別れさせ屋ジースタイル

別れたいけど別れられない依頼者様からのご依頼を大変多く頂きますが、別れたいけど別れられない依頼者様が別れさせ屋以外に相談すると『別れたい!!って言えば良いんだよ。』という言葉や『別れたいなら別れればいいよ。』と軽々しい言葉を使われてしまい、真剣に悩んでいる気持ちが誰にも伝わらずに苦しんでいる依頼者様たちは少なくありません。

別れたいけど別れられない依頼者様の苦しみはカップルで別れたい、夫婦だけど離婚したいという悩みがあり、別れたい理由は依頼者様によって異なりますが、交際している事や婚姻生活を送っている事が苦しく、『別れたい!!!』と言っても別れてもらえない依頼者様は誰かに相談しても愚痴を聞いてもらえるだけの相談になり、婚姻生活がある状態で『離婚したい!!!』とでも言えば『夫婦なんだから我慢しなきゃいけないよ。』と諭されてしまい、婚姻生活が如何に苦痛かを理解してくれる友人はとても少ないのです。

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが推奨され、夫婦でいる時間が増えたり、カップルでは一人の時間を作る事が難しく別れたいと考える依頼者様も急増中であり、夫婦やカップルの関係を解消したい!!と悩んで別れたいけど別れられない依頼者様から別れさせ屋にはご相談頂く事が多いのです。

離婚する夫婦は3組の夫婦の内、1組が離婚しているという統計もあり、カップルに関して言えば夫婦よりも別れる率は高くなるのは予想し易いのですが、お互いに話し合って別れたり、連絡不能になって強制的に別れる事が出来る方々は幸せで、別れたいけど別れられない依頼者様にしてみれば話し合う事も出来ず、別れたいと言えば暴力を振るわれたりモラハラが始まったり、自殺を仄めかされたり別れたいけど別れられない状態に陥り、別れなければ今後の人生も暗いままで別れたい依頼者様の未来は見えなくなるのです。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例や失敗事例

別れたいけど別れられない状況は傍から見れば幸せなカップルであったり幸せな夫婦と見える事もありますが、別れたい依頼者様には周りから見られる姿と別れたいけど別れられない現実とのギャップを感じてしまい、とても苦しい想いをし、体裁を整えている状態と現実の違いで気が狂いそうになるくらいに悩みを抱えている別れたい依頼者様は少なくないのです。

別れたいけど別れられない依頼者様は皆さんがもっと早く別れさせ屋に依頼すれば良かった…と仰るのですが、別れたいなら別れる方法があるとは考えられず、別れたいけど別れられないだろうな…という気持ちの方が強くなり、ダメ元で別れさせ屋に相談する事すら諦めがちです。※参考記事:別れたいけど別れられなかった方々が後腐れなく別れた工作の成功事例集

離婚したい、別れたいという言葉はたった一言ですが、たった一言の想いを叶える為に色々と悩みを抱えている依頼者様は少なくないのです。

別れたいけど別れられないから諦めてしまっているので別れさせ屋に辿り着かない別れたい依頼者様も多いのですが、離婚したいや別れたいと伝えても聞き入れてもらえない理由は別れたい依頼者様が考えている以外に何か理由があるかもしれませんし、そこを解明すればどう対応すれば良いかも分かりますし、別れない理由や別れる状況を作り出せば別れられない状況から脱出出来る可能性も残されているのです。

別れたいけど別れられない状況を打破する為に別れさせ屋が提案する方法は別れたいターゲットがどこに執着して別れさせてくれないのかを判明させ、別れたい理由をターゲット側に作り出す事で別れたいけど別れられない状況から、ターゲットが逆に別れを考えてくれるような状況を作れる事にも繋がり、別れたいけどダメ元で別れさせ屋に相談した結果、別れたい依頼者様は別れられない状況から別れられる状態を手にして明るい未来に進める可能性もあるのです。※参考記事:抱えている悩みを解決して明るい未来を掴みたい方へ

離婚したいや別れたいけど別れられない状況は、別れる、別れないといった簡単なものではなく、別れたい依頼者様にとってみれば味方が何処にもいない状態なので周囲が思っている以上にストレスを抱えている状況だと理解している方はあまりいらっしゃいません。

『別れたいなら別れればいいんじゃない?』といった簡単そうに言葉を周囲の方々が言うのは当事者ではないのでDV、モラハラ、浮気、不倫といった当事者にしか分からない状況に陥っていないので『別れたいなら別れればいいんじゃない?』という軽々しく聞こえてしまう言葉が出てしまうのです。

別れたいけど別れられない依頼者様にしてみれば、友人・知人は悪意があって『別れたいなら別れればいいんじゃない?』という言葉を出している訳ではないと分かっていても現実的にパートナーからやられている事を知らない方々から受ける言葉は別れたい依頼者様には葛藤が出てしまい、友人・知人は悪くないので少しづつ距離を置いてしまう別れたい依頼者様も少なくないのです。

