別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ工作や復縁工作では、対象者との接触や連絡先の交換は、別れさせや復縁を成功させる為のとても重要な部分であると考える方も少なくありません。では、どのようにして別れさせ屋と復縁屋が、対象者と連絡先を交換するか?といった、連絡先を交換する際の手口について解説させて頂きます。※参考記事:連絡先を入手する方法や古典的な接触方法を提案する業者にご注意下さい。

連絡先を交換する為の接触方法はとても大切です。

連絡先を交換する為には、対象者と接触しなければなりません。対象者と接触する際に、警戒心を持たれてしまえば、連絡先を交換出来ないのは容易に分かると思います。対象者と連絡先を交換する為には、対象者の警戒心を解かなければならず、対象者の警戒心は人それぞれによって異なります。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

POINT

対象者に警戒されない事が連絡先を交換する時の最初のポイントになります。

対象者の警戒心が薄ければ、連絡先の交換は容易になります。

対象者の警戒心が薄ければ、連絡先の交換は容易になります。対象者の年齢や性別にもよりますが、若い年齢は警戒心は薄く、30~40代になれば人生経験も豊富になるので警戒心も強まります。対象者の年齢や性別に合わせた工作員を接触させなければ、連絡先の交換には繋がりません。

対象者の警戒心を解く為には、工作員の年齢や性別、対象者に接触する場所が大切になります。例えば、対象者が20代の男性であり、普段からチャラチャラとしているタイプの場合、路上で同年代の女性工作員がナンパをする様な形で接触しても、連絡先の交換に至る事もあります。しかし、同じ年代の男性が対象者であっても、性格が全く異なるタイプの場合、女性工作員が路上でナンパするような形で接触したところで連絡先の交換には至らない可能性があります。

対象者の普段の行動を確認し、警戒心がどの程度あるか?を認識しているからこそ、接触方法を提案出来る様になるのです。※参考記事:復縁調査と別れさせ調査への重要性をご理解ください。

POINT

路上でナンパをする様な形での接触方法は弊社では行いません。

人間関係を構築するから連絡先の交換に至ります。

対象者と連絡先を交換する際に、人間関係を構築しなければ連絡先の交換ではなく、連絡先の入手になります。連絡先を入手しても対象者を別れさせる為や復縁させる為の心理誘導を行う事は出来ません。通常、連絡先を交換する為には、お互いに不審な人物ではない。と認識するから連絡先を交換するモノであり、お互いの信頼関係が出来るから連絡先の交換に至ります。

連絡先の交換をするのに、関係性が無い状態で交換しようとしても、連絡先の交換は断られてしまうので、警戒心を解いて人間関係を構築するという段階を踏んで連絡先の交換をしなければならないのです。 ※参考記事:接触してからの【人間関係の構築】に必要な技術と工作への必要性について解説

POINT

人間関係を構築せずに連絡先を交換しても、連絡が取れなくなり、別れさせ工作や復縁工作を進めようとしても進められない状況に陥ります。

連絡先の交換は当たり前の事をするだけになります。

連絡先の交換は、通常連絡先を交換する方々がやっている事を行うだけになります。連絡先を交換する際に、工作ではなく普通に交換する時を思い返して頂けると分かります。仲が良くなった友人と連絡先を交換した際に、タクシーに携帯電話を忘れたから貸して欲しい…といって連絡先を交換して仲良くなる人はいません。

友人と仲良くなる為には、お互いがどんな人間だと伝わり、お互いに害がない人間である、若しくは好意を示したり、下心があったりと、お互いに求め合うから連絡先を交換する関係に繋がります。そういった関係を作る為には、一度接触しただけで関係が作れる訳ではありません。お互いがお互いの事を知るからこそ、連絡先を交換したい。となり、連絡先を交換する仲になるのです。

連絡先を交換する仲を作るから連絡先を交換する関係に繋がり、その流れが作れるから心理誘導を行える関係も作れるのです。※参考記事:心理誘導とは?別れさせ屋と復縁屋が使う対象者の心理を誘導する方法。

POINT

連絡先の交換は友人や職場の方々とどんな流れで連絡先を交換したか?を考えて頂けば分かる事でもあります。

連絡先を交換するのは何回の稼働で出来るモノなの?

連絡先を入手するなら、一回稼働すれば連絡先を入手できる可能性もあります。しかし、連絡先を交換するには、何回稼働すれば連絡先を交換出来ると事前に分かる事はありません。対象者によって警戒心も異なれば、気持ちの動きも異なります。状況によって会話の流れで連絡先の交換を口に出せるタイミングも異なりますし、対象者の気分でも連絡先を交換出来るタイミングは異なります。※参考記事:稼働回数制の別れさせ屋と復縁屋に依頼しても成功しない理由とは?

初めて会った人であっても、仕事等の用事があれば出会ったその日に名刺交換も含めて連絡先を交換すると思います。しかし、立ち寄ったお店で出会った店員さんと、その日の内に連絡先を交換しよう!!とは殆どなりません。何度か通い、関係が深まるからお店以外でも会おう!!となり、連絡先を交換するケースはあります。そういったケースはお互いに連絡先を交換しておくとメリットがあるので連絡先を交換するのであって、何もない相手と連絡先を交換する事はないのです。

相手との関係性なども含めて、連絡先を交換するので、事前に何回稼働すれば連絡先を交換出来る。と決められたものではありません。※参考記事:対象者という「人間」を熟知した別れさせ屋と復縁屋になります。

POINT

心理誘導も含めて、人間の動きを全て予測する事は出来ないので連絡先の交換も事前に何回の稼働で出来る。とお伝え出来るものではないのです。

トレーニングジムなら連絡先を交換出来る?

連絡先を交換するシチュエーションは、対象者との会話の流れによるものであり、対象者との会話が発展しなければ連絡先を交換するシチュエーションにはなりません。トレーニングジムで接触してもトレーニングに夢中になっている対象者なら接触は出来ても連絡先を交換する流れには至りません。

連絡先の交換は連絡先の交換でしかありません。

連絡先の交換をしても、人間関係を構築出来ず、連絡先を交換しただけの関係になれば連絡先を交換しただけで、別れさせ工作や復縁工作が成功する事はありません。セカンドオピニオンとしてご相談頂いている際に、他社に依頼して連絡先を交換したけど、その先に進まなくて…という方はとても多いのですが、お話しをお伺いしてると、連絡先を交換ではなく、連絡先を入手しただけであり、人間関係の構築や心理誘導が出来てない事が伺えます。※参考記事:他社に依頼して失敗した方々が業者選びで失敗した理由

連絡先を交換すれば、別れさせ工作や復縁工作が成功する訳ではありません。対象者がBARなどに良く立ち寄り、連絡先を交換しなくても対象者との関係が構築出来、対象者を別れさせる事や復縁させる事に成功したケースは過去にも沢山あります。依頼者様もそうですが、別れさせ屋と復縁屋の中にも、連絡先を交換する事が大切だと考えている傾向があり、連絡先の交換は別れさせ工作や復縁工作の過程である事を理解されていない依頼者様と業者が多く感じられます。

目的は、別れさせ工作や復縁工作を成功させる為の依頼ですから、連絡先の交換だけに主軸を置いていれば依頼が失敗するのは当然であるとも言えるのです。