恋愛工作の失敗事例
依頼者の名前、住まいの地域H様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 70万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元彼との復縁を望む為、別れさせたい

Hから『浮気の既成事実を作ってくれれば別れさせられると思います。』と言われ、『浮気の既成事実を作る事だけがどうしても自分には出来ないので別れさせ屋を探していました。』とご相談いただきました。
別れさせたい対象者2人の性格は熟知しているとの事でHの情報だけを頼りに費用を抑えたいという要望も受け入れ、調査時間を削り、工作員を接触させて浮気の既成事実を作る事に専念した別れさせ工作のご依頼になりました。
工作員を接触させてデートの誘いにも応じ、5回目のデートで対象者から告白を受けました。

元々対象者は遊び人との情報をHから頂いていた為、告白はされたものの、対象者は別れておらず、対象者は最初から工作員と二股、もしくは浮気の状態で交際をしようとしていた事が分かります。
告白された事でHの要望はほぼ叶い、Hの描いていたシナリオ通りの展開にはなっていました。
工作員は対象者に別の恋人がいる事を知らないことになっている為、恋人との交際時に工作員を鉢合わせる形をHと打ち合わせさせて頂き確定させて頂きました。

対象者達と工作員が鉢合わせるところを実際に見てみたいとの事でしたので少し離れたところでHには待機して頂いていました。
Hの情報通り対象者達が現れたところに工作員を接触させると対象者は普通に話しかけられ、工作員が『この女の人誰?』と伝えると対象者から『元彼女にたまたまばったり会ったんだよね。嫌な思いさせたらごめん。』と言われてしまいます。
対象者に元カノと言われた本人は何も言葉に表さなかった為、『元カノにこっそり会うなんて…』と言いながらその場を去ろうとすると対象者は工作員を追いかけてきます。
実際の彼女を置いて工作員を追いかけて来た為、工作員への気持ちの方が強い事が分かったので工作は成功するものとHと後日話しをしている間も盛り上がりました。

調査を省いた契約の為、その後の対象者達の行動を弊社で確認は出来ませんでしたが、Hから2人が別れていない事を報告されました。
元々3人共同じ職場の為、Hが女性対象者達の話しを聞いていると『この前、○○(対象者の名前)が今好きな人と出くわしちゃってビックリしたけど私元カノって言われちゃったよ。まーいつもの事だから…』と別の女性がいても全く意に介していない事が分かり、Hが描いていたシナリオ通りにはいかなかった事を報告として受けました。
浮気しても対象者の女性は受け入れていた為、別れさせ工作が失敗した事例になります。

依頼者の情報が全く違っていたので工作に進めなかった別れさせ工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 65万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元カノと復縁する為に今彼を別れさせたい

Sから別れさせ工作のご相談を頂いた際に情報が揃っているとの事で調査時間を減らして料金を落とした契約を交わす事となりました。
Sが持っていた情報は【自宅住所、電話番号、職場、写真の有無、別れさせる事が出来る弱点となる情報…etc】があり、情報量としては申し分ない状態でした。
情報量の多さから見積もりを出させて頂きましたが、調査をかなり省いた料金のご掲示となり、ほぼ工作だけで済む様な料金提示となりました。

Sと別れさせ工作の契約を交わし、着手金のご入金後に別れさせ工作の着手に到りました。
調査を極力省いた形で接触ポイントも分かっているとの事でしたので極力調査を省く形を取りましたが、対象者の住所はマンションになり、部屋番号は分からないとの事でマンションの出入り口が見える所で張り込みをしていても対象者は表れません。
対象者が現れない事でSと打ち合わせをさせて頂きましたが面談時には『〇〇の住所に住んでいる事も分かってます。』と言っていた事が『もしかしたらもう住んでないのかな?』に変わっており、職場から対象者を尾行して判明させる提案をさせて頂くと『職場も変わってるかもしれないですね。』と契約前に聞いていた話しとは異なる返答が来ました。

『対象者がどこに住んでいてどこに勤めているか分かっているっていう話しはどこに行ったんですか?』と質問させていただくと『3年前の情報なんで…』と口にします。
契約前に聞いていた時は3ヶ月前の情報だと言っていた事が全て虚偽の話しだった事に気付き、『今は情報がないって事ですか?』と伝えると『そうですね。』と返答が来ます。
契約内容を見直さなければ工作に進める事が出来ないとお伝えさせて頂き、対象者の住所までは判明させて頂く事は出来ましたが別れさせ工作を行う費用がなく別れさせ工作が失敗した事例になります。

