復縁屋に依頼をすると復縁屋との連絡は復縁工作や調査を行った時の報告だけではありません。

復縁工作を進めていく過程で別れの原因を対象者から聞き出し、聞き出した情報を元に依頼者は別れの原因を改善しなければ復縁には至りません。

依頼者の復縁成功の為に復縁工作のご依頼を承るのですから依頼者の自己改善の為にアドバイスをしなければなりません。

復縁工作の依頼をすれば自己改善に努めて頂くので連絡を取り合うのはとても重要で、アドバイスや打ち合わせの重要性について理解して頂かなければ復縁工作を行ったところで復縁の可能性を急激に上昇させる事は出来ません。

復縁屋への依頼を検討している方々は依頼した後のアドバイスや打ち合わせの重要性もご理解頂き、時間を割いて頂く事を前提として復縁屋に依頼する事を頭の片隅に入れて頂ければと思います。

復縁屋との打ち合わせの時間は決まってる?

復縁屋に依頼した後は、いつ対象者から依頼者の元に連絡が来るか分かりません。

街で偶然対象者と再会してしまう事も稀にあり、定時連絡だけ復縁屋と取り合ったところで必要な連絡が取れなければ失敗を積み重ねてしまう事があります。

復縁屋にアドバイスをもらう時間や打ち合わせをする時間は必要であればすぐにでも連絡しなければならず、決まった時間に打ち合わせをするのではなく、必要なタイミングに必要な内容をいつでも話せる状況がなければなりません。

仕事を休んで連絡する必要まではありませんが、24時間いつでも対応してくれる復縁屋でなければどんなミスが命取りとなって復縁の可能性を下げるか分からない為、打ち合わせの時間は事前に定めるのではなく、必要な時間に必要なタイミングでいつでも連絡が取れる状態でなければ復縁屋に依頼しても失敗する可能性を残してしまいます。

復縁屋との連絡回数が決まっていたら自己改善は進みません。

復縁屋との連絡回数が決まっていれば自己改善などの依頼者をサポートする形は取れなくなります。

復縁屋がアドバイスをして後〇回しか連絡が取れません。となった時、回数制限があれば自己改善は依頼者に任せきりになってしまいます。

依頼者任せで自己改善をさせて出来るのなら復縁屋の必要性は大幅に削減されます。

依頼者の変化に気付く為には細かな連絡が求められ、細かな連絡を取り合うから依頼者の変化に復縁屋も気付きます。

依頼者の変化が分かるから対象者に工作員を接触させた時に心理誘導で依頼者との復縁を押せるものになり、連絡回数や時間が決まっていればアドバイス通りに改善出来ているか?の判断も出来ず、復縁工作を進めたところで最終的に対象者が復縁を意識してくれても復縁が叶わない結果になってしまいます。

復縁成功率の高い復縁屋は依頼者との連絡回数に制限を設けません。

アドバイスとは分かる様に説明出来る人が出来る事

アドバイスとは相手が理解でき、理解して行動できる様に説明できる人が出来て初めてアドバイスと言います。

復縁屋によっては復縁屋の頭の中で完結している事を上手く説明できず、依頼者が理解していない状況なのにほったらかしにする復縁屋もあります。

アドバイスは聞き手が理解出来て、理解した内容をどうすればどんな結果になるか?を想像させられるのが良いアドバイスになり、アドバイスが出来ない復縁屋は自分だけで完結して依頼者は何も理解しないアドバイスをアドバイスと呼びます。

例えば、部屋が汚い事が原因で別れを切り出されたとします。

『部屋を掃除しましょう!!』というのはアドバイスですが、アドバイスを理解してる復縁屋は下記のアドバイスをしなければなりません。

  • どこが汚いと思われているのか?
  • どの様に整理整頓をすれば良いのか?
  • 部屋を汚さない為に何をすれば良いのか?
  • …etc

『部屋を掃除しましょう!!』というアドバイスをアドバイスと呼ぶ復縁屋も多い為、相談時にどんなアドバイスをくれたのか?も復縁屋選びのポイントにして下さい。

アドバイスの結果キチンと改善しているか?の確認も復縁屋はしなければなりません。

アドバイスの結果、依頼者がキチンと改善しているか?の確認も復縁屋は確認しなければなりません。

アドバイスは言いっぱなしではなく改善された事を確認するまでがアドバイスになり、結果的にそれが出来るから復縁の可能性を上げる事にも繋がるのです。

復縁工作の依頼をしただけで復縁できる訳ではなく最終的に依頼者が対象者にどう見られるか?が重要になります。

最終的にどう見られるか?という部分はアドバイスで変えるところでもあり、アドバイスを言いっぱなしにする復縁屋では最終的にどう見られるか?でマイナスに見られて確実に復縁は失敗します。

復縁屋からの厳しいアドバイスは依頼者を復縁させてあげたいから

復縁屋は依頼者にとって厳しいアドバイスをしなければなりません。

別れの原因を交際時に改善出来なかった依頼者を改善させるには依頼者の考え方等を否定しなければなりません。

依頼者を肯定できるなら依頼者は別れていないのですから復縁屋に頼る必要はありません。

否定するより肯定する方が楽ですが、復縁屋が依頼者を肯定すれば依頼者の為にならないのです。

復縁工作を進めていくと確実に対象から依頼者に対する不満を聞き出します。

例えば、ワキガが原因で別れに到ったと対象者から聞いた場合、依頼者がワキガである事を隠すのは復縁を目指す上で正しい事でしょうか?※今までにワキガが原因で別れを告げられた依頼者はいません。

