別れたい時に別れる方法や誰かに相談する所が欲しいと悩む人は少なくありません。

別れさせ屋には別れさせたい人だけではなく別れたい人も多数相談を頂きます。

別れたい、離婚したい。

新型コロナの影響で離婚率も上がり、家庭内、恋人内で悩みを抱えている方々が少なくありません。

一昔前と違い、現代は離婚する夫婦は3組の内1組は離婚しているという統計があります。

コミュニケーションの取り方も時代とともに変わり、関係の深いもの同士の間で距離を近付け過ぎてしまう方々も多く、親しき仲にも礼儀ありという言葉を超えてしまい不快感を感じ、別れたい、離婚したい。との思いを持ってしまう相談者は後を絶ちません。

別れたい、離婚したいの悩みを抱えている方々はどうやって別れるのか?どうやって離婚するのか?について考えて頂く参考にして頂ければと思います。

ご存じですか?別れたいなら別れる方法は沢山あります。

別れたいなら別れる方法は沢山あり、別れさせ屋は別れる方法を提案する探偵会社になります。

  • 離婚したい
  • 別れたい

言葉で伝えれば簡単な事でも結果、別れてもらえない、離婚してもらえない、と悩む必要はないのです。

『別れたい』と伝えても聞き入れてもらえないのは何故だと思いますか?

『離婚したい』と伝えても離婚に進まないのは何故だと思いますか?

【何故】を解明すれば【何故】を解決させる方法に辿り着き、辿り着いた方法を実行に移せば別れる事や離婚する事に繋がるのです。

別れさせ屋は別れの専門家でもあり、別れさせる為、別れる為の方法を提案して実行します。

離婚したい、別れたいでお悩みなら別れさせ屋へのご相談もご検討下さい。

別れたいから別れさせ屋が提案する方法とは?

別れたいから別れさせ屋が提案する方法は対象者に合わせた方法になります。

何が別れない為に固執している理由なのか?を調べれば対象者が別れない理由が分かります。

対象者が別れない理由を調べて別れない理由を覆す方法が別れさせ屋が提案する方法になります。

離婚したい。別れたい。実は厄介な問題だという事にお気づきですか?

離婚したい、別れたい。という悩みを軽々しく考える方は多く、離婚したい、別れたいの悩みを相談しても『別れれば良いんじゃない?』と親身になってもらえず、軽々しく考える方はとても多いのです。

DV、モラハラ、浮気、不倫、別れたい理由は様々あり、別れたいと口にしても別れてくれないパートナーは少なくありません。

何故別れてくれないのか?を考えずに別れようとしても関係は拗れてしまい、相手の気持ちや相手の言い分も聞かずに別れる様に行動すれば反感を買います。

人間は反感を買えば反感をどうにかする為に行動に移します。

相手の言い分、自分の言い分が平行線になった時、平行線を打破しようとする行動に移る事もあり、平行線のままお互いに疲弊していき、疲弊した後に出てくるのはどちらかの都合の良い結果になる為、別れ話の拗れが現代ではストーカー、リベンジポルノ等、様々な事件に発展する事も少なくありません。

別れたいという問題を単純に考えれば後々に禍根を残します。

禍根を残した状態で関係が破綻した後に事件化してしまえば人生を終わらせてしまう事もあります。

過去のストーカー問題やリベンジポルノの事件を教訓に別れたいという状況を簡単に考えないようにして下さい。

別れたい時に取るべき方法は?何をしたら別れられる?

別れたい時に取るべき方法は離婚したい時も同様です。

パートナーが何に対して執着して別れないのか?

