別れさせ工作
依頼者の名前、職業、年齢、住まいの地域Y様 主婦 37歳 東京
契約期間と料金4ヶ月契約の料金 140万円 成功報酬30%
別れさせたい状況夫の不倫を黙認していた

別れさせ屋ジースタイルにY様からご相談頂いた内容は、Y様の夫が不倫していた事を黙認していたけれど、夫から、「別居したい。」と言い出されてしまい、Y様達との結婚生活ではなく、不倫相手との生活を考えているように感じてしまい、Y様の夫の不倫相手を別れさせなければ離婚に進む不安にかられてしまい、Y様の夫と不倫相手を別れさせたい。と考えるようになったとの事でした。※参考記事:別れさせ工作で工作員がターゲットを別れさせる別れさせ屋とは?

Y様の夫が不倫している事に気付いたのは5年ほど前になり、夫婦仲も冷めきっていた事から、不倫していても父親として子供達に向き合ってくれているなら気にしないようにしよう…と考えており、Y様も当時は不倫していたので、お互い様だ…と考えていた事もあり、夫の不倫は黙認していたとの事でした。

5年ほど夫の不倫を黙認している間、Y様の心情も変わり、Y様は不倫相手と別れ、子供たちと過ごす事に目覚めたけれど、自分も不倫していた過去があるので、夫の不倫には触れず、仮面夫婦の様にも感じるかもしれないけれど、夫婦仲は悪いものではなかったので、夫の不倫は目を瞑り、家族としていられるなら良い。という考えの元、夫の不倫には触れず、平穏な日々を過ごしていたものの、夫から、「別居したい。」という言葉を聞いて、別居を夫が望む理由は不倫相手との交際が進んだことで起きたものと考える様になり、別れさせ屋ジースタイルにご相談頂く流れになったとの事でした。

Y様に別れさせ屋ジースタイルのカウンセリングルームにお越し頂き、面談で別れさせ屋ジースタイルのスタッフと直接お話しをお伺いさせて頂く事になりましたが、その際に、Y様の過去の不倫の話しや、その当時の夫婦関係であったり、夫の不倫相手の事について詳細をお伺いさせて頂きましたが、決して不倫しているからといって家族に対して手を抜く感じの夫ではない印象があり、問題を放っておいたので、Y様の夫の不倫相手から結婚を要求されている可能性なども視野に入れて、別れさせ屋ジースタイルに別れさせ工作のご依頼を頂く事となりました。※参考記事:別れさせ工作の方法を知れば別れさせ屋の選び方を失敗しません。

面談で方法のご提案

Y様と別れさせ屋ジースタイルのスタッフで面談をさせて頂いた際に、Y様の夫の性格等も聞かせて頂き、Y様の夫が不倫はしていても結婚を自分から持ち出す様な性格の持ち主ではない事や、誰かに頼まれたら断れない性格、他人に流される性格などを生活をしている状況の中で出る行動や発言から推測させて頂き、Y様の夫の性格が分かり、Y様の夫をターゲットにした別れさせ工作の方法をご提案させて頂く事となりました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋と【面談】する前に読んで頂きたい事

Y様の夫をターゲットにするという事は、Y様の夫に別れさせ屋ジースタイルの女性工作員を接触させて浮気をさせる訳にもいかず、別れさせ屋ジースタイルの男性工作員を接触させる方法を提案させて頂きましたが、他社の別れさせ屋では、「不倫相手に男性工作員を接触させて気持ちを男性工作員に持っていくような浮気をさせて夫と不倫相手を別れさせましょう。」といった方法の提案をされ、浮気を不倫相手がしてくれれば別れてくれるかもしれない…と考えたY様は、ハニートラップの方法に惹かれたものの、夫と結婚する為に離婚させようとしている不倫相手が浮気をするんだろうか?という部分に懐疑的になり、別れさせ屋ジースタイルに、他社の別れさせ屋が提案した方法について意見を聞きたいと仰られたので、不倫相手が浮気する可能性の低さについてご説明させて頂き、ご理解を頂けました。

別れさせ調査開始へ

別れさせ屋ジースタイルでご提案させて頂いた方法を実行に移す為に、ターゲットとなるY様の夫を別れさせ調査し、不倫相手との逢瀬を繰り返している間の証拠写真の撮影も行い、別れさせる為の調査を進めていきました。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の復縁調査、別れさせ調査の重要性を理解しましょう。

ターゲットを別れさせ屋ジースタイルの調査員が調査していくと、Y様から頂いた情報から推測した通りの性格が現れる行動が大変多く、不倫相手とターゲットとの関係も、ターゲットが不倫なのに尻に敷かれている様な状態で、ターゲットが不倫相手から何かを言われれば従うような態度で、いつもニコニコしながら不倫相手のご機嫌を窺う様な動きが多く、ターゲットと不倫相手の関係性も明確に判断出来、面談でY様と別れさせ屋ジースタイルのスタッフが話した想定とあまり変わらなかった事から、別れさせ工作が成功する可能性が一気に上がりました。

