別れさせ屋ジースタイル

別れさせ工作は、依頼者様から対象者2人を別れさせたい。というご相談を頂き、依頼者様から伺った状況や情報によって対象者を調査し、別れさせる為の情報を集めて、集めた情報を元にプロファイリングを行い、別れさせるシナリオを作成し、工作員が実行に移す恋愛工作の一つになります。※参考ブログ:恋愛工作とは?
別れさせ工作の方法は、対象者2人が何をすれば別れるのか?を実行に移すものであり、対象者は様々な考え方を持っているので対象者によって方法は変わります。
一般的なイメージとして別れさせ工作は、対象者に浮気をさせて別れさせる。という方法が分かり易いのですが、対象者によって浮気するタイプなのか、浮気をしたら絶対に許されないタイプなのか、などでも浮気をさせる方法が通じる、通じない。といった事もあります。
別れさせ工作の方法は、対象者が別れを意識する為には何をすれば別れるのか?が分からなければ、提案出来るものではないので、対象者の性格や性質などを依頼者様経由で情報を頂き、対象者の性格や性質に合わせて工作員が対象者に接触して心理誘導を行うものになります。
その為、対象者の情報が無ければ対象者を調査し、対象者を知る事で、対象者に何をすれば別れるのかを実行に移せます。
対象者を知らないままに別れさせ工作の方法を提案しようとしても、依頼者様から頂く情報だけになると、依頼者様の願望などもあるので、真実が見えないままに別れさせ工作の方法を実行に移さなければならなくなります。
対象者がどんな人物で、どんな性格や性質があり、何をするから別れるのか?を提案出来るのは、対象者を理解しているからこそ出来る事でもあり、工作員が対象者に接触する事も含めて、対象者を知るからこそ対象者が何をすれば別れさせられるかに辿り着くので、対象者に何をするか?という別れさせ工作の方法にはどんな方法があるんですか?というご質問を頂いても、対象者によって方法が異なる為、状況も含めてお話しをお伺いせずに別れさせ工作の方法をご提案させて頂く事は出来ません。
別れさせ工作の方法は対象者たちの関係性や対象者個人の性格、性質によって異なりますし、別れさせ工作の方法を詳しくご理解されると、別れさせ屋を探す時に、本当にその別れさせ屋が提案する方法で別れさせ工作が成功するのか?についても判断出来るようになります。
別れさせ工作の方法を詳しく知れば、どんな方法を実行に移すのか?が分かるので、どれだけの人員を活用して別れさせようとしているのか?が分かるので、料金・費用を重視して別れさせ屋を選ぶ事のリスクも分かるようになり、成功率を数字で表す事は出来ませんが、成功率が高いか?低いか?の判断も出来る様になります。
別れさせ屋を選ぶ際には、別れさせ成功率が高い別れさせ屋に依頼を検討するのが通常ですから、シッカリと別れさせ工作の方法について説明して頂ける別れさせ屋を選ぶ為の参考にして下さい。※参考記事:絶対に別れさせ屋工作が成功する保証を別れさせ屋は出来ません。

工作員が対象者に接触する方法から不自然さをなくす

対象者に工作員を接触させる方法で不自然さを作ってしまうと、対象者から警戒されて工作員を接触させても先に繋がる関係性を築く事が出来ません。
対象者に限らず、人間はファーストコンタクトの人物に対して、素性が分からなければ警戒心を持つ生き物なので、仕事や職場で初めて出会う人達のように、素性が分かる様なファーストコンタクトを作らなければ、対象者との先に繋がる関係性を築く事が出来ず、不自然な形を取ってしまえば別れさせに繋がる関係性にはなりません。
その為、対象者に工作員を接触させる際に、初動から携帯電話を落としたり、忘れた事にして路上で対象者に工作員を接触させてお礼のメールを送り、対象者に工作員を接触させる方法を提案する別れさせ屋もありますが、この方法を提案する別れさせ屋は対象者が警戒したり、対象者から携帯電話を貸してもらえない時点で失敗に終わります。※参考記事:連絡先の交換ではなく連絡先の入手や古典的な接触方法を提案する別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。
工作員を接触させる前に対象者を事前に調査する事で、対象者とどこで接触するか、どんな出会いの形を作らせるか、どの時間帯に接触させられるかを調べる必要があり、調査を省けば行き当たりばったりの一か八かの接触となり、不自然さを拭えなくなります。。※参考記事:事前調査が別れさせ屋工作や復縁屋工作には絶対に必要な理由
注意しなければならない点として、事前に調査を省く別れさせ屋もありますが、調査だけを行い、接触の段階になると全く進まない別れさせ屋もあるので、接触方法を提案される時は、提案された接触方法が失敗に終わった時にどんな方法があるのか?についても説明を受け、トライ&エラーが出来る別れさせ屋を選ばなければ、対象者は人間なので、確実に成功する方法は存在しない事を忘れないようにご注意下さい。

別れさせ屋を選ぶ時のポイント

接触させる事が目的ではなく、対象者と関係性を築く事を目的とした接触方法なのか?
行き当たりばったりの接触を提案する別れさせ屋は、別れさせ屋ではなくても誰にでも出来る工作方法を提案していないか?