別れたい相手の言い分と別れたい依頼者様の言い分が平行線になった時は、その状況を打破しようとする行動に移る事もあり、別れ話が平行線のままお互いに疲弊していき、どちらかの都合の良い落としどころを作ろうとすると、別れ話の拗れからストーカーやリベンジポルノなどの事件化も考えられてしまうのが別れたいけど別れられない依頼者様の状況であり、友人・知人と疎遠にもなってしまい、頼れるところがなくなっている状態で別れたい依頼者様は疲弊しきってしまう事もあるのです。

別れたい依頼者様が取るべき行動は相手の言いなりになるのではなくキチンと別れたい意思を強く持って相手に伝えなければならないのですが、別れたいと言えば何をされるか分からないという想像をしてしまい、想像を作るのは日常生活から来る経験が頭を過るので強い意志を持って別れたいと言えば…という意識の刷り込みから抜け出さなければならないのです。

別れたいけど別れられない理由は強く別れたいと言えば、相手は更に強く別れない意思を見せて来るので、そこに別れたい依頼者様は負けてしまうところがあるので別れたいけど別れられない状況から抜け出せません。

別れる為には別れたい相手の気持ちを諦めさせるように仕向けなければなりませんし、『別れたいから別れて下さい!!』が通じない以上、別れたい意志を明確にしなければならないのですが、何かされるかもしれない…といった恐怖などがあるので別れたい依頼者様は怖くて切り出せなくなっているのです。

その為、別れたいけど別れられない状況を打破する為には別れさせ屋のような味方を作るしかなく、別れたい依頼者様は味方を作って引かない状況を作る事も別れたいけど別れられない状況から抜け出す方法には求められます。

別れたいけど別れられないなら正当な別れる理由を作り、二人の間で発生した別れたい理由があり、改善の余地がないと判断した旨を伝えられれば話は早いのですが、それが出来ない別れたい依頼者様は苦しみを抱えてしまい、結局のところ、別れたいけど別れられないのは別れる理由があってもそれを伝えられないという点が大きく関与しています。

離婚事由として認められるもの
  • 浮気、不倫(不貞行為)
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと
  • その他婚姻を継続し難い重大な事由

別れる理由があっても別れられないのは最終的には別れたい依頼者様が許してしまうからであり、許さなければならない状況を別れたい相手から作り出されてしまうので別れたい依頼者様は思い悩まなければなりません。

別れる為の正当な理由を作って別れたいけど別れられない状況から抜け出す為に別れる理由を作れば別れられるものではない事を別れたい依頼者様は皆さんが思っている事ですが、別れたいなら別れる下準備は必須であり、別れる為の正当な理由を作らなければなりません。

正当な理由なく一方的に別れたい依頼者様から別れたいと伝えても別れたい相手は応じてくれないケースの方が多く、『話し合いをしよう!』という言葉に負けて話し合いに応じなければならなくなり、話し合いと言う名の強制で別れられなくさせる命令の様なものを受けるのが別れたい依頼者様となってしまいます。

どうしても別れたい相手と別れられず、直接話せば言い包められてしまう…と考えて弁護士に別れたいから依頼する依頼者様もいらっしゃいますが、弁護士に間に入って別れたい旨を伝えてもらっても別れたい相手が弁護士との話し合いに応じず、弁護士を入れた事に腹を立てて報復する別れたい相手もいます。

弁護士を入れて別れようとすると別れたい依頼者様が自分で起こした行動だとバレてしまうので別れたい相手は意地を張って別れなくなる可能性も上がってしまいます。

恋愛は感情で左右するモノであり、法律を行使すれば感情を逆撫でしてしまうのですが、弁護士や弁護士を使う別れたい依頼者様にはそれが分からないで相手を刺激して更に別れづらくなってしまうケースも存在します。

弁護士は別れたい依頼者様の代理人として別れたい相手と話すのですが、代理人になったからといって別れたい相手が弁護士を無視して別れたい依頼者様に怒りをぶつけるケースもあるので、別れたい依頼者様の状況は更に拗れてしまう可能性もあるのです。

例えば、DVをする相手と別れたいけど別れられない時に、相手は傷害という法律を無視した方法で別れたい依頼者様を縛り付けているのですから弁護士を入れて法律を駆使して制御しようとしても弁護士の話しを守らない可能性もあるのです。

別れたい時に法律を駆使して別れたいけど別れられない状況から抜け出すのではなく、感情を利用して別れたいけど別れられない状況を打破する方法を用いるのが別れさせ屋になります。

