復縁屋ジースタイル

復縁屋の依頼者様は一人では確実に復縁出来ない事を自覚し、厳しい状況である事を十分にご理解されている依頼者様が復縁屋に辿り着き、復縁工作のご依頼を検討されます。※参考記事:復縁屋とは?料金や復縁工作の方法、成功率について

復縁したいけれどどうしても復縁したいから行き着くところが復縁屋であり、依頼者様は復縁屋にご相談頂く時点で相当厳しい状況で復縁屋に依頼されるのですが、その状況は依頼者様が一人で復縁活動をしていても復縁出来ない事を物語っており、確実に依頼者様が一人でどうにか復縁しようと思っていても復縁出来ない状況なのですが、復縁屋に依頼すれば厳しい状況であっても復縁成功率を上げる事にも繋がり、厳しい状況とはいえ復縁屋次第で復縁できる可能性を上げる事は可能です。

厳しい状況だからこそ復縁屋に頼るのです。

厳しい状況に置かれているので依頼者様は復縁屋に頼るのですが、依頼者様の中にはご自身の状況が如何に厳しい状況なのか?をご理解されずに復縁屋に『お金を支払うのだから復縁させろ。』という対応をする依頼者様もいますが、復縁するのは復縁屋ではなく依頼者様であるという根本的な理解をされていない依頼者様では状況がいくら厳しくなくても復縁出来ない事も事前にご理解頂かなければなりません。※参考記事:復縁工作が失敗する人の特徴を知って復縁工作の成功率を少しでも上げましょう。

例えば『依頼主なんだからお金を払って失敗しました。では困るんです。』という依頼者様が稀にいらっしゃいますが、この様な依頼者様は状況が厳しい、厳しくない限らず、復縁工作をしたところで復縁出来ないのは目に見えています。

自分は何かを提供するのだから見返りを求める。という考えであり、一見して当たり前の事を仰っているようにも視えますが、この依頼者様が対象者に何を与えられるか?と言えば何も与えられない事がお分かりいただけるかと思います。※参考記事:ご依頼を断るケースについて

復縁出来てない今の厳しい状況を理解しましょう

依頼者様が復縁したい対象者は依頼者様から何も見返りはもらえませんし、依頼者様との交際は難しいと判断されたので別れを告げられた訳ですから、厳しい状況を作り出したのは依頼者様の問題です。

その依頼者様が誰かに助けを求めるのに自分は何かを提供するのだから見返りを求める。という考えを持っていて、それが正しいと考える考え方をしていれば復縁出来ないのは当然です。 この依頼者様の考え方では厳しい状況を更に厳しい状況にさせてしまうのが分かりますから、厳しい状況を復縁屋と協力して復縁工作を成功させようという気概がないので、依頼者様に理解を示してもらえる様に復縁屋が説明出来なければ厳しい状況を打破する事は出来ません。※参考記事:(株)ジースタイルの復縁アドバイス

別れを告げられたのですから依頼者様の変化は復縁には必ず求められるモノであり、依頼者様の変化がなければ復縁出来ないのは目に見えています。

復縁屋の依頼者様は厳しい状況である事は存じていますが、厳しい状況を更に厳しくさせてしまう依頼者様から『厳しい状況でも復縁出来ますか?』とお問い合わせ頂いても『難しいと思います。』とお応えせざるを得ないのです。

それはつまり復縁工作の依頼をお断りさせて頂くものであり、厳しい状況だから復縁工作の依頼をお断りさせて頂くのではなく、依頼者様から受ける相談の仕方や面談で直接お会いしてお話を聞かせて頂く際の判断で復縁工作は厳しい状況でも打破できるのか、厳しい状況で依頼をお断りさせて頂かなければならないのか?を判断させて頂くのです。※参考記事:復縁工作の成功の見込みがない依頼は成功率の低下に繋がるのでお断りしています。

復縁屋にご相談頂く皆様は程度の大なり小なりはあれど、一人で復縁活動をしていても復縁は厳しい状況になっている依頼者様ばかりであり、厳しい状況なので復縁工作が成功しないではなく、厳しい状況を打破する為にご協力出来る依頼者様ではなければ復縁屋次第でどうにか出来ない案件も多々あるのです。※参考記事:復縁工作の依頼が失敗する依頼者様からのご依頼はお断りさせて頂いてます。

厳しい状況からどんな方法で復縁屋は復縁させるのか?

復縁が難しい状況から復縁屋はどんな方法で依頼者様の復縁をサポートするのか?について依頼者様も復縁が厳しい状況だとお考えなら復縁工作の方法も含めて理解しなければなりません。※参考記事:復縁方法で悩んでご依頼頂き復縁工作が成功した復縁工作の成功事例集

復縁屋は基本的には復縁調査を行い、対象者との接触ポイントを特定させ、対象者と復縁工作の工作員を接触させます。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の工作員の接触に必要な能力や技術について解説

復縁が厳しい状況の依頼者様は対象者と連絡が取れなくなっている依頼者様であったり、対象者に新たな恋人が出来ていたり、対象者と再会して話す機会を設けられそうにない、対象者と別れた原因が分からない等々、復縁が厳しい状況と一言で言っても様々な厳しい状況に陥っている依頼者様が多く、その問題を解決させる為に復縁屋に依頼して復縁成功率を上げる為に依頼をされるのです。※参考記事:工作成功率が高い別れさせ屋と工作成功率が低い別れさせ屋の違い