方法を提案してもらう前に別れさせ工作を深く知る

別れさせ工作の対象者は人間です。
人間である以上、AIやプログラムの様に決まった動きを確実にする訳ではないので、事前予測は出来ても全ての行動が予測通りに動くという訳ではない事も忘れてはいけません。
対象者の情報を頂き、行動や心理をプロファイリングする事は出来ても、人間に対して完全なる動きの予測や言動予測が出来、全てのシナリオ通りに対象者が動く訳ではありません。
分かり易い物であれば、対象者が風邪を引く、コロナウイルスが発症する、対象者が事故に遭う、といった予測が出来る人間はいないので、風邪には注意しよう!コロナウイルスには注意しよう!!事故には注意しよう!!!という何かが起こるかもしれないものに対して、予防して注意する事は出来ても、注意と予測は異なります。
通勤時のタイミングなどであれば、出勤時間やルートが分かっていれば、ある程度の予測は立ちますが、それであっても対象者が突然の便意を催すなどは推測できるものではありません。
それと同様に、突然何かしら予想外の行動をしたり、言動があったりするのも人間ですから、経験上からある程度の予測を元に別れさせ工作のご提案をさせて頂く事は出来ても、予想外の行動で対象者の心理が動く事も含めて変化を全て推測する事が出来ない事を理解していない別れさせ屋もあるのでご注意下さい。
全ての推測は出来ない以上、別れさせ工作のご依頼前に成功率を数字で表す事は出来ず、「70%以上の成功率があると思います!!」などと、数字で成功率を事前に提示する事が出来ないのも別れさせ工作になります。※参考記事:別れさせ屋の成功率はどうやって計算された数字かご存知ですか?
しかし、別れさせ屋の中には、「絶対に別れさせは成功すると思います!!」といった、別れさせる未来が別れさせ屋に依頼する事で確定しているかの様な説明をする別れさせ屋もあり、別れさせを成功させたい一心で、別れさせる保証を求める依頼者様もいらっしゃいますが、別れさせの保証があるかのように説明したり、具体的な数字で成功率が高いかのように説明する別れさせ屋に関しては一概に騙す目的とは言いませんが、嘘の説明が含まれている可能性が高いので、充分にご注意下さい。
別れさせ工作の成功率は、同じ条件、同じ依頼者様、同じ対象者という条件が存在しない以上、稼働した結果として失敗して0%だったのか、成功して100%だったのか、というものしかなく、稼働する前から成功率を事前に伝える事はないのです。
対象者が人間である以上、依頼前は会った事も話した事もない対象者たちが何を考え、どんな性格なのか?という予測は出来ても、その予測が全て正しい訳ではなく、接触して初めて対象者の性格や性質を別れさせ屋も知る事が出来るので、対象者を知るからこそ提案させて頂く方法も変動する可能性があるのです。
別れさせ工作の方法の提案は、心理誘導で如何に対象者たちの心理を変化させ、表面上は良好な関係の二人の絆にヒビを入れるご提案となるので、対象者の心理を把握していない依頼前の段階から、「浮気をさせれば別れますよ。」といった浮気をするタイプなのかも分からない状態で、浮気をさせるといった具体的な方法を提案する別れさせ屋にもご注意下さい。※参考記事:別れさせ屋がハニートラップの方法しか提案出来なければ依頼は成功しない
情報があった上で、その情報を元に何をするから関係にヒビが入るのか?を見抜き、実行に移せるから別れさせ工作は成功するモノであり、対象者の心理を読み解く技術や、対象者から如何に本音を引き出せるか?は、関係性を築く工作員の技術力の差が別れさせ屋の工作員には求められ、接触する事ではなく、対象者との関係を築ける技術力の差は、面談で別れさせ屋の担当者と接すれば依頼前であっても関係性を築ける人なのか?という判断が出来るので、別れさせ屋を選ぶ時のポイントにもなります。※参考記事:弊社工作員の復縁屋工作や別れさせ屋工作の技術力と他社の工作員の違いとは?
「他社に依頼して接触してもらったけど進みませんでした…」と弊社にご相談頂く形になります。※参考記事:弊社は別れさせ屋や復縁屋の【セカンドオピニオン】としての活用もご利用頂いてます。

