実の子供が学校でいじめられている。

実の子供が会社でいじめられている。

子供の事を想うご両親はとても多く、実の子供が学校や会社で不憫を感じてないか?という不安を感じているケースは少なくありません。

子供のいじめ問題は年々深刻になっており、いじめが元で自殺してしまうお子様もニュースで取り挙げらる機会も少なくありません。

学校側の落ち度によって校長や担任が謝罪するニュースをご覧になり、学校は何も責任を感じている様に見えない!!!と憤りを感じる方も少なくないのではないでしょうか?

子供のいじめは他人事ではありません。

実際に子供のいじめ問題で弊社にご相談頂く機会は増えており、子供のいじめ問題を解決させる探偵会社も増えてきています。

しかし、子供のいじめ問題をいじめをしている証拠を撮影して学校側と話すだけで解決出来ると思いますか?

陰湿ないじめが増えてきた中で学校や両親から『いじめをやめなさい』と伝えられるだけで子供社会のいじめがなくなる事はありません。

大人になり、幼少期を過ごしてきた方々は子供に注意をしたところでキチンと理解していじめをすぐにやめない子供の多さもご理解されていると思います。

陰湿ないじめが増え、陰湿な考えを持つ子供も増加しており、いじめの証拠撮影をして大人が注意しただけではいじめをやめないどころかエスカレートしていくケースも存在します。

もしも大切なお子様がいじめを受けていた時、いじめをしている子供の親に注意すればいじめが終わると思っていたら大間違いです。

いじめはいじめている側はいじめている認識がある場合といじめている認識がない場合があり、下手な形でいじめを注意すれば取り返しのつかない状況になってしまう事もあります。

テレビのニュースでいじめを苦にして自殺してしまった子供達が流れてきた時に自分の子供は大丈夫!!と安心していませんか?

子供のいじめは小さな子供の世界だけではなく大人の世界でもあります。

もしも今、子供がいじめを受けているかもしれない…と危険を察知したのなら子供からの無言のサインを察知し、本当の意味でいじめをやめさせてあげなければならない危険を頭の片隅に入れておいて下さい。

社会には様々なルールがり、子供社会にもルールがあります。

社会には様々なルールがあり、子供達には子供たちのルールがあります。

大人の考えるルールと子供が考えるルールは全く異なります。

異なったルールの中で生きる子供たちのルールを大人が理解するのはとても難しく、子供のルールに合わせていじめ問題を解決してあげなければ子供のいじめはなくなりません。

会社によってルールは異なる事を大人は知っていますが、大人になると子供たちにもルールがある事を忘れてしまいます。

人が集まれば様々なところで様々なルールが生まれ、子供のルールを理解せずに大人のルールでいじめをなくそうとしてもいじめがなくなったと感じるのは一瞬なのです。

大人が一瞬だけ子供たちのルールの中に入り、大人のルールで子供達にルールを教えても、元々ある子供たちのルールを簡単に変える事は出来ません。

社会のルールを子供たちに押し付けるのではなく、子供たちのルールを大人が変える形を取ってあげるから子供たちのルールの中からいじめをやめよう。というルールを作る事が出来るのです。

子供達のルールを変えるのは大人から怒られるからルールを変えるのではありません。

いじめをしない子は元々大人のルールを知っています。

大人のルールを理解してない子供のルールで成長している子供には子供のルールの変化をさせてあげなければなりません。

子供がいじめられているSOSサインに気付いたら何をすればいい?

子供がいじめられているSOSサインに気付いたら学校にクレームを言えば解決出来ますか?

それともSOSを出しているので学校に行かせない方法を取りますか?

いじめられても自分の子供は学校に行く権利がある!!といじめっ子の親にいじめさせる様に伝えに行きますか?

