復縁したい方からご相談を頂き、復縁工作のご依頼を検討して頂きますが時間や労力を費やさなければ復縁が難しいケースを一人でどうにかしようとしても出来ません。

別れの本当の原因を聞き出す事や復縁に向けた心理誘導が必須の場合に復縁工作をせずに復縁しようとする方も中にはいますがどうにもならない事はどうにもなりませんし、どうにもならない状況でどうにかしようとする判断は復縁を諦めるという判断と同様です。

時間と労力を掛けなければ復縁の可能性がないものを時間と労力を掛けずに復縁を目指そうとしても復縁出来る事はありません。

出来ない事をやろうとするのは出来ない事なのでやれません。

出来ない事をやれない事に気付くから出来る様になり、出来る様になるから復縁に向かえます。

時間と労力を掛けなければならない状態で時間や労力を掛けずに復縁しようとする方々は、最初の段階から復縁できない道を進んでいる事に気付かなければなりません。

復縁屋は過去に数々の復縁成功者を輩出していますが、最終的に復縁した方々は『一人で何かをしようとしても出来る事じゃなかったですね。』と声を揃えて仰います。

復縁できる人と復縁できない人の圧倒的な違いは現実を見て現実を受け入れた行動が出来るかどうかです。

現実を受け入れた行動が出来ない人に復縁は出来ませんし、復縁に進む事すら出来ません。

時間と労力を掛けなければならない現実を受け入れられなければ復縁は諦める方が時間を無駄にしません。

復縁屋が1人での復縁活動をおススメしない理由

復縁屋が一人での復縁活動をお勧めしない理由は復縁できないからになります。

復縁できそうだな…という人には復縁活動の進め方を簡単に説明して一人で復縁活動を進める様にアドバイスしますが、復縁屋に相談している時点で復縁活動を理解していないという現実を復縁屋は知っている為、復縁活動を理解してない人が一人で復縁活動を進めたところで復縁できない事も復縁屋は知っています。

復縁できる人は復縁屋への問い合わせの内容から全く異なります。

復縁屋に問い合わせした時の問い合わせ内容を聞けば一人で復縁活動をして復縁できる人かそうでない人かの判断が出来ます。

一人での復縁活動を勧めない方は一人で復縁活動をしても難しい事が復縁相談の段階で分かる方になり、一人で復縁活動をしても復縁に繋がらない事が予測できる為、復縁屋は一人での復縁活動を勧めません。

友人に頼れば復縁屋に協力してもらう必要はない?

友人に頼って復縁工作をしてもらおうとする方や友人に頼って復縁の橋渡しをしてもらおうとする方の多くは復縁出来ず復縁を諦めます。

復縁屋に相談した上で友人を使う方は特に復縁を諦める事になるのですが、大切な人との関係を取り戻すのにお金を掛けたくないという考えの元で友人を頼ります。

大切な人にしてみれば友人を使って安く済ませようとする魂胆が透けて見える訳ですし復縁して幸せにしてもらえるとは考えてもらえません。

復縁屋に依頼しない事がバレる訳ではありませんが、元々の考え方が何よりも大切にしたい!!という考えではないので『復縁したい!!』と伝えたところで、どの程度の気持ちなのかも伝わってしまい、復縁に繋がる事はないのです。

友人に頼れば復縁屋に協力してもらう必要がないのではなく、復縁屋に相談した後に友人に頼って復縁工作をしてもらおうとする人は9割方復縁を諦めます。

プロはお金を頂く以上、プロとしての仕事をこなすからプロなのです。

友人の様な素人とプロの仕事を同様に考えている人が大切な人の心を取り戻す事等、到底出来ないのです。

運命的な出会いを演出する復縁工作を一人で出来ると思いますか?

運命的な出会いを演出する復縁工作を一人で出来ると思いますか?

運命的な出会いを演出するには対象者の行動を把握していなければなりません。

対象者が出掛けるのを待って尾行して運命的な出会いを自分で演出しますか?