別れさせ工作を事前に定めた回数で成功させるのは不可能です。

対象者の行動や言動を推測しても、推測通りには動かないのが人間ですから、推測はあくまでも推測であり、常に収集した情報を上書きして推測を常にアップデートしていくからこそ、結果的に別れさせ工作は成功する方向に進みます。
人間の心理はとても複雑なので、ルーティンを崩して突然何かしらの思い付きで行動する対象者もいますし、全ての行動予測が完璧に行える存在ではないので、調査員や工作員の稼働回数を事前に定めて依頼を請けられるものではありません。
対象者が予測不能の行動をする。という前提の元に別れさせ工作のご依頼を承るのですが、この部分のご理解をされていない依頼者様や、別れさせ屋の中にも理解されていない業者があるので、専門家が行う別れさせ工作ではなく、アルバイトスタッフを活用して稼働するだけの成功の見込みがない状態での素人紛いの別れさせ工作となります。
対象者の行動や心理を掌握するのは神の所業になり、家屋を建てるような動かない物を作る時でさえ何かしらの事情があって工期が遅れる事がありますが、対象者達という人間2人が絡む事なので稼働回数を事前に定める事は出来ないのです。
依頼者様にしてみれば、工期が決まっていれば安心するかもしれませんが、工期を決められないものを工期を決めて契約するシステムに疑問を持てなければ、机上の空論でお互いが納得出来るだけの契約になり、成功させる為というよりも、別れさせ屋も依頼者様もお互いに稼働した事で納得するだけの契約を交わす事になるのです。※参考記事:稼働回数制料金システムの別れさせ屋や復縁屋の【保証】は意味がありません。

10回の稼働を保証する別れさせ屋の提案の一例

1~2回:道端で対象者に女性アルバイトを接触させて連絡先の入手

3~4回:対象者と携帯を借りたお礼を兼ねて食事に誘う

5~6回:食事に行く

7~8回:浮気してる体の写真を撮影する

9~10回:第二対象者に写真を見せる

10回程度の稼働契約で、契約期間を1年間程度の契約となるので、実際に稼働するのは月に1度程度の稼働になります。
月に1度程度の稼働回数になりますが、月に1度稼働するだけの別れさせ工作で浮気をさせる。という前提となれば、対象者が浮気癖がある人物で、好みのタイプに絶対にハマっている女性アルバイトがいなければ失敗する事が分かります。
第二対象者が前提として浮気を許さないタイプでなければ失敗する前提での稼働になりますが、稼働回数の別れさせ屋は依頼者様が分かり易いものをイメージさせなければならないので、失敗を前提としていても失敗を前提だという事を隠して説明しなければなりません。
稼働回数の業者の中には、最初から女性アルバイトを接触させて連絡先を入手する方法を使う別れさせ屋と、調査と称して接触を先延ばしにする別れさせ屋がありますが、どちらにせよ、稼働回数を消費する為の契約となっているので、別れさせ工作の技術向上をさせたスタッフではなく、どんなスタッフにせよ稼働すれば稼働回数を消費出来るので、安く使えるアルバイトスタッフを採用しており、アルバイトスタッフなので別れさせ工作をするというよりも、浮気現場を作り出す工作となるので、1現場で2~3時間程度、1万円~2万円程度の人件費で雇用されるアルバイトが稼働します。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋が口にする『プロなのでお任せ下さい!』の言葉には要注意
1回目の稼働で、対象者に工作員が、「携帯電話を忘れたので貸して下さい。」といった手口で接触し、対象者の連絡先を入手後に、SMSでお礼のメッセージを送り、食事に行く方法を提案する別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋がありますが、この方法は運の要素が強く、携帯電話を借りる為に女性アルバイトが声を掛ける方法なので、行き当たりばったりの別れさせ工作の方法となりますので、素人紛いの別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋が横行しています。

別れさせ工作の一連の流れを理解した上で工作方法についてお考え下さい

別れさせ工作の一連の流れとして、調査⇒工作員が対象者にファーストコンタクト⇒工作員の印象付け⇒連絡先の交換⇒交友関係を深める誘い出し⇒対象者たち2人の関係の聞き出し⇒別れさせの心理誘導⇒対象者の関係のヒビ入れ⇒別れさせを後押し⇒別れさせ成功という流れとなります。
別れさせ工作の成功までの流れとして大まかな段階をクリアしていきますが、実際の稼働に段階毎に1稼働で済まないものがあるので、少なくとも3~4回程度稼働したところで、別れさせに至る事はありません。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

  • 対象者との接触ポイントを判明させるのに1稼働
  • 対象者へのファーストコンタクトで1稼働
  • 対象者と工作員が人間関係を構築する為に1稼働
  • 会話の流れの中で連絡先を交換する為に1稼働
  • 対象者との人間関係を構築するのに1稼働
  • 別れさせる要因を聞き出す為に1稼働
  • 聞き出した情報を元に工作員が心理誘導を行うのに1稼働
  • 対象者たちの関係にヒビ入れをする為に1稼働
  • 別れさせの後押しに1稼働

