復縁屋ジースタイル

復縁屋に依頼する時の料金は、着手金や成功報酬、諸経費を含むと平均相場で100万円〜300万円になります。状況が悪ければ平均相場よりも料金は高くなる事もありますし、状況が良ければ平均相場よりも料金が安くなる事もあります。状況だけではなく、情報量によっても難易度診断をさせて頂き、提案するプランによって料金・費用は変動します。※参考記事:復縁屋とは絶対に復縁したい方にご利用頂くサービス

この復縁屋に依頼する時の、100万円~300万円という料金・費用は、数字だけで見れば高い金額ですし、復縁工作のプランをご提案させて頂くと、「自分の所為とは言え高いですよね…」と仰る方もいらっしゃいます。復縁屋に依頼する時の料金の問題は、依頼者様にとってネックとなる部分になり、100万円~300万円という金額を高いと考えるか安いと考えるかは依頼者様によります。※参考記事:(株)ジースタイルの料金・費用はコチラ

100万円~300万円という金額は、自動車を買える金額ですし、金額だけで見て、安い!!と捉える方は殆どいないと思います。しかし、復縁屋に依頼する金額として考えて頂く際に、別れてしまい、復縁を望む状況で、復縁する方法が、「復縁屋に頼る事以外に無い。」となった時に、100万円~300万円という金額は、「復縁したい相手と100万円~300万円という金額のどちらが大切ですか?」という天秤に掛けられてしまうのです。

復縁工作に掛かる100万円~300万円という金額が高い!!と感じる方は、なぜ復縁屋に依頼を検討しなければならなくなったのか?について考えて頂く必要があります。

今もパートナーとの関係が良好で、別れを告げられず、幸せに暮らしていたなら、不要な出費であり、別れを告げられなければ復縁屋への依頼を検討する必要のなかったお金になります。別れを告げられなければ、復縁屋に支払う100万円~300万円という金額で悩む事はなかったものが、復縁屋への依頼を検討しなければならなくなった理由を作ったのは誰が原因を作ったのでしょう?※参考記事:復縁屋の料金が妥当な料金だと思えない依頼者様は依頼を検討するべきではない

復縁屋への依頼を検討している方は、復縁屋に支払う料金・費用が高いものなのか、それとも安いものなのか?を踏まえてご検討頂ければと思います。

求めるモノを手に入れる為の費用は無駄ですか?

求めるモノを手に入れる為に掛かる費用は無駄な出費でしょうか?無駄な出費であれば、料金・費用が掛かるものは依頼しないものと思います。

例えば、受験に失敗した浪人生が予備校に通う費用って無駄でしょうか? 希望を叶える為に予備校に支払うお金って無駄でしょうか? 大学に現役合格する為に予備校に行く費用って無駄でしょうか? 受験に落ちない為に予備校に通うのは希望の大学に行きたいからになります。

もちろん、予備校に通ったところで、自分で努力をしなければ大学に合格する事はありません。予備校に通わなくても大学入試に合格する人もいます。しかし、復縁屋への依頼を検討している方は、復縁したい相手から、「恋人(夫・妻)として不合格です。」という不合格通知を渡されてしまいました

予備校に行くお金が無駄なら自分で勉強をしなければなりませんが、予備校のお金を支払わない分、予備校講師が教えてくれる事も自分で考えて勉強しなければなりません。受験で合格する為に予備校に通うのが無駄だと考える人と、無駄ではないと考える人、どちらの考えも間違っていませんが、どちらが合格しやすいか?を考えた時に、予備校に通うお金が勿体ないと考える人は少ないのではないでしょうか?

求めるモノを手に入れる為の費用を無駄な出費と考える人は殆どいないのではないでしょうか?

復縁屋に掛かる料金を予備校と同じように考えてみて下さい

合格の保証がない予備校に入学する時に、「予備校に入学したら希望の大学に100%入学できますか?」という質問をする方は殆どいません。何故なら、予備校に入るだけでは入試に受かりません。予備校に入って効率よく勉強をするから、大学入試に合格する可能性を手に入れる事が出来るのです。※参考記事:復縁屋に100%復縁成功の保証を求めるなら依頼者様も変わらなければならない

合格出来るか?は、本人がどれだけ勉強するか?に掛かってきます。予備校に入学しても「100%大学に合格出来ないなら予備校に払う料金が無駄です。」と考える人はいません。復縁も、本人の頑張りがとても重要になり、本人が頑張らなければいくら復縁屋に依頼しても復縁成功には繋がりません。復縁屋の料金が高いのか?安いのか?と費用を気にするなら自分は復縁に向けて頑張れるのか?も気にしなければなりません。

「復縁屋の料金って高いんですね!!」と言う方もいますが本当に高いですか?

