復縁屋に依頼する前の方々は復縁屋に対する不安、不審を少なからず持っています。

不安、不審がある方に復縁屋はどんな対応をするのか?

対応する時の態度はどんな対応が適切なのか?

依頼者様に寄り添って話しを聞くのは当然ですが、本来復縁屋は依頼者様にへりくだる必要がありません。

依頼をする=お金を払うからお客様という態度で復縁屋に接してくる方に復縁屋が下手に出て『依頼して下さい。』という事はそもそもありません。

予備校の先生が生徒に『大学に進学したいなら入塾しなさい!』と言わない事と同様に復縁屋が『復縁したいなら依頼して下さい。』と言う事はないのです。

かと言って予備校の先生が高圧的な態度をとって生徒に触れるのではなく、親身になって大学進学について生徒に寄り添って話しを聞いてくれます。

しかし、『大学進学したい!』と口では言っていても勉強を一切しない生徒に対して予備校の先生が親身になって相談にのる事はあるでしょうか?

『勉強してます!!』と言いながらスマホを弄って遊びながら勉強している生徒に予備校の先生が寄り添って話しを聞きたいと思うでしょうか?

復縁屋は復縁したい!と悩みを抱えている方の味方となり、復縁する方法を提案する探偵会社になります。

『復縁したい!!』という言葉に嘘があれば復縁屋も協力的な姿勢を取る事はありませんし、復縁屋の対応態度は依頼者様や相談者様次第で変わります。

対応の良い復縁屋とはどんな対応をしてくれる復縁屋?

対応の良い復縁屋とは相談者様の話しにただ耳を傾けるだけではなく、相談者様の問題点について指摘してくれます。

復縁を求める方々は何かしらの問題点を抱えている方が多く、相談者様に問題点が全くない状態で復縁を望むケースはありません。

抱えている問題点を指摘してくれるからこそ復縁に繋がるキッカケにも繋がり、抱えている問題点に気付きながら何も指摘せず元恋人のアラ探しや問題点を見つけようとする復縁屋は相談者様にとって耳障りの良い言葉になりますが復縁に繋がる事はありません。

相手の問題点を探すのではなく、相談者様の問題点を相談時から探す為の話しの聞き出し方をしてくれる復縁屋が対応の良い復縁屋となりますが、相談者様の抱えている問題点を高圧的な態度で指摘する復縁屋は決して対応の良い復縁屋とは言えません。

ヒアリングの段階で問題点を指摘してくれるのが対応の良い復縁屋でもあります。

ヒアリングの段階で相談者様の問題点に気付き、問題改善に向けて協力的な姿勢を見せてくれるのが対応の良い復縁屋でもあります。

但し、問題点に気付いた時に『〇〇に気を付けましょうね』と一言アドバイスをするだけで改善出来るケースはほとんどありませんのでご注意下さい。

相談者様の味方だからこそ優しい言葉を掛けないのが対応の良い復縁屋になります。

相談者様の味方だからこそ優しい言葉や耳障りの良い言葉を伝えるだけでは復縁できない事を復縁屋は知っています。

問題を改善しなければ元恋人から再度恋人として見てもらう事は出来ない訳ですし、耳障りの良い言葉は相談者様の為にはなりません。

相談者様の為を思うからこそ優しい言葉を掛けるのではなく厳しい言葉を伝えてくれた結果、復縁に進む訳ですから対応の良い復縁屋に相談すると自分では気付かなかった部分に気付き、復縁委進む事が出来るのです。

対応の悪い復縁屋とは相談者様に嘘を教える復縁屋

対応の悪い復縁屋は『あなたは今のままでも十分魅力的だと思います。』という話をしてきます。

相談者様に問題がなければ元恋人は別れる決断をしていません。

今のままでも十分魅力的な男性(女性)なら、そもそも復縁屋に相談する事自体ないのです。

相談者様に聞こえの良い言葉を掛けてくれる復縁屋は一見対応が良く感じますが、結局復縁する為に必要な事を見て見ぬふりをする訳ですから対応が良い復縁屋とは言えません。

耳障りの良い言葉は復縁したい方々にしてみれば心が楽になる言葉になりますが、心が楽になる言葉を聞かされる復縁屋の対応は一見して親身になって相談にのってくれていると感じがちですが、復縁を求める際に逆効果になります。

