復縁相談を頂く方々から下記の様なご質問を頂くケースは少なくありません。

  • 彼(彼女)に何てlineを送れば復縁できますか?
  • 復縁したい相手に新しい恋人がいると思いますか?
  • 彼(彼女)は今どんな気持ちなんでしょうか?
  • 復縁できますか?

『分かりません』という言葉を復縁屋は返します。

見た事も会った事もなく、どんな状況かも分からない状態で上記質問に答えられる復縁屋はありません。

相手を知る事や状況を把握するからアドバイスをする事は出来ますが、どんな人なのか?どんな状況なのか?も分からない状態で答えるのは復縁屋ではなく占い師になります。

復縁したい相手の事や状況を何も知らない復縁屋が『分かりますよ』と言えば嘘になります。

何も分からないから状況等をお伺いさせて頂きますが、一方だけの話で状況全てを把握出来る事はありません。

特に、相談者から話しを聞いている状態で相談者自身が分からない事を復縁屋に聞けば分かるかもしれない。と考える方は多いのですが、相談者自身が分からない事を復縁屋に相談しただけで分かる事等ないのです。

この当たり前の事を理解してない復縁屋は大変多く、分からない事を分かったフリをして返答する復縁屋も多く、分かったフリをする復縁屋に依頼してしまう方も少なくありません。

話しをする本人が分かってない事を聞く側が分かる事はありません。

例えば、なぜ別れてしまったのか?という話しをお伺いさせて頂く際に、『〇〇がいけなかったんだと思います…』という話しをする方は大変多くいらっしゃいます。

〇〇がいけなかったのなら『〇〇を直せば復縁できるんじゃないですか?』という話し以外に状況を知らない復縁屋が言える事はないのです。

〇〇を直せば復縁できるんじゃないですか?という返答に『そうですね!』という方は少なく、『でも…』という言葉を相談者は口にし、でも…という言葉を口にするという事は相談者が復縁やに伝えた以外の問題を抱えている事を相談者自身も気付いていながら復縁屋に伝えてない事が分かります。

状況を説明出来ない相談者からのご相談を頂く復縁屋が状況を全部把握する事は出来ません。

状況を把握する為に復縁屋は復縁工作や復縁調査を行うのですが、復縁調査を行動調査等と同様に考える復縁屋も依頼者もとても多く、復縁調査が何を調査するのか?を理解していない方に復縁調査の重要性を説明させて頂くページになります。

復縁工作を行う上でも重要な復縁調査ですが復縁調査は行動調査が目的ではなく状況把握が目的である事をご理解頂ければと思います。

別れさせ屋・復縁屋の探偵社!
1970.01.01
別れさせ屋・復縁屋の探偵社!
https://fukuennya.com/%e5%88%a5%e3%82%8c%e3%81%95%e3%81%9b%e5%b1%8b/%e8%aa%bf%e6%9f%bb/%e5%be%a9%e7%b8%81%e5%b1%8b%e3%81%ae%e5%be%a9%e7%b8%81%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%82%92%e8%aa%bf%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%84%e3%81%8f%e3%81%ae%ef%bc%9f/
別れさせ工作、復縁工作、出会い工作をお探しなら別れさせ屋、復縁屋の探偵社!(株)ジースタイルは安い料金で成功する方法をご提案させて頂いています。

復縁調査って何?

浮気調査や素行調査は耳にした事がある人も多いと思いますが、復縁調査は依頼者が復縁したい相手の状況を確認する目的の調査になり、行動調査とは異なるものになります。

依頼者から頂く住所や氏名等の情報を元に対象者の尾行、張り込みを行います。

対象者の行動を把握するのはもちろんですが対象者の人間性などについても尾行、張り込みを駆使して判明させ、依頼者から頂く情報の整合性を確認する目的の調査でもあります。

情報不足で復縁調査を行えば情報が多い調査よりも労力が必要になる

調査をするにあたって情報の有無は全く異なります。

情報があれば調べなければならない部分を省く事が出来、情報が無ければ不足している部分を埋める労力が掛かるのは当然です。

対象者の住所が分かっているのと住所が分からないのでは調査するスタートラインが異なるのは分かると思います。

復縁調査で収集した情報を分析する能力は必須になります。

調査で集めた情報を分析出来なければ復縁屋として運営していく事は出来ません。

集めた情報をプロファイリングし、プロファイリングした情報を元に何をすれば良いのか?を提案するのが復縁屋になる為、分析能力がない復縁屋も大変多くありますが情報を収集するだけではなく収集した情報を元にプロファイリングする事まで合わせて復縁調査と呼びます。

『〇時〇分に対象者がコンビニに行きました。』という報告をすれば調査をしている。と考える復縁屋はとても多いのですが、コンビニに対象者が行ったという報告をして復縁できる事はありません。

