別れさせ屋や復縁屋の事ならジースタイル

別れさせ屋や復縁屋に相談すると依頼しなければならないと考える方がいらっしゃいますが、相談をするのは別れさせ屋や復縁屋が状況を把握させて頂く為であり、相談したところで別れさせ屋や復縁屋が依頼を請けられない…という事もあるので相談したら必ず契約しなければならない訳ではないのです。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作のご依頼を断るケースについて

そもそもの話しになりますが、別れさせ屋や復縁屋に相談したとしても、依頼するか依頼をしないかを決めるのは依頼者様であり、別れさせ屋や復縁屋ではありません。

別れさせ屋や復縁屋の中には一度相談すると営業活動を頻繁にされたり、面談をすると面談時に契約書を交わすまで帰してもらえない…といった方法を取る悪質業者もあるので、別れさせ屋や復縁屋に相談する事自体を気を付けなければならないのですが、契約するかどうかの判断は依頼者様がしなければなりません。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋から契約を強要されたり営業活動をされたら要注意

依頼を検討されるのは依頼者様になります。

別れさせたい!と考えるのは別れさせ屋ではありませんし、別れたい!と考えるのも別れさせ屋でもありません、もちろん復縁したい!と考えるのも復縁屋でもなく、どうしたいか?を決めるのは依頼者様でなければおかしいのです。

別れさせ屋や復縁屋がどうしたいか?を決めるから依頼するのではなく、依頼者様が明るい未来を作り出す為に自分で別れさせ屋や復縁屋に依頼する!!という決断をするから別れさせ屋や復縁屋は依頼者様の協力をさせて頂けるのです。※参考記事:抱えている悩みを解決して明るい未来を掴みたい方へ

依頼者様にとって自分の人生を歩む上で別れさせ屋や復縁屋が必要だから依頼するのであって依頼者様にとって必要ないと感じれば別れさせ屋や復縁屋に依頼する必要はないのです。

悪質な会社は依頼者様ではなく、悪質業者が契約したいかの様な説明をします。

しかし、一部の悪質な別れさせ屋や復縁屋は依頼者様が決めなければならない決断にも関わらず、悪質業者が『依頼しなければ絶対に後悔しますよ!!!』と、さも依頼者様が困るかのように別れさせ屋や復縁屋が説明し、契約を強要します。

契約を強要されるケースも…

契約を強要するような別れさせ屋や復縁屋があるので相談したら契約しなければ…という不安を抱えてしまう依頼者様が多いので別れさせ屋や復縁屋に相談する事も不安を感じて悩みを解消させる為に別れさせ屋や復縁屋に相談したいけど相談出来ない…相談したら相談料とかを請求されるのでは…と考える依頼者様も少なくありません。

依頼するかを決めるのは依頼者様ですから、もしも悪質な別れさせ屋や復縁屋から契約を強要されたり、相談したら契約しなければならないかの様に説明された場合はすぐにでも弊社相談窓口にご連絡頂けば対応の仕方をアドバイスさせて頂きますので悪質な別れさせ屋や復縁屋の言いなりにならない様にご注意下さい。

別れさせ屋や復縁屋に相談したら依頼しなければならない!と考える必要はありません。

相談をして依頼しても明るい未来が見えそうにない…と感じたなら絶対に別れさせ屋や復縁屋に依頼するべきではありません。※参考記事:別れさせ屋のセカンドオピニオンとしての活用もご利用頂いてます。

相談=契約。ではありません。

相談=契約と考えるのは、そもそもの話しとしておかしいのですが、相談=契約をおかしいと思わない別れさせ屋や復縁屋が普通にある事自体、別れさせ屋や復縁屋の業界に対して不信感を持たれてしまうのも致し方ありません。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋への悪いイメージをお持ちの方へ

別れさせ屋や復縁屋に相談するのは別れさせ工作や復縁工作の依頼をする為ではなく、依頼者様が人生を明るく過ごす未来に変える為に別れさせ屋や復縁屋に協力を仰ぐのですから、明るく過ごせる未来観測は依頼者様にとって明るいモノでなければならず、別れさせ屋や復縁屋が提案する未来は依頼者様にとって明るい未来であるとは言えないのです。

別れさせ屋や復縁屋が提案する未来は別れさせ工作や復縁工作の依頼を請けた未来であり、別れさせ工作や復縁工作を進めた先の未来は別れさせ屋や復縁屋は関与する事がないのですから別れさせ屋や復縁屋から契約を強要する事は本来ないはずですし、相談=契約と考える別れさせ屋や復縁屋は別れさせ工作や復縁工作の経験がない事にも繋がります。