依頼者様は自身の置かれている状況を理解しなければなりませんし、厳しい状況に陥っている依頼者様との復縁を対象者に意識させる為に復縁工作の工作員は心理誘導を対象者に行いますが、心理誘導をすれば超能力の類の様に対象者が依頼者様との復縁を意識するかの様に誤解している依頼者様はお金を払って対象者の気持ちを買うかのように復縁屋に対しても『依頼主なんだからお金を払って失敗しました。では困るんです。』という言葉を容易に出すのです。

厳しい状況を作っているのは依頼者様であり、依頼者様が厳しい状況を作ったという自覚がなければ復縁屋に依頼しても復縁させる事は出来ません。

復縁屋に頼らなくても復縁出来る状況だと思っていますか?

復縁が厳しい状況だから依頼者様は復縁屋に頼らざるを得ないという状況であり、頼らざるを得ない状況だから復縁屋に頼る選択をしているにも関わらず、『依頼主なんだからお金を払って失敗しました。では困るんです。』という事を復縁屋に言う依頼者様が対象者から、魅力的な異性として見てもらえる事はありません。

厳しい状況だから復縁出来ないのではなく自身の置かれている状況を自覚せずにお金を払うのだから復縁させてくれなければ困る!!という依頼者様が復縁できる事はありません。※復縁ブログ参考記事:相手の要求を聞かず、自分の要求ばかりする相談者様だから復縁したいパートナーから求められないのです。

依頼者様の復縁が厳しい状況をサポートするのが復縁屋であり、依頼者様自身が抱えている問題を改善し、厳しい状況の中でも復縁し易い状況を作り出す為に協力するのが復縁屋ですから依頼者様に問題があり、依頼者様の問題を改善せずに厳しい状況でも復縁屋次第で復縁できるか?と言われれば復縁屋だけが頑張れば復縁を簡単なものに変えられる訳ではないので依頼者様の協力があって初めて厳しい状況でも復縁工作は成功させられるのです。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の難易度が簡単なものとしてご依頼を検討している方へ

厳しい現実を受け入れれば復縁の可能性を作れるのです

当然の事ですが、依頼者様に厳しい状況であるという自覚がなければ、復縁工作の成功率は下がりますし、依頼者様がご自身の抱えている問題点を改善しようとしない場合は、厳しい状況であろうと簡単な状況であろうと復縁屋はご依頼を承る事は出来ないのです。

厳しい状況だと判断出来ても成功の可能性が見えるからこそ、依頼を請けられる復縁工作とは超能力の類ではなく純粋に復縁し易い状況を作る事と、復縁工作の工作員が対象者に接触して心理誘導を行うので、対象者に復縁を意識させる様に働きかけるものになり、工作員が対象者に接触して心理誘導を行ったところで依頼者様に問題があれば対象者と依頼者様を再会させた時に心理誘導は意味を成しません。※参考記事:再会工作とは?

心理誘導を心理学のテクニックを用いるだけと考えている悪質な復縁屋も中にはあり、依頼者様と同じ素人同然の考え方を持つ復縁屋もあるので厳しい状況だと理解していても悪質な復縁屋から4回程度の稼働で復縁させられると嘯かれて信じてしまい、問題のある依頼者様は悪質な復縁屋の餌食になってしまいます。※参考記事:【心理学と心理誘導の違い】を知らない悪質な別れさせ屋や復縁屋は多いって知ってますか?

復縁工作には平均して3カ月程度の期間を要しますし、10回程度の稼働回数で復縁を意識させられる事は絶対に出来ません。厳しい状況を本当の意味で理解していない依頼者様は甘い誘惑に騙されて悪質な復縁屋と契約を結んでしまうので十分に注意しなければなりません。

厳しい状況でも復縁屋に依頼する事で成功率は上がります。

厳しい状況でも復縁工作の依頼をすれば復縁できるのか?というのが一番気になる部分かと思いますが、状況の厳しさは勿論復縁工作には必要ですが状況の厳しさにプラスして依頼者様の協力がなければ復縁屋は復縁工作をしたところで復縁させる事は出来ません。

厳しい状況だから復縁工作が失敗するのではなく、依頼者様の状況に合わせた適切なプランを提案出来ないので復縁工作は失敗に終わります。

依頼者様の状況に合わせた適切なプランの中には依頼者様の自己改善も当然含まれており、依頼者様が復縁屋に協力する姿勢がなければ復縁工作が成功する事はないのです。※参考記事:復縁工作が成功した事例を多数掲載させて頂いています。成功事例集

依頼者様がお持ちの対象者の情報量が少ないから復縁工作が成功する訳でもありませんし、復縁工作の依頼をする以上、交際していたのですからある程度の情報があるのは当然の事として捉えますが、対象者の情報がほとんどない状態では厳しい状況ではなく、復縁の可能性が本当にあるのか?という部分から見直さなければなりません。

復縁に対する認識の甘さがあれば復縁屋に依頼したところで厳しい状況を打破する事は出来ませんし、厳しい状況を打破する為に復縁屋に依頼する訳ですから厳しい状況だから復縁工作の依頼をしても復縁出来ないのでは…と考える前に、まずは復縁屋に相談していただき、どうすれば復縁できるか?についての問い合わせをしてみる事からお勧めします。