何時何分にコンビニに行ったことを報告するだけで復縁できるなら復縁屋に頼る必要はありません。

コンビニに行って何を買ったのか、どんな心境なのか、一度コンビニに行っただけで分かる事はなく、情報を収集して分析した報告を依頼者にするのが復縁調査になります。

復縁調査を省けば復縁工作が失敗するリスクが生じる

復縁調査を省いて対象者に工作員を接触させて欲しい。という相談者がいますが調査を省けばプロファイリングが出来てない状態で接触させる訳ですからリスクが生じます。

相手の事を依頼者情報しかない状態で接触する訳ですから何もない状態で接触するのは方法を変えても街でナンパするのと変わりません。

街でナンパする様な接触方法は失敗するリスクが生じるのはご理解頂けるかと思いますが復縁調査を省くという事は復縁工作を進めていく上で大きなリスクを抱える事を忘れてはいけません。

他社に依頼して失敗した方から拝見させて頂く他社の報告内容

他社に依頼して失敗した方から拝見させて頂く他社の報告内容を見る機会はとても多いのですが、行動調査の報告はしていても心理分析をした調査報告をしている報告内容が書かれている事はありません。

行動調査をするだけで何も心理分析がされていないのですから調査が失敗した次の提案もされず、何も進展がないまま契約が終了している報告内容ばかりが目につきます。

対象者の心理状態等を分析する為の目的ではなくなっているので他社の報告内容がホームページ上にも挙げられていますが、行動調査をしているだけで何も調査の意味を成していない事が分かると思います。

依頼者から伺った誤った情報を復縁調査によって確認する必要がある

依頼者の話を疑う訳ではありませんが、依頼者情報が全て合っているのなら復縁屋に相談しなくても復縁できています。

依頼者は交際相手との関係や交際時の思い出など都合良く解釈している事もあり、疑いを持たずに復縁屋が鵜呑みにしてしまえば復縁は出来なくなってしまいます。

依頼者が考えている通りの結果なら復縁できているけれど、現実は復縁出来てないという部分を復縁屋は疑いを持たなければなりません。

依頼者の話を全て肯定するのは簡単です。

しかし、疑いの目で見るからこそ真実は浮かび上がり、復縁できない理由にも行き着きます。

復縁屋は探偵という職業柄、情報を全て鵜呑みにするのではなく何が?という小さな綻びを見逃さない様にしなければならないのです。

その為、依頼者から伺った情報も全て真に受けるのではなく伺った情報一つ一つも確認していく必要があり、復縁調査は依頼者情報の真偽についても確認する作業でもあります。

なぜ調査しなければならないのかを知る事で工作成功率UPにも繋がります。

復縁工作の依頼をすると、どの復縁屋も調査の重要性を説明します。

先に述べたように調査の意味を知らない復縁屋もある為、調査の意味を理解せずに契約してしまう方も大変多くいらっしゃいます。

行動調査が目的なら復縁屋に依頼しなくても行動調査は出来ますが、復縁屋の調査は行動調査とは異なる為、復縁調査の意味を理解していなければ復縁屋に依頼する意味がそもそもありません。

なぜ対象者を調査しなければならないのか?の理由が接触する為だけだと考えていれば工作員が接触したところで復縁に向かう事はありません。

復縁工作は接触する事が目的ではなく、心理誘導を行って復縁に対象者の心理状態を傾ける事が目的の為、復縁調査の段階で心理状態を読み解く報告が出来なければ心理誘導をする事も出来ないのです。

復縁調査を知る事で工作が必要かどうかの判断が変わる

復縁調査で工作員の接触が必要ないと判断できる時もあります。

状況把握が出来る事で依頼者の対応の仕方などをアドバイスするだけで復縁成功に至ったケースも少なくない為、依頼者の状況によってですが工作が必要ないと調査段階で出来る事もあります。

調査をして復縁成功率は本当に上がるの?

調査をする事で復縁成功率は確実に一人で復縁活動するよりも上がります。

一人で復縁活動をする場合に正しい状況判断なのか間違った状況判断なのかが分かってない状態で活動する為、正直に申し上げまして一人で復縁活動する方の復縁成功率は10%にも満たしません。

10%にも満たない復縁成功率のまま復縁活動をするよりも復縁調査や復縁工作を活用した方が遥かに復縁成功率は上がります。

復縁調査には5W1Hが求められます。

復縁調査には5W1Hを用いて進められます。

5W1Hとは、事業計画や改善計画を立てるときに用いられる、what(何を)・when(いつ)・who(だれが)・where(どこで)・why(なぜ),how(どのようにして)という問いかけになります。

復縁計画に当たり、常に5W1Hの6要素が盛り込まれているかという視点から行動を見つめ直し、行動に落ち度がない計画にしていく事が求められます。

復縁調査の分析結果が復縁工作も含めた復縁成功を左右する

復縁調査の分析結果があるので復縁工作も含めた復縁成功を左右します。

復縁を望む方々は状況把握を正しく出来ていません。

正しい状況把握が出来てないのですから最初から復縁は難しい事を忘れてはいけません。

状況把握が出来てない状態で復縁が難しいのですから正しい状況把握が出来ていれば正しい状況把握のまま復縁工作を進める事が出来、復縁成功に繋げる事も出来るのです。

復縁調査の分析結果が正しくできる復縁屋と正しくできない復縁屋があり、そこが復縁屋の技術の差でもあります。

調査をする、接触をするという契約をしたら当たり前にやらなければならない事を当たり前と言えない復縁屋は復縁調査の重要性について説明出来ない為、悪質な復縁屋に引っ掛からない様にご注意頂ければと思います。