悩みを解消させる方法を提案させて頂き、依頼者様が納得して依頼したい!!と思うから別れさせ工作や復縁工作の契約を依頼者様が決断するのであって、別れさせ屋や復縁屋が依頼者様の悩みを解消させる方法を提案出来なければ依頼者様にとって別れさせ工作や復縁工作は不要なのですから契約する理由がないのです。

依頼者様の中には相談したら契約しなければならない!という考えを持つ方もいらっしゃいますが、別れさせ屋や復縁屋に相談したからといって契約をしなければならない訳ではないので、依頼者様にとって別れさせ工作や復縁工作が必要だと考えたなら依頼する!という考えを持って別れさせ屋や復縁屋に相談して頂ければと思います。

相談=契約。と考える別れさせ屋と復縁屋は成功率が低い事が分かります。

相談=契約という認識がある別れさせ屋や復縁屋は、そもそも別れさせ工作や復縁工作の適切な方法を提案する事が出来ず、適切な方法を提案出来ないので相談した際に依頼者様に詰め寄って契約を強要しなければ契約を頂く事が出来ない訳ですから、契約を強要する別れさせ屋や復縁屋の提案する別れさせ工作や復縁工作の方法は成功率も低く、実際に稼働するかも分からない様な別れさせ屋や復縁屋である事が分かります。※参考記事:工作成功率が高い別れさせ屋の選び方を間違っていませんか?

コンビニに入って買い物をしなくても間違っていませんよね?

例えば、コンビニに行って欲しい物がない時に買い物をする判断はお客さんが決める事であり、コンビニから『お店に入店したのに何も買わないなんて迷惑だ!!』と言われる事はないのですが、別れさせ屋や復縁屋に相談する事はコンビニの中に入って物色をしている事と変わりませんし、相談(物色)をしたから契約(買い物)しなければならない事はないのです。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋の依頼者様の求めるモノはコンビニで買える程度の価値よりも上ですよね?

契約を強要する会社は、不要なモノを売りつけようとするのです。

お店に入って何も買わないのは欲しい物が無かったからであり、欲しい物を置いてなかったコンビニに問題があるのであって、何も買わないお客さんに問題がある訳ではありません。 しかし、買い物をしないお客さんを責める事と同様の事をするのが別れさせ屋や復縁屋からの契約の強要であり、契約の強要をする悪質な別れさせ屋や復縁屋があるので依頼者様たちは困惑します。

依頼者様の意志で契約を交わすもの

別れさせ屋や復縁屋が適切な別れさせ工作や復縁工作の方法を提案出来ているなら依頼者様は必要だと思っていれば依頼者様が自分の意思で別れさせ屋や復縁屋と契約を交わすのですから、それが分かっている依頼者様は『相談したら契約しなければダメですか?』という質問をしませんし、別れさせ屋や復縁屋も相談したからといって契約を強要する事もないのです。

品揃えの悪い別れさせ屋や復縁屋は相談=契約という形を取り、契約をしなければ相談料を後から請求する悪質業者もあるので質の悪い別れさせ屋や復縁屋に相談すると、それだけで被害に遭う可能性もある為、相談時の対応を見て別れさせ屋や復縁屋への依頼を検討しなければなりません。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋を選ぶ時に良く挙げられるポイントって本当に意味あるの?

別れさせ屋や復縁屋に相談して契約を強要された時に泣き寝入りをするのではなく、まずは一度ご相談頂き、契約書の内容や契約方法についてお伺いさせて頂ければ弊社相談員がアドバイスをさせて頂く事が出来ます。

契約を強要される会社は多いのでご注意下さい。

相談したので契約を強要する別れさせ屋や復縁屋の数は少ないか?と言われれば、相談したら契約を強要する別れさせ屋や復縁屋はとても多く、残念ながら他社様に別れさせ工作や復縁工作の依頼をして失敗した!!という依頼者様も多いので、相談したら契約しなければならない!という考えを捨てて、シッカリと別れさせ屋や復縁屋の業者選びをしなければ依頼をしても失敗する確率も上がります。※参考記事:他社に別れさせ工作や復縁工作の依頼をして失敗した方へ