別れの原因が本当は依頼者のワキガだった事を聞き出した場合、ワキガを伝える事は厳しい事であり、聞く人にしてみれば自分を否定されていると捉えます。

病院に行って治療すればワキガ以外の問題はないのですから復縁の可能性を上げられるものがワキガを指摘しなければ復縁の可能性はいつまでも上がりません。

復縁屋はアドバイスでワキガを直す方法について説明しなければなりませんし、ワキガを直すにはワキガが直っているかも確認しなければなりません。

厳しいアドバイスは依頼者を復縁させてあげたいからであって依頼者を憎むからするものではありません。※繰り返しますがワキガが原因で別れたという案件は今までにありません。

別れた原因の記憶を排除する事は出来ないからこそ厳しいアドバイスになる

対象者が別れを決断した理由の記憶の改竄は復縁工作では出来ません。

依頼者に対する不満を対象者の記憶から消せない以上、対象者が抱えている依頼者への不満を取り除くには記憶を上書きする以外にないのです。

記憶の上書きは悪い印象を良い印象に変える事であり、良い印象を与える為に復縁屋は厳しいアドバイスをしなければなりません。

良い印象を与える為には別れの原因となった部分は改めなければならず、別れた原因の記憶を上書きするには厳しいアドバイスをして依頼者を対象者の好みに合わせた人物に矯正しなければなりません。

厳しいアドバイスが出来なければ矯正させる事も出来ない為、復縁屋は厳しいアドバイスをしなければならないのです。

復縁工作の依頼をすれば依頼者は対象者と再会します。

再会した時に記憶を上書してもらう為には別れの原因を改善させなければならず、厳しいアドバイスを復縁屋から受けるから記憶の上書きにも繋がります。

復縁屋からのアドバイスを有効活用するには依頼者の協力は必須

復縁屋からのアドバイスを有効活用するには依頼者の協力は必須であり、否定しなければならない事を真剣に受け止められるかどうかも復縁の可能性を上下させます。

対象者から聞き出した情報は復縁屋の考えではありません。

復縁したい相手がどう思っているか?を真剣に依頼者が自分を変える為に受け止められなければアドバイスをしても意味がありません。

依頼者が対象者から聞き出した言葉を真摯に受け止める姿勢がなければ復縁屋がアドバイスをしたところで有効活用する事は出来ません。

対象者から聞き出した内容をそのまま復縁屋は依頼者にアドバイスも交えて話します。

アドバイスを受ける依頼者が協力的でなければ復縁屋が何を伝えても別れの原因を改善させようがなくなり、復縁工作で対象者に復縁を意識させても復縁は遠のきます。

アドバイスだけで復縁できるなら一番だと復縁屋は考えます

復縁工作のご依頼を頂かなくてもアドバイスをする事で復縁できるなら何よりだと復縁屋は考えます。

しかし、上述した様にアドバイスは単発で何かを伝えたところで最終的にシッカリと理解をしているか?までの確認が出来なければアドバイスとは言いません。

無料相談でアドバイスを欲しいという方は大変多くいらっしゃいますが、本当のアドバイスを理解していない事が分かります。

何かを伝えて理解出来て改善されているなら復縁屋に頼る必要なく復縁のアドバイスを求める状況に陥ってないのです。

アドバイスで復縁できる事は一番喜ばしい事ですが、別れを告げられた元恋人から指摘されていた事等を改善出来なかったから別れに至った訳です。

過去に出来なかった人が『別れて反省してるんで出来ます!』と簡単に口にするのですが、そもそもの問題で別れた恋人からの言葉に真摯に耳を傾けられなかった人が別れを告げられた事で何か一言を誰かに言われた程度で改善される事等ないのです。

アドバイスだけで復縁できるなら一番だと復縁屋は考えますが、復縁する為のアドバイスは最後までシッカリと支えるサポートが出来るアドバイスとなり、たった一言何かを伝えるだけのアドバイスとは異なります。

言葉だけで真剣です!という人にアドバイスをしても結果はついてきません。

アドバイスをする際にlineやメールを活用する事がありますが、文章を読まず同じ質問をする人にアドバイスをしても結果はついてきません。

本当に真剣にアドバイスを受けようとする人とそうではない人のやり取りは明らかに異なり、元恋人から嫌な事を指摘されていた事も真剣に聞いていなかった可能性が十分に考えられます。

真剣に聞いていないと捉えられるので元恋人は呆れてしまい、気持ちが冷めて別れるという選択をしたケースは多いのですが、復縁屋に対しても『真剣に聞いています!』と言いながら、真剣さを感じない依頼者にアドバイスをしたところで結果がついてくる事はないのです。

言葉で『真剣です!』という事と態度で真剣さを表す事は全く異なります。

言葉で『真剣です!』というだけの人が復縁という結果を求めたところで態度が真剣でなければ元恋人と再会した時に簡単に見破られ、復縁に辿り着く事はありません。