DVをしてくる恋人や夫(妻)には別れたいと言えない事もあり、弁護士に依頼したり別れたいけど我慢している依頼者様は多く、暴力の恐怖に支配されてしまった脳や体は別れたいという言葉を口にする事も出来なくなり、別れたいけど別れられない状況を我慢する以外に方法が思いつかないケースもあります。※参考記事:別れさせ屋工作のご相談:DVやモラハラが普通だと植え込まれていたFさんから離婚したい

DVをされて恐怖を植え付けられた状態で『別れたい…』と口にすれば何をされるか分からず、別れ話からDVをされてしまうかもしれない…という不安を感じるのは当然であり、暴力を直接振るわれなくてもモラハラを受ける可能性や別れられなかった場合に地獄の様な日々が待っている事が予測出来てしまい、植え付けられた恐怖心から別れたいけど別れられずにいる依頼者様は多く、DV被害に遭っている別れたい依頼者様の中には別れ話を想像するだけでも吐き気を催す程体に支障を来している別れたい依頼者様もいらっしゃいます。

そして、体に染みついた暴力は恐怖心を植え付けられ、未来が視えなくなった状態となり、生きている意味がないんじゃないか?とさえ考えさせてしまう別れたい依頼者様もいらっしゃいます。※参考記事:別れさせ屋工作のご相談:恋人のDVで悩んでいるなら『別れた方が賢明です。』とお伝えさせて頂いています

怯えてた生活から抜け出せず、恐怖心は日々上書きされ、別れたい相手の顔色を窺う様な生活を強いられる為、更に別れ話を切り出せなくなっている別れたい依頼者様もいらっしゃるのです。

DV被害者となっている別れたい依頼者様の精神状態は正常な状態とは言えず、恐怖に苛まれているので冷静な判断も出来ない状態になっているのがDV被害を受けているので別れたい依頼者様になり、正常な判断が出来る状態なら『別れたい!!』と言えるのですが、別れたいと言えない程に追い詰められているので別れたい依頼者様は苦しまれるのです。

DV被害者の別れたい依頼者様が別れるには恋人、夫(妻)に立ち向かい、別れたい事を胸を張って伝えれば良いのですが、植え付けられた恐怖心から体が硬直してしまい、別れたい相手と対峙する恐怖から喉がカラカラになり、別れたいの一言を出せなくなってしまうのが別れたい依頼者様になるのです。

DV加害者に立ち向かえる勇気やメンタルがあれば悩む必要もないのですが、DV被害を受けて別れたいけど別れられない依頼者様は長年のDV被害からメンタルを削られ、勇気を持てなくなっているのです。

暴力という物理的な痛みを長年与え続けられる別れたい依頼者様は救われるビジョンを見る事が出来ず、別れたい!!の一言を出せなくなるのです。

DV加害者と別れたいけど別れられない依頼者様が出来る事は一人でこの問題を解決しようとするのではなく、ましてや我慢してやり過ごそうとするべきではありません。

DV加害者と別れたいなら別れる為にやれる事をしなければなりませんし、やれる事とは自分で全てを抱えようとするのではなく誰かに頼らなければならない事に気付かなければならないのです。

DVは立派な傷害であり、傷害をDVという言葉で濁しているので犯罪被害者という意識も犯罪加害者という意識も薄いのがDVが表面化されづらい理由にもなるのです。

常にDV被害を受けているのでDVに対する感覚が麻痺してしまい、感覚が鈍るので別れたいけど別れられない状況にも陥ってしまうのです。

DVをする相手と本当に別れたいけど別れられない状態なら犯罪を犯している別れたい相手を擁護するのではなく犯罪を犯している別れたい相手だからシッカリと別れて上げる事で別れたい依頼者様は別れたい相手を救う事にもなるのです。※参考記事:別れさせ屋工作の成功事例:依頼者の親にも暴力を振るう彼氏と別れたい

何故別れてくれないか?を別れたいけど別れられない依頼者様はあまり考えず、別れてくれない理由に向き合わなければならないのに別れてくれない理由に向き合わずに別れを切り出せなくなっているだけの状態で苦しんでいるので自分で自分のクビを絞めるような結果になってしまうのです。

別れたいけど別れ話をすれば何かをされるのではないか?と先の事を考え過ぎてしまう為に何も行動に移せず、行動に移せないので別れたいのに別れられないという負のスパイラルに陥り、行き着く答えが別れたい依頼者様が我慢すれば良い…という考えに至るのですが、結局のところ遅かれ早かれ我慢出来ずに別れたいと思うのですが、時間が経過していく事で更に別れづらくなり、苦しんでいるのは分かりますが、別れられない状態を自分で作ってしまう傾向にあるのが別れたい依頼者様でもあるのです。

