復縁工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域A様 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 80万円 成功報酬40%
復縁したい状況別れてから半年たったが元カレを忘れられず復縁屋を探してたけど踏ん切りがつかず

A様の復縁相談の内容とは

A様から復縁相談を初めて頂いた時は数社の復縁屋に相談し、復縁工作の依頼をするかで悩んでいる状態でした。※参考記事:復縁屋とは絶対に復縁したい方を復縁させるサービス

最終的に復縁工作の依頼を決断した理由は、復縁工作の方法というよりも復縁方法についての説明が他社よりも理解し易く、復縁工作の依頼をしたら復縁できるだろうと感じたとの事で弊社にご依頼を頂く形となりました。

「復縁する為に何をすれば良いですか?」と数社に相談したけれど、要領を得ない答えばかりで復縁工作の契約を勧められたり、高額な依頼料金を提示された事や、何社か面談して契約を検討している旨を伝えると、「そんなだから結婚適齢期を逃してるんですよ。」とお説教されたりと、復縁屋に相談するほど悪い印象がついてしまい、それでも復縁したいので復縁屋に頼らざるを得なかったという相談内容でした。

復縁屋に相談する事が怖くなっていた…

復縁工作の依頼をしたくても怖くて出来なくて時間が過ぎてくのも怖くてどうしようかと思ってるんです。A様から頂いたご相談内容から、復縁屋に対しての印象がとても悪くなっている事が分かりました。

他社で言われた事は間違っている事を伝えました。

他社で言われた事は、人間の心理を誘導して復縁成功を目指す復縁屋が言ってはならない事です。その旨をA様にお伝えさせて頂くと、「初めて相談したからそういうものなんだと思ってました…」と、仰っていました。

復縁調査から復縁工作の実施へ

元カレを復縁調査する事から始め、対象者の行動確認や復縁させる為の情報を収集していきました。工作員が元カレと接触するポイントを特定させて、日程を調整して工作員を対象者に接触させる方法の提案や、打ち合わせをA様と繰り返し行い、対象者との接触に成功しました。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

工作員と対象者を接触させて人間関係を構築していく際に、お互いの恋愛観について話していき、元カレの交際人数など、A様が知らない情報を報告であげ、A様との交際が破局した理由について聞き出す事に成功しました。

A様からお伺いしていた別れの原因は交際時に、A様の生活がだらしなく、何度注意されても改善しなかった事が原因だと聞き出します。その為、別れた後は、清潔感を保ちながらだらしない生活を一変させようと奮闘してたとの事でした。※参考記事:一人で復縁活動をしても復縁は厳しい状況でも復縁屋に依頼すれば復縁できるのか?

実際の別れの原因は?

しかし、実際に対象者から工作員が聞き出した別れの本当の原因は、だらしない生活態度ではなく、約束を平気ですっぽかす事など、A様の考え方に違和感を感じており、感じた違和感が次第に悪い部分ばかり映ってしまい、このまま交際して結婚…となった時に一緒に生活していくのは難しい…と判断した為に別れた事を聞き出しました。

生活態度のだらしなさは半ば諦めていたものの、考え方の違いに違和感を感じ、それがキッカケで別れを考えるようになったので、A様には生活態度を改めるのは継続して頂くと共に、別の理由が原因で別れたのですから、元カレから受け入れてもらえるような女性になるように、復縁アドバイスをさせて頂きました。

A様の復縁活動と心理誘導

A様には、別れの原因を改善して頂く為に、自己改善を勧め、何をするべきか?を昼夜問わずアドバイスさせて頂き、A様が抱える問題点の改善に励んで頂きました。A様に染みついてしまった問題点を改善させるのは容易ではなく、昼夜問わずのアドバイスを行う事で、A様も心が折れかかっていましたが、絶対に復縁したい!!という気持ちが勝って下さり、A様の自己改善が進みます。※参考記事:【有料サービス】自己改善プログラムについて

何が問題で、何が元カレに別れを告げられたのか?を理解したA様は、今まで元カレにしていた事を思い返してみると、元カレが別れを告げた理由も分かるようになってきました。その結果、復縁する為に何をすれば良いか?を自分でも考えながら行動出来る様になり、復縁活動を進めていく最中に、工作員が復縁を意識させるように心理誘導を行うと、タイミングも相まって復縁を意識させる事に成功しました。※参考記事:工作を成功させるには【場所・時間・タイミング】の不確定要素が重要です。

元カレの意識を復縁に持っていく事に成功したので、偶然の再会を装ってA様と元カレを再会させる事が、元カレに強く復縁を意識させる事に成功し、お互いに惹かれ合う交際当初の様な関係を築く事が出来、復縁成功に繋がった復縁工作の成功事例になります。