ヒアリングをしっかりしない対応の悪い復縁屋もあります。

ヒアリングをシッカリしない対応の悪い復縁屋もありますが、ヒアリングの大切さを復縁屋自身が分かってないケースもあります。

ヒアリングをしない対応の悪い復縁屋は他社の批判や法人登記等、復縁とは全く関係のない復縁屋の話しをしてきます。

状況が分かるから復縁に向けて何をすればいいのか?がアドバイス出来ます。

状況が分かるから復縁の可能性があるか?について判断出来ます。

状況も分からずヒアリングをしない復縁屋もあり、状況について詳細を理解しないまま相談を受ける復縁屋もある為、対応の悪い復縁屋にはご注意下さい。

メールの返信が全く的を得ていない復縁屋もあります。

以前に子供が出来ない事が理由で離婚を回避できなくなったという相談者がいましたが、復縁屋某に相談したところ『料理を上手になって胃袋を掴みましょう!』というアドバイスをしていた復縁屋がありました。

赤ちゃんが出来ない事が理由にも関わらず料理が上手になれば復縁出来ると思わせる復縁屋某には呆れてしまいましたが相談の段階から的を得ていない事を言われていたのも想像できます。

その相談者は復縁屋某に契約したと後日ご連絡を下さいましたが、その相談者は自分に都合の良い言葉を掛けてくれる復縁屋を選んだ事で復縁できない人の典型的なパターンだという事も分かります。

3か月経過した際に弊社に復縁工作の依頼について問い合わせ頂きましたが、復縁工作の依頼について説明するまでもなくお断りさせて頂いたのは言うまでもありません。

復縁したいならお金を借りて来い!という対応の悪い復縁屋もあります。

『復縁したいなら復縁工作をしなければ絶対に復縁できないからお金がないなら借金して来て下さい!』という対応の悪い復縁屋もあります。

復縁屋が借金を強要する事自体ありません。

復縁屋に依頼するかどうかは依頼者様が決める事であり、復縁屋が決める事ではありません。

依頼するお金がなくて借金するかどうかは当然復縁屋が決める事ではありません。

復縁工作をしなければ復縁できない状況であっても、復縁工作の依頼をするかどうかは依頼者様が決める事だからこそ復縁したいならお金を借りて来いという対応の悪い復縁屋には十分にご注意下さい。

復縁屋の対応の良さを誤解しない様にしなければ依頼しても復縁は失敗します。

復縁屋の対応の良さを依頼者様を肯定する言葉を掛けてくれるのが対応の良い復縁屋と誤解していれば復縁工作の依頼をしても復縁に繋がる事はありません。

復縁屋の対応は依頼者様の味方だからこそ厳しい事を言ってくれるのが対応の良い復縁屋となり、厳しい事を言ってくれながらも高圧的な態度でアドバイスをするのも対応が良い復縁屋とは言えません。

対応の良さを誤解する依頼者様はとても多く、耳障りの良い言葉を並べて『依頼すれば復縁できますよ。』という復縁屋に依頼しても復縁は出来ません。

別れを告げられて傷付いているのは分かります。

傷付いているからこそ顔を上げ協力し合って復縁を目指す為に復縁屋はあります。

傷付いている時に復縁屋が甘い言葉を掛けてくれても別れを告げられたのは相談者様、依頼者様に原因がある以上、問題に向き合わなければ復縁は出来ないのです。

別れを告げられた時に甘い言葉を掛けられるのは心が揺れるかもしれませんが、甘い言葉を囁かれて苦しい事から逃げ出せば復縁できない事を十分にご理解頂ければと思います。

復縁屋の相談員や担当者と依頼者、相談者の関係とは?

復縁屋の相談員や担当者と依頼者、相談者の関係はどちらが立場が上だとかどちらが立場が下という関係ではありません。

立場が対等だから協力し合える関係であり、協力し合える関係だからこそ次々に方法を提案する事や契約以上の協力を惜しみません。

お金を払うだけの関係の場合、お金以上の協力をするでしょうか?