それが分かれば別れ話の拗れを改善させる事は可能なのです。

嫌われるための行動をして別れたい気持ちを叶えようとする人がいますが、露骨に嫌われる行動をすれば火に油を注ぐ事にも繋がりかねません。

別れる為にはパートナーの心理を読み解く事と別れる準備をバレずに進めていく事が重要です。

既成事実を作り、別れなければならない状況を作っていくのが別れたい時に取るべき行動になり、別れなければならない状況作りをサポートするのは別れさせ屋が用いる方法です。

別れたいから弁護士を突然入れて逃げる形を取る方もいますが、何もなく突然の失踪をし、弁護士から連絡が来れば別れ話は拗れ、調停、裁判と気持ちを擦り減らしてしまいます。

別れたいならやるべき事は着実に別れる意思を見せながら決定的に別れなければならないものを与える方法が一番適しています。

別れたいなら正当な理由を事前に作りましょう

別れたいなら正当な理由を作り、パートナーが何を言っても覆せない為の下準備が必要です。

例えば離婚したいなら離婚理由には下記のモノが挙げられます。

  • 浮気、不倫(不貞行為)
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

恋人と夫婦では別れたい正当な理由は異なりますが別れたいなら何も言えない状況作りをしましょう。

正当な理由を作って別れたいを叶える下準備が整ったなら?

正当な理由を作り、パートナーが何を言っても覆せない理由を作り出したら第三者に協力を要請し、話をする場を設けましょう。

一方的に別れを切り出すのではなく相談者という形で話し合いの場を設け、第三者が間に入った以上、パートナーとの接触を禁止する流れで話をしていきましょう。

客観的に状況を判断してくれる完全なる中立ではなく要所要所でパートナーを責めて別れたいと言われるのはパートナーのせいでもあるという認識を与えられる人物が第三者として好ましくなります。

別れたいから弁護士に頼る事と別れさせ屋に頼るのはどちらが有効?

別れたい時に弁護士に頼る考えと別れさせ屋に頼る考えのどちらが有効か?という質問をよく頂きますが、弁護士は法律を駆使して別れる様に仕向けてくれるのではなく、法律を元に対応してくれるものになるので別れさせ屋と弁護士では根本的に対応の仕方が異なります。

弁護士は代理人として参入したので代理人を通して連絡させる様にパートナーに伝えますが、パートナーがそれを守るとは限りません。

パートナーが『自分たちの問題に弁護士を入れるなんて!!!』と怒りの火に油を注ぐ事にもなりかねませんし、そうなった時の弁護士の対応は『何度も注意したんですけどね…』の一言で終わります。

法律上で関係を持つなと伝える事と気持ちの面で関係を持つなというのは根本的に異なります。

例えばDVをするパートナーは元々傷害という法律を無視した事をしているので法律は通じません。

別れさせ屋は法律を無視するパートナーとの別れを自然な形で別れさせる様に仕向ける為、法律で別れさせるのではなく気持ちで別れさせる様に仕向けるのです。

本当に別れたい!!!と考える人にはどちらが有効か?はご理解頂けるかと思います。

別れさせ屋と弁護士のどちらが先に離婚出来るのか?

弁護士は伴侶と離婚の交渉をしてくれますが別れさせ屋は交渉事は法律上出来ません。

伴侶が離婚に前向きなら交渉次第で別れさせ屋よりも早く離婚に応じてくれます。

しかし、伴侶が離婚に前向きではない場合、弁護士を介入させても時間は掛かります。

状況によって別れさせ屋の方が早い時と弁護士の方が早い時がありますので使い分けは状況次第になります。

DVをする恋人に『別れたい』と言えないけど本心は別れたい

DVをする恋人から暴力の恐怖を植え付けられてしまい、直接『別れたい』と伝えたいけれど暴力を振るわれるかもしれない…と考えて『別れたい』と言えない悩みを抱えている人は少なくありません。

暴力の恐怖が体に染み込んだ時に『別れたい』と言えば何をされるか?の想像が出来てしまい、想像がそのまま暴力で支配された脳を刺激し体が強張り『別れたい』と言えなくなります。

DV被害を受けている人がとても悩む問題が別れたいけど別れられない、このままの状態が続けば将来が不安になり、打開策もない為、『生きている意味がないんじゃないか?』と自分を責める様な考えになってしまいます。