下手をすればストーカー扱いされて復縁の可能性は完全に消えます。

運命的な出会いは復縁する為の様々な要素の一つとして必要になります。

自己改善するだけでは復縁は出来ません。

自分磨きをするだけでも復縁は出来ません。

別れの本当の原因を知るだけでも復縁は出来ません。

心理誘導で復縁の後押しをするだけでも復縁は出来ません。

運命的な出会いをするだけでも復縁は出来ません。

様々な要素が全て繋がるからこそ復縁できるのであり、運命的な出会いも復縁する為の要素の一つでしかありませんが一人で運命的な出会いを演出する事は出来ません。

復縁する為のベストなタイミングを見抜くのは自分では出来ません。

復縁する為のベストなタイミングは当事者には分かりません。

行動を起こしていればチャンスは巡って来ますが、何も行動しなければチャンスが来ることはありません。

チャンスが巡って来ても取りこぼせば何度も復縁するチャンスは来ませんから復縁できなくなります。

チャンスが来た時にチャンスをどう生かすか?

チャンスが来た時にチャンスが来たと気付けるか?

復縁する為のベストなタイミングを復縁屋は見抜いてくれます。

lineの返信内容や接した時の対応の違い等、自分では気づかない事を第三者だから気付く事は多々あります。

新しい恋人がいるだけでチャンスは巡って来ませんが、新しい恋人がいると分かった状態ならチャンスを作る事も出来るのです。

チャンスを生かす為に、チャンスを手に入れる為に復縁屋に協力してもらう必要はありますが、チャンスが来てもチャンスを逃してしまえばベストなタイミングを見逃す訳ですから復縁する事は出来なくなります。

復縁するチャンスは多い方で2回程、2回のチャンスをチャンスだと気付かなければ復縁できる事はありません。

偶然=運命と思わせる事で復縁を更に意識させる事を一人で出来ますか?

偶然=運命と捉えさせるか、偶然=付き纏っている。と捉えさせるか?

やり方次第で偶然を運命と捉えさせ、良い方向に進める方法がやり方を間違えただけで付き纏い=ストーカーと捉えさせて悪い方向に進めてしまいます。

偶然=運命に持っていくやり方は一人では確実に出来ません。

一人で出来ない事を一人でやろうとして上手くいく訳がなく、時間と労力を掛けなければ出来るモノではありません。

復縁したい相手に待ち伏せだと捉えさせない為に一人で出来る事は待ち伏せをせずに約束を交わして会う事以外にありません。

約束を交わして会うのですから偶然=運命と捉えさせる方法は使えず、偶然=運命と捉えさせる方法を一人で実行する事は出来ないので少なくとも復縁屋に頼らなければ復縁する為の複合要素の一つをどうにかする事は出来ません。

対象者にとって利害関係のない復縁屋だから出来る事が多々あります。

対象者にとって利害関係のある人が復縁を勧める様な話をすれば誰の差し金なのか?を疑います。

復縁屋は対象者にとって全く利害関係がなく、利害関係がないので復縁工作中も利害を気にせず対象者は話に耳を傾けます。

時間と労力を掛けなければならない状況で代わりに時間と労力を掛けてくれるのが復縁屋になり、復縁したい方々にしてみれば絶対に欲しい存在です。

工作員と対象者に利害関係があれば対象者は素直に耳を傾ける事がありません。

あなたの友人に復縁したい相手に接触してもらったところで、あなたの存在がいつまでも見え隠れし、利害関係が相手に発生します。

もちろん、あなたの友人が復縁したい相手に接触した時の利害関係に相手の利はありません。

相手にとって害はあっても利はない関係なので友人に頼った復縁工作は接触しても効果を示しません。

時間と労力は掛けるべきところで掛け、掛ける必要のないところで掛ける必要はありません。

対象者にとって利害関係のない関係性を示し、人間関係を構築していくからこそ復縁の後押しも出来る様になりますから復縁屋であっても時間と労力を掛けなければ復縁に向かえない状態を一人で時間と労力を掛けたところでたかが知れている事もお分かりいただけるのではないでしょうか?