別れさせ屋ジースタイル

恋愛で一番難しい問題といえば【別れ】になり、別れと一言で言っても別れる事と別れさせる事の二つがあります。

別れる事と別れさせる事のどちらも悩みを抱えている方にしてみれば解決させるのはとても難しい問題になり、別れというテーマは恋愛の一番難しい課題でもあります。

別れを取り扱う専門家である別れさせ屋であっても100%解消させる方法に辿り着く事がない為、日々人間の心理を研究し、依頼者様の要望を叶える為に技術を磨き、知識と経験を蓄えながら専門家として恥じない努力をしなければなりません。

別れさせ屋はエビデンス(科学的根拠)を基に別れで悩む依頼者様の問題を解決させる方法を提案します。

しかし、別れという人間の心情から来る問題を専門家に頼る事は嫌う節があるのが日本人の悪いところであり、恋愛は自分で解決させるものとして考え、恋愛で悩みを抱えていると女々しい等の悪い印象を持たれてしまうのが欧米との違いになります。

人間関係の拗れで発生する問題は欧米では日本よりも進んでおり、現代の日本の様に別れを含む恋愛で悩みを抱えている方々に対してカウンセリングを行い、抱えている問題を一人で解決させようとするのではなく専門家が協力して心のケアを行っています。

別れさせ屋の存在はそういった欧米で行われているカウンセリングよりも一歩先である、心のケアをするのではなく、抱えている問題を根本から解決させてしまおうという考えの基に発足されている別れの専門家集団とも言えます。

別れや別れさせを専門家である別れさせ屋に頼る事は本来恥ずかしい事でも良心の呵責を抱える事ではないのですが、まだまだ日本では恋愛に対する穿った見方があるので専門家に頼る必要性について世の中には浸透しておらず、専門家に頼る必要性を十分に理解している方々は少なくありません。

中には別れさせ屋に依頼するのは違法だと認識している位に別れさせ屋の存在は社会に認知されておらず、専門家の必要性が分からないままに別れさせ屋というネーミングから否定してしまう方々も少なくありません。

例えば、以前は美容整形は両親からもらった顔を変えるなんて悪だ!と認識されていたものが、美容に関する関心が高まった日本でも美容整形を認める方が増えて来ており、刺青やタトゥーも以前はヤクザの専売特許だったものが一般の方々にも浸透し、悪いイメージが少しづつ払拭されてくる様になりました。※参考記事:別れさせ屋への悪いイメージをお持ちの方へ

美容整形もどうせ整形をするなら…と専門家に頼る様な時代となりましたが、未だに恋愛の問題に関しての取り組みが欧米と比べて遅いのが日本の現状です。

風邪を引いたら病院に行って医療の専門家に見てもらうのは当然であり、以前は精神科に通う事はとても憚れていたものが、現代社会の人間関係の拗れなどから発達障害の疑いを自身で持って精神科に通う患者の数は急増し、優良な精神科医がいる病院は予約で半年待ちも当たり前にある時代となり、専門家に頼るのが正しいという認識は少しづつではありますがついてきました。

専門家を頼る必要性は誰しもが知っている事ではありますが、内容によっては専門家に頼っていいのか?と必要があるにも関わらず必要性に蓋を閉めて頼らない選択をする人が少なくないのです。

別れで悩む方々は別れに関する知識や経験がほとんどありません。

恋愛経験はあれど、拗れた人間関係になった経験が豊富な方はほとんど存在せず、拗れた人間関係になった際に初めて経験した事だからこそ専門家に頼らなければならないのですが、専門家に頼れずに問題解決の方法に行き着かない方々も少なくないのです。

学校の授業だけで受験しても心配だから、マンツーマンで勉強を教える専門家の家庭教師に頼る必要性を感じる両親や進学塾に入れて受験の専門家に頼る必要性を感じる親もいます。

必要なところでは必要な人材を活用する大切さを知っている方は多いのですが、別れを含む恋愛に関して専門家に頼る必要性はとてもハードルが高く感じてしまうようです。

専門家に頼る事は間違っている事ではなく正しい事なのに専門家に頼る必要性を感じても行動に移せない方が多いのも事実としてあります。

別れさせ屋=別れの専門家に頼るメリットとデメリットを理解していれば別れさせ屋に頼る必要性を理解した上で判断出来ると思いますので別れさせ屋に依頼する際のメリットとデメリットについても参考にして頂ければと思います。

別れさせ屋に依頼するメリットとデメリットとは?

別れさせ屋に依頼するメリットとデメリットを説明する際に別れさせ屋に依頼する方々がどんな悩みを抱えているか?を知っておかなければなりません。

ストーカーやDV被害に遭っている依頼者様は日々どうすれば良いか分からない悩みを抱えています。※参考記事:ストーカーやDV彼氏と別れる別れ工作とは?

最愛のパートナーに不倫されている方は家庭を壊したくない…という悩みを抱えて苦しんでいます。※参考記事:不倫相手を別れさせる別れさせ工作とは?