残念ながら『面談してるのに契約しないなんておかしい!!』とカウンセリングルームで半ば軟禁状態で契約するまで帰してもらえない別れさせ屋や復縁屋もあり、中には嘘を吐いて契約を強要する別れさせ屋や復縁屋もあるので、相談や面談は無料と言いながらも面談した途端に豹変する別れさせ屋や復縁屋もあるので注意しなければなりません。※参考記事:クーリングオフ等の説明を契約前に平気で嘘を吐く悪質な別れさせ屋や復縁屋にご注意下さい。

昨今ではTwitterなどでサクラ行為を行い、依頼者を装って別れさせ屋や復縁屋に相談させるように誘導していく別れさせ屋や復縁屋も出て来ているので、どの別れさせ屋や復縁屋が優良な別れさせ屋や復縁屋なのか?という判断が付きづらいとは思いますが、相談したら契約しなければならない訳ではないので一社に相談して契約をするのではなく、二社、三社に相談して依頼者様に合った別れさせ工作や復縁工作の方法を提案してくれる別れさせ屋や復縁屋に依頼する様にしましょう。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋に依頼前に複数の探偵社を相見積もりして工作料金を比較する手間を省かない様に!

直ぐに契約をするのではなく、冷静に検討する時間を設けましょう

別れさせ屋や復縁屋に相談したら契約しなければならない訳ではないので、一度相談なり面談をしたら契約するまでに冷静に考える期間を設けて依頼を検討される事を弊社ではお勧めしており、別れさせ工作や復縁工作の方法を実際に稼働するとどんな結果になるか?というイメージが付いた後に適切な方法であると判断したら契約を検討する事をお勧めしています。

提案された別れさせ工作や復縁工作の方法に納得したから依頼するのではなく、提案された別れさせ工作や復縁工作の方法を別れさせ屋や復縁屋が実行に移したら依頼者様の抱えている悩みが解消されるのか?を考えなければならず、冷静ではない状況で別れさせ屋や復縁屋から提案された方法がベストである!!と判断したり、別れさせ屋や復縁屋から『プロなのでお任せ下さい!!』という言葉を聞かされて安心してしまったので契約した…という事のないように気を付けなければなりません。

別れさせ屋や復縁屋への相談はあくまでも相談であり、相談は契約ではありませんから相談したら契約しなければならない…という考えは一旦置いて契約前提の相談ではなく本当に今抱えている状況を変えられるのか?という点に注視して別れさせ屋や復縁屋への相談をして下さい。

相談=契約。となる会社と契約しても成功率が低い事を忘れないで下さい。

相談=契約と考えるので別れさせ屋や復縁屋に悪いイメージを持ったまま相談してしまい、優良な別れさせ屋や復縁屋であっても疑いをかけてしまう様な相談の仕方をしてしまうので良い事だけを口にする悪質な別れさせ屋や復縁屋に引っ掛かってしまい、別れさせ屋や復縁屋は悪質な別れさせ屋や復縁屋しかない!!という判断をしてしまうのですが、相談=契約と考えなければ金銭的な被害を念頭に置いていないのですから優良な別れさせ屋や復縁屋と悪質な別れさせ屋や復縁屋との違いに気付く事にも繋がります。

別れさせ屋や復縁屋の印象はお世辞にも良いイメージを持っている依頼者様はいらっしゃらず、依頼した後に別れさせ屋や復縁屋とのやり取りや別れさせ工作や復縁工作が成功した状態になって初めて優良な別れさせ屋や復縁屋だったのか?悪質な別れさせ屋や復縁屋だったのか?という点に気付くのです。

契約の段階で相談したら契約しなければならないもの…と考えていると、契約するまでは耳障りの良い言葉を並べる別れさせ屋や復縁屋の言葉に惑わされてしまいますので耳障りの良い言葉なのか?という判断は相談した後に判断するモノであり、耳障りの良い言葉で契約を取る為の言葉なのか、別れさせ工作や復縁工作を成功させる為の言葉なのか?については直接話してみなければ分からない事からも直接話して、複数社の説明を聞き、聞いた説明の中でどの別れさせ屋や復縁屋なら依頼者様の要望を叶える確率が一番高いのか?を判断しなければ業者選びにも失敗してしまいます。

相談=契約と考えるのではなく、相談は依頼者様の未来を明るくするものとして依頼前提でお考えになるのではなく、様々な角度から契約して良いものか?を判断して別れさせ屋や復縁屋との契約をされる事をお勧めします。