「復縁屋に依頼する料金って高いんですね!!」と仰る方がいますが、復縁屋に依頼する料金って本当に高いのでしょうか?復縁屋に依頼すると、調査員や工作員を大量に使わなければなりません。一人で出来る復縁工作はありませんし、復縁調査も対象者を見失わない為には、最低2名の人員を1稼働で要します。※参考記事:予算重視で成功率を二の次にして選ぶのはとても危険です。

工作を進める際は、調査員2名と工作員1名となり、復縁工作の方法によっては、5名以上の工作員を活用する案件も珍しくありません。一度の稼働で復縁成功に至る事はありません。人員を依頼者様の復縁の為に、何度も活用するのが復縁工作になります。

依頼者様の復縁の為に、10稼働した場合、人員はどれだけ使われるでしょうか?依頼者様がパートナーから別れを告げられなければ掛からなかった料金・費用ですから、その人数を使わなければならなくなったのは、何故でしょうか?復縁屋に頼らざるを得ない状況を作ったのは誰でしょう?

復縁屋のサポートが不要な方は、「復縁屋に依頼する料金って高いんですね!!」と仰る事はありません。依頼者様の復縁をサポートする為に、調査員や工作員が動きます。それでも本当に、「復縁屋に依頼する料金って高いんですね!!」と言えますか?誰の為に、何の為に掛かる料金なのか?を考えて頂くと決して高くないかもしれない…と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

復縁屋から平均料金の相場よりも料金を高く提案される理由は?

冒頭にも書かせて頂きましたが、復縁屋に依頼する時の平均相場は着手金や成功報酬、諸経費を含めれば100万円〜300万円になります。成功させる為に掛かる料金・費用であり、100万円〜300万円の料金を掛けるだけの人員を投入しなければ復縁工作が成功しない!!と分かっているので、平均料金の相場が出来ます。

復縁屋から、平均料金の相場よりも高い金額の方法を提案される場合、それだけ依頼者様の状況が悪い、もしくは情報量が少ない事が考えられます。復縁屋から提案された料金が高い。というよりも、復縁屋に依頼を検討している方の状況が悪く、情報が少ないので、情報を収集する為の料金が掛かるので、平均相場よりも料金が高くなります。

対象者との状況を悪くしたのは、復縁屋でしょうか?それとも依頼者様でしょうか?対象者のの情報をあまりお持ちではないのは、復縁屋でしょうか?それとも依頼者様でしょうか?

高い料金の見積もりが復縁屋から出るのは、復縁屋が原因ではなく、依頼者様の状況によるものだとご理解頂く必要があると思いませんか?※参考記事:見積り料金が高く感じるのは別れさせ屋や復縁屋を必要とする価値観を持てる状況ではないから

パートナーとの状況悪化の原因を作ったのは復縁屋ですか?

パートナーとの別れの状況や交際時の状況などを詳しくお伺いして復縁工作の方法をご提案させて頂きます。簡単な状況と難しい状況では料金が違うのは当然です。「復縁屋に依頼する料金って高いですね…」という方は、誰がその状況を作ったのか?をシッカリと考えて頂く必要があります。

安い料金と高い料金が出る復縁屋の差はどこにあると思いますか?

料金重視で復縁屋を探すと、とても安い料金で復縁工作の依頼を承る復縁屋と、とても高い料金で復縁工作の依頼を承る復縁屋がある事に気付かれると思います。安い料金の復縁屋は、40万円程度の着手金で依頼を承ってくれますが、高い料金の復縁屋は、800万円程度の着手金を請求される復縁屋もあります。

出来るだけ料金・費用を抑えて依頼したい!!と考えるとは思いますが、安い料金と高い料金の復縁工作は一体どんな差があるのでしょう?

安い料金の復縁屋は、復縁工作の料金を抑える為に調査員や工作員の人数を削ります。1稼働で1人で稼働する復縁屋と、1稼働で2人で稼働する復縁屋では、それだけで料金が倍近くになる事が分かると思います。

安い料金の復縁屋は何で料金を安く出来るの?