ストーカー被害に遭っている方は出勤するのも怖くなり、誰かに常に監視されているかもしれない…という悩みを抱えながら外出しなければならず、DV被害に遭っている方は帰宅してまた今日も暴力を奮われるかもしれない…という悩みを抱え、不倫されている方は夫(妻)はまた今日も不倫相手と会っているのか…と幸せな家庭を表面上で維持していく事が辛い…という悩みを抱えています。

これらの悩みを友人に相談して出てくる言葉は『ストーカーなんて警察に被害届を出した方が良いよ!!』という言葉であったり、『DVされてるなら証拠を抑えて警察に被害届出せば良いよ!!』という言葉であったりしますが、悩みを抱えている方は警察に通報した事で報復される怖さを日常的に植え込まれた恐怖から想像し、警察に相談出来ない方であるケースがほとんどです。

そして、最愛のパートナーに不倫されている悩みを抱えている方が友人に相談しても『弁護士入れて慰謝料請求しちゃえば良いよ!そんな男(女)なんて離婚した方が良いよ!』と子供がいたり家庭を守りたいという気持ちを尊重してくれるのではなく離婚を推奨されたり、慰謝料請求を請求する方法を提案されたりと家庭を取り戻す方法については誰も提案してくれません。

しかし、別れさせ屋に依頼すれば、本来抱えている悩みを解消させる方法を提案してもらえる事が出来、ストーカーやDV加害者との別れをスムーズに行う為に工作員が盾となって依頼者様の悩みを解消させる方向で稼働します。

別れさせ屋の依頼者様は別れたい!別れさせたい!!という悩みを抱えており、その悩みを解消させる為に警察に被害届を出したい訳でもなく、家庭を壊したい訳でもありません。

ただ単に平穏な暮らしを求めているけれど、平穏な暮らしを送れなくなってしまった状況があるから悩みを抱えているのであって、警察に相談して事を荒立てる事や不倫相手に直接伝えて家庭を崩壊させるようなことは望んでいないのです。

そして、平穏な暮らしを求める依頼者様が求めるものを与えようと稼働するのが別れさせ屋になり、別れさせ屋に依頼する最大のメリットは現状抱えている悩みを解消させる為の協力者が出来る事であり、悩みを解消させる方向に進む事が出来ます。※参考記事:別れさせを早い時期に成功させる方法をご提案するメリット

家庭の平穏や日々の恐怖を与えられていた方にとっては別れさせ屋に依頼する事で欲しかったものが手に入る環境ですが、別れさせ屋に依頼する時に悪質な別れさせ屋も多く、どの別れさせ屋に依頼すれば成功するのか?を別れさせ屋選びの知識がないまま決めなければなりません。

最大のメリットである別れさせ屋の利用を考えても別れさせ屋の業者選びを間違えれば悪質な別れさせ屋に引っ掛かり、決して安い料金ではない別れさせ屋への依頼料を騙し取られてしまい、別れの専門家に頼ろうとしたことで金銭的な負担も別れの悩みの他に追加されてしまい、暗いトンネルを抜け出そうとしていたにも関わらずトンネルの出口が見えなくなってしまった状態になってしまうというデメリットが発生します。

弊社でも他社に依頼して何もしてもらえなかった…というご相談は沢山あるので選び方を間違えてしまうと別れさせ屋に依頼する最大のメリットが最悪のデメリットになってしまう事もあるのでご注意下さい。※参考記事:別れさせ屋のセカンドオピニオンとしての活用もご利用頂いてます。

困った時に専門家を必要とするのは当たり前の事であり、病気になったら病院に行き、病気の専門家であるお医者様を頼ります。※参考記事:復縁屋に頼る事は風邪を引いたら病院に行く事と同じ

勉強が分からなければ学校の先生や家庭教師、塾講師に頼って問題を解決させます。

困った時に専門家を必要とするのは正しい事になりますが、別れたい、別れさせたい悩みは専門家に頼ろうとせずに自分の力で解決しようとするので問題が更に拗れていくのです。

その結果、別れさせ屋が一般的にならず、悩んでどうにもならない依頼者様が特殊な人という認識を持たれてしまいますが、家庭内で起きた問題を誰かに相談するのは恥と考えるのではなく、専門家に相談する事で家庭を安定させる事にも繋がります。

恋愛は2人で作るのが当然という考え方が日本では浸透し過ぎているので家庭内で起きた事は誰にも相談出来ない…という家庭が多いので、日本の離婚率は少なくありません。

専門家に相談していれば解決していた問題が専門家に頼らずに自らの力でどうにかしようと画策した結果、別れるという判断になったり、ストーカーやDV被害がエスカレートしていき、事件化してしまった…という事例も少なくありません。※参考事例:美魔女モデル刃傷事件の岩本和子容疑者は不倫とは知らなかった。

専門家に頼る時に料金と上手くいく事のどちらを選ぶか?を考えるのが普通ですが、別れさせ屋に頼る時は上手くいく方法を提案してくれる別れさせ屋ではなく、料金が安い別れさせ屋を求める傾向があります。※参考記事:着手金が安いからといっても依頼は即決しない事が大切です。

病院に掛かる時に料金が安い病院を選ばずに腕の確かな医師のいる病院を選ぶはずですが、別れさせ屋に依頼する人達は料金が安い別れさせ屋を探します。※参考記事:安い料金の別れさせ屋で費用を抑えて高い工作成功率も求めるなら

腕の良い医師は何が違うのか分からないから試しに安い料金の別れさせ屋に依頼しよう!と考えるので別れさせ屋に依頼する時のデメリットを自ら選んでしまうのです。※参考記事:『プロなのでお任せ下さい!』の言葉に要注意

依頼して失敗したくない…という想いで別れさせ屋を探すのが通常の考え方だと思いますが、失敗したら仕方ない…という想いで別れさせ屋を探すので別れさせ屋のメリットを受ける事が出来ず、デメリットを受けて別れさせ屋に依頼したことを後悔する人も多数いらっしゃいます。

大切なのは病気が治る事であって安い料金で診察してもらえる事ではなく、別れの悩みも安く依頼出来る別れさせ屋を探すのではなく成功率が高い別れさせ屋を探さなければ依頼した事が全て無駄になり、別れさせ屋のメリットを享受出来ず、別れさせ屋のデメリットを受けて専門家の必要性を感じる事なく依頼が終わってしまう事を忘れない様にして下さい。※参考記事:工作成功率が高い探偵社と低い探偵社の違いについて