別れさせ屋ジースタイル

工作成功率の高さは他社と比較する事は出来ません。

成功率は基本的には社外秘になり、他社の成功率のデータを弊社は持ち合わせていません。

しかし、それでも弊社の工作成功率が高い理由と断言出来る理由は、他社で依頼して失敗した方々が弊社にご相談頂き、他社で失敗した案件を成功させた事例が多数あるからになります。

他社には成功させられなかった案件を弊社であれば成功した事例が過去にも多数存在し、他社に依頼して失敗した方々からご依頼頂く機会が多い為、弊社の工作成功率は他社よりも格段に上だと自負できるモノがあります。

他社で失敗した方々からご相談を頂く際に他社の調査や工作についてお伺いさせて頂く事になりますが、その際にどんな調査をしてどんな工作をしたのか?という報告内容も拝見させて頂いてます。

それらを拝見させて頂くと、弊社にご相談いただく他社に依頼した案件は同業者から見て何もしてないと断言出来る内容ばかりであり、調査・工作をした体の報告内容ばかりが目につきます。

調査なら意味のない調査を繰り返して回数を消化させている事が分かる報告であったり、写真を使いまわして調査している回数の水増しをしている同業者。

工作なら明らかにターゲットと会話が続かないであろう接触の仕方を取り、連絡先を入手する事だけが目的となって心理誘導が全く出来ない同業者。

提案する方法にオリジナリティがなく、ハニートラップの様な成功率の低い方法を提案し、実行しようとしたけど失敗した報告がくるだけの同業者。

他社の報告内容を見れば成功しない理由は明らかであり、成功させようとして依頼を請けているのか?利益を得る為に依頼を請けているのか?が明らかであり、弊社が他社とは明らかに異なる工作成功率が高い理由は工作成功を第一優先とする為、出来ない事は出来ないと正直に伝え、成功する可能性がないものに関しては依頼をお断りさせて頂いているからになります。

成功率は事前に【数字】で出せるモノではなく、事前に工作成功率を知りたいとお考えになる方は多いのですが、ターゲットの行動、心理状態等で状況が変化するのが通常ですから工作成功率が90%以上!の様に数字で表現する事は出来ないのです。

依頼者様にとってみれば数字で工作成功率を知りたいとお考えになるお気持ちも分かりますが、出来ない事は出来ないと正直にお伝えするのが弊社が他社とは異なる理由の一つなので未来が見える訳ではない事から未来の数字を表す事も出来ませんとお伝えさせて頂いています。

人間の行動予測が全て出来ないのは『右足から歩き出しますか?左足から歩き出しますか?』という質問に対して答えられないのと同様です。

50%50%という勘なら表す事は出来ても、あくまでも勘であり、勘を依頼者様にお伝えして依頼者様に誤解を招いて契約を頂く様な手口を弊社は致しておりません。

工作成功率は過去の事例を積み重ねて作り上げられるものになりますが、過去の事例で成功率が80%であろうと依頼者様の案件も成功率が80%になる事はありません。

その為、ご相談時に成功率を知りたいという方は非常に多いのですが数字で『80%以上成功すると思います。』といったお伝え方は致しておりません。

成功率は難易度によって変化する訳ではなく、難易度は工作成功率を表すものではありません。

難易度が高いから工作成功率が低い!難易度が低いから工作成功率が高い!という訳ではなく、難易度は何を調査員や工作員がするのか?という部分を示します。

人員を大量に使う方法を用いなければならなければ難易度は高くなりますが、人員を大量に投入するから成功率が高い訳ではありません。

難しいから成功率が低い、簡単だから難易度が高いという訳ではないので成功率と難易度を同様に考えない様にお気を付け下さい。

弊社の工作成功率が高いもう一つの理由に、方法にターゲットを合わせるのではなくターゲットに方法を合わせるという理由があります。

方法にターゲットを合わせるというのは事前に方法を準備して、その方法にターゲットを嵌め込む方法になります。

ターゲットの情報がないまま方法にターゲットを嵌め込もうとしてもターゲットの行動や心理状態は変わりますので嵌め込む事が出来ず、依頼は失敗してしまいます。

ターゲットに浮気をさせよう!と事前に提案してもターゲットが浮気をしない人物なら最初から成功しない方法となり、成功率は当然0%になります。

しかし、ターゲットの情報を集めてターゲットに合わせる方法を用いた場合、ターゲットの情報を使う方法なので事前に情報無しで提案した方法よりも成功率は高くなります。

例えば、事前に依頼者様から頂いた情報で行きつけのBARを教えて頂き、BARでの接触方法しか提案しない探偵社はBARに通うけれどターゲットが店に来ない状態を繰り返す事があります。