何もトラブルなく1稼働で全て上手くいくなら、上記項目通りであれば9回の稼働があれば別れさせ工作は成功しますが、対象者と工作員が人間関係を構築するにあたって、1稼働で足りるのか?を考えて頂く際に、初めて出会った人と当日は仲の良い関係を構築出来ても、翌日以降も継続して仲の良い関係になる事が出来るのか?という点で、稼働回数を定めて稼働しても成功しないであろう事が分かると思います。
対象者との関係性を築くのに、何回稼働すれば関係を構築出来るのか?は、事前に予測出来る事ではないので、別れさせ工作の一連の流れをご理解頂けると、別れさせ工作を成功させようとする別れさせ屋なのか、そうではない別れさせ屋なのか?の判断が出来る様になります。

対象者と接触する場所はもちろん大切です。

別れさせ工作では、対象者と工作員が接触するポイントを判明させる調査が必要になりますし、接触させる場所の情報をお持ちの依頼者様もいらっしゃいます。
スポーツジムやBARのような場所なら簡単に接触出来るのでは?とお考えになる依頼者様は多いのですが、スポーツジムで真剣にトレーニングをしている対象者に工作員を接触させようとしても、トレーニングの邪魔になってしまうので、工作員のファーストコンタクトは失敗になります。
失敗を逆手に取る方法もありますが、失敗せずにファーストコンタクトを取らなければならないので、場所が分かるから工作員を派遣して接触させられる。というものではありません。
ファーストコンタクトの接触はとても大切なので、依頼者様から頂いた情報で接触できるか?を確認するのも別れさせ工作にはとても大切であり、調査をして確認するからこそ、場所は特定出来てもどんな方法で接触させれば良いか?が分かるようになり、情報が不足したままの状態で工作員を対象者と接触させようとすれば不自然な形での接触となるので、その後の別れさせ工作が頓挫してしまう可能性があります。※参考記事:別れさせ屋が工作員の接触する方法から成功するまでの手口を全部教えます。

路上で対象者と接触しても別れさせ工作は…!?

情報も無く、調査をせずに路上で対象者と接触するのは、女性工作員を活用しなければならず、男性工作員を活用して、対象者に接触させようとしても、対象者が男性であっても女性であってもナンパのような形になるので、警戒心を抱かれてしまいます。
ナンパをして100発100中という存在はいないので、路上での接触は少しでも確率を上げるなら女性工作員を活用する以外にありませんが、路上での接触はとても成功率が低いものとなるので、その先の別れさせ工作を考えた際に、あまりお勧めできるものではありません。

職場での接触する方法なら別れさせ工作の行方は…!?

お店や会社といった対象者が勤めている職場に工作員を出向させて接触する方法は、対象者も仕事として工作員に接客するので、お客さんと就業する立場を利用して人間関係を構築出来るので、印象を残せるファーストコンタクトとなります。
立場を利用して工作員が対象者に接触するのは、別れさせ工作に於いて当然取るべき方法であり、職場がお店などの接客業ではない場合、会社への接触はBtoB(Business to Business)を装い、法人会社を利用して、ビジネスの話しから人間関係を構築する方法も用いられます。
対象者が内勤の事務仕事等を行っている場合、利用出来ないデメリットもあるので、対象者の勤務場所や勤務状況によって、職場での接触は難しい。というデメリットもあります。

行きつけの飲食店等のお店で対象者と接触する方法の場合

飲食店などの対象者の行きつけのお店で対象者と接触する場合、そのお店の状況にもよって接触し易いお店と接触し辛いお店があります。
例えば、スターバックスコーヒーの様なカフェに行きつけであった場合に、対象者に注文したドリンクをわざと掛けてしまい、クリーニング代などのお金を払う形でファーストコンタクトを取ろうとする接触方法を提案する別れさせ屋がありますが、わざと水を溢したり、アイスをくっ付けるなどで悪い印象を与えるような接触方法では、対象者と接触しても良い印象を持たれないので、別れさせ工作がファーストコンタクトの段階で失敗に終わってしまう可能性があります。
飲食店の様なお店ならどこでも接触自体は出来ますが、接触する事が目的ではないので、接触した先の事を想定した上で接触するには飲食店の種類によって可能な場所と不可能な場所が分かれます。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の【ターゲットの情報】について

