復縁工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域S様 会社員 33歳 東京
契約期間と料金3ヶ月の契約 90万円 成功報酬30%
別れた状況口論からお互いに引けなくなって別れた

S様からの復縁相談

復縁屋ジースタイルに依頼者様からお伺いさせて頂いた復縁相談の内容は、彼女と口論になったけれど、お互いに引くに引けなくなり、謝らなければならない事は分かっていたものの、謝る機会を失ってしまい、タイミングを逸して謝った頃には完全に気持ちが冷めた。と彼女から言われてしまい、別れに至った。というご相談内容でした。※参考記事:復縁屋に復縁相談する前に心構えを理解して復縁屋への問い合わせに活用して下さい。

口論になったキッカケは、些細な内容から交際時に溜まった不満が噴き出す事になり、口論がキッカケで不満が溜まり、溜まりに溜まった不満が爆発し、謝るタイミングを逸した依頼者様への気持ちが冷めてしまい、依頼者様への愛情が失せてしまったとの事でした。

彼女の不満をあまり聞く事が無かった依頼者様は不満を口にされてビックリしてしまい、自分が彼女に色々と我慢させていた事に気付き、それも踏まえて謝ったものの、彼女の溜まりに溜まった不満は想像よりも遥かに大きく、口論はただのキッカケに過ぎず、口論が無くても別れを切り出されていた可能性があった事を依頼者様は自覚し、復縁屋に頼る道を選んだとの事でした。

相談を終えて面談へ

対象者が抱えた不満や、気持ちの冷め方などを復縁相談を頂いている際に聞かせて頂いた内容から判断させて頂き、対象者が抱えた不満を解消させる為に復縁屋ジースタイルに復縁工作のご依頼を頂く形となり、気持ちが冷めたものに関しては心理誘導を行い、依頼者様への愛情を取り戻すサポートをさせて頂く事となりました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行う対象者の心理を誘導する方法。

対象者の気持ちを知らずに依頼者様が口論となり、謝る機会を逸した事がキッカケではありますが、それ以前の状況も含めて対象者から話しを聞き出さなければならない事もあり、対象者を調査する事から始めましたが、対象者を調査している期間も依頼者様にはご協力頂いた情報を参考にして自己改善のご協力をさせて頂く事となりました。※参考記事:【有料サービス】自己改善プログラムについて

復縁調査開始と依頼者様の自己改善

対象者の復縁調査を開始し、対象者の行動を把握する事や、対象者の立ち寄るポイントを特定しましたが、それ以上に復縁調査を行った事で、対象者の性格等を把握する事が出来、対象者の取り扱い方を直接対象者から話しを聞く前からアドバイスさせて頂く事が出来、少しづつですが依頼者様の自己改善が進み、対象者に合わせた対応への理解を深めて頂きました。

対象者の行動を把握し、立ち寄るポイントを特定したので、復縁屋ジースタイルの女性工作員を対象者に接触させるように仕向けます。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

対象者が住んでいる地域が、葛西にある会社から電車で一本の場所にあり、南砂町から徒歩で10分程度の住宅街の中にあるので、復縁屋ジースタイルの調査員が張り込みや尾行をする際に、近隣からの通報に注意をしながら張り込みを開始させて頂き、対象者との接触ポイントの特定などに至りました。

対象者と接触するポイントを活用して、対象者と接触する事に成功させましたが、南砂町の自宅から自転車で行ける飲食店を利用している事が多かった事から、飲食店に通いつめ、対象者がその飲食店を利用するタイミングを待つ間に店員との関係を作っておき、対象者が来店する頃には、対象者よりも復縁屋ジースタイルの工作員の方が店員との関係が作れている状態が出来上がっていたので、店内で対象者に接触する事も不自然なく接触する事に成功しました。※参考記事:接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

対象者と復縁屋ジースタイルの工作員の接触が成功した際に、対象者との人間関係を構築するように進めていき、その際に、店員も活用する事で対象者が復縁屋ジースタイルの工作員に対して警戒をする事もなく、店員も交えて人間関係を構築していたので話の流れから、対象者と連絡先の交換にも成功し、一度目の接触で連絡先を交換する形が取れ、対象者が利用するお店に行く時は、連絡する旨を復縁屋ジースタイルの工作員が伝え、対象者からもお店を利用する際は連絡する事を伝えられると、3日後には対象者から復縁屋ジースタイルの工作員にお店を利用する旨の連絡が入る様になりました。

復縁工作の心理誘導開始

対象者と人間関係を構築したので、対象者から過去の恋愛話しも含めて話しを聞き出していくと、依頼者様の話しが当然出て来たので、依頼者様への不満がどの程度あるのか?について探る様に話しを聞き出していくと、対象者は依頼者様への不満をずっと持っており、それを発散させるものが無く、依頼者様の言う通りにしていたけれど、一度爆発した際に、今までに我慢していた事が何だったんだろう?という事に気付き、同時に気持ちが冷めた事を聞き出す事に成功し、依頼者様に対する不満の捌け口がないままの状態で日々を過ごしていたので、別れた後も誰かに話して発散させるのではなく、自分で落とし込まなければならない…となっていたので怒りは取れないままの状態が続いていたとの事でした。

対象者の依頼者様への怒りの捌け口を復縁屋ジースタイルの工作員が作る事で、対象者の怒りを吐き出す役割をしながら心理誘導を進めさせて頂きましたが、思った以上に依頼者様への怒りは深く、タイミングを見失って謝れなかった依頼者様への不満を全部吐き出させるのに時間が掛かりました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋や復縁屋が行う対象者の心理を誘導する方法。

怒りを吐き出させる事が終わりに近くなったところで復縁を意識させる心理誘導を進めると同時に、何があったら復縁するか?という会話の流れを作り、態度を完全に今までとは改めるという話しを聞き出しましたが、同時に、態度が改まる事や変わる事など期待していないから別れた事を伝えられ、依頼者様が復縁工作のご依頼と同時に少しづつ自己改善を頑張り、復縁に向けて変わっていった姿を知らない対象者は、依頼者様の変化を見せる事でチャンスが生まれる事も依頼者様に報告として挙げさせて頂きました。※参考記事:報告が遅い業者にご注意下さい。依頼後の報告について

復縁工作成功へ

依頼者様の自己改善も進み、対象者と偶然を装った再会をさせる段階に進めると判断したので、対象者と依頼者様を再会させる形をとりましたが、最初は何も変わってないだろう。と考えていた対象者の表情が変わっていき、依頼者様の変化を感じた対象者は、依頼者様への対応に変化をもたらし、依頼者様の謝罪の言葉を聞けるような形になりました。

依頼者様の変化を見せながら、復縁屋ジースタイルの工作員が対象者に復縁の後押しをする形が取れる状態になり、対象者の怒りを吐き出させていた事もあり、対象者から「反省してるならもう一回だけチャンスをあげてもいい。」という言葉を引き出す事に成功し、復縁屋ジースタイルの復縁工作が成功した事例になります。