方法にターゲットを合わせるとターゲットが表れなければ何度もBARに通い、工作まで発展せずに回数を重ねるので契約が終了する回数制の業者の失敗事例がこういった形になります。

ターゲットに方法を合わせる方法はターゲットが表れなければ別の方法を提案しますが、ターゲットが表れない情報を事前に調査して入手しておくので空振りを極力抑え、日数を無駄にしないので成功率の上昇にも繋がります。

弊社の工作成功率が高い理由はターゲットに合わせて対応していく柔軟な対応も理由の一つになります。

柔軟な対応をする為には情報入手が必須であり、情報入手をしてもその情報を活かした調査や工作を行えなければ工作成功率を上げる事は出来ません。

弊社では工作成功率を上昇させる為に専門でプロファイリングを行う人材が在籍しており、FBIでも採用されているプロファイリング技術は警察OB指導の元に指導させて頂いています。

専門の人員が状況把握やどうやって工作成功率を上昇させるのかについて得た情報を元にプロファイリングする事で常にターゲットの行動を先読みした次の一手を繰り出すのでターゲットが接触ポイントに現れない等のトラブル対応にも適している為、工作成功率を上昇させるポイントにもなります。

プロファイリングした状況に合わせた方法を常にブラッシュアップする事でターゲットの状況に合わせた方法を提案出来るようになり、ターゲットの行動や心の変化に対応した工作方法を用いるから工作成功率の上昇にも繋がります。

事前にどうやって工作を成功させるか?という打ち合わせをさせて頂きますが、打ち合わせた状況とは異なる行動をするのがターゲットでもあります。

常に最新の情報を入手しておく事も大切ですが、情報に合わせて方法を細かくブラッシュアップさせる事で工作成功率を上昇させます。

進行状況を担当者と会社が情報共有をするので担当者が急な対応で対応出来ない時も会社が対応する形を取れるので急な対応にもお応えできるのも弊社の工作成功率が高い理由になります。

他社では状況を会社が把握していないので担当者と連絡が取れない状態になり、不安になった依頼者様が不満を抱えて担当者との関係が上手く構築出来ず、案件が失敗に終わってしまったというケースも他社に依頼して失敗した方々からご相談頂いています。

弊社では依頼者様の不安を解消させて頂く為に会社が案件に対する報告を担当者に課している為、急な対応で担当者と連絡が取れない状況でも会社がバックアップする形を取らせて頂いています。

プロファイリングの情報から工作の進捗状況や調査報告を情報共有している為、依頼者様の不安を取り除く事でお互いに協力し合える関係を構築するので工作成功率を上げる理由の一つにも挙げられます。

優秀な人材確保と育成への力の注ぎ方も成功率へのこだわりがあります。

工作成功率を上昇させる為には優秀な人材の確保が求められます。

優秀な人材の確保は大切ですから人材の確保の為に採用基準を非常に厳しくしています。

業種柄、一般企業の面接をしたところで優秀な人材の判断をする事は出来ません。

人材育成には勿論注力させて頂いていますが、人材育成とは別に人材登用の段階からこだわり、工作成功率を上昇させる為に必要な人材確保と育成方法は他社には真似が出来ない方法を用いています。

採用基準や育成方法はもちろん社外秘ですが臨機応変に対応出来る調査員や工作員を見抜く為の面接や採用基準を設けています。

ターゲットは予測出来ない行動をするのですから、採用段階から予測出来ない面接を行い、予測出来ない事への対応力判断など、採用基準の中に盛り込ませる事で優秀な人材確保と採用してからも人材育成に余念がありません。

常に優秀な人材を選んで採用し、育成にも工作を意識した育成方法を取る為、臨機応変な工作にも対応出来る人材が豊富に育成されていく為、工作成功率を上昇させる結果にもなります。

工作成功率を高めるにはターゲットの状況に合わせた稼働が求められ、ターゲットに対応する為の自由な発想力が必要になります。

弊社の工作成功率が他社よりも高い理由の一つに工作方法が自由な発想力の元に提案させて頂いている事もあります。

その為、面談時や相談時に他社よりも時間を掛けさせて頂き、お持ちの情報をシッカリと精査して自由な発想の元に定まった方法ではなくターゲットに合わせた方法を提案出来る人材育成をさせて頂いています。