別れたい相手から監視されているので動けない、別れたい相手からDVをされるかもしれないから別れられない、別れたい相手から…と別れたい依頼者様は自ら動こうとする事を避ける傾向にあり、問題を先延ばしにしていくので別れたいけど別れられなくなり、問題の先延ばしの原因は別れたい依頼者様が勇気を出して一歩踏み出さない事が原因となっている事に気付かないのです。

勇気を出して一歩踏み出さないので今の状況に甘んじているのも別れたい依頼者様であり、勇気を出せば時間を無駄にせず大きな問題がなかった事に時間が経ってから気付くのですが別れたい相手と別れられないでいる状態なので勇気を出すだけで今までとは全く世界が見えてくる事を別れたい依頼者様はご存知ではないのです。

別れたいからといって強引な方法で別れようとするのは勿論厳禁ですが、別れたい依頼者様は精神的に追い詰められてしまい、最終的には耐えられなくなり、強引な方法で別れる方法に辿り着きます。

例えば、離婚話をする時に離婚してくれないからといって強引に別居状態を作り、同居していない期間の既成事実を作ろうとしても金銭的な負担が出来なくなり、家庭に戻る事となり、お金を管理される等で離婚に向けて行動が出来なくなるケースもあり、別れたくても別れられなくなる状況に更に追い打ちを掛けてしまう別れたい依頼者様もいらっしゃいます。

別れたいけど別れられない状態を作られていると別れたい依頼者様は追い詰められ、追い詰められれば追い詰められるほど正常な判断が出来なくなり、同時に我慢の限界を迎えた時に強引な行動を起こし、強引な行動を起こすので別れたいけど別れられなくなる状況に陥る前に解決の糸口を見つけなければなりません。

別れたい理由は別れたい依頼者様によって異なりますが、別れたい依頼者様が別れたいと思う理由の一つに浮気相手や不倫相手と交際したいので別れたいと考えるケースもありますが、浮気相手や不倫相手と交際する為に別れたいなら浮気相手や不倫相手の存在がバレない様にしなければなりませんし、バレてしまえば別れたい相手が強情を張り、別れられなくなる可能性を作ってしまう為、浮気相手や不倫相手の存在はバレないようにしなければなりません。

別れたい理由がモラハラが原因なので別れたい!!となった時はモラハラをしている自覚が別れたい相手にはない為、モラハラをされている証拠を全て押さえておく必要があり、別れたい相手に問題がある事を指摘してくれる味方を作らなければなりません。※参考記事:別れさせ屋は正義の味方?それとも悪?依頼者様の状況から善悪を判断しましょう。

別れたいけど別れられない状態とはいえ、別れる理由を積み上げて別れたい相手が別れないではなく、別れなければならない状況を作り出さなければいつまで経っても別れたいけど別れられない状態から抜け出せません。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作には【平均3か月程度の期間】が掛かる理由があります。

夫婦であればセックスレスも離婚事由に該当しますし、夫婦として成立していないと裁判所が判断すれば離婚の申し立てと闘い方で離婚に進めますが、カップルの場合、裁判所が関与するものではないので別れ話しを別れたい相手と進めるしかありませんが、別れたい理由を作っても別れたい相手が応じてくれない場合もあるので一人で別れ話しが出来るなら別れる事も出来ますが、別れ話しを拗らせて別れたいけど別れられない状況を作ってしまい、更に別れられない状況で悩む別れたい依頼者様もいらっしゃいます。

早急に別れたいけど別れられない状況に陥っているなら別れさせ屋への依頼も検討しなければなりませんし、一人で我慢を永遠に続けられる…と思うなら別れさせ屋に頼る必要はありません。※参考記事:別れたい!や別れさせたい!!を別れさせ屋に頼る必要性とメリット・デメリット

別れたいけど別れられない状況は今だけではなく、今後も続きますし、今後も続く事が分かる状態で後何年別れたいけど別れられない状況が続くのかが見えなくても一生その別れたい相手と共にする覚悟があるなら我慢すれば済む話ですが、今このページをご覧頂いているという事は少なくとも別れたいけど別れられない状況に耐えられなくなっているからこそ辿り着いた訳ですから耐えられない状況を打破したいと心の中で思われているなら行動に移すべきではないでしょうか?

時間は限られていますし、時間を掛ければ掛けるほど別れられない状況は悪化していきます。

別れたいけど…といつまでも行動に移さない時間は無情にも過ぎていきますし、過ぎた時間はただ過ぎていくのではなく別れられない状況を更に作ってしまうのが依頼者様の状況になります。※参考記事:【迅速対応】で別れさせ屋工作や復縁屋工作を進めるから成功に繋がる

時間の経過は絆を強くさせてしまい、別れたい依頼者様は別れたい相手との絆は薄まるとお考えになりますが、別れたい相手からの愛情を含む情は強くなり、深い愛情がより深くなってしまうので時間の経過を含めて別れる方法を考えなければなりません。