怯えた生活は恐怖から正常な思考が出来なくなります。

正常な思考が出来ないから悪い方向悪い方向に考えてしまいます。

『別れたい』と考えても別れられない負のスパイラルから抜け出す為には第三者の協力が必要になり、自分では解決出来ない状況に陥っているのです。

DV被害者の精神状態は正常ではありません。

DV被害者の精神状態は正常な思考が出来ず、恐怖に駆られている為、正常ではありません。

正常な人は『別れたい!って言えば良いんじゃないの?』と軽々しく言葉に出しますが、それが出来ない程追い詰められているのがDV被害者の精神状態になります。

DVから別れるには?立ち向かう事が出来るのか?

DV被害者が別れる為に恋人、又は夫(妻)に立ち向かい、別れようとしても本人を目の前にすると体が硬直してしまい緊張から声が出なくなります。

恐怖心に立ち向かえる勇気があればDV被害で悩みません。

暴力の恐怖に対する理解が乏しい人は立ち向かう事を進めますが、良い結果に進むことはありません。

DV加害者と別れる最良の選択肢は別れさせ屋に頼る事

DV加害者と別れる最良の選択肢は別れさせ屋に頼り、自然な流れで別れる形を取るのが最良の選択肢になります。

シェルター等に逃げる選択肢もありますが、DV加害者の怒りを買った時は何をされるか分かりません。

後々の事までを考えた上で身の危険を感じるなら第三者の協力は必要不可欠になりますが、協力してもらう部分を逃げて忘れてもらうか立ち向かってキレイに別れるかの別れ方にこだわらなければ先々の不安を残す形になります。

離婚したいなら離婚する方法を検討する前にやるべき事

離婚したいなら離婚する方法を何度も考えていると思います。

なぜ離婚に応じてくれないのか?

なぜ愛情がなくなっている事を悟ってくれないのか?

離婚したいけど離婚に応じてくれない時は離婚に応じてくれない理由を考えるのが基本です。

問題を解決させる為には問題の根源となる部分を探し、根源を改善するので問題解決に繋がります。

離婚したい時に離婚する方法を大抵の方は考えますが方法を考えるよりも、まずは何が原因なのか?を知らなくてはなりません。

離婚したい、離婚に応じてくれない、そこに方法を駆使しても方法が適しているか分かりません。

適した方法を用いる為には方法を駆使する前に事前の準備が必要になります。

離婚したいなら必要な下準備には周囲の同意が得られるかも込みで考えて下さい。

離婚したいなら離婚する為の下準備が必要になります。

下準備もなく離婚に向けて進もうとしても結婚は恋人同士とは異なる為、周囲の問題も発生する事も忘れてはいけません。

伴侶が家族に求めるモノは何かを知っておく必要があります。

伴侶が家族に求めるモノが何か?を知っておかなければ離婚に進めるのは難しくなります。

伴侶は何を求めているのか?離婚したくない理由は何か?を知っておくことで対処方法が分かります。

離婚したいからといって強引な方法で離婚しようとするのは禁物

離婚したいからと焦るあまり、強引に離婚の話を進めてしまえば関係が拗れます。

強引に話を進めると抵抗され、協議離婚に進まず調停離婚、離婚裁判まで進んでしまえば何年も離婚できず悩みを抱えなければならなくなります。

婚姻関係は恋人同士とは異なる為、国が結婚を認めてくれた形になり、口約束で結婚生活をしている訳ではありません。

婚姻届けという契約書を国に提出して初めて結婚生活が認められる訳ですから、強引に離婚に進めようとしてもSTOPが掛かります。

離婚したいなら強引な方法で離婚を強要する様な形は絶対に避けましょう。

もしも不倫相手と結婚したいから離婚したいなら不倫がバレないように!