調査員・工作員は常にプロ意識を持って行動させる指導の元、人材を派遣させて頂きますので弊社では事務員のアルバイト募集は行っていますが調査員・工作員のアルバイト募集は行っておらず、工作に関尾する人材全てが工作成功を意識して稼働している人材になります。※弊社の求人情報はコチラを参照して下さい。

成功率への妥協がないから成功率を高めます。

成功率を考えるのではなく、契約した回数を稼働するという意識の元に依頼を承っている探偵社が多い中、弊社は成功率への妥協を許さない対応をさせて頂いてます。

弊社が稼働回数を定めずに期間契約を交わす理由は工作成功の為に何回稼働すれば成功するのか?という事前予測がターゲットの状況次第で立たない事を熟知しているからになります。

成功させる為に必要な回数稼働するからこそ回数制の契約では依頼者様の費用負担が大きくなり過ぎてしまい成功率が依頼者様の予算事情で低くなってしまいます。

成功率に依頼者様の予算が大きく入り込んでしまう状況では成功率を上昇させる事は出来ず、成功率への妥協がないからこそ余計な不安要素を取り除く契約方法を採用しています。

工作成功率を高める為には迅速対応も必要であり、成功率への妥協がないからご依頼後からの着手までの対応も依頼が進んでからの速度も迅速に対応させて頂いています。

初動の早さで成功率の高さが変動する事を警察OB指導の元に弊社の人員は全員熟知しています。

人探しの際に初動の早さで成功率は大きく変わる事を日常的に始動されているので問題を先延ばしにすれば問題が拗れる事も想定された動きが求められます。

初動の早さから調査・工作全体への迅速対応が成功率にダイレクトに繋がる事を存じている為、成功率を上昇させる最初のポイントは初動の早さであると考えます。

ご依頼頂くまでに依頼者様には依頼を検討していた時間があると考え、依頼を検討していた時間の穴埋めを少しでも行う為にも別れさせ屋や復縁屋には迅速に対応する事が求められます。

どの依頼者様も口を揃えて仰ることが『早く悩みから解放させてください。』というお言葉になり、早く悩みから解放させるには成功率へのこだわりはとても重要な事であると考えます。

細かなサポートも成功率を高める理由になります。

工作成功率を上昇させるには調査員や工作員が稼働する事だけではありません。

復縁工作では自己改善を依頼者様に行ってもらう為に細かなアドバイスが求められ、別れ工作ではターゲットに何かされていないか?の確認を細かくサポートし、出会い工作では異性に好かれる為のアドバイス、別れさせ工作ではターゲットの動向確認への細かなサポートが求められます。

依頼者様の協力があって成功するものですから依頼者様への細かなサポートがなければ成功率を上昇させる事は出来ません。

報告だけではなく日常的に依頼者様をサポートしていくので成功率を上昇させる結果に繋がるのです。

成功率が低い別れさせ屋や復縁屋を見破るには?

成功率の高さは別れさせ屋や復縁屋は必ず気にする部分ですが、成功率が低い工作方法を提案する別れさせ屋や復縁屋も数多くあります。

成功率が低い工作方法を提案する業者は契約前に成功率を提示します。

成功率を提示された際に仮に『あなたの案件は成功率が80%あります。』と言われたとします。

成功率が80%なら数字上で判断すれば高い成功率になり、この業者なら依頼すれば成功させてくれる!?と思うかもしれません。

しかし、依頼に着手する前に成功率を数字で表している事に注目しなければなりません。

着手する前に80%の成功率の高さを誇るなら、残り20%の失敗してしまう確率は何なのか?を検証して、着手後には残り20%の失敗する確率を起こさない様に稼働するのがプロであると言えます。

着手前に80%の成功率なら着手後に20%の失敗率への対応を考えて100%成功する方法として着手後に稼働してなければおかしいのです。

事前に成功率を気にされる方は数字のトリックに引っ掛かってしまい、80%も成功率があるなら…と成功率が低い別れさせ屋や復縁屋と契約してしまいます。

この様な数字のトリックで依頼者様を騙す様な方法を用いるのではなく、出来ない事は出来ないとシッカリとご説明させて頂く形を取るので弊社では他社とは異なり、事前に成功率を提示する事がなく、成功率が低い業者ほど、この様な数字のトリックを使って依頼者様を騙す手口を使いますので十分にご注意下さい。※悪質な工作会社についてはコチラを参照して下さい。