どれも正しい選択ではありますが、いじめを止めさせる根本的な問題解決にはなりません。

学校に行かなければ子供がいじめに合う事はありません。

学校にいじめの報告をすれば先生がいじめられていないか?確認してくれます。

いじめっ子の親に言えばいじめを辞めるように叱ってくれるかもしれませんが、陰湿ないじめをする子はバレない様にいじめを継続させる為、いじめを受けていた子供は更にいじめに苦しみます。

いじめをやめさせる正攻法に見えて正攻法ではないのが上記のいじめが発覚した時の対処法になります。

逆恨みをしたいじめっ子が誰も見ていないところでいじめを再開し、今度叱られる事になったらもっと酷いいじめをするぞ!!と脅しているかもしれません。

いじめを救うというのは大人の見てる前で反省の言葉を子供から聞く事ではありません。

子供は幼いからこそ理解するまでに時間が掛かる事を大人目線で考えるのではなく子供目線で考えなくてはいけません。

子供のいじめが発覚した時に子供を本当に守ろうとするなら?

子供のいじめが発覚した時に子供を本当に守ってあげたいと思うなら守り方を変えてあげなければなりません。

守るというのはいじめられている事を話せる環境づくりでもあり、SOSのサインを出さなくても子供がいじめられている事を親に相談できる環境を作らなければならないのです。

もちろん大人は皆、自分の子供が可愛いですから子供が話せる環境を作っていると考えます。

しかし、実際に子供たちが親に話せない事は沢山あったと子供の頃を思い出して頂ければ思い当たる事は多々あるのではないでしょうか?

子供のいじめが発覚した時に本当に子供を守りたいなら子供の目線で話が出来なければなりません。

子供はいじめられている事を恥ずかしくて口に出せません。

子供はいじめられている事を親に迷惑が掛かると思って口に出せません。

何かがあった時だけ子供目線になろうとしても出来ないのです。

日常的に子供目線で接してあげられるので子供は心を開きます。

親だから何でも話してくれるはずだ…

困ったことがあったら頼ってくれるはずだ…

そもそもの大人の考えで子供目線で物事を考えなければ本当に子供が困った時に慌てふためき、子供のいじめが発覚した時に本当に子供を守ろうとするなら今までの子供への接し方なども改めなければなりませんし、親として学校やいじめっ子の親に話しに行くのは大切ですが、それ以上に自分の不甲斐なさを反省しなければならないのです。

子供がいじめられている状態を救う方法を提案する別れさせ屋

子供がいじめられている状態を抜け出す為に別れさせ屋は別れさせる方法を提案させてただ来ます。

探偵会社の中にはいじめの証拠を押さえる写真を撮影して学校に報告し、いじめの対処を学校に委ねます。

しかし、よく考えて下さい。

証拠撮影をしなければ動いてくれない学校に期待できますか?

本当にいじめはなくなると思いますか?

世間体を気にする学校なら世間体を気にするだけの対応はしてくれますが、それ以上に望んでいる環境づくりをしてくれるのでしょうか?

大人が世間から何も言われない為の対策をしたところで子供のいじめはなくなりません。

やらなければならないのは大人が世間から何も言われない様にする事ではなく、何故子供がいじめを受けるようになったのか?なぜいじめが起きていても誰も手を差し伸べなかったのか?

苦しんでいる子供に手を差し伸べず、見えないフリをしていた大人たちの考え方も変えなければならず、結果的に子供のいじめをなくす事にも繋がるのです。

子供のいじめ問題は大人が世間体を気にする対策を取るからなくなるものではありません。

いじめ問題は年々深刻になっており、いじめが原因で将来のある子供が自殺する事件も多発しています。

もう少し早く対処していれば…というのは世間体を気にしていれば出来る事ではありません。

亡くなってから考えたところで後の祭りになり、何かの事件に進む前に対応しなければ取り返しのつかない事になります。

別れさせ屋は人間の心理を読み解く技術を使って別れさせる方法を提案します。

人間の心理を読み解くからこそ子供がなぜいじめをするか?を探る事出来、根本的ないじめの解決に向けて行動に移せます。

子供のいじめ問題で苦しんでいるなら一度ご相談頂ければ適切な方法をご提案させて頂きます。