別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ屋に依頼する際に『絶対に別れさせられる保証が欲しい!』と仰る方がいますが、結論から言えば『100%別れさせられる!』と断言出来る別れさせ屋は存在しません。

100%別れさせられる事が出来なくて、何が別れさせ屋だ!と思うかもしれませんが、100%別れさせられる別れさせ屋がないのは実態です。

何故別れさせ屋は絶対に別れさせる事が出来ないのか?

理由は対象者も人間だからという理由があり、人間のやる事に絶対はない事と、人間の気持ちに絶対はない事が挙げられます。

対象者が人間ではなく、ロボットならプログラム通りの行動が全て把握できるので100%別れさせ屋は別れさせられると断言出来ますが、対象者には心もあれば自分で考える事も出来る人間です。

人間の気持ちを100%把握する事は自分自身でも難しい事もあり、ましてや他人の気持ちを100%把握する事は出来ない為、絶対に別れさせられる保証が出来ないのです。

別れさせ屋への依頼を検討している方は少しでも確率の高い優良な別れさせ屋をお探しかと思います。

少しでも確率の高い優良な別れさせ屋をお探しなら別れさせ屋は絶対に別れさせられるのか?というこの記事を参考にして頂ければと思います。

対象者と接触出来る事と別れさせる事は別物です。ご理解されていますか?

対象者と接触出来れば別れさせられる様に説明する別れさせ屋もありますが、対象者に接触したからイコール別れさせられる訳ではありません。

工作員が対象者に接触してからが別れさせ屋の仕事になりますが、依頼者も別れさせ屋も接触をメインに考えている事が多く、工作員の接触イコール別れさせられる。という認識を持っていれば別れさせ工作は失敗します。

別れさせ屋に相談して別れさせ屋から『異性の工作員を接触させて…』という説明を受けて、異性の工作員を対象者に接触させれば浮気もしくは不倫の状況を作り出せて別れさせられるかもしれない…と想像する依頼者はとても多いのですが、想像通りにいかないのが人間です。

恋愛は出会いがあり、出会いから人間関係を構築していくから恋愛に発展するのですが、人間関係を構築する為の接触と人間関係を構築しない接触があるので対象者に接触イコール別れさせる事ではありません。

工作員が接触するのは後々の工作を進める為のキッカケに過ぎず、キッカケを作ったから工作が成功する訳ではないので、接触出来たからイコール別れさせる事が出来ると考えてはプランが失敗する可能性も高い事を忘れない様にして下さい。

対象者の情報が間違っていれば別れさせ屋も失敗しますよね?

対象者の情報が間違っていたら別れさせ屋も失敗しますよね?

例えば、依頼者から聞いている住所や職場の情報が間違っており、張り込みをしていてもいつまで経っても表れない。

他に情報がなければ、聞いている情報を元に対象者を探さなければなりませんし、人探しを請け負う時間も考慮しなければならなくなる為、時間が足りなくなるケースも存在します。

交際しているだけという事前情報から、実は入籍していた等、依頼者から頂く情報違いで元々立てていたプランが崩れるケースもあり、別れさせ屋の問題ではなく依頼者の問題で失敗してしまうケースもあります。

滅多にいませんが、対象者の情報を全く知らないのに、対象者の情報を知っているかの様に装い、別れさせ屋に依頼すれば人探しもしてくれる…と予算を抑える為に虚偽の情報を流す依頼者も存在します。

対象者の情報が間違っていればプランの練り直しもしなければならず、別れさせ屋が提案したプランが最初から破綻していた事になるので絶対に別れさせられるとは限りません。

依頼者の情報が全部正しければ絶対に別れさせられるの?

依頼者の情報が全部正しければ絶対に別れさせられる保証が出来る訳ではありません。

冒頭に書いた様に対象者は人間です。

対象者は人間なので考え方も時間の経過と共に変わる事もあり、生活も時間の経過と共に変わる為、予想の範疇を越えた行動をする対象者も存在するのです。

例えば、依頼者から対象者の情報がリアルに入る案件でも、対象者が依頼者に嘘を吐いており、対象者が依頼者に伝えたスケジュールとは全然違う行動をしている対象者も中にはいます。

男性対象者で多いのが、風俗やキャバクラに行く事を依頼者に伝えず、浮気相手と会う訳ではないのですが性欲を発散させる行動が発覚し、浮気相手の発覚が出来ないケースもあります。

そして浮気だと思っていた相手が実は風俗嬢であり、同じ風俗に行かせない様には出来ても、別の風俗通いをしてしまうケースも存在します。

依頼者の情報があっても対象者の行動に制限を掛ける事は出来ないので別れさせ屋が絶対に別れさせられる保証は出来ないのです。

机の上で考える事はあくまでも机上の空論です。

依頼者と別れさせ屋が面談で打ち合わせをして細部まで煮詰めた方法を提案しても、依頼者と別れさせ屋の間で想像した机上の空論になります。

机上の空論はあくまでも机上の空論で、机の上で練ったプランは人間相手に確実にプラン通りに進む訳ではありません。

人間が作るモノには必ず何かの穴があり、事前に何度もリハーサルをしたところでリハーサル通りにいかないアクシデントに見舞われるのが人間が行う事になります。

リハーサルを何度も繰り返すのは完璧に近い状態を作り上げる為であり、完璧に出来る事とは異なるのです。

複雑な作業を同じ人間が全く同じ様に出来ないのも人間の特徴です。

依頼者、対象者、工作員、調査員は別れさせる舞台を成功させる為の演者になります。

依頼者、調査員、工作員の演者が何度リハーサルを繰り返しても、対象者という演者はリハーサルを行いません。

1人でもリハーサルをしない演者がいれば舞台が成功する確率は当然低下するのです。

別れさせ屋に【絶対はない】けど高い確率で別れさせたいなら

別れさせ屋に依頼して絶対に別れさせる保証はありません。

しかし、絶対に別れさせる保証はなくても少しでも別れさせる確率を上げる事は出来ます。

対象者の行動や考え方はランダムです。

ランダムな考え方に対してランダムな動きで対応するから成功させる確率を上げる事は出来ます。

ランダムな対象者に対して、事前に全てのシナリオを作成して別れさせ屋側がランダムに対応するのではなく、対象者をシナリオ通りに動かそうとすれば必然的に成功率は低下します。

相手がどんな行動、考え方をするか?

事前に予測する事は出来ますが、予測通りに行動しないのが人間です。

人間が予測通りに動かない事を知っている別れさせ屋は、予測通りに動かせると思い込む別れさせ屋より当然成功率は高く、方法をハニートラップ一本で提案する別れさせ屋より対象者に合せた方法を提案する別れさせ屋の方が成功率が高いのは言うまでもありません。

これから別れさせ屋に依頼を検討している方や別れさせたい相手がいる方は、対象者も人間であり、人間だからこそ別れさせ屋に頼らざるを得ない状況になっている事を理解していなければどんな方法を用いても別れさせる事は出来ません。

別れさせ問題で頭を悩ませている方は別れさせる事について参考にして頂き、絶対に別れさせられる方法など無い事を承知の上、別れさせ屋に相談してみては如何でしょうか?