対象者と人間関係を構築する方法も対象者に合せて行います。

対象者は一人の人間なので、人それぞれに思う事、考える事は異なります。
人それぞれに思う事、考える事が異なるので、対象者と接するからこそ分かる事があり、対象者に接するからこそ工作員は対象者に合わせてアドリブに近い形で別れさせ工作を進めなければなりません。
別れさせ屋のホームページには多数の成功事例が書かれていますが、一人として同じ人間がいない以上、過去の成功事例は他の依頼者様に確実に当て嵌まる。というものではありません。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例や失敗事例
過去の成功事例は似たような成功事例があっても、単純にどんな形で接触して、どの様に浮気する形になったのか?という恋愛の形も人それぞれによって異なる事から、全く同じ成功事例というものは存在しない事をご注意下さい。
趣味嗜好が合うから対象者と関係を構築出来る訳でもなく、考え方や接し方など様々な要因で判断されて対象者は工作員に少しづつ心を開いていく形になります。
心を開かせる為には、素性が分からない人物ではなく、素性が分かり、警戒されない人物が適任であり、警戒されない段階を越えた後に対象者は工作員を値踏みする形を取り、心を開いていくので、対象者の性格や性質などに合わせて工作員がアドリブ対応出来なければ別れさせ工作の方法は失敗に終わります。
人間関係を構築せずに、対象者と距離を詰めようと、別れさせ屋のシナリオに乗せようとしても、対象者にその気がなければシナリオに乗らないので、状況に合わせて別れさせ工作の工作員は関係を構築していかなければなりません。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の業者選びを成功させる為の17のポイント

心理誘導も対象者次第で変わらなければならない。

別れさせ工作の心理誘導は、どんな対象者であっても同じ心理誘導の方法で成功する訳ではありません。
対象者と工作員が人間関係を構築した前提があり、対象者の性格や性質を把握した工作員が、別れさせ屋が描いたシナリオに沿って対象者に充てていくものであり、対象者が工作員を味方として捉え、工作員の話しに聞く耳を持ってもらえる関係になるからこそ心理誘導が行えるものであり、対象者次第で心理誘導を進める方向性も変えていかなければなりません。
心理誘導の方法は、工作員が対象者に何かの言葉を伝えるから、対象者の心が突然動くというものではなく、対象者の心を動かす為の予備誘導を含む会話などがあり、対象者の心理状態を別れさせる方向に誘導していけます。
その為、予備誘導などの工作を行う為には、対象者から聞き出す情報が必要になり、対象者から聞き出す情報を元に予備誘導を行い、会話による心理誘導を進めていきます。
予備誘導を行う際も、対象者は何がキッカケで別れを意識するのか?を対象者から聞き出した情報を元に行いますが、その情報は対象者によって全く異なるので、異なる情報を元に別れさせ工作を進める以上、心理誘導は対象者次第で変わらなければならず、誰に対しても同じ方法(ハニートラップなどの浮気をさせる方法)しか提案出来ない別れさせ屋では心理誘導を行う事が出来ないのです。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行う対象者の心理を誘導する方法。

会話の中から対象者達の関係を聞き出す事も求められます。

対象者と接触すると、最初はお互いの素性が分かる自己紹介の様な形から入り、お互いの事を深く知る為の会話に発展していきます。
会話が発展する事で、対象者の性格や性質を見抜き、重要な情報は対象者から抜き出していく事で対象者達の関係性を調査で見ていた関係性とは別の角度から確認する必要があります。
接触前に確認しておく対象者達の関係性と、接触後に本人達から聞き出す情報は異なるので、対象者たちから聞いた情報を集め、調査で得た情報と合わせてプロファイリングし、別れさせ工作を完結させる為の心理誘導を進めます。
対象者とのコミュニケーションを取る過程で、人間関係を築けていなければ、嘘の情報を出されてしまっても、その情報を鵜呑みにしなければならなくなり、嘘の情報を流されても、関係性が出来上がっていれば、その嘘を見破る事も出来るので、真実がどこにあるか?を調べながら情報収集が行われます。

無理な情報の引き出し方はご法度です。

別れさせ工作を進める為に無理な情報の引き出し方をしようとして、会話の流れを遮って、工作員が聞き出したい事に焦点を充てたコミュニケーションの取り方をすれば、対象者に不自然さを感じさせてしまい、別れさせ工作は失敗に終わるどころか依頼者様が疑われる事もあります。
別れさせ工作を進めるにあたって、依頼者様との関係を疑われるのはご法度なので、依頼者様との関係を疑われない為にも、対象者から無理な情報の引き出し方をするのではなく、様々な会話の中に欲しい情報を抜き出す会話を織り込みながら情報を抜き出すように進めなければなりません。※参考記事:別れさせ屋に依頼した事がバレた方からの相談が増えてきました。

別れさせ工作の方法は無限にある。という事をご存知ですか?