予算の都合で情報の有無について虚偽の報告をされましても着手金を安くする事は出来ても工作に進む費用が足りなくて断念しなければならなくなり失敗した事例になります。

別れさせに成功したけど復縁してしまった別れさせ工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域R様 東京
契約期間と料金11ヶ月の契約 340万円 成功報酬0%
別れさせたい状況不倫相手を別れさせたい

Rから不倫相手を別れさせたいというご依頼を頂き、別れさせ工作を進めて不倫相手を別れさせる事に成功しました。
夫と不倫相手のlineを見て不倫している事に気付いたRは別れさせ工作が完了した後もlineを確認し、別れさせが成功した事に納得頂き、成功報酬のお支払を頂きました。
不倫裁判を恐れていた不倫相手は自分から身を引き、裁判の事を夫にも話さず自分から身を引き、Rも大満足の別れさせ工作でした。

しかし、連絡手段を失くした夫は不倫相手の家に突然行き、復縁を迫ります。
その事実を知らない工作員と依頼者は別れさせ工作が成功した事で安心していましたが別れて2か月後にRからご連絡を頂き、別れさせたにも関わらず復縁しているとの報告を受けて再度工作員を派遣し、別れさせ工作を行いました。
2度目の別れさせ工作も成功し、対象者から復縁した状況も聞き出してどの様に復縁したのか?を聞き出した内容をRに報告しました。

2度目の別れさせ工作で縁を切らせた後に不倫相手は引越しをし、夫との縁を完全に断絶する事に成功します。
2度目の別れさせ工作の後に夫のスマホを確認してもlineのやり取りもなくなり、不倫相手とは完全に関係を断ち切っていましたが、ある日突然夫が失踪してしまいます。
夫が仕事から帰って来なくなり、警察に捜索願いを出したものの夫は見つからず、部屋を整理していたら探偵社との契約書が見つかったとの事で再度Rからご相談を頂き、夫と不倫相手を探す調査依頼を頂きました。

不倫相手がどこにいるかを特定させると、そこにはRの夫の姿も確認出来、不倫相手の元に夫が行っていた事が分かります。
別れさせる事に疲れたRは別れさせるのではなく慰謝料請求をして完全に縁を切る決意をし、弁護士を立てて二度別れさせ工作は成功したものの結果として失敗に終わった失敗事例になります。

依頼者の予算の都合で様々なものを省いて失敗した別れさせ工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域Y様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 50万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元カノとの復縁を求めて今彼を別れさせたい

Yから別れさせ工作のご依頼をいただいた際に別れさせたい対象者の情報が薄く、事前に調査を行って情報収集しなければ方法も成功の見通しも立ちませんでした。
事前に対象者を調査する事で成功率を上げる事に繋がりますが、Yの予算的に別れさせる2人共を調査するのは厳しく、1人を調査して得た情報を元に別れさせ工作を進める形となりました。
予算も厳しく、簡易的なハニートラップの方法を提案する以外に無く、方法や成功率というよりも予算に合わせる形での別れさせ工作になってしまいました。
情報収集に掛ける予算が厳しかった中で対象者に工作員を接触させる事に成功し、簡易的ながらもハニートラップは成功し、浮気をしている状態が作れました。

予算の都合で別れさせたい対象者に浮気している事を暴露する方法も手間を掛けられませんでしたが予算内で出来る範囲で浮気を暴露する事となりました。
全てが簡易的なもので済ませた形になりましたがYにご提案させて頂いた通りに事が進みました。
後は結果を待つだけの状態になり、別れさせ工作が成功したかどうかの判断はYからの報告を待つことになりました。
しかし、待てども連絡は一向に来ず、Yも工作の効果について疑問を感じていたところ、対象者とYが話す機会があり、それとなく交際相手のことを聞き出したとの報告を頂きました。

対象者からYが聞いた話しでは浮気がバレてるのはいつもの事で、今まで何度も浮気はバレてるから気にもされないとの事でした。
予算の都合で調査を省いた結果、提案した方法では確実に別れなかった事が後から判明した別れさせ工作の失敗事例になります。

対象者の自宅に依頼者が勝手に侵入して中断せざるを得なくなった別れさせ工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 140万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元カノと復縁を望んでいた為、別れさせたい

