別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋と復縁屋に依頼をすると、報告を受ける事や、打ち合わせを行う事など、頻繁に依頼した会社と連絡を取り合う事になります。 この連絡を取り合って打ち合わせをする重要性を理解して頂かなければ、工作依頼をしても、失敗する可能性が高くなってしまいます。

例えば、復縁工作の依頼をした際に、対象者と接触したか?という点はさほど重要ではなく、接触した際に、どんな話しをしたのか?が重要になります。 そして、その情報を元に、どうすれば対象者との間で生まれた問題点を改善出来るか?というアドバイスをしなければなりません。※参考記事:【有料サービス】自己改善プログラムについて

別れさせに関しても、対象者から聞き出した情報を元に、何をすれば別れたい、若しくは、別れなければならない状況になるか…を、依頼者様と打ち合わせしなければなりません。 別れさせ屋と復縁屋に依頼したら、後は放置。ではなく、別れさせ屋と復縁屋と次の稼働について集めた情報を元に打ち合わせをしなければなりません。 打ち合わせした内容を実行⇒報告・打ち合わせ。を繰り返すので徐々に進んでいくものですが、依頼者様の中には、ご依頼後に連絡が取りづらくなる人もいらっしゃるので、連絡を取り合う打ち合わせの重要性について解説させて頂きます。※参考記事:(株)ジースタイルが他社よりも依頼を頂けるポイント

連絡が取れなければ成功率が下がるリスクも

別れさせ屋と復縁屋に依頼した後は、いつ対象者が何をするか?は分かりません。 対象者から依頼者様の元に突然ラインや電話が掛かってきた時に、対応出来る状況を作っておかなければなりません。 復縁工作で対象者から依頼者様に連絡が来た時に、そのラインのメッセージのやり取りで復縁のチャンスを逃す事も考えられます。 何度も復縁のチャンスが来る訳ではないので、一度のチャンスをキチンと拾う為にも、連絡出来る時間は準備しておかなければならないのです。

別れさせに於いても、ターゲットから連絡が入り、依頼者様との関係が良好になる事で、別れさせ易い事もあります。 連絡を取り合う事が出来なければ、その時のターゲットへの対応を間違えてしまい、ターゲットのカップルの仲が良好に進んでしまう可能性があります。 ターゲットを別れさせる為にも、復縁する為にも、別れさせ屋と復縁屋といつでも連絡が取れる様な形をとれなければ、緊急時の対応も遅れてしまうので、成功率を下げてしまう可能性があるのです。

依頼する前までは頻繁に連絡が取れていたけれど、依頼してお金を振り込んだ途端に連絡が取りづらくなる会社もあるので、ご注意下さい。※参考記事:他社に依頼して失敗した方々が業者選びで失敗した理由

連絡回数が決まっている会社では依頼は成功しません。

依頼者様との連絡は、重要だからするものであり、連絡しなければ工作成功率が下がるから連絡するモノになります。 しかし、別れさせ屋と復縁屋の中には、アドバイスを月に〇回まで可能といったオプションを付ける会社があり、アドバイスの回数に制限があれば、復縁する時に、依頼者様の問題を改善するに至りませんし、別れさせに至っても、ターゲットとの関係をよくして頂き、別れさせた後の受け皿となって頂く事が出来ません。

別れさせや復縁を成功させる為にアドバイスをするのであって、一度説明したからアドバイスで伝えた事を完璧に理解出来、実践できる人はいません。 お伝えしたアドバイスを理解し、そのアドバイスを実行に移し、周囲の評価を得られて初めてアドバイスは意味を成したものとなります。 何回でも分かるまで同じ事を伝え、別れさせや復縁を成功させる為に必要だから繰り返しアドバイスをするものなので、連絡回数が決まっており、アドバイスを理解していなくても回数制限でアドバイスを頂けない会社に依頼しても、別れさせ工作や復縁工作が成功する事はありません。

連絡回数を定めている。という事は、依頼者様のご協力は求めない会社であるとも言えます。 別れさせも復縁も、依頼者様の協力があって成功するモノであり、依頼者様の協力を得ずに成功させようとする会社は、成功率が低い事が露呈します。※参考記事:成功率が高い別れさせ屋と復縁屋の選び方を間違っていませんか?

連絡回数が決まっている場合に失敗する具体例

連絡回数が決まっている会社に復縁工作の依頼をしたとします。 対象者から、部屋が汚い事が原因で別れた。という話しを聞き出した時に、「部屋をキレイにしましょう。」と伝えるのはアドバイスではありません。 どこが汚いと思われていて、どの様に整理すれば良いのか、部屋を汚さない為にやらなければならない事を理解するように話しをする事がアドバイスになりますが、部屋を汚しても気にならない考え方の改善もしなければなりません。

その連絡をする際に、連絡回数が決まっていれば、何が正解かを分からないまま依頼者様は改善しなければならないので、結果的に依頼も失敗に終わるのです。

打ち合わせ出来なければ依頼を進められないのです。

別れさせ屋と復縁屋は打ち合わせが出来なければ依頼を進められません。 依頼者様と打ち合わせをして、次回稼働時の事を決める事や、調査や工作が終わった当日に、依頼者様に報告出来なければ、次回稼働日をいつにするか、次回稼働時に何をするかを別れさせ屋と復縁屋が決めなければならず、依頼者様の了解を得ずに勝手な稼働をする事になります。 例えば、法律に反する稼働をする会社の場合、勝手に工作を進めて、依頼者様を巻き込んだ事件にしてしまう事もあります。※参考記事:別れさせ屋の事件簿。その会社への依頼大丈夫ですか?

依頼者様にしてみれば、何も知らない間に共犯者となる事もあるので、打ち合わせが出来ない会社に依頼すれば、それが原因で工作が失敗する可能性もあります。 事件に巻き込まれなくても、打ち合わせが出来ない状況では稼働日も決められないのですから、必要な連絡が出来ない会社に依頼すると、工作依頼が失敗に終わる可能性が高いのです。

成功率の高い会社は、依頼者様との打ち合わせの重要性をシッカリとお伝えさせて頂きますし、連絡の回数を定めなければならない事や、連絡を取り合う事に有料のオプションを付けるような事は致しません。 成功させる為に依頼を請ける以上、連絡を取り合うのは必須になります。 必須である連絡を取り合えない会社には依頼するべきではないのです。

連絡した意味を理解してくれているか?の確認も行う必要があるのです。

一度何かを伝えたから、相手に伝わっている。と勝手な解釈をしていれば、依頼は上手くいきません。 連絡でお伝えしている事は、お互いに意思疎通が出来て、伝えた事をして初めて伝わっている。と捉えられます。 相手に伝えたから分かっているハズだ。という解釈を復縁屋がしていれば、依頼者様に復縁方法を教える立場なのに、教える側の復縁屋が出来てない。という事になります。

別れさせ屋も次回稼働時の事を依頼者様と打ち合わせをして、来ますが、依頼者様に伝えた。と思い込んでいるだけで、何となくは伝わっているけれど、シッカリと伝わっていない時に、稼働内容を双方で決めたものが全く異なる結果となるケースも起こりえます。 どちらかが伝えたから、決定事項。ではなく、双方で打ち合わせをして決めたから決定事項となるものが、双方の意見を合わせて決定せずに、一方だけの考えを押し付ける様な連絡では、人間関係の問題で悩みを抱えている人から依頼を請ける側にしてみれば力量不足であるとも言えます。

その為、連絡した意味をシッカリと依頼者様が理解しているか?と同時に、依頼者様の要望を別れさせ屋と復縁屋が理解しているか?という確認をする連絡も行う必要があるのです。