別れさせ工作の方法は、対象者によって異なるので、方法は対象者の数だけ無ければなりません。
対象者が同じ人物で、同じ状況なら成功する方法が一つだけあれば問題ありませんが、対象者はどんな考え方をして、どんな状況なのか、第二対象者との関係は対等なのか、どちらかが上の立場であり、どちらかが下の立場なのか、などでも方法を変えなければなりませんし、性別、年齢などでも、工作方法をカスタマイズして進めていかなければ別れさせ工作が成功する事はありません。
対象者によって何をすれば良いか?が異なり、対象者に合わせてプランを汲まなければならないので、情報があれば情報をプロファイリングし、プロファイリングした情報を元に別れさせ工作を進めますが、情報がなければ情報を収集する事から始めなければなりません。
別れさせ工作に必要な情報は、方法によっても異なりますし、どの方法が一番精度の高い成功率の高い別れさせ工作の方法なのか?を検証した上で実行に移すから成功率が上がります。
「浮気をさせましょう!!」といった、たった一つだけの別れさせ工作の方法を提案するだけの別れさせ屋では成功率が低い理由は、対象者に合わせた別れさせ工作の方法ではなく、別れさせ屋の提案した方法に対象者を合わせさせようとするので成功率が上がりません。
別れさせ工作の方法を一つだけに定めて依頼してしまうと、不自然な接触や不自然な出来事を対象者に与えてしまいますので、失敗して他社乗り換えが難しい状況になるケースももちろんあります。※参考記事:【無限にある工作方法】を使うから成功率の高い別れさせ屋工作を提案出来ます。

依頼者様と別れさせ屋が細かく打ち合わせするから成功に至ります。

別れさせ工作は、対象者によって方法を少しづつ変動させながら進めていかなければならないので、依頼者様との打ち合わせは必須になり、別れさせ屋に依頼して、放置していれば別れさせ工作を成功させてくれるものではありません。
依頼者様が新たな情報を得てもらった時には、新たな情報を更に積み重ね、別れさせ屋が調査や工作で得た情報と合わせながら常に打ち合わせを進めていくからこそ、対象者に合わせた別れさせ工作を進められます。
依頼後に「忙しい。」などの理由で連絡が取れなくなる別れさせ屋もありますが、依頼者様との打ち合わせも含めて依頼をしているのですから、忙しいからといって時間を割いてもらえない別れさせ屋では打ち合わせの時間を作る事も出来ないので成功する事はありません。
対象者から聞き出した事を依頼者様に報告し、依頼者様と別れさせ屋が情報共有をするので対象者の動きを更に絞れて稼働出来るようになります。
稼働回数制の別れさせ屋では、依頼後の打ち合わせの頻度が少ないので、根拠のない稼働を行い、実りの無い調査や工作の報告が来るので、回数を消費させるだけの契約となるのです。
別れさせ工作の案件によっては、依頼者様が対象者の一人と関係を持っているので、依頼者様にも動きを付けてもらい、依頼者様と別れさせ屋側から別れるように仕向けられるので成功率を上げる事にも繋がります。
その為、依頼者様との打ち合わせはマストであり、細かい打ち合わせが出来なければ協力関係が結べない事から、別れさせ屋に依頼すると打ち合わせの頻度が多いので、依頼者様にも忙しくなって頂く形になります。

心理誘導の方法を接触前に【細かく】は説明出来ません。

経験豊富な別れさせ屋であっても、対象者と対面した際に、会話の流れを全て読む事は出来ません。
会話は作るものであり、対象者から出て来る言葉の全てを推測して工作員は接触するのではなく、工作員が発した言葉を対象者がどんな捉え方をして、どんな返答が来るか?によって変わるので、事前にシナリオを全て決めて別れさせ工作を進める事は出来ません。
対象者と工作員が接触しても、その日のコンディションで対象者の機嫌も変わり、機嫌が変われば言葉も変わるのが人間ですから、対象者も人間である以上、ある程度の会話の予測は出来ますし、対象者に与える言葉を用意する事は出来ますが、確実にシナリオ通りに動かないのも対象者であり、対象者と接触する際は、アドリブでの会話に近くなり、時間も何時間接触するか?を決める事も出来ません。
何時間対象者と一緒に過ごすかも事前に決めず、対象者の状況によって合わせていくからこそ、対象者との関係を深める事になり、対象者との関係を深めるので心理誘導を行う為の布石にも繋がります。
工作員側が時間を決めて、話す事も決めてしまえば、対象者が工作員との関係を深めようとはしないので、対象者と工作員の関係を深める為にも、事前に全てのシナリオを作って心理誘導を進めていくのは実質不可能となります。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の方法を超能力のような認識をしている依頼者様の参考に

工作方法と料金のどちらを重視して別れさせ屋を選べばいいか分かりますよね?

別れさせ工作の方法と、別れさせ屋に依頼する時の料金・費用のどちらを重視して別れさせ屋を選べばいいか?は、料金・費用よりも工作方法であるとご理解されている方はとても多いのですが、別れさせ屋を選ぶ際に料金・費用を優先して別れさせ屋に依頼してしまう依頼者様も少なくありません。※参考記事:別れさせ屋に依頼する料金・費用が高い!安い!と感じる価値観の違いについて
料金・費用で別れさせ屋を選ぶと、コストパフォーマンスを考えてしまい、何回稼働してくれるのか?など、稼働回数を考えてしまい、少しでも稼働回数を多く契約出来る料金・費用が安い別れさせ屋に依頼してしまいます。
稼働回数が多ければ別れさせ工作が成功するモノではなく、何をするから別れさせ工作が成功するか?を考えて頂くと、量よりも質を重視した別れさせ工作の方法を提案してくれる別れさせ屋に依頼しなければ依頼した事が無意味になってしまう事に気付いて頂けます。
質を重視した別れさせ工作の方法を提案され、実行に移してもらえる別れさせ屋なのか、予算を重視した予算内での別れさせ工作の方法を実行に移す別れさせ屋なのか、料金・費用が高ければ良い訳ではありませんし、料金・費用が安ければ安かろう悪かろうではありませんが、どれだけの人員を活用して別れさせ工作を成功させようとするか?という工作方法に拘った別れさせ屋選びが出来なければ、大切なお金を使って、何も得られず終わってしまった…という事になりますので、十分に別れさせ屋を選定してご依頼頂くよう心掛けて下さい。※参考記事:安い料金の別れさせ屋で費用を抑えて高い工作成功率も求めるなら