人数を削減して成功する方法があるなら、安い料金の復縁工作の方法を提案してくれる復縁屋を選ぶのが一番正しい復縁屋選びとも言えます。しかし、A社では100人使わなければ成功の目途が立たない復縁工作を1人で成功させる方法の目途が立つ事ってあるでしょうか?ある訳がないので、安い料金の復縁工作といっても限度がある事も忘れてはいけません。※参考記事:安い料金で高い工作成功率も求める方へ

安い料金の成功率は料金が安い仕組みを考えれば分かりますよね?

安い料金の復縁工作の成功率は、調査員や工作員を削れるだけ削ります。調査員や工作員の人数を削るという事は、人数を削った方法を復縁屋は提案しなければなりません。安い料金を提案した復縁屋の方法に納得出来たのであれば、成功率が決して低い訳ではありませんが、人数を削るという事は、それだけ失敗する確率も上がる。という事になります。※参考記事:別れさせ屋や復縁屋への着手金が安くても依頼は即決しない事が大切です。

「料金が高いですね…」と相談したら「他社より値引きします!」と割引されるのは?

復縁屋の依頼に掛かる料金の大半が調査員や工作員といった技術のある人材を活用する為の人件費になります。人件費が大半である事を踏まえた上で、料金が高いと伝えて、値引きしてくれる復縁屋に疑問を持つ必要があります。

他社よりも値引き出来る方法があるから、復縁屋に料金交渉をしたら安くしてくれる訳です。他社よりも値引き出来る方法がありながら、最初から値引きしたプランを提案してくれればいいものを、他社との相見積もりがなければ割引をしてくれない。という事になります。

その復縁屋は、料金は安いのかもしれませんが、成功率の部分で疑問が沸きますよね?

復縁工作の料金が安い理由を考えるなら調査員や工作員が何をするか?を考えましょう。

復縁工作の料金が安い理由を考えるなら、調査員や工作員が何をするか?という、復縁工作の方法について考えなければなりません。復縁工作の方法は、対象者に復縁を意識させる方法になります。対象者に復縁を意識させる方法を実行に移すのに、調査員や工作員がどんな動きを何人で何回稼働させるか?を概算で出すものであり、大切なのは、調査員や工作員が何をするか?の部分になります。※参考記事:復縁工作の方法を復縁屋が徹底解説

復縁屋は、復縁屋が出来る事を依頼者様に提案しますが、出来る事が、工作方法になります。その工作方法を実行に移す為に、稼働人数や契約期間で算出されるのが、復縁屋から提示される見積もりになります。

調査員や工作員をどの様に動かすか?という方法次第で、使用する調査員や工作員の人数が異なるから料金が変動するので、何をするか?どれだけの人数を使うのか?を考えて頂くと、復縁屋に依頼する料金・費用が安いなら、安い方法を提案された事にもなります。

高い料金の復縁工作を提案する復縁屋は安い方法で復縁させる方法を提案出来ないって事?

安い料金で復縁工作の依頼を請け負ってくれる復縁屋があれば一番ですが、料金が安ければ安いほど良い。というものではない事は、ご理解頂いているものと思います。

安い料金の復縁工作に依頼すると、成功しないんじゃ…?安い料金の復縁工作の方法よりも、高い料金の復縁工作の方が成功率が高いんじゃない?と考えるのも一つとして有ります。しかし、高い料金の復縁屋と、安い料金の復縁屋の違いは復縁工作の方法ですから、どちらがより成功し易いか?を判断して頂く事のは依頼者様が判断する事になります。

料金の差は、提案する方法が復縁屋によって異なりますので、方法の違いで人員をどれだけ割くかの違いでしかありません。料金の差が出るのは、依頼者様からヒアリングをして聞き出した状況把握と情報から提案させて頂く方法の差になるので、依頼者様から聞き出した情報や状況把握が違えば、提案させて頂く復縁工作の方法が異なるのも当然です。※参考記事:弊社で提案する方法を他社に持ち込んで下さい。

方法が異なるから方法を聞いて、復縁出来そうだな…、復縁出来なさそうだな…、と考えるものであって、高い料金の提案をする復縁屋は、安い料金で抑える方法を提案出来てない事にもなりますが、料金が安ければ安いほど、安い料金で抑える方法を提案出来るのではなく、何もしない前提で契約を勧める復縁屋もありますので、復縁屋選びは料金で決めるのではなく提案された方法を精査して決めるようにして下さい。※参考記事:相談段階で見分ける優良な別れさせ屋と復縁屋の選び方

復縁工作の難易度はどこを見て料金が提案されるの?

