復縁したいから復縁屋に依頼するのが普通の考えになりますが、依頼者と対象者が逆ではないか?と復縁相談を頂いてる間に感じるケースが稀にあります。

依頼者と対象者が逆というのは、

  • 依頼者=復縁したい人
  • 対象者=復縁されたい人

という図式が逆に見えてしまうという事です。

どういう事?と思うかもしれませんが、復縁したい人の印象は対象者の事を好きで好きで仕方なく、寝ても覚めても対象者の事ばかりを考えてしまい、復縁問題で頭を抱える事が苦しくなり、復縁屋に依頼するのが復縁屋に依頼する人という印象を抱きませんか?

対象者は依頼者とは逆で、依頼者が復縁を望む事を良しとせず、復縁は受け入れられない状態であり、依頼者への関心も少ないのが復縁工作の対象者という印象を抱きませんか?

少しややこしい話しですが、依頼者は対象者との復縁を望むからこそ復縁屋に依頼する為の費用を捻出するのが通常になると思います。

しかし、稀に復縁工作の依頼を頂いていると復縁を望んでいるのは対象者であって、復縁を拒絶しているのは依頼者ではないか?という印象を受けてしまう依頼者も存在します。

復縁相談の段階から、なぜ別れたの?と依頼者に質問し、『復縁したいと伝えれば復縁できると思いますよ』という相談者であり、依頼者も存在します。

復縁屋にしてみれば100%復縁成功する事が見えているのですが、復縁したいと伝えれば復縁できるだけの状態で復縁工作の依頼を承る事は出来ませんから、『依頼しないで復縁したいって伝えれば良いと思いますよ。もしも復縁したいって伝えて復縁出来なかったら教えて下さい。』と伝えます。

依頼者は復縁したいと想い、復縁相談を頂くのですが、お話しをお伺いさせて頂けば頂くほど、何故別れたの?が頭から離れない状態の復縁相談者がいるのです。

明らかに対象者が悪いケースでも、依頼者は自分に非があると思い、対象者から復縁を望まれているのに、復縁のサインに気付けません。

復縁のサインに気付けない依頼者は対象者と入れ替わる

復縁のサインに気付けない依頼者は対象者と入れ替わる事があります。

復縁のサインに気付けないので、対象者から復縁したいサインが出ていても復縁を難しく感じてしまいます。

復縁経験がないので復縁のサインに気付けません。

復縁のサインを勘違いする人も多い

復縁相談者の中には復縁のサインを勘違いして『これって彼(彼女)は復縁したいと思ってますよね?』という話しをしますが、復縁のサインを勘違いして自爆します。

自分で復縁のサインに気付いた!という人は本当に自信があるなら復縁屋に『復縁のサインですよね?』と確認する事はありません。

復縁のサインが出ていない人が復縁のサインを勘違いするケースはとても良くあります。

依頼者と対象者が逆転して見える人の特徴

恋人の関係でありながら上下関係が生まれ、対象者が上、依頼者が下という立場で関係を構築していた場合に依頼者と対象者が逆転して見える事があります。

対象者から常に罵倒、DVをくり返され、依頼者は常に自分が悪いのではないか?と頭を抱え込んでしまう場合があり、上下関係が出来上がった関係では依頼者と対象者が逆転現象が起こり易くなります。

罵倒、DVを繰り返されながら復縁したい…と望む為、ある種の洗脳に近い状態になる為、復縁を望む立場と復縁を望まれる立場が逆転し、洗脳に近い状態で復縁しなければならない…と依頼者側が考えてしまう為、復縁を望む側とそうでない側は客観的に見た際に逆転して写ってしまいます。