対象者の情報が少ない依頼者様でも別れさせ工作の依頼は可能です。

依頼者様の中には、対象者の情報が少なく、対象者の名前も住所も分からない…といった状況でご依頼頂く方もいらっしゃいます。
対象者がどこにいるか分からない状態では、対象者を特定する事から始める別れさせ工作の方法がありますし、対象者の個人情報を抜き取るのも対象者を探し出して工作員を接触させれば分かる事でもあります。
調査能力が低い別れさせ屋には、対象者の特定が難しい事もありますが、別れさせ屋は探偵業なので対象者が分からない場合は、まずは対象者を特定する調査も承ります。※参考記事:張り込み、尾行、聞き込み調査の技術力の差が探偵よりも別れさせ屋の方が高いのです。

別れさせ屋に依頼すれば情報を取得できる情報

氏名
生年月日
住所
携帯番号
勤務先

対象者の個人情報があれば、対象者の接触ポイントの特定から始められますが、対象者の個人情報が無ければ対象者の特定から始めなければなりません。
対象者の情報があればあるほど、調査する時間を削る事も出来、別れさせ工作への取り組みを早目に進める事にもなります。※参考記事:工作成功率が高い業者の選び方を間違っていませんか?

別れさせ屋に依頼する前に注意して頂きたい事

別れさせ屋に依頼する前に注意して頂きたい事は、別れさせ屋の中には悪質業者が多く、出来ない事を「出来ます!!」と伝える別れさせ屋や、依頼する前の着手金を入金するまでは対応が優しかったものが、着手金を入金した途端に態度が急変したり、担当者が退職する。といった手口を使う別れさせ屋も存在します。
法人・個人の別れさせ屋がありますが、株式会社の別れさせ屋なら、安心出来る!!というものではなく、過去には株式会社の別れさせ屋がアルバイトスタッフを採用し、対象者の自宅に不法侵入して泥棒をする工作方法を提案していた事が発覚した別れさせ屋も存在します。※参考記事:別れさせ屋のアルバイトが窃盗罪で逮捕された事件について
法人登記をしていないのに、資本金をホームページに掲載していたり、追加料金の請求が止まらない別れさせ屋、殺人事件を起こした別れさせ屋など、悪質業者もあり、依頼後に連絡が取れなくなったり、虚偽の報告をしたりと、詐欺紛いの事をする別れさせ屋は少なくないのでご注意下さい。※参考記事:優良な別れさせ屋や復縁屋の判断基準とは?別れさせ屋や復縁屋のホームページに書いてある事の真偽
個人経営している別れさせ屋の中には、個人経営で一人で運営しているにも関わらず、調査員や工作員が多数在籍しているかの様に説明する別れさせ屋もあり、別れさせ屋のホームページに、代表者の氏名や、探偵業の認可番号が記載されていない別れさせ屋や、ホームページの住所に一戸建てではないのに部屋番号を記載しない別れさせ屋もあり、トラブルになった際に会社を潰して逃げる別れさせ屋も存在します。
悪質業者に依頼したが為に、お金を失い何も得られずに終わった依頼者様も少なくありません。
高額の料金をお支払いしても、別れさせ工作を進める気が全く無さそうな調査しかせず、心理誘導どころか接触もせず稼働して対象者が外出しなかった…という報告だけが来る別れさせ屋も少なくありません。
悪質業者の中には、依頼者様を騙す目的でランキングサイトを自作し、Twitterなどで元工作員などを名乗って、特定の別れさせ屋に誘導するアカウントを作る業者、オープンチャットなどで、自社に誘導する為の自作自演を繰り返す業者もありますが、景品表示法違反を繰り返して集客する事ばかりを行っている別れさせ屋も存在します。※参考記事:悪質な別れさせ屋や復縁屋の詐欺会社にはご注意下さい。