Aからご依頼頂いた際に若干ストーカー思考があった事を見抜き、別れさせ工作のご依頼を請けるからには絶対に付き纏い行為を止めて頂く事を条件にして別れさせ工作の依頼を承りました。
ストーカーとの契約は探偵業法に反する行為になる為、誓約書にもサイン頂きストーカー行為については念入に説明させて頂き契約書を交わしました。

Aと別れさせ工作の契約を交わし、着手金のご入金後に別れさせ工作の着手に到りました。
調査を半月程度行っていた頃に調査員が対象者を尾行している不審な人物を発見し、担当者からAに報告させて頂くと不審者はAであった事が分かりました。
担当者からAに厳重に注意し、今後ストーカー行為を繰り返す様なら契約書に明記してある様に契約を解除する形を取らせて頂く旨をお伝えさせて頂き、別れさせ工作のご依頼を継続させる事となりました。
Aからは何度も『もうしません。別れさせて下さい。』と懇願され、ストーカー行為を行わない前提で別れさせ工作を進めていきました。

対象者に工作員を接触させて人間関係を築いていると対象者から『最近家の中の物が勝手に動いていたりして幽霊でもいるみたいで怖い。』という話しを聞き出しました。
それまで大人しくしていたAに疑いを持ち、対象者と工作をする事を告げた日に対象者の家を担当者が張り込みしていると対象者の家に侵入する不審人物を発見します。
工作員と対象者は外で会っていて、尚且つ対象者は1人暮らしだった為、対象者の家を出入りする人物は存在しないのですが実家のご両親等の可能性も否定出来ない為、外で張り込みをしていると30分程度してからAが出て来た事を確認します。

その場で担当者がAに直接話し掛け、ストーカー行為について警察に通報する事を伝えて別れさせ工作を断念しなければならなくなった失敗事例になります。

要望通り進めて依頼者の思い通りに進まなかった別れさせ工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域T様 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 50万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元カノの交際相手を別れさせたい

Tからご相談頂いた際にハニートラップを行いたいとの事で状況的にハニートラップをしても効果は無さそうだとお話しさせて頂きましたが、Tの要望通りにやりたいとの事でTの描いたシナリオ通りに進めさせて頂きました。

Tは情報も持っているとの事で調査も省いて料金も下げて欲しいとの事でパック料金の適応が出来なかった為、回数制で契約をさせて頂きました。
Tからの指示に従って張り込みをするものの5回目の張り込みまで対象者は現れず、5回目の張り込みで初めて対象者を発見しましたが恋人と歩いていた為、接触出来ない状態でした。
それ以降、Tから指示頂いた通りに張りこみをしましたが対象者は現れず、回数制の契約の為、回数の上限に達しました。

空振りを繰り返すだけで弊社には情報が何もない為、別の提案も出来る状態ではなくTの指示通りに動いたものの『空振りばっかりだったから無料で回数を増やして欲しい。』という理解出来ない申し出をされましたが『最初にそういう事になる可能性もあると説明しましたよね?』と返答させて頂くと『何もしてないのに金を取る詐欺会社!』と言われ、別れさせ工作が失敗した事例になります。

調査もせず、情報も与えてもらえずTのやりたい事に協力させて頂いただけとなり、別れさせ工作の依頼を請けたのか?という判断が難しいところでしたがTには事前に『空振り等もある為、回数制ではなくパック料金の方が良いと思いますよ。それと調査をさせて頂いた方が弊社側も別の提案をさせて頂けるので成功率を上げられますよ。』とお伝えしましたが『私の言った通りにすれば上手くいくんで大丈夫です。』と言われ、弊社の提案は反故にされた上で『無料サービスをしろ』と言われた為、契約の延長は請けられない事を伝えて失敗事例として掲載させて頂く事となりました。

依頼者が間違えて対象者にlineを送ってしまい失敗した別れさせ工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金4ヶ月の契約 140万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元カノとの復縁を求めて今彼を別れさせたい

Aが別れさせたいのは元カノと復縁したいので元カノと今彼を別れさせて欲しいとの事でした。
復縁する為に今彼を別れさせた後に復縁工作の依頼を請けて復縁に向かいとの要望で別れさせ工作のご依頼を承る事となりました。

契約書を交わし、着手金の入金後に別れさせ工作の着手に到り、調査を行い、工作員を接触させた後の報告をしているとAは『復縁が見えて来ました。』と口にして頂けました。
担当者と報告も兼ねて日常的にlineをしていましたが、Aとlineでやり取りをしていると突然Aから担当者に電話が入りました。
電話をする際はお互いの事情もあるのでlineで電話出来るかどうかの確認をして掛けるという約束でしたので突然の連絡に担当者は何かがあったのだな?と察しました。