復縁工作の難易度を判定する基準は復縁屋によって異なります。過去の成功事例などを元に、復縁屋毎に難易度診断をする情報などを加味して料金が提案されます。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【難易度判断】に必要な情報など

復縁屋A社、復縁屋B社、復縁屋C社では、依頼者様の状況がどの様な状況に置かれていて、何を提案すれば復縁できるのか?の判断基準が異なります。情報量の多さや状況の悪さ等、難易度判断は復縁屋毎に見方が異なります。見方が異なる状況判断をするので、提案する方法も復縁屋ごとに異なり、方法が異なるので料金も異なります。

DVや浮気等、別れの状況は人それぞれに異なります。異なる状況やお持ちの情報量の違いがあるので、復縁屋への依頼は一律で承る事が出来ず、判断基準は復縁屋によって異なるのです。※参考記事:定額料金のコミコミプランやお試しプランで成功するの?

工作員が接触する難易度も料金が変動する理由の一つなの?

工作員が接触する難易度は料金が変動する理由の一つではありません。復縁工作の方法を提案する際に接触方法はあまり重要ではなく、何をするから復縁できるか?という部分を成功率を気にする復縁屋は重要視します。接触方法は対象者次第で変えなければなりませんが、経験のある復縁屋は接触を問題にするのではなく、どうすれば復縁出来るか?を重要視するので、接触方法が料金を変動させる理由にはなりません。※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の【接触方法】について解説させて頂きます。

情報が無ければ難易度が上がるのは普通だと思いませんか?

対象者の情報が無ければ難易度が上がるのは当然です。例えば、自宅住所が分からないで、対象者を探す事から始める依頼者様と、対象者の自宅住所が特定されている状態では、復縁屋がやらなければならない事が単純に増えてしまいます。稼働内容が増えれば料金が上がるのは当然ですし、情報がある人と無い人では難易度が上がるのは普通だと思いませんか?※参考記事:別れさせ工作や復縁工作の難易度が簡単なものとしてご依頼を検討している方へ

復縁屋に依頼する時に料金重視で選べば失敗します。

復縁工作の依頼を検討する際に、料金を比較して決めようとする方は非常に多いのですが、復縁屋に依頼する時に料金重視で復縁屋を選べば、復縁工作の依頼は失敗する可能性が高くなります。料金が高いから依頼しない…ではなく、料金が安いから依頼する…ではなく、復縁工作の方法を聞いた上で、成功率が高そうな復縁屋に依頼するのであって、成功率や方法を度外視して、料金だけで復縁屋を選んでしまうと、会社選びで失敗します。※参考記事:他社に依頼して失敗した方々が業者選びで失敗した理由

復縁屋に支払う料金は、パートナーを取り戻す為の料金とも言い換えられます。大切なパートナーを取り戻そうとする時に、料金が安いから選ぶ人っているでしょうか?

大切なパートナーを取り戻す為の平均相場100万円〜300万円は高いでしょうか?

復縁工作の依頼をすれば100%復縁できる保証がある訳ではありませんが、「料金が安いからあなたを取り戻す協力をしてもらった!!」という人と、「一番大切なのはあなただから、お金を気にするんじゃなく、一番取り戻せそうな方法を実行に移したよ!!」のどちらが復縁したい気持ちを伝える事が出来る人だと思いますか?

現状では、復縁の可能性が無い状態で、復縁の可能性が無い状態から復縁の可能性を作る為の100万円〜300万円が高いと感じるのでしょうか?

大切なパートナーと100万円〜300万円のお金のどちらが大切でしょうか?そして100万円〜300万円のお金と天秤に掛けられた大切なパートナーはどう思うでしょうか?

料金で復縁工作の依頼を決めるのは、大切なパートナーの気持ちを取り戻す事と、お金を天秤に掛けている事に気付かなければ、復縁工作の方法以前に復縁が成功する事はないと思いませんか?※参考記事:(株)ジースタイルが他社よりも依頼を頂けるポイント