ターゲットと不倫相手は梅島の焼肉キングで食事をしている事が多く、梅島の焼肉キングで別れさせ屋ジースタイルの工作員がファーストコンタクトを取り、ターゲットに別れさせ屋ジースタイルの工作員の印象を残す事に成功し、その三日後にも足立区の梅島駅周辺で偶然を装い別れさせ屋ジースタイルの工作員をターゲットに接触させると、ターゲットも別れさせ屋ジースタイルの工作員を覚えてくれていたので、少し雑談を交わしてから現場を去りました。

対象者との接触

翌週になって、ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員を梅島駅で再度接触させると、「もしかしたら以前からよく会ってたのかもしれないですね。」という言葉が出て来たので、「今度彼女さんと一緒に食事にでも行きましょう。」という誘いに乗って来たので連絡先の交換が成功し、ターゲットと連絡先を交換する事になり、ラインのやり取りをしながらターゲットと食事をする機会を作り、最初は男性同士で居酒屋に行く約束をし、ターゲットと居酒屋でお酒を飲んでいると、不倫相手がその場に来る事になり、別れさせ屋ジースタイルの工作員も女性工作員に連絡してカップルを装って、ターゲットと不倫相手と4人でお酒を飲む事になりました。

不倫相手が居酒屋に来たのは想定外でしたが、不倫相手はターゲットが浮気をするのではないか?と疑っていたようで、男性同士の飲み会の場を邪魔する様な事になってしまい申し訳ない。との事で、別れさせ屋ジースタイルの男性工作員も、女性工作員を呼ぶ流れとなりましたが、不倫相手から、「次は男同士で飲みに行きなよ。」という言葉を頂いたので、浮気の疑いが晴れたターゲットと次回は男性同士で居酒屋に行く話しになり、ターゲットや不倫相手と別れさせ屋ジースタイルの工作員の人間関係を築く事にも成功し、想定外の事が起きても、そのトラブルを利用して次回の約束を取り付ける事にも成功しました。※参考記事:弊社工作員の復縁屋工作や別れさせ屋工作の技術力と他社の工作員の違いとは?

ターゲットと別れさせ屋ジースタイルの工作員が会食している際に、前回の会食時の事を話し始め、彼女はいつも心配してるなら、余程愛されている事や、ターゲットも余程不倫相手の事を好きであるだろう。という話しをすると、愛されている事は素直に嬉しいし、喜べる事だけど、実は不倫なんです。という言葉が出て来たので、不倫も肯定しつつ、ターゲットの話しを聞いていると、不倫関係が長く続いているのでなんでもかんでも押し切られるような形になり、不倫相手の事は好きだけど、最近は気持ちを重く出され過ぎているので、不倫相手の指示通りの行動をしている事も聞き出す事に成功し、それを全て本当にターゲットが望んでいるか?と言えば、そうではない事も分かり、まだ迷っている事も含めて、ターゲットに心理誘導をし易い状況が整っていました。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が行うターゲットの心理を誘導する方法。

心理誘導開始から別れさせ工作成功へ

ターゲットの話しを聞き出しながら、別れさせ屋ジースタイルの工作員が不倫相手と付き合うのはいいけれど、家庭に関してはどう考えているのか?を聞き出していくと、Y様に関してはもう愛情もなく、女性としてみれないけれど、子供達に関しては不倫している事を知られたくないし、離婚して再婚となった時に、子供たちはどう思うのか?を考えると、悩んでいる事を教えてくれました。

女性として見れないY様や子供たちと家族ではありながら、不倫相手と交際している今が一番理想的であり、不倫相手と恋愛しているのが楽しいけれど、不倫相手と結婚となると…と言葉を濁す形になり、本心からY様たち家族を捨てる事や不倫相手との結婚を考えているのではなく、押されてしまうので不倫相手の言いなりになっている事が分かり、ターゲットの心情が揺れ動いている事が分かります。

ターゲットの心情が揺れ動いている状態なので、押し切ろうとする不倫相手の言いなりになってしまう事や、不倫相手からの話しをかわそうとすれば、不倫相手がメンヘラを起こしてしまう事など、色々と心痛になる様な事を抱えている状態で、不倫相手の束縛も激しい事から、誰かと飲みに行って愚痴を吐く事も出来ず、お互いの事をよく分からない別れさせ屋ジースタイルの工作員だからこそ話しが出来た状態で、話しを聞き出す事に成功し、ターゲットの心理状態を直接確認する事が出来ました。

ターゲットは恋愛はしたいけれど、結婚までは…という考えを持っているので、ターゲットには不倫がバレたら恋愛も何もないのでは?という話し流れから、どうすればいいか分からない…という話しになり、ターゲットの心情の揺れを感じる発言が多々出て来ました。

別れさせ屋ジースタイルの工作員が、ターゲットの心情を心理誘導をする事でどちらにでも転がせるような状況になりましたが、不倫相手がターゲットと別れようとすると、子供達にも被害を与えようとする事を示唆されていたので、何か大きなトラブルに巻き込まれるかもしれない不安を抱え、ターゲットは動き出せなかったという事もあり、恐怖を与えられて動くのではなく、子供達を守る為に出来る事は不倫相手との縁を完全に切る方向に話しを誘導していく事で、ターゲットが不倫相手との縁を完全に切った別れさせ屋ジースタイルの別れさせ工作が成功した事例になります。