電話に出ると焦った様子でAが担当者に話し始め、落ち着いてもらうまでに時間が掛かりましたが、要約すれば担当者に送ろうとしていたlineの内容を対象者に送ってしまい、『このlineは一体どういう事?』と対象者からAの元にメッセージが届きました。
Aが対象者に間違ってlineを送ってしまった事で対象者は警戒心を剥き出しにし、Aへの不信感を持ち、工作員の存在についてはバレなかったものの別れさせ工作を進めようがなくなってしまった失敗事例になります。

対象者が海外赴任になって工作員が接触出来なくなった別れさせ工作の失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金2ヶ月の契約 70万円 成功報酬0%
別れさせたい状況他社に別れさせ工作を依頼していた状況

Sからご依頼頂いた時、別の別れさせ屋に依頼していて別れさせ工作が殆ど先に進んでない事から乗り換えるつもりで弊社にご相談頂きました。
弊社に依頼頂いた時には他社で依頼して既に半年程経っており、半年経っても接触しない為、他の別れさせ屋を探して依頼頂いたとの事でした。
Sは面談時に契約を急いでおり、対象者2人が海外に転勤で行ってしまうかもしれないとの事で、2人が海外に転勤で行ってしまえば別れさせる事が更に難しくなるとの事で契約を急いでいたとの事でした。
急ぎの案件で契約後すぐに着手金を入金頂き、着手しましたが他社で調査をしていた情報を利用した為、工作員の接触は早い段階で出来ました。

いつ海外に転勤になるか?の情報が無かった為、人間関係を構築するまでは出来ましたが、人間関係を構築した段階で対象者から『明後日から海外に転勤なんです。』と言われてしまいました。
他社で半年使って接触も出来なかった状態から一ヶ月程度で人間関係を構築するまでに至りましたが海外に行ってしまった為、別れさせ工作を断念しなければならなくなり別れさせ工作は失敗に終わった失敗事例になります。

異性を接触させたけど浮気に発展しなかったハニートラップの失敗事例

依頼者の名前、住まいの地域S様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬0%
別れさせたい状況元彼との復縁を求めて別れさせたい

Sからご相談いただいた際に対象者を別れさせる為にハニートラップを仕掛けて欲しいとの要望があり、ハニートラップの成功率の低さについてご説明させて頂きました。
対象者のプロファイリングをさせて頂くと対象者は浮気する様なタイプではなく、異性の工作員を接触させたところで浮気をするとは到底思えなかった為、ハニートラップでの別れさせ工作は失敗に終わる危惧があり、失敗する可能性の高さについてご説明させていただきました。
しかし、Sは『対象者は堅物なのでチャンスさえあれば浮気すると思います。』と口にし、何度も失敗の可能性についてご説明させて頂きましたが『異性の工作員を接触させて別れさせて欲しい。』との要望があり、異性を接触させるハニートラップの方法での別れさせ工作のご依頼を承る事となりました。

Sとハニートラップを行う別れさせ工作の契約書を交わし、着手金の入金確認後に着手に至りました。
対象者の職業柄、工作員の接触はし易く異性の工作員を接触させるまではスムーズに進みましたが接触して連絡先を交換するまでは早かったのですが、連絡先を交換した後がなかなか進みません。
対象者の職業柄、固い業種で恋愛関係の話しを持ち出すチャンスがなかなか来ず、工作員が相談と称してお酒を交わす事や物理的な距離を詰めようとしてもなかなか距離が詰まりません。

対象者から『可愛いよね。タイプだな。』と言った言葉は頻繁に出て来ても『僕には愛する人がいるから少しでも疑われる様な事はしたくないし、不安な気持ちにさせる様な人なら縁を切らなければならないんだよね。』と言われてしまいます。
Sには『タイプの異性を接触させてもハニートラップが成功しそうにない。』と途中過程でお伝えさせて頂きましたが、『彼に浮気するように誘導して下さい。』の一点張りで方向性を変える打ち合わせもさせて頂けませんでした。

工作員が少しでもパーソナルスペースに入り込もうものならお酒が入っていてもすぐに距離を空けられてしまい、浮気心の様な下心を一切見せず距離を詰められず別れさせ工作が失敗した事例になります。