別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域E様 会社員 28歳 東京
契約期間と料金4ヶ月契約の料金 130万円 成功報酬30%
別れさせたい状況マッチングアプリで出会った浮気相手を別れさせたい

別れさせ屋ジースタイルにE様からご相談頂いた内容は、大学時代から交際していた元カレを職場の同僚に奪われてしまったので別れさせたい。というご相談でしたが、職場の同僚に奪われたというお話しを直接聞いてみるまでは、どの様に奪われたのか?も分からず、仮にE様の元カレを職場の同僚と別れさせたところで、復縁出来る可能性があるのか?などの話しも含めて、E様からお話しをお伺いさせて頂きました。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

工作方法の提案

E様から別れさせ屋ジースタイルのカウンセリングルームで直接面談でお話しをお伺いさせて頂いていると、奪われたというよりも、E様と元カレとの関係がマンネリ化しており、マンネリ化している状態に新鮮な交際の仕方を持ち掛けられた元カレが、職場の同僚になびいたのも分かり、その部分に関してE様もご理解されているか?を確認させて頂き、仕事が忙しくてなかなか元カレと話す時間が取れず、時間がない事を言い訳にして、交際期間も長いし、安心しきっていた部分もあったとの事で、E様が自分にも落ち度がある事を確認させて頂けたので、別れさせる意味を別れさせ屋ジースタイルの担当者も共感出来たので依頼を請けても良い。という判断をさせて頂けました。

E様に何も落ち度がなく、元カレと別れさせれば復縁出来るかのように考えていたなら、別れさせても復縁出来る事がないと判断出来るので、別れさせ工作の依頼をお断りさせて頂くように話しをさせて頂いた可能性もあり、E様と面談で直接お話しをお伺いさせて頂いたからこそ、依頼を請けても良い。という判断が出来ましたが、別れさせ屋ジースタイルではご依頼をお断りさせて頂くケースが多いので、シッカリと今置かれている状況を見据えていたE様には、別れさせる為にどうすればいいか?という具体的な別れさせ屋ジースタイル独自の別れさせ工作の方法をご提案させて頂く事となりました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

交際期間が長かった事もあり、E様の親には別れた事を言えてないとの事で、E様のご両親からは「早く孫の顔を見せて欲しい。」とまで言われる事もあり、孫の顔を見せて欲しいと求められるご両親には何も言えなかった事もあり、早急に問題解決に向かう為に、E様の元カレの情報をいただき、職場の同僚であるターゲットの別れさせ調査をする為に、E様の元カレからターゲットを特定させて、ターゲットとE様の元カレを別れさせる為にご依頼の翌日に稼働する事となりました。※参考記事:【迅速対応】で別れさせ屋工作や復縁屋工作を進めるから成功に繋がる

別れさせ調査開始

ターゲットの特定は同じ職場で公務員とはいえ、どの人物がE様の元カレと交際しているかは分からず、職場で公になっているのか、それとも職場恋愛なので伏せているのかも分からない状態なので、E様の元カレがターゲットと会うであろう日を絞って別れさせ調査を進めていきました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

E様と元カレとの交際の経験から推定すると、週末に会う可能性が一番高いけれど、平日も仕事が早く終われば、E様の仕事が落ち着いていた時は会っていたとの事で、ターゲットと元カレが平日も会う事も推測出来たので、平日も想定に入れて稼働した2日目で、E様の元カレとターゲットが会ったので、ターゲットを尾行し、ターゲットの職場特定に繋がりました。※参考記事:張り込み、尾行、聞き込み調査の技術力の差が探偵よりも別れさせ屋の方が高いのです。

ターゲットの尾行が済み、ターゲットの自宅特定が終わった後も、ターゲットを知る為の別れさせ調査は継続し、ターゲットの出退勤や休日の動きを確認し、休日は別れさせ調査中はE様の元カレと会っており、お昼位の時間帯に三鷹駅で待ち合わせをして、ランチを食べて散歩などをし、ウインドウショッピングやカフェで時間を使ったりと、何かをしなくても一緒にいて話しをしているのが楽しいような関係が見え、デートの終わりは吉祥寺にあるラブホテルに行き、駅で解散という一日の繰り返しでした。

対象者との連絡先の交換へ

ターゲットとE様の元カレは休日の殆どを会って過ごしていたので、別れさせ屋ジースタイルの工作員が休日に接触するのは難しい可能性がありましたが、ターゲットと元カレはカップルだったので、別れさせ屋ジースタイルの工作員も男性工作員と女性工作員でカップルを装って接触する形を取り、三鷹のカフェでターゲット達がお茶をしている時に、隣の席が空いていたので隣の席に座り、ターゲット達の話しに耳を傾けながら、別れさせ屋ジースタイルの工作員同士が元カレが好きな漫画の話しで軽い口論の様な形を取り、ターゲット達に好きな漫画の話しをしてインパクトを与え、女性工作員からタイミングをみて、ターゲットに漫画に出て来るキャラクターの話しを持ち掛け、その話しにE様の元カレがのってきたので、別れさせ屋ジースタイルの男性工作員もその会話に参加したところ、ターゲットも会話に参加し、イベントがある時に一緒に行く約束を取り付け、連絡先を交換してお店を出ました。

ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの女性工作員が連絡を取り合える様になったので、ターゲットに連絡を入れてみると、別れさせ調査で調べて分かってはいた情報ですが、週末は常にE様の元カレと一緒にいるので、今度良かったら4人でダブルデートをしよう。という提案を持ち掛けられ、仕事の話しも含めてターゲットと連絡を取り合い、翌週にはターゲットとE様の元カレと別れさせ屋ジースタイルの男性、女性工作員の4人で会う約束を取り付ける事が出来、翌週に4人で吉祥寺の居酒屋待ち合わせで会う事になりました。

E様の元カレからターゲットと付き合った経緯などを一通り確認していくと、同じ職場で公務員として働いている事や、職場では職場恋愛の噂が出ると、うるさく口挟んでくる年上男性と年上女性がいるので、秘密にしている。という事を聞き出す事が出来、二人がどういったところに惹かれたのか?であったり、結婚観なども聞かせて頂く事が出来たので、今はまだお互いに悪いところがあまり見えない。という話しも聞き出す事に成功し、後日改めてターゲットと女性工作員が二人で会う約束を取り付けて、二人の関係の親密度を分析してE様にご報告させて頂きました。※参考記事:別れさせ屋工作や復縁屋工作の報告が遅い業者にご注意下さい。依頼後の報告について

ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員が二人で会食した際に、4人では話せなかった事を聞き出す事に成功し、ターゲットは、E様と元カレが付き合っていた事を知っていた事や、E様の事は知らなかったけれど、E様への愚痴をE様の元カレから頻繁に聞かされていた事など、E様の元カレからの話しで感情移入してしまい、E様と別れてもらって付き合おうとしていた期間が半年以上あった事を聞き出す事に成功し、別れさせ屋ジースタイルの工作員が聞き出して来た内容をE様のお話しすると、E様と元カレとの関係が終わった理由も分かるようになり、E様は別れさせ屋ジースタイルの工作員が聞き出して来た情報を参考にして復縁する為に頑張って頂きました。※参考記事:復縁工作の方法を詳しく知ると復縁屋の選び方を失敗しません。

提案させて頂いた工作方法の実施

別れさせ屋ジースタイルの工作員がターゲットからE様と元カレとの話しを聞き出していた際に、別れさせ屋ジースタイルの工作員が感じていた違和感があり、その違和感を利用して面談時にご提案させて頂いた別れさせ工作の方法にプラスする事で、別れさせる成功率が上がる事をお伝えさせて頂くと、別れさせ屋ジースタイルの工作員が聞き出して来た情報で凹みがちだったE様も、喜んでいるのが電話口でも分かり、E様にご提案させて頂いた方法を実行に移す為には、あと2~3回は普通に会食をしなければ警戒されてしまうので出来ない事も伝えて、実行に移す事になりました。※参考記事:【無限にある工作方法】を使うから成功率の高い別れさせ屋工作を提案出来ます。

別れさせ屋ジースタイルがご提案させて頂いた別れさせ工作の方法を実行に移す為に、接触を繰り返した際に、ターゲットから彼氏の惚気を聞き出していき、惚気はあるものの、本当に喜んでいる時の顔と、そこまでではない時の顔の判断も別れさせ屋ジースタイルの工作員は出来る様になり、ターゲットから得た情報を元に彼氏との距離を置くように心理誘導していくと、彼氏とターゲットが距離を置く形をとりますが、職場では会うので、別れさせ屋ジースタイルの工作員が提案した方法は、プライベートの時間のみにターゲットにやってもらう事に成功しました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

仕事の時間帯は会えるけれど、プライベートの時間になるとラインの返信などが減り、彼氏の愛情を試す行為に繋がり、彼氏からは愛情を与えられる状態を作ることが出来、元カノであるE様にマウントを取れる状態を作るようになり、ターゲットは彼氏との交際で日常的にマウントを取る形となりましたが、ターゲットは元カノであるE様と同じ事をしている事に気付いておらず、ターゲットに気付かれないようにE様が元カレにしていた事をトレースさせ、彼氏からの不信感を持たれた状態になった時に、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員がゲームをしていた事を二人で暴露し、E様の元カレの愛情を確かめた。という話しを持ち出すと、E様の元カレもその場は笑って納めてくれましたが、ターゲットはマウントを取る事に慣れてしまった事や、連絡を頻繁に取らない事にも慣れてしまったので、別れさせ屋ジースタイルの工作員と出会った頃の様な関係性ではなくなっている事に気付きません。

ターゲットへの隠れた不満を持った彼氏が、ターゲットに不満を言える訳ではなく、E様からそのタイミングで連絡を入れてもらうと、E様とのやり取りの楽しさを思い出した事や、また放置されている事などを愚痴りだし、E様の元カレの中で溜まっている不満をE様にこぼした状態になって、E様が以前のターゲットの役割をこなして気持ちを揺さぶる事に成功します。

マウントを取る状態に慣れてしまったターゲットとの関係に不満を持ったE様の元カレからターゲットに別れ話が出るまでには時間が掛からず、元カレからターゲットに別れ話が出る前に、E様に元カレから「別れ話を彼女とするけど復縁出来ないし、期待しないで欲しい。気持ちが揺れて別れたからもう一回やり直したいっていう都合の良い事は言えないから…」という連絡が入り、復縁しない事を匂わせて来ましたが、敢えてこの連絡をして来た事から、復縁のチャンスがあるとE様は捉え、E様と元カレとの復縁工作のご依頼をその後頂いた、ターゲットとE様の元カレが別れる事に成功した別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が成功した事例になります。※参考記事:復縁工作の分かり易い説明。復縁屋に依頼をすると何で復縁成功率が上がるのか?が分かります。