何も意味はありません。

方法が確定し、どんな形でどんな人材を接触させるか?を提案させて頂くのも別れさせ屋は情報がなければ出来ないのです。

別れさせる為に必要な弱点となる情報って何だと思いますか?

別れさせる為に必要な弱点となる情報は【この人との交際は難しいな…と考えさせる情報】になります。

単純に思いつくのが浮気をする相手との交際は難しい。と考えるので別れさせ工作を分かってない別れさせ屋はすぐにハニートラップを提案します。

老舗やランキングサイト上位の別れさせ屋にとても多いのですが、弱点となる部分を読み解く力がない為、ハニートラップ以外の方法を提案する事が出来ません。

別れさせる為に必要な弱点となる情報は交際継続が難しいと判断される情報であり、浮気であっても浮気を許す人もいる事から対象者の性格等も考慮した上で組み合わせた情報が必要となるのです。

別れさせる対象者がストーカーの情報について

別れさせる対象者がストーカーの場合、対象者の情報をお持ちの依頼者は少ない場合があり、誰にストーカーをされているか分からないならストーカーを特定させなければストーカーとの縁切りを進める事は出来ません。

ストーカーとの別れさせ工作を行う際にストーカーの事を何も知らないのに他の異性の工作員を接触させて他に気を逸らす方法を提案する別れさせ屋が非常に多くありますが、本当に別れさせ工作をした事がないんだな…と他社で依頼して失敗した方々の話をお伺いしていると感じる部分でもあります。

ストーカーに異性の工作員を接触させて工作員に気を逸らせる程度のストーカーなら、そもそもストーカーをしない事を知らないんだろうか…と感じます。

ストーカーが依頼者のどこに惹かれ、何が原因で固執しているのか?を分析して理解出来なければストーカーが依頼者に固執している部分を取り除く事は出来ず、異性の工作員を接触させてストーカーの気を逸らすといった方法はそもそも最初の段階で破綻しています。

ストーカー案件の場合、弊社は過去に何度もストーカー対策をさせて頂いていますが、依頼者へ固執している部分はストーカーによって異なりますし、ストーカーが依頼者にストーカーをしない様にする為にはストーカー自身の情報がなければ止めようがありません。

ストーカー案件は実は難しいようでストーカーの特定さえ出来てしまえば簡単な案件でもあり、ストーカーの特定さえ出来てしまえば依頼者様と打ち合わせしてどんな方法で接触してどんな話の流れでストーカーの情報を入手するかを提案し、提案した方法を実行するだけでストーカー対策が済むケースは少なくありません。

ストーカーの情報入手にはストーカーを理解していなければ出来ません。

ストーカーの情報入手のコツは本当のストーカーを知らない人には出来ない事なのです。

ストーカーという言葉が世間に認知されていきましたが実際に本当のストーカーに遭った経験がある人はどれだけいるでしょうか?

恋人同士の関係で揉めた程度でストーカーと呼ばれる人と本当のストーカーは明確に違います。

そもそもの考え方、目つき、しぐさ等、一般の人とストーカーとは明らかな違いがありますが、本当のストーカーを見た経験がない人にはストーカーが与える恐怖は分かりません。

ニュースではストーカー問題が取り上げられたりもしますが、犯罪を犯した後の異常性を知る事は出来ても犯罪をする前のストーカーの異常性を知っている人は多くはありません。

本当のストーカーを知っている別れさせ屋ならハニートラップでストーカーの気を工作員に逸らすといった方法を提案する事はありません。

ハニートラップで本当のストーカーの気を工作員に逸らす事は不可能な事ですし、ストーカー被害の依頼者もハニートラップでストーカー被害が無くならない事を本当は知っているはずなのです。

本当のストーカーに会った事がある人はストーカーの情報入手にはストーカーを理解していなければ出来ない事を知っています。

そしてストーカーの情報入手の方法を別れさせ屋がどの様に捉えているか?でストーカーを理解しているかどうかの判断も出来るのです。