面談をしたら一度持ち帰って良くご検討してから契約を交わしましょう。

別れさせ屋と面談する際にご注意頂きたいのは、面談で契約を促されたとしても、一旦その場は持ち帰り、別れさせ工作の方法について冷静な状態で精査してから契約するようにご注意下さい。
面談は、面談をしたから契約しなければならないものではなく、電話相談やメール、ラインを使って相談する際に契約を前提とした面談を求められる事がありますが、面談=契約を仄めかす別れさせ屋は、契約をする為の面談を行いますが、本来面談をする意味は、どんな情報をお持なのか?を確認し、状況を正確に分析する為のものであり、状況を分析し、別れさせ工作の方法を提案する為のものになるので、面談をしたから契約しなければならないものではありません。
複数の別れさせ屋と面談し、どの別れさせ屋が一番成功率が高い方法を提案しているか?を確認し、比較をして一番成功率の高い別れさせ屋に依頼する事をお勧めします。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋に依頼前に複数の探偵社を相見積もりして工作料金を比較する手間を省かない様に!
別れさせ屋の中には、「今月あと一人しか依頼を請けないので、今日契約しなければ次に相談を頂いても依頼を請けられない可能性があります。」といった手口で契約を強要させようとする別れさせ屋もありますが、契約をする、契約をしない、という判断は依頼者様が判断するモノですから、契約を前提とした面談を強要されるケースは、面談を断るのも一つの方法としてあります。
「クーリングオフ制度があるので、今日契約書だけを書いてしまいましょう!!」と言いながらも、契約書を交わした途端にクーリングオフ制度を無効にする別れさせ屋もあり、依頼者様の財産を様々な手口で狙う悪質業者は多いので、別れさせ屋と契約する際は十分に注意が必要になります。※参考記事:クーリングオフ等の説明を契約前に平気で嘘を吐く悪質な別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。
面談は契約を強要するものではなく、別れさせ工作の方法を提案する為の時間ですから、面談をしても必ずその場で契約書にサインするのではなく、一度持ち帰って冷静に判断する必要があります。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事
別れさせ工作の方法を説明され、方法を吟味せずに契約して、契約前は返金制度について説明を受けていたにも関わらず、契約後には返金に応じてもらえない…といった被害も多発しているので、別れさせ屋との契約には慎重になり過ぎる。といった事はないので、慎重に依頼を検討して下さい。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の【口コミの悪評】が事実なのかを確認したいならご相談下さい。

別れさせ工作の方法で違法行為は行いません。

別れさせ屋の中には、違法行為を行って別れさせる方法を提案する別れさせ屋もあり、対象者の自宅に侵入して大麻を自宅に置き、通報して刑事事件を起こし、別れさせる。といった別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋も存在します。
こういった違法な別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋に依頼すると、依頼者様も共同正犯となり、逮捕される可能性があり、別れさせ屋に依頼する事で人生を棒に振ってしまう依頼者様も存在します。
大麻を対象者宅に置くという別れさせ工作の方法を提案する別れさせ屋に依頼するという事は、大麻の入手先がある別れさせ屋となり、反社会勢力との繋がりがある別れさせ屋とも言い換えられます。
反社会勢力との繋がりを持つ別れさせ屋は過去に不法侵入を行ったスタッフを採用していた事から実際に存在するのですが、一般的な別れさせ屋は探偵業の認可を得て運営しているので、違法行為の協力や、反社会勢力からのご依頼を承れません。
別れさせ工作の方法は、違法行為を行うものではなく、合法の範囲で別れさせる方法を提案するモノなので、依頼者様からの違法行為の提案にも別れさせ屋が応じる事は出来かねます。

別れさせ屋への相談は一人で出来ない方が問い合わせるものです。

別れさせ屋への相談は、一人では出来ない事を専門家の知識や経験を借りて実行に移すものであり、一人で解決出来ない問題だからこそ、解決出来る方法をご提案させて頂く為の相談になります。
その為、別れさせ屋も人間ですから、別れさせ屋であっても必ず別れさせる事が出来るものでなく、出来ない事は出来ない。とお伝えさせて頂くのが別れさせ屋になります。
別れさせる事によって、依頼者様の想いを遂げる為のものであり、別れさせなければ依頼者様の日常生活に支障を来たすなど、依頼者様が一人では出来ない事を協力するパートナーが別れさせ屋になります。
対象者と依頼者様が接点を持っていても、別れてくれない…都合の良い関係のまま終わっている…本命の恋人の存在が邪魔で本命に格上げ出来ない…など、様々な理由があり、別れさせ屋をご利用頂く方々は、一人の力ではどうにも出来ない事を専門家の力を借りて解決させる。といった病気になったら病院に掛かり、医療の専門家から治療法を聞き、手術を実行する事と変わりません。
一人では解決出来ない問題を、別れさせ屋の協力があれば解決出来るかもしれない…というケースはとても沢山あるので、別れさせをご検討の際は一度ご相談頂ければ、詳しい別れさせの方法についてご提案させて頂けます。※参考記事:抱えている悩みをご依頼頂いて明るい未来を掴みたい方へ