別れさせ工作は工作員や調査員がメインとなり、工作員や調査員だけの力で別れさせるという印象を持っている方が殆どだと思います。

工作員が何かをするから別れさせるのであり調査員も工作員が接触し易い場所等を探す為、調査員と工作員だけがいれば別れさせられると考える方がほとんどです。

別れさせ工作は調査員や工作員の様な花形業務だけがスポットを浴びますが調査員や工作員だけでは実際は上手くいきません。

実際に別れさせ工作をしている者達は皆知っている事ですが別れさせ工作を行う上で裏方の存在がとても重要ですが、裏方で別れさせ工作を成功させる者達にスポットが浴びる事は殆どありません。

別れさせ工作の裏方と呼ばれるスタッフ達は調査員や工作員の様に外勤を行いません。

調査員や工作員が集めた情報を分析する裏方スタッフは心理分析に長けています。

情報をまとめてシナリオを修正する裏方もいますし、お酒を対象者と飲んだ後に帰宅出来ない時間の場合、工作が終わるまで待機してるスタッフもいますし工作員や調査員だけが別れさせ工作では取り上げられますが、裏方業務に徹して別れさせ工作を成功させるには様々な人員が裏方としてサポートします。

依頼者に方法を提案する担当者も調査や工作を行わないので裏方になります。

他にも様々な裏方がいますが裏方がいるからこそ調査員や工作員は安心して別れさせ工作に挑めます。

何をすれば別れさせられるのか?というシナリオを作る裏方がいなければ?

別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせる為のシナリオを誰が作るのか?を考えて頂ければ裏方の大切さがよく分かると思います。

例えばハニートラップのシナリオを描くにも対象者がどんな異性がタイプなのか?を知らなければシナリオを描く事は出来ません。

対象者の好みの異性を知るからこそアプローチを掛けて食いつく可能性を高める事が出来ますが、どんなにタイプの工作員を接触させようとしても不自然なシナリオを描いて接触させてしまえば工作が成功する事はないのです。

工作を成功させる為には自然なシナリオを描かなければなりませんし、様々な現場で工作をしている工作員達の意見を聞き入れながら常に最新の情報に更新してシナリオを描く裏方がいます。

もしも工作のシナリオを工作員が自身で考えて自分で考えたシナリオだけで別れさせ工作を進めようとすれば行き当たりばったりの工作になり、別れさせ工作の成功率は下がります。

計算されたシナリオに対応出来る工作員の技術はもちろん大切ですがシナリオを打ち立てる裏方はある意味で工作員よりも必要だと言えます。

集めた情報を分析する裏方がいなければ別れさせ工作は失敗する!?

別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

現場で情報収集をする調査員や工作員がいるから情報収集が可能になりますが、別れさせ工作は情報をどの様に使って別れさせるか?を実行する工作になりますので情報は集めただけでは意味を成しません。

別れさせ工作には集めた情報をどの様に使うか?が求められ、集めた情報をそのまま使おうとしても使える事はありません。

情報を集め、集めた情報を分析する裏方がおり、分析した情報を元にシナリオを作るからこそ別れさせ工作は成功率を上げる事が出来ます。

対象者の情報から行動心理学に基づいた分析を行う裏方がプロファイリングした結果があるのでシナリオを描く事が出来るのです。

シナリオを描くにはシナリオを作る裏方が妄想したシナリオを描くのではなく、プロファイリングした情報を元に一番別れさせ易いシナリオを描くから別れさせ工作の成功率を上げる事に繋がります。

シナリオを作る為に情報分析が出来る裏方がいなければ別れさせ工作が成功する事はありません。

他にも様々な裏方がいるので工作員達が活躍できます。

別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

別れさせ工作の裏方はシナリオを作成したり情報を分析するだけではなく担当者も含めて調査員、工作員以外の裏方が多数関与します。

一人一人がプロとしての仕事をし、一人一人が1つの案件に対して真剣に取り組むからこそ調査員や工作員という花形業務が活きます。

工作員や調査員が真剣に業務に挑んでもシナリオを描く者や情報分析をする者が手を抜けば別れさせ工作が成功する事はありません。

依頼者の知らないところで陰で動く裏方の業務が大きく左右するのが別れさせ工作であり、様々な裏方の存在に支えられて花形の調査業務や工作業務が上手くいくのです。

別れさせ工作を成功させる裏方がいなければ?

別れさせ工作のご提案はお任せ下さい

別れさせ屋に様々な裏方がいなければ工作の成功率を上げる事は出来ません。

シナリオの作成だけで考えてみても適当なシナリオを作り、行き当たりばったりの方法で別れさせ工作が成功するでしょうか?

シナリオを作る為の情報分析が出来る裏方がいない別れさせ屋に対象者に合せた適切なシナリオを描く事が出来るでしょうか?

別れさせ工作のシナリオを描くには裏方の存在が必要不可欠であり、裏方の存在がないまま別れさせ工作を進めようにもどんな内容の会話をすれば良いのか?どんな接触方法が適切なのか?どんな方向に心理誘導を行えば良いのか?

工作員は分からない事だらけになってしまいます。

現場で迷って何も出来なくなってしまえば当然別れさせ工作は失敗します。

現場で迷わずに別れさせ工作が出来るのは裏方が陰で支える事がポイントになるのです。

裏方の活躍があって成功した別れさせ工作の成功事例

別れさせ屋へのご依頼は(株)ジースタイル

依頼者Aからの情報が少なく、少ない情報の中から対象者を調査して情報収集に励み、調査員が集めた情報を元に情報分析を行い、分析した情報を元にシナリオを描きますが、Aからの情報量があまりにも不足していた為、プロファイリングをしても最終的に2パターンのシナリオのどちらが正解かを決めかねる案件がありました。

2パターンのシナリオのどちらが有効なのかを決定できる情報が不足していた為、工作員は2パターンのシナリオどちらも情報を入れておかなければなりませんでした。

もしもどちらのパターンにも該当しない行動を対象者がすれば別れさせ工作が失敗する案件でしたが、Aに確認後、Aもどちらとも言えないとの返答を頂き、『プロにお任せします。』という言葉を頂いて工作員は現場入りしました。

現場に入った工作員はどちらのシナリオでも対応出来るスタンスをとって対象者と接触しましたが、プロファイリングして作られたシナリオの1つに該当した為、現場に入ってもシッカリと対応出来ました。

裏方が描いたシナリオ通りに対応した工作員は見事に別れさせ工作を成功させ、Aの要望を叶える事が出来た別れさせ工作の成功事例になります。

  • ※別れさせ工作の成功事例はコチラを参照下さい。