不倫相手と結婚したいから離婚したいという方もいますが、離婚理由が不倫相手との結婚では伴侶はもちろんですが裁判所も誰も離婚を認めてくれません。

不倫している側からの離婚の申し立てをしたところで都合よく離婚出来ないのが結婚生活でもあります。

離婚の基本は相手に落ち度があるから離婚が成立するものであり、自分に落ち度がある状態で離婚したいと口にしても誰にも認められるものではないのです。

不倫相手との結婚を目的とした離婚を考えているなら不倫ばバレれば離婚は出来なくなるものとして考えて下さい。

離婚したい理由がモラハラの時は?

離婚したい理由がモラハラの場合は残念ながら裁判所に認められる事はありません。

共に支えあって生活していく事を約束した末の結婚な訳ですから、『我慢しなさい』と遠回しに言われるのがオチになってしまいます。

離婚したいなら離婚する理由が求められ、モラハラは離婚理由には該当しません。

離婚理由に該当しないモラハラですから離婚理由に該当する他の理由を作り出さなければ離婚したくても出来ません。

離婚したいから離婚理由を積み上げる行動とは?

離婚は第三者が見て夫婦生活を継続させる事は難しいと判断されるから成立するものであり、離婚したいなら離婚理由を積み上げていく事で夫婦生活の破綻を誰が見ても分かりやすくしなければなりません。

その一つが別居生活であり、セックスレス等も離婚理由に該当するものであり、夫婦としての生活が成立していないと第三者が見て納得できる理由を積み上げる行動をしていく事で離婚したい。を叶える行動になります。

但し、離婚理由は自分に落ち度を作る様な離婚理由では第三者が見て夫婦生活を継続させるのは困難だと認識してくれる事はありません。

自分に落ち度がある場合、『反省しなさい。』という言葉を言われるだけで離婚理由には該当しません。

離婚したい時に落ち度を作って離婚を前進させる方法

離婚したい時に伴侶に落ち度を作って離婚を前進させる方法は離婚理由を自然に作る形を作り、疑いを掛けられない様にしなければなりません。

例えばセックスレスの状態を意識して作った時に伴侶から離婚を阻止する行動をとられる事があります。

離婚を前進させる方法は離婚を意識させない様に進めていく事でもあり、着実に離婚する為には不自然な行動はご法度になります。

別居生活、セックスレス、金銭的な理由等、離婚を前進させる方法は着実にバレない様に落ち度を積み重ねる方法でもあります。

離婚したいなら離婚する為の理由を偽装しましょう。

離婚したいけど離婚出来ない方々は離婚する為の理由を正直に話し、『その問題は二人で解決していこう!!』と前向きに考えられてしまい、結局離婚したくても離婚出来ません。

性格の不一致等の理由を伝えたところで、性格の不一致を理解しようと伴侶は行動してくれるだけで、伴侶が出来そうな事を理由としてあげれば離婚に応じてくれません。

離婚したいなら伴侶が出来そうにない事を離婚したい理由とし、婚姻生活の継続が難しい事を認識させなければなりません。

婚姻生活の継続が難しいことを悟らせる事で最愛の人を苦しめるくらいなら身を引く。という方法を使う事で離婚に応じ易くなり、その為には正直に離婚したい理由を伝えるのではなく離婚したい理由を偽装する事で出来ない事は出来ないと認識させられるので離婚に進めます。

早急に別れたいなら別れさせ屋への依頼も検討して下さい。

離婚する方法が分からない。

別れたいけどどうやって切り出せばいいか分からない。

別れたいけど別れられない状況を打破する為に別れさせ屋は別れる方法をご提案させて頂きます。

離婚したい。別れたい。と口で言うのが難しい状況の時もあります。

当事者にしか分からない難しさを解決に向けて方法を提案するのが別れさせ屋になります。

別れたい悩みは簡単に解決できるものではありません。

難しいからこそ専門家に頼るのも一つの手段になります。

早い段階で別れたい…

早急に今抱えている悩みを解決したい…

別れさせ屋は様々な方法を提案し、依頼者様の別れたいを叶える方法をご提案させて頂きます。