少なくともお金を払う、お金をもらうだけの関係の場合、お金を払った対価を求め、お金をもらった分の仕事をこなすだけになります。

復縁工作はお金だけの関係だけで復縁成功に導けるものではありません。

復縁屋の対応態度がお金だけの関係での対応態度なら心理誘導だけで復縁成功に繋げると言っているのと同様です。

依頼者の協力が必要な復縁工作の依頼で復縁屋と依頼者の関係が良好な関係を保てなければ復縁成功に繋がる事はありません。

協力する姿勢は復縁屋だけに求めるモノではなく、復縁屋に協力姿勢を求めるなら依頼者様にもご協力頂かなければチームとして復縁を成功させる事には繋がりません。

復縁屋の担当者の気持ちは依頼者様を復縁させたいと願う気持ち

復縁屋の担当者は依頼を頂く以上、依頼を成功させてあげたいと考えるものです。

復縁成功させたいと願うからこそ必死に復縁させる為に依頼者様に寄り添った提案をさせて頂くのです。

当然の事ですが、担当者が本当に依頼者様を復縁させたいと願う復縁屋なら依頼をした後に連絡が一切取れなくなる事はありません。

担当者が本当に依頼者様の復縁を願うなら面談時に登記簿謄本を見せる事や他社を貶す話しばかりをする事はありません。

復縁させる為に何をすれば良いのか?という話をするのが面談ですから復縁屋との面談で復縁屋の対応態度が復縁する方法の提案ではなかった場合、復縁屋の担当者の気持ちは依頼者様を本当に復縁させたいと願う気持ちがあるのか疑問です。

何の復縁屋に相談・依頼をしますか?復縁する為?復縁工作の依頼をする為?

復縁相談を頂く方の中には、相談員が相談者様の問題点について言及すると「何でそんなことを言うんですか!」と怒りを露わにする相談者も少なくありません。

例えば過去に相手にDVをしていた事が原因で別れた方や浮気を繰り返して別れた方に厳しい言葉をお伝えさせて頂くと「何でそんなことを言うんですか!」と口にします。

浮気した事を言及された時に元恋人に『何でそんな事を言うの?』と言えるのだろうか?と不思議に思うのですが、DVや浮気に限らず相談者様、依頼者様に問題がある時に厳しい言葉を受け入れる事が出来なければ、そもそも復縁できる理由がないのです。

復縁するのが目的ではなく復縁工作の依頼をするのが目的なら別れの原因について知る必要もありませんし、依頼者様が復縁工作の協力をする必要もありません。

何の為に復縁屋に相談・依頼をするのか?を分かっていなければ復縁屋は復縁屋に相談・依頼をする意味を教えるところから始めなければなりません。

現実を受け入れる必要性や自分の過ち等、現実を理解するから復縁屋に依頼する意味があります。

  • 大変ですね~
  • そうなんですか~
  • 辛いですよね~

といった同情の言葉を伝えたところで復縁出来る事はありません。

復縁工作の依頼を承るのは依頼者様を復縁させる為に依頼を承るものです。

依頼者様の気持ちを楽にさせる為に復縁工作の依頼を承る訳ではない為、復縁屋の対応態度も自然と厳しい言葉が出るのです。

悪い部分を悪いと伝えてくれる復縁屋の対応は正しいの?

悪い部分を悪いと伝えてくれる人がいないから元恋人との関係に問題が起きても気付かず別れに至った訳です。

悪い部分を悪いと別れる前に気付かせてくれていたら別れに至る事はなく、悪い部分を悪いと伝える事が出来る人が復縁を求める人には必要とします。

悪い部分を悪いと伝えてくれていたら別れる事がなかった。と考えれば復縁屋が厳しい事を言う事や悪い部分を悪いと伝える事は正しいかどうか分かりますよね?

復縁する為には必要な事でもあります。

復縁屋が都合の良い甘い言葉を掛けたら要注意

復縁屋が都合の良い甘い言葉を掛けたらご注意下さい。

都合の良い甘い言葉とは『復縁工作の依頼をすれば復縁できますよ!』といった言葉であったり『辛いですよね?頑張りましょう!!』という言葉であったり、別れの原因が分からないのに『自分磨きをして綺麗になりましょう!』であったり、厳しい事は一切なく、自分にとって楽な言葉を復縁屋が掛けてきたら要注意です。

復縁屋は依頼者様にごまをする必要はありませんし、依頼者様を気持ち良くさせる為に相談を受けるモノではありません。

優しい上辺だけの言葉で復縁に全く繋がらない慰めをしてくれるだけの為にお金を遣う理由はなく、復縁屋が都合の良い甘い言葉を掛けてきたら復縁する為ではなく復縁工作の依頼を取る為だと認識して下さい。